lunaさんのヤブラン,ヤブラン属,キジカクシ科ヤブラン属の投稿画像

の画像 by lunaさん | ヤブランとヤブラン属とキジカクシ科ヤブラン属と薄紫色の花とキジカクシ科と常緑性多年草と下草と花穂と多年草と常緑性とちっちゃいものクラブと金曜日の蕾たち

2021/07/23

45回いいねされています

🪴草花たち  その46
   ヤブラン(藪蘭)

下草でよく見かけるヤブラン。
薄紫の可愛い花穂が伸びていました。
まだほとんどが蕾みたい(*´︶`*)♡


yuyuさん主催
🏷金曜日の蕾たち
     に参加します♬
      
にゃんママさん主催
🏷ちっちゃいものクラブ
     に参加します♬
      

   ☀️
*・゜゚・*:.。..。.:*・'🌳✨・*:.。. 🍃.。.:*・゜゚・*

⌘ メモ ⌘
🔸科名・属名
  キジカクシ科 ヤブラン属(リリオペ属)
  ※科名は旧分類のユリ科の場合もある。
🔸学名
  Liriope muscari(L.platyphylla)
🔸英名
  liriope
  border grass
  lily turf
🔸別名
  リリオペ
  サマームスカリ
  広義でプラティフィルラ
  禾葉土麦冬(かようどばくとう): 中国植物名
🔸由来
  和名ヤブランの由来は、やぶに生え、葉の形が
  ランに似ていることからこの名が付けられた。
  地方名 : テッポウダマ(福島県)
ネコノメ(新潟県)
ジャガヒゲ(岐阜県)
インノシポ(鹿児島県)
🔸原産地
  日本(東アジア)
🔸分布
  東アジアに分布
  中国や朝鮮半島
  日本では全土、
  主に関東以西の本州・四国・九州・沖縄に分布。
🔸花期
  8月〜10月
🔸花色
  濃青紫~藤色  白
🔸結実
  花後、緑の実ができ、次第に黒になる。
🔸特徴
  常緑性の多年草。
  日本各地の林床などでよく見られる。
  ほぼ一年中同じ草姿を保ち、性質が強く、丈夫で
  手のかからない植物のため、古くから緑化や造園
  の植栽材料として広く利用されている。
  耐寒性と耐暑性が強く、日なたから日陰まで幅広
  い環境に適応し、病害虫の被害もほとんど見られ
  ず、土質もあまり選びません。
  革質の細長い葉は、しなやかで堅い。
  長い穂を伸ばして青紫から白色の花を咲かせる。
🔸品種
  ヤブラン属(Liriope属)には5種あり、日本
  には、ヤブラン、ヒメヤブラン(L.minor)、
  コヤブラン(L. spicata)の3種が自生している。
  斑入りや花色の異なるものなど20ほどの園芸品種
  があります。最もポピュラーで栽培や流通の多い
  のは、明るい黄色の縦縞が入る斑入りヤブランで、
  ‘ゴールド・バンデッド’(‘Gold Banded’)
  とも呼ばれる。

2021/07/23

ちっちゃいものクラブへようこそご参加くださりありがとうございます🙏

ヤブランのちびちびちゃんですね🤗
かわいい💞

また、来てくださいね🎶

2021/07/23

いいね!1

このみどりを撮った人

luna

luna

「この花の名前を知りたい…」と言う気持ちから 2021.4にスタートしました。 植物に関しては全くの素人。 一つの植物に出会うことから、感動を頂くのは勿論、 何だろう?の答えから、 様々な方向へ広がっていき、 繋がっていくのがまた楽しいです。 身近な植物の写真を撮りながら、 「私の出会った植物レポート」ができたらいいな… と思っています。 宜しくお願いします。 フォローして頂いたり、 皆さまからのいいね♡やコメント💬が励みになります。ありがとうございます。           2021.6.6

場所

キーワード

ヤブラン属 キジカクシ科ヤブラン属 薄紫色の花 キジカクシ科 常緑性多年草 下草 花穂 多年草 常緑性 ちっちゃいものクラブ 金曜日の蕾たち

植物

ヤブラン

投稿に関連する植物図鑑

投稿に関連する花言葉

投稿に関連する商品

GreenSnapのおすすめ機能紹介!

花に関連するカテゴリ

開催中のフォトコンテスト

花のみどりのまとめ

メルヘンツァウバーのまとめ

ボニータモニター

代官山  2021.10.24(日)

花の関連コラム

GreenSnap

[公式]写真を撮るだけで植物・お花の名前がわかる無料アプリ

レート4.6
ダウンロード