警告

warning

注意

error

成功

success

information

我が家のエケベリア

投稿の削除

この投稿を削除しますか?
エケベリアは、色鮮やかな葉が重なってロゼットを形成する、春秋生育型の多肉植物です。メキシコを中心に中南米に約180の原種が知られ、数多くの園芸交配種が存在します。 晩秋から春にかけて日によく当たると葉がきれいな紅葉色に染まり、また、初春から夏にかけては小輪ながらも色鮮やかな花を咲かせます。多肉植物のなかでも1年を通じていろいろな魅力が楽しめる人気の高い属です。 大きさもさまざまで、「ミニマ(Echeveria minima)」など直径3cm程度の小型種から、「ギガンテア(E. gigantea)」など直径40cmにもなる大型種まであり、葉の色も緑や赤、黒、白、青色など変異に富んでいます。 「シャビアナ(E. shaviana)」や「青い渚(E. setosa var. minor)」などは、もともと標高の高いところに自生する種類であるため、日本の高温が苦手です。一方、葉が真っ白な粉で覆われる「ラウィ(E. laui)」は低地性なので暑さに強い反面、低温に弱いなど、同じエケベリアでも種や品種によって特性は異なります。栽培難易度も同様に種類によって異なります。 属名は18世紀にメキシコで活躍し、メキシコ植物誌の挿絵を描いた植物画家アタナシオ・エチェベリア(Atanasio Echeverria)にちなみます。
ラウ165
薄く白いワックスをまとった丸くて短い葉っぱをみっしり付け、冬にはピンクに染まる可愛らしいエケベリア。 E. amoena lau 065 が間違った名前で流通してしまったもの、という情報があります…(でも165のほうがメジャーなんです)。葉っぱはちょっと触るとプチプチ取れるし、よく子株を出すし、繁殖力は旺盛です。
写真は2022.5.19
沙羅姫牡丹
ザラコサノバ E. spec nov. Zaragoza と姫牡丹 E. halbingeri との交配種で、日本生まれ。紫がかったやや短い葉っぱと、密で繊細なロゼット、ツンと凛々しい爪先で、根強い人気のある種。オークションでは高値で取引されています。愛称で「サラヒメ」と言いたくなりますが別の種 E. 'Sarahime' と混同しちゃうので略さずフルネームで呼びましょう。
写真は2022.5.19
ラウザラゴーサ
ラウイ✖️ザラゴーサ
写真は2022.5.19
ダスティーローズ
その名の通り、くすんだパープルカラーのバラのようなロゼットをかたちづくる。パールフォンニュルンベルグ E. 'Perle von Nurnberg' に似ています。米カリフォルニアのALTMAN PLANTSの Renee O'Connell さんのオリジナル交配種。ダスキーローズ(Dusky=仄暗い色の)とも呼ばれているけど公式には Dusty (埃っぽい/くすんだ色の)と記載されています。お店には薄くて長めの葉っぱで並んでいることが多いけど、強光線下だとむっちり肉厚ロゼットになります。
写真は2022.5.19
ゴールデングロー
2022.4.13
マディバ
エッジがややピンクの深いカーブが妖艶な雰囲気のダーク系エケベリア。と葉数の少ない若い苗でもそんな印象ですが、本当の姿は2~3年経ってから。なんと外葉がモンスト種のように異形化していき、まるでロゼットの外側が溶けたような、真のダークサイドエケベリアに成長していきます。ヨーロッパ生まれの比較的新しい品種。E. 'Pink Lips' はこのマディバと同じものという報告があります。
写真は2022.4.13
バイオリーナ
バイオリーナ E. 'Violina' と女美月 E. 'Yeomiwol' とサン美人 E. 'Sunbijin' とプルパキフィツム(プルパキ) E. 'Pulupaki' は同じものというウワサされています。
写真は2022.5.30
子株が見えたので頭をチョンパ
ホワイトゴースト
薄く波打つ葉っぱがゴーストな雰囲気。詳しい情報がありませんが、シャビアナ E. shaviana 、リラシナ E. lilacina あたりが交配親らしい、と言われています(リラシナは別名 Ghost Echeveria )。中国語で「白鬼」という表記をよく見かけるので中国生まれなのかも。
写真は2022.3.17
クラッシーNライアン
E.plorifica FO.24✖️E.setosa var.deminuta
作出者:Roy Mottram(UK)
日本語読みがむずかしい名前だ。ロゼットは5cmほどと小型で、よく子を出して群生株をつくる。写真は夏姿。冬は紅葉して爪が赤くなる。
写真は2022.3.15 葉焼けが酷い
ホワイトライアン
2022.3.15
焼けた葉を取り除いたら子が見えた
パールフォンミュンヘン
ミュンベルクの真珠
季節によらず紫色の葉をつける有名な品種。少し内巻きになる丸みのある葉っぱがチャームポイント。色と手に入りやすさから寄せ植えに活躍しますが、少し木立ちするタイプで高さが出てくるので中衛に据えるか切り戻しをするなどの気遣いが必要です。 E. gibbiflora 'Metallica' x Echeveria elegansの交配種。(E. gibbiflora × E. potosinaの交配種と言う説も)。1930年頃、ドイツの園芸家 Richard Graessner 氏によって作出されました。ドイツ生まれなので、パールは英語の Pearl ではなく、ドイツ語の Perle と書くことが多いようです。
写真は2022.2.27
ネオンブレーカー
カリフォルニアの巨大農園Altman PlantsのRenee O'Connell さん作出のメジャー級フリルエケベリア。冬に深い紫色に染まりつつ、透明感のあるエッジが蛍光ピンクに輝くのがネーミングの由来、でしょうか。高砂の翁 E. 'Takasago No Okina' やパーティドレス E. 'Party Dress' たちとその美しさを競っています(笑)。20cmくらいの大きさになります。半日陰でも育ちますが、よく色づくにはよく陽に当たる必要があります。シャビアナと、シャビアナ✕カンテの交配種がご両親。
写真は2022.3.2
ピーチプリデ
作出者:不明
交配親は不明とされているが、観察すると、パリダの血が入っているようだ。冬になるとエッジが赤くなり、かわいらしく変身する。多肥料で大きくするよりも、小さく育てると名前のようなかわいい姿になる。立木性で子を出して群生する。花もパリダに似ている。
写真は2022.3.6
風緑
2022.3.6
マヌラ
2022.3.2
2022.5.30
お粉をまとって色白のメチャメチャ美人さんになった💓
これは増やさねば!っとチョンパしようか葉挿しとろうか悩み…下から数枚葉挿し取る事にした(笑)
プリメーラ
2022.3.2
ピンクローサ
国内ではグロブローサ E. globulosa とプロリフィカ E. prolifica のハイブリッドという情報のとおり丸みを帯びた小さな葉っぱの群生株になるタイプ、海外では小さめ葉っぱのグラプトのようなタイプを見かけます。
写真は2022.2.13
シエラ
作出者:不明
ブルー葉で冬はエッジが紫に染まる美種。5、6cmのロゼットで、子を出して群生する姿も愛らしい。ミニマかエル エンチノの交配のようだが、詳細は不明。この名前はセトーサ✖️ミニマの交配種につけられているので、無効名。
写真は2022.2.13
ホワイトミニマ
原産地:メキシコ
小型のエケベリアで原種です。あまり大きくならずに、子吹きで増えていきます。
写真は2022.2.13
ミリネ
シックはホワイトパウダーの奥に情熱のワインレッドを秘める神秘系渋系のエケベリアハイブリッド。銀紅蓮 G. 'Caerulescens' に似た雰囲気の写真も見かけます。ミリナエ G. 'Mirinae' という似た名前のコがいるけど別のコ。
写真は2022.2.5
銀武源
やや暗めのマットなブルーグレイに色づく、背の低いオーソドックスなエケベリア。冬はベージュにお色直しします。根岸さん作出。銀明色 E. carnicolor とプベスケンス E. coccinea var.pubescens とのハイブリッド。
写真は2022.2.8
ブルーエルフ
小さなロゼットをやや立ち上がってつけたキャンディのようにころんとまるいフォルムがかわいい。さきっぽだけピンクに色づくミントグリーンの細い葉は乙女心 S. pachyphyllum を連想させます。交配親や出自は不明。調べてみるとセデベリアにも S. 'Blue Elf' という種があるので、もしかしたら同じ種で、セダムの血が入っているのかも…。
2022.2.2
あずき
2022.2.3
アンジュ
2022.2.3
メタポ
2022.2.3
ツルギダ
2022.2.3
原種ピーコッキー
デスメチアナ
養老
原産地:メキシコ
シノニム:ピーコッキー・デスメチアナ・サブセシリス
2017年、デスメチアナが種に認められた。いわゆる養老。白さはラウイに匹敵する。奥一氏の著書『趣味の多肉植物』(日本ではじめて多肉植物を扱った本)に、養老とでてくる。
写真は2021.12.23 養老として購入
2022.1.5
サブセンシスとして購入
紅化粧
ヴィクター
ツヤ感のあるライムグリーンの葉っぱと赤いグラデーションのエッジというとてもオーソドックスなデザインは、1920年生まれという100年近い歴史に裏打ちされた正真正銘のオーセンティック。レトロハイブリッドの定番パールフォンニュルンベルグ E. 'Perle Von Nurnberg' よりも先輩。セトーサとパープソルムの交配種とのことですが、一見セトーサらしさもパープソルムらしさも全くなくて逆に驚異的。ライムグリーンのボディで群生&幹立ちする性質をセトーサから、ツヤ感のある赤いサーフィスをパープソルムから受け継いでいるようです。
写真は2022.5.24
ペンパディス
七福美尼
E.peacockii(養老・紅)✖️E.bella

作出者:Toshikazu Negishi
バラという極細葉の原種との交配で、この美種が生まれたのは、交配の不思議とでも言うしかないだろう。冬の紅葉で爪の赤さが冴える。6cmのロゼットで、短茎に子を出して群生する。名前を見て、ミニマ交配ではないかと誤解する。
2022.5.24
こちらはメルカリでペンパディスとして購入したもの
2022.5.24
こちらはヤフオクで双頭の葉挿しを購入したもの
成長が早くめちゃくちゃ増える
子株が窮屈そうだったので頭をチョンパした
霜の朝
パキフィツム 星美人 P. oviferum とエケべリア カンテ E. cante の交配種。ぷっくりしてるけどスラリと細長い葉っぱに白い粉をまとった姿が、かわいらしくも品があります。それでいて普及種で手に入りやすいのも魅力。「霜の朝」は「しものあした」と読みます。
(パキベリア属)
写真は2022.5.24
黒爪ザラゴーサ
いわゆるザラコーザと呼ばれているグループのバリエーション「ゲムーラ」は、基本種よりも葉っぱが細く、色味もより明るいピンク色なのが特徴なんだそう(写真はメンチャカ産の実生苗)。「黒爪ザラコーザ」はその中の爪が黒いコ(選抜種)に付けられたニックネームではないかーと思いますが、ザラコーザさんたちの由来のふんわり感にやられてハッキリ断言できません……。
写真は2022.5.24
沙羅姫蓮華
ラウ065 E. amoena lau 065 と 黒爪ザラゴーサ E. cuspidata var.gemmula のハイブリッド。
写真は2022.5.24
原種トリマネンシス
原産地:メキシコ
日本人の松田博士がこの原種の命名者。無茎で10cmほどのロゼットは白いパウダーに包まれている。棒状の葉を放射状に広げる姿はユニーク。無茎で単頭、花はオレンジ色。
写真は2022.5.24
群月冠
スプリングジェット
グリーンローズ
2022.5.26
以前はセダム属スプリングジェイドとしても。
またセデベリア属に分類されることもあるようですが、学名Echeveria "Gunngetsuka"とあるようですのでエケベリア属としました。
エレガンスブルー
エレガンス E. elegans のバリエーションのようなネーミングですがフォルムはパキフィツム。稲田姫 P. glutinicaule やクラビフォリア P. 'Clavifolia' に似ています。やっぱりパキベリアだよねと改まりベルブルー P. 'Belle Blue' と命名された模様。
写真は2022.5.26
レズリー
レズリーは、メキシコや中米を原産地とするエケベリアの仲間です。
小型のものは5〜6cmまでしか育ちませんが、大型では40cmも大きく育ちます。
ロゼッタ状に葉が生えるので、まるで花のように見えます。
その形からフラワーアレンジや花のブーケにも使われています。
レズリーは、冬になると紅葉を迎え、葉の周りが紫色に染まります。
エケベリアの花言葉には、穏やか・たくましいという意味が込められています。
写真は2022.5.30
プロリフィカ
プロリフィラ
S. prolifera と E. prolifera と E. prolifica とあって、名前が似ているので混同されている気がします……。「プロリフィカ」は短めで周辺がほんのりピンクに色づくコンパクトなロゼットをたくさん咲かせること、花が黄色いことが特徴です。その名が「たくさん実をつける」という prolific が由来の通り、子株を吹きやすいことや、花芽にも葉挿しできる肉厚な葉っぱをつける繁殖力が旺盛な種です。「プロリフィラ」と呼ばれているコもこれと同じタイプのようです。リトルビューティ G. 'Little Beauty' に似ています。
写真は2022.5.30
みどり牡丹
ニクサーナ
2022.5.30
ラブリーローズ
まるで花のように葉っぱを丸くみっしりつけるカタチをバラにちなんで「ロゼット」と言いますが、まさにそのロゼットが「バラそのもの」のカタチをしている、ありそうでなかなか無いチャーミングなハイブリッド。色はエレガンス E. elegans のような、ほんのりピンクに色づくオーソドックスなブルーグレイ。ロゼットはあまり大きくならず、成長すると茎が立ち上がってきます。蒸れや日焼けと戦いながらも、できるだけ日に当てて水を多くやることがローズっぽいロゼットを作るコツです。
写真2022.5.30
マッコス/マルクス/マルコス
アーリーナイト
ライトグリーンのツヤツヤ葉っぱを小ぶりに広げて群生するハイブリッド。冬には薄ピンクに紅葉するかわいらしいコです。ふた周りくらい大きくなったプロリフィカ E. prolifica と言えるくらい似ていて、同様に幹立ちする性質があります。リトルビューティ G. 'Little Beauty' 、ダリーダール S. 'Darley Dale' にも似た雰囲気。海外では「Early Date」という名がつけられています。交配親や出自は情報が見つかりませんが、花の付き方をみてもエケベリアっぽくはなく、グラプトかセダムの血が入っていそう。マイアレン S. 'Maialen' と同じものという情報あり。
写真は2022.5.30
七福神
七福神はエケベリア属の中の1つで、「Echeveria secunda =E.’Imbricata’」という学名が付けられています。
写真は2022.5.30
ようやく大きくなってきたと思ったらまたまたバラバラ事件!
残りの株も怪しい💦
七福神は地植えの方が良いような…
トップシータービー
トップスレンダー
トップシータービーやトップスレンダーとも呼ばれ、その意味は「逆さま」や「あべこべ」という意味を持つようです。名前の通り内側に折り返したような葉は、逆さまに葉が付いてるようにも見えます。
白くブルームがかった葉の色は、きれいなグレーっぽい色の繊細で綺麗な色をしています。エケベリアの中でも育てやすく、普及している種類です。
写真は2022.5.30
リラシナ
リラシナは、緩いカールのかかった葉が特徴で、
ロゼットも花っぽい、独特の高級感があります。
写真は2022.5.30
メニーナ
2022.6.10
アミスター
2022.6.10
ライラックワンダー
2022.6.10
カリフォルニアクイーン
2022.6.10
ベラ
2022.6.10

GreenSnapのおすすめ機能紹介!

【無料で利用できる】写真を撮るだけ!アプリが植物・花の名前を教えてくれる『教えて!カメラ』のご紹介!

多肉植物・サボテンに関連するカテゴリ

多肉植物・サボテンのみどりのまとめ

いいね済み
8
2022/06/25

シワシワ枯れ枯れ

これは5月13日にpicしたハオルチアが根は枯れ葉はしわシワで水耕栽培し
いいね済み
193
2022/06/25

ダイソー産アガベ🌵あれから大きくなりました🌱2018〜2022

100円で購入のアガベ🌵購入時は小さな2枚の葉っぱのみでした🌱種類は
いいね済み
20
2022/06/25

我が家の素敵なアエオニウムたち💕

YouTubeで黒法師錦を知って魅了され、少しずつ集めた我が家のアエオニ

多肉植物・サボテンの関連コラム

アデニア・グロボーサの育て方|水やりや植え替えのタイミング、増やし方は?の画像
2022.06.20

アデニア・グロボーサの育て方|水やりや植え替えのタイミン…

大きくゴツゴツした塊根が特徴のアデニア・グロボーサは、アデニアの中でも人気がある品種です。育て方も難しくないので、多肉植物初心者の方でも育てることができます。アデニア・グロボーサはユニークなフォ…
アガベの育て方| 土づくりや植え替えのコツは?水やり頻度は?の画像
2022.06.09

アガベの育て方| 土づくりや植え替えのコツは?水やり頻度…

アガベとは、南アメリカ北部や北アメリカ南部、中央アメリカを原産地とするリュウゼツラン科のリュウゼツラン属に分類される多年草の多肉植物の名前です。暑さや寒さにも強いのが特徴となっています。…
パキポディウム・恵比寿大黒の育て方|水やりや植え替えのタイミング、増やし方は?の画像
2022.06.02

パキポディウム・恵比寿大黒の育て方|水やりや植え替えのタ…

パキポディウムは塊根の部分が大きく生長してユニークな見た目が多く、種類や品種がいくつもあります。パキポディウム・恵比寿大黒(えびすだいこく)もその中の一つで、丸く生長する塊根が特徴です。ユニーク…
ハオルチアが徒長したら?原因と仕立て直しの方法は?株分けできれいにしよう!の画像
2022.04.28

ハオルチアが徒長したら?原因と仕立て直しの方法は?株分け…

ぷっくりした見た目が可愛らしいハオルチアは、多肉植物の中でも人気があります。乾燥した環境で十分育つため、手入れも簡単で育てやすいです。そんなハオルチアですが、育て方によってはヒョロヒョロになって…
グリーンネックレスの育て方|増やし方は?枯れる原因と復活方法は?の画像
2022.04.25

グリーンネックレスの育て方|増やし方は?枯れる原因と復活…

グリーンネックレスの茎は細いですが、葉は丸っこくてほぼ球形をしています。原産地は南アフリカのあたりのいわれていて、多肉植物に分類されます。多肉植物は葉っぱに水をたくわえる種で、乾燥地帯を生き抜く…
多肉植物の増やし方|葉挿し・挿し木・株分けの失敗しない方法!の画像
2022.04.25

多肉植物の増やし方|葉挿し・挿し木・株分けの失敗しない方…

多肉植物には3つの増やし方があります。①葉挿し、②挿し木、③株分けです。どの方法もペットボトルなど、身近なものを活用して、簡単に挑戦できます。しかし、やり方や管理の仕方がよくないと、失敗すること…

多肉植物・サボテンの新着投稿画像

人気のコラム

いいね済み
492
2021.02.12

【春の花図鑑30選】3月、4月、5月の開花時期別に花の名前をみてみよう!…

いいね済み
397
2019.10.16

簡単DIY!「100均製氷ケース」で多肉ポットを作ろう!…

いいね済み
320
2020.01.29

カット苗を買ってきたら?購入後の手順と根を出させるコツ…

いいね済み
306
2020.03.03

クローバー(シロツメクサ)の花言葉|葉の枚数によって幸せにも怖い意味にも…

いいね済み
278
2020.01.15

小さな多肉がギュギュぎゅっと。魅惑の「多肉畑」へようこそ!…

いいね済み
253
2021.11.25

【冬の花図鑑30選】冬に咲く花の名前や花言葉はなに?鉢植えや花木でよく見…

いいね済み
237
2022.05.30

ヒマワリの花言葉|怖い意味もあるって本当?色や本数別の意味は?…

いいね済み
234
2022.04.14

バラ(薔薇)の花言葉|色や本数別、怖い意味とは?花瓶に長く飾るコツは?…

いいね済み
231
2022.01.13

ミニトマトの育て方|プランター栽培の方法は?水やりのコツや、苗の植え方は…

いいね済み
230
2020.12.09

ユリ(百合)の花言葉|怖い意味があるの?色別の意味や花の特徴は?…

開催中のフォトコンテスト