作兵衛戸の植物

岩手県盛岡市にある古民家、作兵衛戸の庭に生える木や草花をまとめました。

以下引用元一覧です。

「庭木・花木・果樹」小学館
「日本の樹木」山と渓谷社
趣味の園芸・育て方がわかる園芸図鑑https://www.shuminoengei.jp/?m=pc&a=page_p_top
庭木図鑑 植木ペディアhttps://www.uekipedia.jp/
サカタのタネ園芸通信https://sakata-tsushin.com/

2021.09.26

4

庭木

サワラ(ヒバ)
Chamaecyparis pisifera ヒノキ科ヒノキ属
【原産地】北海道南部から本州・四国・九州に分布
作兵衛戸全体を囲む生垣。ヒノキに似た常緑針葉樹で単にヒバと呼ばれることもある、10~50mになる常緑高木。岩手県にある早池峰山以南の本州及び九州北部に分布し、北関東や中部地方に特に多い。樹形全体が「さわらか(さっぱりの意)」な雰囲気を持つためサワラと名付けられた。漢字名は椹、花粕などが使われ、魚の鰆とは異なる。別名ヒバ、サワラギ、オケサワラ。

イチイ
Taxus cuspidata イチイ科イチイ属
【原産地】日本、樺太、朝鮮、中国、シベリア東部
九州南部及び沖縄を除く日本全国に分布する常緑針葉樹。
イチイは、神官が使う笏がイチイの材から作られたことから、別名シャクノキ(笏木)ともよばれ、仁徳天皇がこの樹に正一位を授けたので「イチイ」の名が出たとされている。東北地方でオンコとも呼ばれる。キャラはイチイの変種。
※赤く熟した仮種皮は甘く食べられるが、中の種子は有毒なので注意。

アカマツ(赤松)
Pinus densiflora マツ科マツ属
【原産地】北半球の寒帯から亜熱帯
1~50mの常緑樹。樹皮は赤茶色で古くなるとはがれ落ちる。日本では内陸や低山に自生。

ナンテン
Nandina domestica メギ科ナンテン属
【実】10〜11【原産地】茨城県以南の暖地に自生
常緑低木。秋の紅葉や晩秋にできる赤い実を観賞。盆栽や正月の床飾りなどに利用される。日本では漢字の読みが「難転」に通じるという語呂合わせから縁起の良い木とされ、災いや穢れを断つため、玄関先やトイレ付近、鬼門の方角に植えられる。

アオキ
Aucuba japonica var.japonica アオキ科アオキ属
【原産地】北海道南部から沖縄まで日本各地に広く分布
常緑低木。最も日陰に強い植物として知られる。若い枝が緑色(昔でいう「青」)であるためアオキと呼ばれるという説と、一年中、緑色の葉をつけているためアオキと呼ばれるという説がある。花の少ない初冬に赤い実をつけるため、江戸の昔から盛んに栽培された。
作兵衛戸には一般的なアオキと、黄色い斑入りの品種も植えられている。

カエデ
Acer palmatum ムクロジ科カエデ属
【原産地】北半球の温帯(日本・中国・北アメリカ・ヨ-ロッパ・北アフリカ)
樹高5~25mの落葉高木。カエデは「蛙手」で、葉の形をカエルの手に見立てたもの。園芸では葉の切れ込みが深いものを「モミジ」、葉の切れ込みが浅いものを「カエデ」と呼んでいる。作兵衛戸のカエデは春から葉が赤い、ベニシダレ(紅枝垂れ)

ウグイスカグラ(鶯神楽)
Lonicera gracilipes var. glabra スイカズラ科
【収穫期】6〜7【原産地】日本
日本全国の山野に見られるスイカズラ科の落葉低木。樹高1〜3m。春にラッパのような形の花を咲かせ、夏に紅塾する実は甘く食用出来る。

ムラサキシキブ(紫式部)
Callicarpa japonica クマツヅラ科ムラサキシキブ属
【実】9〜10【原産地】日本
樹高2m~5m。北海道北東部を除く日本全国の広い範囲に分布するクマツヅラ科の落葉低木。秋に直径3ミリほどの紫色の実が色付く。

マサキ 
Euonymus japonicus ニシキギ科ニシキギ属
【原産地】日本、中国、朝鮮半島
常緑樹。丈夫で成長が早く、剪定にも強いため江戸時代から様々な園芸品種が作られ、垣根や庭木として使われる。

サンショウ(山椒)
Zanthoxylum piperitum ミカン科サンショウ属
【花期】4〜5【原産地】北海道中南部~九州、朝鮮半島南部、中国
落葉低木。「椒」は小さくて辛い実を表し、「山にある小さな辛い実」を意味してサンショウと名付けられた。

タラノキ
Aralia elata ウコギ科
【収穫期】4月【原産地】日本(北海道~九州)、朝鮮、中国東北部、東シベリア、アムール、ウスリー、サハリン、南千島
落葉低木。山菜として新芽を「たらのめ(楤芽)」「タランボ」などと呼び、食用される。作兵衛戸の至るところに自生している。

花木

モクレン(木蓮)
Magnolia quinquepeta モクレン科モクレン属
【花期】3〜4【原産地】中国の中南東部
落葉広葉樹。薬用樹として江戸時代以前に渡来した。漢名を「玉蘭」といい紫色の花を上向きに咲かせる。木蓮という名前は、ハス(蓮)に似た花が咲く木という意味合い。
欧米でもマグノリアとして親しまれ数多くの園芸品種が出回っているが、原種は濃い紫色の花を咲かせる。漢方では乾燥させた蕾(しんい=辛夷)を蓄膿症、鼻炎の薬とする。

ライラック
Syringa vulgaris モクセイ科ハシドイ属
【花期】5〜6月【原産地】ヨーロッパ
集まって咲く小花に芳香がある。高さ1.5〜6mになる落葉樹。別名ムラサキハシドイ。紅紫色の他白、桃、淡青などの花色がある。別名リラ、英名Lilac。

ネムノキ
Albizia julibrissin ネムノキ科ネムノキ属
【花期】6月から7月【原産地】日本(東北以南)、朝鮮半島、中国、台湾、ヒマラヤ、インド
樹高8mほどに育つ落葉高木。葉は夕方になると閉じ、その姿が眠りにつくように見えるところからネムノキの名前がついた。淡紅色の花が10 〜20個集まって頭状花序のようにつき、夕方に開き、翌日にはしぼむ。

アジサイ(紫陽花)
Hydrangea macrophylla アジサイ科アジサイ属
【花期】6〜7月【原産地】アジア、北アメリカ
落葉低木、梅雨どきに咲く代表的な花木。花色は土壌の酸性度に影響される。

コデマリ
Spiraea cantoniensis バラ科シモツケ属
【花期】4〜5月【原産地】中国
春に白く小さな花を多数咲かせる。古く中国から渡来し、江戸時代初期から観賞用に栽培された。和名は花の集まり(花序)を小型の手まりに見立てたもの。

シダレザクラ
Prunus pendula バラ科サクラ属
【花期】3〜4【原産地】
落葉高木。広義で枝がやわらかく枝垂れるサクラの総称。観賞用として日本各地に植えられる。別名イトザクラ(糸桜)

シロヤマブキ
Rhodotypos scandens バラ科シロヤマブキ属
【花期】4〜5【原産地】日本(中国地方)、朝鮮南部、中国
中国地方の石灰岩地に自生する落葉低木。山吹色の語源となったヤマブキにも白い花が咲く品種「シロバナヤマブキ」があり、本種と混同されやすいが別種。

ギンロバイ(銀露梅)
Potentilla fruticosa L. var. mandshurica Maxim. バラ科キジムシロ属
【花期】6〜8【原産地】本州(中部地方・近畿地方)・四国の高山に稀。
亜高山帯~高山帯の石灰岩地などにやや稀に生える高さ30~100cmの落葉低木。高山帯の礫地に自生するキンロバイ(金露梅)の白花で、黄色い花が咲くキンロバイに対して白い花なので銀と付けられた。別名ハクロバイ(白露梅)

果樹

ウメ(梅)
Prunus mume バラ科サクラ属
【収穫期】6〜7【原産地】中国の江南地方
落葉小高木。早春に咲く花は花見の対象としてサクラより長い歴史を持ち、奈良時代以前に「花」といえばウメを表したほど。日本で最も親しまれている果樹の一つでもあり、梅干しや梅酒として広く実用される。
ウメの実が熟すのは6月頃で、この時期に降る雨を梅雨という。

クリ(栗)
Castanea crenata ブナ科クリ属
【収穫期】9〜11月【原産地】日本、朝鮮半島南部
北海道南部から九州まで広い範囲の山野に自生する落葉高木。現代では秋の味覚を代表する果樹だが、農耕が始まる以前の古代には重要な食糧とされその名は「古事記」にも登場する。英名Chestnut tree。

Vaccinium ツツジ科スノキ属
【収穫期】6〜8【原産地】北アメリカ
果実は生食のほか、ジャムやスイーツなどにも利用される。秋の紅葉も美しい。樹高1~3mの落葉低木。酸性土壌を好む。

フサスグリ
Ribes rubrum スグリ科スグリ属
【収穫期】6〜7月【原産地】西ヨーロッパ
鮮やかな赤色の果実がなる。果実酒、ジャム、ジュース、ケーキの飾りなどに利用される。酸味が強くかすかに渋みがある。別名レッドカラント、グロゼイユなど。

ブドウ
Vitis ブドウ科
【収穫期】9〜10月【原産地】コーカサス地方、イラン、北アメリカ
つる性落葉低木。品種不明。

ブラックベリー
Rubus バラ科キイチゴ属
【収穫期】7〜9【原産地】ヨーロッパ、アメリカ他
半つる性。実が赤から黒っぽくなった頃に収穫する。生食のほかジャムなどの加工に向く。

ユスラウメ(桜桃)
Prunus tomentosa バラ科サクラ属
【実】6〜7【原産地】中国北西部、朝鮮半島
落葉低木。江戸時代の初期に日本へ渡来し、庭木として親しまれる。別名ユスラ、ヤマユスラ。梅雨時にできるサクランボに似た果実にはほどよい酸味があり、生食あるいはジャムや果実酒として楽しむことができる。

つる性植物

ツルウメモドキ
Celastrus orbiculatus ツルウメモドキ属ニシキギ科
【果実】10〜12月 【原産地】日本全土に自生
つる性の木本。雌雄異株。秋〜冬に目立つ赤い実は生け花の花材になる。ツルウメモドキの名のとおり葉は梅によく似ている。
果実は黄色く熟してから3つに割れ、中から赤い種子が見える。

ナツヅタ
Parthenocissus tricuspidata ブドウ科ツタ属
【花期】6〜7【原産地】日本、中国、朝鮮半島
秋の紅葉が美しい。常緑のキヅタが「冬蔦」と呼ばれるのに対して「夏蔦」と呼ばれる。別名Japanese Ivy、Boston Ivy。

宿根草

ホタルブクロ(蛍袋)
Campanula punctata キキョウ科
【花期】5~8月 【分布】本州(東北,関東,中部,近畿)
林縁や崩壊地に生える多年草。草丈30〜80cm。花色には赤紫と白があり、日陰でもよく育つ。別名釣鐘草。和名は、袋のような花にホタルを入れて遊んだことに由来する。地下茎で増え、作兵衛戸の至るところに芽を出している。

ヒオウギ(檜扇)
Iris domestica アヤメ科アヤメ属
【花期】6〜8月【原産地】日本、台湾、中国、インド北部
草丈50〜120cm。花後に出来る黒い実は「ぬばたま」と呼ばれ和歌では「黒」や「夜」にかかる枕詞としても知られ、花材にされる。葉は長く扇状に広がり、宮廷人が持つ檜扇に似ていることから命名されたとされる。

Hosta キジカクシ科ギボウシ属
【花期】6〜9【原産地】日本含む東アジア
日陰でもよく育つ多年草。オオバギボウシなどの野生種は日本列島各地で普通に見られ、若芽をウルイなどと呼び山菜として食用される。葉は根元にまとまって付くが、花茎は伸びて高さ~200cmになり、白、淡い紫色などの花を咲かせる。別名ホスタ

シャクヤク(芍薬)
Paeonia lactiflora ボタン科ボタン属
【花期】5〜6【原産地】中国東北部~シベリア(ユーラシア大陸の東北部)
草丈60〜120cmの多年草。赤、ピンク、白、紫、黄色などの花には香りがある品種もある。平安時代以前に薬草として伝えられその後観賞用に改良された。英名Peony。

アメリカフヨウ
Hibiscus moscheutosアオイ科フヨウ属
【花期】7〜9【原産地】北アメリカ
草丈100㎝~150㎝になる。ハイビスカスの仲間であり、夏から秋にかけて白、赤、ピンク、などの花が咲く。一日花である。フヨウによく似るが、フヨウは落葉低木の花木で、アメリカフヨウは宿根草。そのためクサフヨウ(草芙蓉)とも呼ばれる。夏の作兵衛戸でひときわ目立つ大きな花。

タチアオイ(立葵)
Althaea rosea アオイ科タチアオイ属
【花期】6〜7 月【原産地】トルコまたは小アジアと言われる
夏の到来を告げる花で時に2メートルを超える茎に赤、ピンク、白、黒紫などの大輪の花が咲く。別名ホリホック。古くに中国から薬草として渡来した多年草。花は下から順に咲き上がり、終わるころに梅雨が明けるといわれる。

タツタナデシコ
Dianthus plumarius ナデシコ科ナデシコ属
【花期】5〜7月【原産地】ヨーロッパ
草丈20~40cmになる常緑多年草。花にバニラのような香りがある。茎は木質化して、地を這いマット状に茂る。
葉茎は白粉を帯び灰緑色。日本には明治時代末に渡来したとされる。別名ライオンロック、英名pink。「ピンク」は桃色を指す言葉だか、本来はタツタナデシコのこと。

ヒマラヤユキノシタ
Bergenia ユキノシタ科ヒマラヤユキノシタ属
【花期】3〜4【原産地】東アジア〜中央アジア
草丈20〜60cm、匍匐性の多年草で常緑の大きな葉が特徴。春にピンク、白などの花を咲かせる。

オニユリ
Lilium lancifolium ユリ科ユリ属
【花期】7〜8【原産地】グアム、日本、中国、朝鮮半島、シベリア沿岸
日本では北海道から九州の平地や山中で見ることができる。球根は「ユリ根」と呼ばれ、料理に使われる。種ではなく葉の付け根にムカゴ(零余子)と呼ばれる黒い実をつける。咲かせます。
花はオレンジ色で褐色の斑点が無数にあり、花びらが後ろ向きに反り返っているのが特徴。花の姿が赤鬼を思わせることから「鬼百合」と名付けられた。

シュウカイドウ(秋海棠)
Begonia grandis シュウカイドウ科ベコニア属
【花期】9〜10【原産地】中国、マレー半島
草丈30〜50cmの多年草。日本の戸外で越冬出来る唯一のベゴニア。江戸時代に中国から渡来し各地で野生化している。秋にピンク、白の花を咲かせる。バラ科の海棠(カイドウ)に似た花を秋に咲かせていることから秋海棠の名がついた。

カンパニュラ・ラプンクロイデス
Campanula rapunculoides キキョウ科
【花期】6〜7【原産地】ヨーロッパ
こぼれダネでよく殖え群生し、日本でも関東以北では帰化しているほどで、別名ハタザオキキョウとして古くから親しまれている。

シバザクラ(芝桜)
Phlox subulata ハナシノブ科クサキョウチクトウ属
【花期】4〜5月【原産地】アメリカ西部
草丈10〜15cmの匍匐性で直径1〜2cm程度の桜に似た花を一面に咲かせる。マット状に広がり、グラウンドカバーとして利用されるが踏圧には強くない。

ニワフジ(庭藤)
Indigofera decora マメ科コマツナギ属
【花期】5〜6【原産地】本州、四国、九州、中国、台湾
山野に見られる蔓性の多年草。現在は植栽されたものが多く自生は珍しい。赤紫、ピンクのフジに似た花を咲かせる。草丈背丈40~60cm。

スイセンノウ(酔仙翁)
Lychnis coronaria ナデシコ科センノウ属
【花期】5〜8月【原産地】北半球の温帯〜寒帯
日当たりの良い乾燥地を好む。全体が白い毛で覆われ、ビロードのような感触を持つところからフランネル草とも呼ばれる。

ホオズキ
Physalis alkekengi var. franchetii ナス科ホオズキ属
【実】8〜9【原産地】東アジア
果実を包む萼を観賞する。

ヘリオプシス
Heliopsis キク科キクイモモドキ属
【花期】6〜10月【原産地】北アメリカ東部
「姫ヒマワリ」の名前で親しまれ、ヒマワリを一回り小さくしたような花を多数咲かせる。

シンバラリア
Cymbalaria muralis オオバコ科シンバラリア属
【花期】3〜10月【原産地】地中海沿岸、西アジア
匍匐性の常緑多年草。別名ツタバウンラン、コリセウムアイビー。強健で栽培容易、明るい日影を好む。

投稿に関連する植物図鑑

投稿に関連する花言葉

『作兵衛戸の植物』のみどりのまとめをみんなに紹介してみましょう

4

園芸に関連するカテゴリ

園芸のみどりのまとめ

なぞの種 実生

SUNTORY キララ ホワイト 成長日記

深夜の空き家住宅展示場 上巻

Photo By やすえ

ボニータ植え付け

ヒューケラの挿木

ボニータ4苗🌱とアミノパワー当選❗️

園芸の関連コラム

園芸の新着投稿画像

さなぼてん

31

初めて歩いた… の上野の双子パンダ(大熊猫)じゃないけど、 うちの小さい熊が初めて咲いた❗ お花までモケモケ💓

あまのじゃく

31

時期外れの長寿梅 ホテイ草がまた咲いています♪

ᵕ̈ ᵗᑋᵃᐢᵏ ᵞᵒᵘ ᵕ̈

37

この夏職場のお花先生からいただきました。

あまのじゃく

31

庭の一角シリーズ 苔いろいろ

ゆり3@

63

こんにちは‪🔆‬ 先月、インスタ蚤の市で、かおりんさんのポット缶をお迎えしました♪*° 以前かおりんさんに頂いたカリシアさんをカットしては挿し木して増やし、お迎えしたポットに丁度入る位になりまし...

あなな

42

今日のマチルダさん🌹 フリルみたいにふわふわ咲いてます💮

りえねこ

34

ビオラお迎えしました♪ 今シーズン、ファーストビオラはこちら♪ ももかシリーズ ぶどうももか ビビ クリアライトブルー 久しぶりのビオラ。 やっぱりかわいい (⑅︎•ॢ◡︎•ॢ).。*♥︎ ず...

ゆかこ

24

水蜜桃 今年の夏唯一ジュレた水蜜桃。 大胆にカット後、子どもが一つ着きました♡やっと1cmくらいになりました👶 やや下向きなので少し砂を掘ってスペースを確保しようかと思います♪ 子株が出てくると、...

人気のコラム

開催中のフォトコンテスト

GreenSnap

[公式]写真を撮るだけで植物・お花の名前がわかる無料アプリ

レート4.6
ダウンロード