Photo By かぼす

2019年/秋の種まき

種まきの記録です。

2019.09.17

13

◆2019/09/13:初日

ビオラ、F1ビビ・クリアホワイト。

種まき用のピートバンを買ってみたので、使いました。
春にアサガオやヒマワリ、メロンをまいたときは育苗ポットを使いましたが、不便に感じることもいくつかあったので試行錯誤してみようかなと。

その時に困った点や反省点をメモに書き出してみます

(1)シャワーで水遣りすると土が抉れて種が露出したり動いたりしてしまう
→ぶっちゃけポットが悪いんじゃなくて水遣りの方法が悪かった。霧吹きや底面給水というやり方を後から知りました。
(2)発芽後の水遣りでも、水遣りをする時に芽が水に沈んだり泥をかぶったりしてしまう
→これも水遣りの方法がダメだった…
(3)間引くタイミングでもったいなくて間引けなかった
→ただの貧乏性ともいう…。
(4)施肥や日向に出すタイミングがわからず、芽をダメにしたり徒長させたりした
→調べた育て方に沿って本葉が何枚か揃うまで待とうとしたのですが、遅かったみたい。

並べてみたら苗ポット全然関係なかった!
まあ、今回はヒマワリやアサガオよりも小さい種ばかりだったので、場所を取るポットよりもピートバンで発芽させてから移植しようかな、と…。ポットに移植するなら結局場所は取るんじゃないかー、という気もします。が。

「割り箸などで筋を付けて、そこにまく」と書いてあったので、竹串でやってみましたが、種が小さくてたくさんあったので途中から「えーい!」とふりかけをかけるみたいにパラパラまいてしまったビオラです。覆土もあまり丁寧ではない…。

ラムズイヤー。
ビオラの反省を活かして、一粒ずつ軽く押し込みました。ラムズイヤーの方が粒が大きくて数も少ないので、気持ち的なハードルが低かったのもある。

ピートバンの使い勝手がわからず、規定通りの量の水を入れてもジャブジャブになってしまい、「水余る!ナンデ??」と焦りつつキッチンペーパーで水分を吸い取っていましたが、取り扱い方の説明をよく読むと「吸水させて余った水は捨てる」旨が書いてあったので、ただの早合点でした。余っても普通に捨てればよかったのね…。

Photo By かぼす

シロタエギクです。
今回まいたなかでは1番粒が大きいと思う。
2番目のラムズイヤーをちまちま埋める作業がしんどくて、こちらは最初からふりかけ式にしてしまいました。
まいた後、「アーモンドスライスの入ったチョコクッキーみたいだな」と思いました。

ピートバンはネット通販で種と一緒に購入。
寸法が記載してあっても数字に弱い私はサイズ感がピンときていませんでした。手にとってみたら思ったよりコンパクト。A5くらいかな? 中学や高校の教科書みたいな大きさです。
大きすぎると一度にたくさん使えないなあと思っていましたが、このくらいなら結構大丈夫そう。
園芸用のメッシュトレイに4枚並べられます。

Photo By かぼす

こちらはローマンカモミール。

春夏とジャーマンカモミールを育てて、零れ種からの発芽もあるのですが、「花以外も香りがする」「多年草」というのに惹かれて挑戦です。
ジャーマンは草丈が結構高くなるのに比べてローマンは低めなのも魅力。嵩張るんですよ、ジャーマン…。あれだけ大きくなると鉢も大きい方がよかったんだろうな…と思ったりするし。

種の形はシロタエギクと似ていて棒状、シロタエギクよりも細かいサイズでした。
ジャーマンが零れ種でホイホイ芽を出してきているので、ローマンもきっと丁寧に覆土しなくても大丈夫ね、と、こちらもふりかけ式。

Photo By かぼす

フェリシア。ブルーデージーともいうのでしょうか。青系の花色が綺麗だなと思って、数合わせついでに買ってみました。
種の形はぺたんこなラグビーボール風。大きさも今回のなかでは大きい方で、種まきしやすかったです。

ラムズイヤーと同じように竹串でつついて土に軽く埋め込んで覆土。平たいので、軽くひっくり返すような感じでつつくと土にサクッと潜ってくれます。
種を置くのも等間隔で、1番丁寧に種まきしたかも。

種まきは、最初からふりかけ式にした2つ以外は、一度小皿に入れました。
そこに濡れた竹串を入れると先端にいくつか種がくっついてくるので、ピートバンの上でバラしたり移動させたりしながらツンツンと。
楽しいですが、首が疲れる作業。
テーブルと椅子のある環境でやってよかったです。
今回はダイニングのテーブルに新聞紙を引いて、そこで全部やりました。

◆2019/09/16:4日目

金曜日の夕方に種まきをしてそのまま玄関の内側で管理、翌日土曜日からは朝に外へ出して夕方に取り込む、雨が降りそうなときや降ってきたのに気付いたときは中へ、とやってます。

日曜日の朝、種まきから3日目、玄関から外へトレイを運んでいるときに、カモミールが発芽しているのに気がつきました。
確認するとビオラ、ラムズイヤー、フェリシアも発芽の気配です。シロタエギクは動きなし。

Photo By かぼす

わっと芽が出てきたローマンカモミール。
ちっちゃ!!
それにしても、こんなに早く発芽するものなんですねえ。

Photo By かぼす

ビオラもよくよく観察すると、ゴマのような種の先端が割れて白いものが出てきているような…?
こちらも動きだしたみたいです。

Photo By かぼす

ラムズイヤー、「発芽率が良くない」という話も見かけていたので超ダメもとでしたが、こちらも白いものが見える種がいくつか。

Photo By かぼす

フェリシアはカモミールの次にはっきりと発芽しはじめていました。双葉を見せてくれるのもすぐかな。

◆2019/09/17:5日目

Photo By かぼす

順調に発芽が進んでいます。

Photo By かぼす

ローマンカモミールは緑色がはっきり見えるくらいになってきました。

Photo By かぼす

フェリシアは予想通り双葉がひょっこり。可愛い。

Photo By かぼす

ラムズイヤーもかなり発芽しているみたいです。午後には双葉が見えてきた種もありました。

ビオラも少しずつ根が。出てきたばかりの根はポワポワしていて、綿毛みたいです。
覆土、神経質にならなくてもオッケーだったみたい?

Photo By かぼす

そしてシロタエギクも、白いものがニュッと覗いている種が2粒ほど。

水遣りは霧吹きで行なっています。
直接吹きかけると圧で動いてしまうので、ピートバンに対して平行気味にシュッシュと。
乾いてはいないのですが表面がひび割れてきて、割れ目にある種に影響がないかしら、というのが今のところ心配。

◆2019/09/18:6日目

Photo By かぼす

きれいに出揃い始めたフェリシア。種のまき方が1番丁寧なのが、芽の出方でわかる。1番最後で慣れてきてましたしね!

Photo By かぼす

ラムズイヤーもなかなかいい調子。

Photo By かぼす

ビオラも芽が出てきました。

Photo By かぼす

そしていよいよシロタエギクもニュッと。

この日は雨だったので、外ではなく玄関の内側で過ごしてもらいました。
まだ小さいし根も張ってないから、雨粒が当たる衝撃で傷んじゃうんですよね。

◆2019/09/19:7日目

Photo By かぼす

シロタエギクも双葉が見えてきました!
おはよう〜。

Photo By かぼす

ラムズイヤーを横から見ると、ニョキッと伸びているのがわかります。
ラムズイヤーはほかの植物に比べて根が土に潜れず「へにゃ…」ってなってるのが多い印象。迷子か〜?

ほかも横から撮影してみました。伸びてる〜!
ビオラ(手前左側)も俄然ヤル気になってますね。

そろそろお日さまに当てるように意識したほうがいい時期でしょうか…?

『2019年/秋の種まき』のみどりのまとめをみんなに紹介してみましょう

13

種まきに関連するカテゴリ

種まきのみどりのまとめ

10/12 芽が出ました!

ブルーセイジ 秋まき 成長記録

ペニーロイヤル 秋まき 成長記録

ボリジ 秋まき 成長記録

コーンフラワー 秋まき 成長記録

ラムズイヤー 秋まき 成長記録

種まきの関連コラム

綺麗な色の花を咲かせる朝顔の育て方をご紹介の画像

綺麗な色の花を咲かせる朝顔の育て方をご紹介

青や紫など綺麗な色の花を咲かす朝顔は、種からでも苗からでも育てやすい初心者向けの植物です。 小学生でも簡単に育てることができ、花が咲いた時に植物を育てるという喜びを教えてくれる植物でもあります。 そん...

徳原鉄二

2016.10.22

初心者でも簡単に植えられる!定番花の種3選!の画像

初心者でも簡単に植えられる!定番花の種3選!

苗や球根などからの育成もできている昨今ですが、種からの育成が今なお中心となっています。 そんな様々な種類の花の種がある中、人気を集めている種の種類を3つご紹介していきます。 ワイルドフラワー そもそ...

徳原鉄二

2016.10.22

球根の植え方から肥料の選び方まで。チューリップを育てるコツの画像

球根の植え方から肥料の選び方まで。チューリップを育てるコツ

小学校や幼稚園の頃、春になれば学校や幼稚園の敷地内にチューリップの花壇があったという記憶がある人も多いのではないでしょうか。 今回はそのチューリップを綺麗に咲かせるためのコツを、植える段階から花が咲く...

FLORA

2016.10.28

ヒマワリの切り花を長持ちさせるコツは? タネを取るには? など ヒマワリにまつわるトリビア4題。の画像

ヒマワリの切り花を長持ちさせるコツは? タネを取るには? など ヒマワリにまつわるトリビア4題。

  こんにちは。モルモリカです。 ヒマワリの花は、見るだけで元気にしてくれるビタミンカラー。 太陽に向かってぐんぐん育つ姿にも、パワーをもらえますよね。 花が太陽に向って咲くってホント? 切...

フローリスト編集部

2016.11.30

これなんて読む? 知っておきたい園芸用語(1) 『覆土』ふくどの画像

これなんて読む? 知っておきたい園芸用語(1) 『覆土』ふくど

  こんにちは。モルモリカです。 ガーデニング本を見ていると、なじみのない言葉が出てくること、ありませんか。 中には、読み方すらわからないものも……。 今回は、そんな言葉の中から、『覆土』を...

フローリスト編集部

2016.12.02

種まきの新着投稿画像

ゆみじん

119

こんにちは☀️ 今日のお花 シクラメン 今はまだ☘葉っぱのみです。 今年3月の写真です。 右上と左下は同じシクラメン。 600円で農産物直売所にて。 左上と、右下は近所の生産者さんの直売。 この日...

かおさん

54

0円園芸😬 水菜、ほうれん草と さらに昨日の植木市で花の種をもらい マキマキ 土はぷるるんミニトマトを植えた後の土 ポットはリッチェル? 応募してもらった物 いろいろかき集めて0円🙇‍♀️ ...

かすみ

7

種まきした花が、発芽。 パンジー 美女なでしこ アリッサム カンパニュラ等。大きくなるのが、楽しみ😊

おとみさん

33

春の花壇用タネ播きはこれで完了。 この辺りでは体育の日がだいたい秋蒔きのリミットみたいです。 今回もあと先考えずに色々と蒔いてしまいました😅

ゆみじん

157

今日の収穫です。 見てください‼️ まっすぐな大根。 左のは、あかねダイコン🌱 村の伝統野菜です。 これは、ぬき菜なんです。 柔かくて、とても味の良い大根。 根も葉も食べます。 あかねダイコンの種...

花のおもちゃ箱

28

ビビ マロンアンティーク 8月17日にビオラの種まきをしてもう少しで2ヵ月 成長が早い品種はつぼみが見えて来ました。

fuku

82

可愛いカボチャを🎃見つけたので、hanaさんが紹介していた、ジャック・オ・ランタン作ってみました🎵 両方、食用カボチャです🍴 そしてプッチィーニの種、採種😁

スナップエンドウ

22

知り合いにもらいました! 初めての出会いです。菊芋の花♡

人気のコラム

簡単DIY!vol.9「100円製氷ケース」で多肉ポット作り方の画像
カット苗を買ってきたら?購入後の手順と根を出させるコツの画像
小さな多肉がギュギュぎゅっと。魅惑の「多肉畑」へようこそ!の画像
園芸業界初の試み!!これから発売されるペチュニアの名付け親になろう!の画像
360度ぐるりと可愛い! フライングリースって知ってる? の画像

開催中のフォトコンテスト

GreenSnap

植物の名前を調べるなら

アプリで聞いてみよう!

★★★★★
ダウンロード