警告

warning

注意

error

成功

success

information

人生初のパキポ実生チャレンジ!2022春

投稿の削除

この投稿を削除しますか?
素人が見よう見まねで実生やってみた
22/4/29 23/12 晴れ
一晩水に浸したパキポの種を蒔いてみた
水はベンレートとメネデールを規定値まで薄めたやつ
土は、多肉用のかるつちくん
一応種を置く前に熱湯で消毒
種は手前の2個のカップにブレビカウレ、奥の4個のカップにホロンベンセを5粒ずつ
ベンメネ水を上から霧吹きして、最後に余ったやつは腰水にして完了!

わくわくすっぞ
気温が微妙…💦
22/5/2 20/11 晴|曇
路地実生、種まきから3日目。
主が3日間旅行のため風で飛ばされないよう、鉢底ネットで蓋をしてみた。なお、腰水も新鮮な水(メネデール入り)に変更。

昨日はあいにくの雨、今日、明日は20度程度までしか上がらないということで、若干モヤモヤしてるけど、帰宅後に芽吹いてくれてることに期待✨
んー…モヤモヤする
22/5/5 26/14 晴
種まきから6日目。
旅行から帰ったら発芽してるかな〜、なんて甘い考えでいたものの、全くの泣かず飛ばずの状態…💦
腰水のおかげで土はそこそこ湿ってるし、好天も続いているし、それなりの条件だと思うのだけれど…

1個くらい発芽して笑
もはや神頼みか…?!
22/5/8 24/15 晴
種まきから9日目。
全く動きがないので、ネットで情報を調べ、ダメ元でバーミキュライトを敷き直してみた。
用土は常に湿っているけど、若干温度が足りないのかな…とか考えつつ、結局発芽しない決定的な理由はわからず。
種まきの翌日、翌々日の天気と気温が良くなかったかも知れないし、ロットが全部悪いかも知れないし、鮮度が低いかも知れないし…あーもう考え出したらキリがない笑

もう少し様子見。
奇跡の一粒…!
22/5/14 24/19 雨/曇
種まきから15日目。
仕事が忙しいながらも腰水管理と霧吹きは継続。ホントに恨めしい悪天続きで、全滅覚悟の今日このごろ…

今朝ついに発芽観測!🎉

右の2つがブレビカウレで左の4つがホロンベンセ。ブレビカウレの下の鉢の左上の一つだけが2ミリくらい芽を伸ばしてる…!
この天気と気温、路地実生、ズブの素人などなどの条件を考えると奇跡としか言いようがない💦
一向に動きなしのホロンベンセや他の種はどうなるのかな?
ホロンベンセも!
22/5/18 27/14 晴
種まきから19日目。
ここ数日、低温と日照不足が祟ったのか、奇跡の一粒だったブレビカウレは発芽したもののほぼ成長しておらず、すごく先行きが不安な状態💦
一方写真右上のホロンベンセがやっと発芽!こりゃもう種の品質云々ではなく、温度なんだろうな…と、ほぼ発芽不良の原因を断定しました。
外で実生する場合は、週間天気とにらめっこして、25℃以上の好天が続くようになるタイミングまで、しっかり待つべき!と、勝手に結論づけました💦
22/5/24 29/16 晴
リベンジ開始!もっかい種まき!
種まきから1か月程度が経ち、ほぼ全滅という切ない状況。
ブレビカウレの奇跡の一粒は双葉まで出たものの、その後全く成長せず。ホロンベンセは一粒発芽して、そのまま溶けて終了…。
実生の難しさを実感させられました。

…ささ、気を取り直し!
SEED STOCKさんから購入した種でリベンジ播種!前回メルカリで購入した種よりもツヤがあるのが一目でわかります。
6/3頃からの梅雨入り予報であったり、この先の天気、気温を考えて、今日をリベンジ決行日と決めました。

蒔いたのは
エブレネウム 10
ホロンベンセ 10
アガベ パルメリー 10 → SEED STOCKさんのオマケ
袋には10粒って書いてあるけど、実際は12〜14粒入ってました✨

ラップと保温シートと腰水で、中はさながら熱帯雨林なハズ!
そして播種したあと、エブレネウムとホロンベンセ、どっちがどっちか分からなくなりました…💦

はい。グダグダ初心者です。
発芽して育ってくれれば、どっちでもいいや笑
22/5/29 31/19 晴(6日目)
エブレネウム、ホロンベンセ、パルメリーともども、播種した全種別で発芽を確認。
奇跡の一粒、初回播種組の生き残りのブレビカウレもお亡くなりにならず、健気にちょっとだけ成長した模様。

普段はラップと腰水で温度と湿度を高く保つようにしてるけど、一株だけ双葉出してる状態のブレビカウレに悪影響が出たりしないかちょっと心配…💦
リベンジ播種組は殻を持ち上げて土に根を入れていってるからカビにさえやられなければうまくいきそうな気がする✨
22/6/1 28/17 晴|曇(9日目)
一番優秀そうなのはホロンベンセ。
エブレネウムは少し遅れて成長してるみたい。
アガベパルメリーは発芽したのが13粒中4つ、一つはカビてお亡くなりに…。

正直、アガベってぜーんぜん興味がなかったけど、種子から育ててると妙に愛着が湧いて、無事にギザギザの本葉が出てきますように〜〜とか、気づけば祈ってたりする笑

すぐに成長するわけでもないのに毎日変化を楽しみにしたりして…

実生、楽しいぞこれ✨
22/6/4 29/18 晴(12日目)
発芽組と無反応組の差がハッキリしてきた。無反応組はもうムリなのかな〜。

左 アガベパルメリー
3個発芽していて、まだ双葉は出ていない。頭に種の殻を被った状態から大きな変化が2、3日ない感じ。

中 ホロンベンセ、右 エブレネウム
ボチボチ成長中。
明らかにホロンベンセの方が成長、発芽率ともに上で、これは品種の違いとか環境との相性なのかな〜、という素人なりの見解。

それにしても
双葉出してる苗は可愛い…😍
22/6/6 22/17 雨(14日目)
エブレネウムとパルメリーの動きのない種を一旦鉢から引き上げて、昨日からメネデール100倍水溶液につけていたところ、パルメリーの発芽を確認!しかも2粒!
残り数粒あるけど、パルメリーはかなり期待が持てそう✨

今日から数日、天気が悪く気温が上がらない予報…植物的には試練の期間になりそうだけど、生命力に期待!_________________________

6/7 追記
さらにパルメリーはふた粒発芽したので、土に戻しました。アガベは最初からこんな感じでかなりビタビタの水分に浸けていたほうが発芽しやすいのかも…。
残り4粒のパルメリーはどうなるかなぁ。
ちなみに、エブレネウムはやっぱりダメって感じです😞
6/10 追記
昨日、今日と好天が続いていて、絶好のコンディション。新たに発芽したアガベパルメリー(下の2鉢)は先輩に追いつこうと少しずつだけど順調に伸びてます✨
カップに残った残り4粒は、全然ダメでした…。
とは言えやっぱり巷で言われるとおり、アガベはパキポディウムよりも強くて発芽しやすい印象。

残っているのは、エブレネウム(右)は4株、ホロンベンセは9株。太陽の力で、一気に大きくなってほしい〜

ちなみに(ホロンベンセに紛れてますが)ブレビカウレの生き残りの1株は成長不良なのかな…ってくらい成長が遅いですが、チロリ〜ンと本葉を出しました✨

発芽第一号ということもあって、毎日この子が気になって仕方ありません笑
22/6/12 28/19 晴(20日目)
5月上旬に播種して、唯一の生き残ったブレビカウレの本葉がそれらしくなってきました。
周りの子達は、後で蒔いたホロンベンセで、大きさ的にはほぼ一緒か、ブレビカウレよりも大きくなってます。
ブレビカウレ頑張れ〜
アガベパルメリーで一番成長の早い子にも本葉が✨
(光の加減で見づらい…💦)

周りの株もすくすくと成長中。
22/6/17 28/22 曇(25日目)
アガベ パルメリー
先に芽が出た子たちは、鋸歯がしっかりした形になってきました。追っかけ組も順調。
ホロンベンセ
本葉が出始めてきた子がちらほら。
成長遅めの子たちも本葉は時間の問題かな〜。

奥は日光浴中のグラキリスさん。
エブレネウム
とにかく成長スピードがゆっくり笑
4株ともに本葉の兆候がない…けどまぁこんなもんなのかな。一番大きい左上の子はなーんとなく双葉の間になんか出てきそうな気配はあるけど…。

ともあれ、まんまるぷくぷくで可愛すぎる✨

_________________________

6/19追記
左上の子に本葉を確認!
残りの3株、来週末くらいまでには動きがあるといいなぁ。
22/6/26 32/25 曇(34日目)
梅雨空から猛暑へと季節がどんどん変わるなか、路地実生のみなさんは一株も落ちることなく逞しく成長中✨

アガベパルメリー
数日前の強風で頭に被っていた種の殻が飛んでいった子がちらほら。
鋸歯がもはやアガベ!(…当たり前ですけど)
ホロンベンセ

すくすくと本葉を展開中。
こんなに小さい幼苗なのに、少しずつ姿、形、色みに個性が出始めてます。共通してるのはお肌がツヤツヤしてるところ。

上の鉢の左上は唯一のブレビカウレ。
ここ数日で、一気に本葉を増やしました。
絶対に枯れてほしくない一株です。
エブレネウム

こちらも順調に本葉を展開中。
左下の株は小さくて双葉が若干奇形。
それでも一生懸命に本葉を出してます。

みんな可愛いけど、ブレビカウレとかエブレネウムとか、こういう丸い子が一番好みです。
実生始める前は、とにかくグラキリスを!って思っていた時期もあったけど、いつか挑戦すればいいや…くらいになりました。
それよりも丸っこい子のほうが好き💖

ちなみに現在も腰水管理中。
薄めた液肥をごくたまーに、メネデール水溶液をごくたまーに…という頻度で与えてます。
午前中4時間くらい直射日光が当たる環境でも葉焼けすることなく、強く育ってます。
22/7/1 35/26 晴(39日目)
ちょっと気になる…
実生のみなさん、7月になりましたよ〜。
夏本番…ていうより、もはや恒例の異常気象ですけど、そのせいなのか、双葉より本葉の方が色が薄い子がちらほら。

ネットで調べると『高温障害』というのもあるらしく、35℃っていうのは植物を育てるうえでの、ひとつの閾値なんじゃないかな、とか考えたりする。人だってそうだけど、植物の生理現象に悪影響を与えても不思議じゃないよなぁ…。

ということで、日光が直接当たらないように、かつ光量は満足できそうな位置にずらしました。少しは改善されるといいな💦
22/7/10 32/25 曇(48日目)
ひと月半ほど経ちました
狂ったような酷暑は収まったけど、やっぱり暑い大阪の夏…💦
北海道出身の体は未だに馴染んできませんけど、実生の皆さんはそれなりに適応してるみたいで一安心です。

本葉の色が薄かったエブレネウムですが、新たに出てきた葉っぱは少し色が濃く、しっかり光合成出来てるようです。でも36℃以上の日や直射日光には引き続き用心しなきゃ。
ホロンベンセ
右上の子は双葉を虫に齧られていて、葉が黄色くなってきてしまいました。本葉のほうは無事だから、大勢に影響なし…ってことでいいのかな。
アガベ パルメリー
この2株はこのまま育っていったら根がこんがらがってしまいそう…
秋には離してあげなきゃだな〜
ホロンベンセに混じってますが、左下の手前に植っている唯一のブレビカウレは、播種から73日経過。2ヶ月以上経っても直径5ミリほど。でも色艶もよくまんまるです。なんとか冬越し出来る体力を今のうちに培ってほしいところです。
22/7/16 29/25 曇(54d)
ちょっと早いかもだけど、腰水やめました。

この子たちを育てはじめてから、朝早起きして様子を見ることがルーチンになり、どんなに忙しい日でもちゃんと面倒を見られそう!と、自己分析した結果…

根腐れ防止と新鮮な空気を根っこに行き届かせるため、適度な乾燥もさせることにしました。
今は置き肥もしてますがバーミキュライトの表面にうっすら藻みたいのが💦

まだまだ幼苗なので肥料焼けもするかもですが、毎日様子見ながら試行錯誤です。
22/8/5 33/27 曇(74d)
2か月半経ちました
8月に入り、ゲリラ豪雨にあたることもありますが、1株も落ちることなく、日々着実に成長しています。
トレーに水が溜まっていますが3、4日おきで底面給水での水やりです。ちなみに天気の良い日は午前から午後にかけて、4時間程度の直射☀️という環境です。

左からアガベパルメリー、ホロンベンセ、エブレネウム、真ん中左下がブレビカウレ。

アガベの成長は本当にゆっくりです。今年、来年はロゼット状にならないみたいですが、少しずつでも葉を増やしてます。

ホロンベンセはとにかく育ちが早い!見ていて飽きません。他より早く鉢上げすべきなのか検討中。

エブレネウムは株によって成長スピードが違ってきました。理由はわからないけど、同じタイミングで播種したのに、大きい子と小さい子とでは1回り違います。まぁ、みんな健康そうなのでイイんですが笑

この調子でまず無事に夏を乗り越えて欲しいところです✨
この投稿はコメントがオフになっています。

GreenSnapのおすすめ機能紹介!

【無料で利用できる】写真を撮るだけ!アプリが植物・花の名前を教えてくれる『教えて!カメラ』のご紹介!

多肉植物・サボテンに関連するカテゴリ

多肉植物・サボテンのみどりのまとめ

いいね済み
23
2022/08/10

成長記録 99.ラズベリーアイス

2020.11.22夢マルシェ 葉っぱ屋さんにて多肉屋ibukiさんの多
いいね済み
18
2022/08/10

成長記録 100.ピンクアレックス

2020.11.22夢マルシェ 葉っぱ屋さんにて多肉屋ibukiさんの多
いいね済み
20
2022/08/10

成長記録 101.キューティーズ

2020.11.22夢マルシェ 葉っぱ屋さんにて多肉屋ibukiさんの多

多肉植物・サボテンの関連コラム

ユーフォルビア・峨眉山の育て方|植え替えや水やり頻度は?葉が枯れる原因は?の画像
2022.08.05

ユーフォルビア・峨眉山の育て方|植え替えや水やり頻度は?…

ユーフォルビア・峨眉山(ガビサン)は、日本を原産とするトウダイグサ科ユーフォルビア属の多肉植物です。同じユーフォルビアの「鉄甲丸」と「瑠璃光(ルリコウ)」の交配種で、ゴツゴツとした岩肌をもつ親株…
月下美人(ゲッカビジン)の育て方|水やりのコツ、植え替え時期は?花の寿命は?の画像
2022.07.28

月下美人(ゲッカビジン)の育て方|水やりのコツ、植え替え…

暗くなってから花が咲き、翌朝には萎んでしまうことから、幻の花とも称される「月下美人(ゲッカビジン)」は、サボテン科クジャクサボテン属に属する多肉植物です。夏から秋にかけて一夜だけ咲くといわれてい…
多肉植物・桜吹雪の育て方|土や水やりのタイミング、植え替えの方法や増やし方は?の画像
2022.07.25

多肉植物・桜吹雪の育て方|土や水やりのタイミング、植え替…

鮮やかなピンク色とグリーンのコントラストが可愛らしい桜吹雪は、一年を通して観賞が楽しめる多肉植物です。初夏になると小さなピンク色の花を咲かせ、こちらも見逃せません。多肉植物にはいくつもの種類があ…
パキポディウム・ラメレイの育て方|季節ごとの水やりや植え替えの方法は?の画像
2022.07.21

パキポディウム・ラメレイの育て方|季節ごとの水やりや植え…

パキポディウム・ラメレイはヤシの木のような姿で、南国の雰囲気が漂います。パキポディウムの中でもトゲが多く、生長も早い品種です。乾燥や暑さに強い塊根植物なので、手入れも難しくありません。 …
パキポディウム・マカイエンセの育て方|水やりの頻度や増やし方、どんな特徴がある?の画像
2022.07.13

パキポディウム・マカイエンセの育て方|水やりの頻度や増や…

観葉植物として人気があるパキポディウムにはたくさんの種類があり、パキポディウム・マカイエンセもその一つです。パキポディウム・マカイエンセは2004年に発見された新種で、茎にはトゲがいくつもありま…
多肉植物の水やり頻度は季節で変えて!霧吹きはダメ?水やりサインは?の画像
2022.07.12

多肉植物の水やり頻度は季節で変えて!霧吹きはダメ?水やり…

多肉植物はもともと乾燥地帯に分布している植物なので、水をあまり必要としない種類も多いです。でもそんな多肉植物だからこそ、たまに与える水やりのタイミングや頻度は大切。 ここでは、種類…

多肉植物・サボテンの新着投稿画像

人気のコラム

いいね済み
495
2021.02.12

【春の花図鑑30選】3月、4月、5月の開花時期別に花の名前をみてみよう!…

いいね済み
401
2019.10.16

簡単DIY!「100均製氷ケース」で多肉ポットを作ろう!…

いいね済み
321
2020.01.29

カット苗を買ってきたら?購入後の手順と根を出させるコツ…

いいね済み
311
2020.03.03

クローバー(シロツメクサ)の花言葉|葉の枚数によって幸せにも怖い意味にも…

いいね済み
278
2020.01.15

小さな多肉がギュギュぎゅっと。魅惑の「多肉畑」へようこそ!…

いいね済み
253
2021.11.25

【冬の花図鑑30選】冬に咲く花の名前や花言葉はなに?鉢植えや花木でよく見…

いいね済み
249
2022.01.13

ミニトマトの育て方|プランター栽培の方法は?水やりのコツや、苗の植え方は…

いいね済み
248
2022.07.06

ヒマワリの花言葉|怖い意味もあるって本当?色や本数別の意味は?…

いいね済み
242
2022.04.14

バラ(薔薇)の花言葉|色や本数別、怖い意味とは?花瓶に長く飾るコツは?…

いいね済み
234
2022.08.05

ユリ(百合)の花言葉|色別で怖い意味があるの?花の特徴は?…

開催中のフォトコンテスト