ビオラ・パンジーが咲き終わったら?花がら摘み・切り戻しの剪定のコツ!

冬のガーデニングで大人気のビオラやパンジーですが、いくら寒さに強いからといっても、ほとんど手をかけずに放置してしまっては、花を長く咲かせて楽しむことはできません。

そこで今回は、ビオラやパンジーを長く楽しむための花がら摘みや切り戻しなど、剪定のコツをご紹介します。

ビオラ・パンジーは咲き終わってもまだ咲き続けるかも!

ビオラ・パンジーといえば冬の花というイメージがありますが、一年草なのでじつは初夏ごろまで咲かせる体力を秘めています。

冬が終わって花が咲き終わってすぐに捨てるのではなく、きちんとお手入れすればじつはGWぐらいまでは咲いてくれるのです。

ビオラ・パンジーを初夏まで長く咲かせるために必要なのは、ズバリ「①花がら摘み」と「②切り戻し」です!他にも肥料や水やりのタイミングなども関係はしていますが、今回はこの2つのお手入れに注目して、詳しいやり方をご紹介します。

ビオラ・パンジーの剪定① 花がら摘み

花がら摘みとは?

ビオラやパンジーを長く楽しむためには、”花がら摘み”をこまめに行うことが大切です。

「花がら」とは、咲き終わってしおれた花のこと。咲き終わった花がらは、花びらがクルクルっと丸まった状態になるのが特徴です。これから咲く蕾と間違わないようにしましょう。

花がら摘みの効果は?なぜやるの?

花がら摘みをせずにしぼんだ花を放置してしまうと、植物は子孫を残そうとして、種をつくることにエネルギーを使ってしまいます。

こまめに花がら摘みをすると、植物がもつエネルギーが新しい花を咲かせることに使われるので、次々と開花するようになります。

花がら摘みのやり方

花がら摘みのやり方は、花がらを見つけたらできるだけ茎のつけ根に近いところをカットするだけです。

手で摘み取っても問題はありませんが、手では他の花や茎を傷つけてしまうこともあるので、ガーデニング用のハサミで切るのがベストです。

茎の中途半端なところで切ってしまうと、そこからまた茎が伸びてきてしまって、見栄えが悪くなってしまうので注意しましょう。

ビオラ・パンジーの剪定② 切り戻ししよう!

切り戻しとは?

切り戻しとは、伸びた茎をバッサリと剪定して、株の全体を1/3〜1/2ほどのサイズに小さく仕立て直すことです。伸びすぎた茎は下から数cm残して切ると良いでしょう。

せっかく伸びた茎を切ってしまうのは不安かもしれませんが、切り戻した後に肥料を追加してあげれば、ふたたび花が咲くようになります。むしろそのままにしている方が、花がすぐに枯れる原因になるので、定期的に切り戻しをしましょう。

切り戻しの効果は?なぜやるの?

花を育てていると茎ばかりが伸びてきてしまい、株の形が崩れてきてしまうことがありますよね。これを”徒長”といいますが、このまま育てると株の形が不恰好になってしまうので、一度切り戻しをしてリセットする必要があります。

また切り戻しをすると成長初期の花芽に養分がいき、脇芽が出てつぼみが増えるのでよく花が咲くようになります。また、風通しがよくなるの「うどんこ病」や「灰色かび病」などの防止にも効果ありなんです!

パンジーやビオラの切り戻しをするときは、株元に小さな花芽があるので、その手前で思い切ってカットしてください。高さを揃えてこんもりした株姿になるようにしましょう。カットした花は、花器などに挿しておけば、しばらくお家で楽しめますよ。

切り戻しをするタイミング・時期

パンジーの切り戻しは基本的に冬と春に行います。とはいえ、それ以外の時期にも傷んだ茎や不要な茎が増えてきたら切り戻しをしてあげるといいですよ。

ただし、切り戻しをした株にもう一度切り戻しをするときは、最低でも3週間ほどは時間をあけるようにしましょう。

冬の切り戻しのコツ

冬の切り戻しの目的は、脇芽を増やして花を増やすことです。切り戻しの正しい位置は「節のすぐ上」です。花を咲かせる新芽は節の付け根から出るため、節のすぐ上を切りましょう。全体の半分の高さを目安にしてカットしましょう。

春の切り戻しのコツ

暖かくなる春にはパンジーの生育が盛んになります。こまめに切り戻しを繰り返すことで長い期間花を楽しむことができます。パンジーは暑さに弱いため、気温が高くなり暖かくなってくると徒長し弱ってきます。

暑い時期に切り戻しをすると失敗して枯れてしまうことがあるので注意しましょう。6月に入ってから切り戻しを行うなら、翌日の気温が低い日を選ぶと良いでしょう。

ビオラ・パンジーは春からお手入れを変えると長く咲く!

春から肥料を与えよう!

ビオラやパンジーは、秋から春まで、上手に育てれば半年で次々と花を咲かせてくれますが、春になるとエネルギー不足の状態になってしまいます。

とくに地植えのビオラ・パンジーはこのころに元肥の栄養が切れるので、かなり効果がありますよ。

長く花を楽しみたいときは、春になったら一週間に一回ほどの割合で液肥などを与えましょう。ただし、肥料の与えすぎは根が肥料やけを起こしてしまう場合があるので、使用量は守るようにしてくださいね。

春からの水やり

パンジー・ビオラの水やりは、基本的には土が乾いたら、鉢底から水が流れるぐらいたっぷりとあげるようにします。寒い時期は少し水やりを控え、暖かい春になったら水やりの回数を増やしていくといいですよ。

ビオラ・パンジーを片付けるタイミングはGW!

秋ごろから初夏まで長く咲くビオラ・パンジーですが、さすがにゴールデンウィークまでには片付けておきましょう。

ビオラ・パンジーは寒さには強いですが暑さには弱いです。5月以降の気温には耐えられず枯れたり、蒸れて害虫・病気が発生して他の草花にも影響を与えるかもしれません。

ゴールデンウィークはちょうど夏の草花の植えどきの時期でもあります。連休の時間を使って夏の草花へ切り替えましょう!

ビオラ・パンジーが咲き終わったら花がら摘み・切り戻しをしよう!

ビオラやパンジーは、最近ではさまざまなカラーバリエーションが楽しめますよね。単体でボリューミーに育ててもいいですし、いろいろな色をミックスさせて寄せ植えしたり、ハンギングで見せたりと、いろいろな楽しみ方があるのもビオラ・パンジーの魅力です。

花がら摘みや切り戻しなどをこまめにしながら、できるだけ長く花を咲かせて、ガーデニングを楽しんでみてくださいね!

おすすめ機能紹介!

【無料で利用できる】写真を撮るだけ!アプリが植物・花の名前を教えてくれる『教えて!カメラ』のご紹介!

花のある暮らしに関連するカテゴリに関連するカテゴリ

花のある暮らしの関連コラム

花束をもらったあとは?すぐできる処理やおしゃれな飾り方、花瓶がない場合は?の画像

花束をもらったあとは?すぐできる処理やおしゃれな飾り方、花瓶がない場合は?

クリスマスローズの花を咲かせるコツ!花後、来年も咲かせるには?三上真史のお悩みQ&Aの画像

クリスマスローズの花を咲かせるコツ!花後、来年も咲かせるには?三上真史のお悩みQ&A

ビオラ・パンジーが咲き終わったら?花がら摘み・切り戻しの剪定のコツ!の画像

ビオラ・パンジーが咲き終わったら?花がら摘み・切り戻しの剪定のコツ!

睡蓮鉢とは|どんな種類がある?おすすめの植物は?の画像

睡蓮鉢とは|どんな種類がある?おすすめの植物は?

クチナシ(ガーデニア)の実は食べることができる?利用方法や効果効能は?の画像

クチナシ(ガーデニア)の実は食べることができる?利用方法や効果効能は?

花のある暮らしの新着投稿画像

人気のコラム

簡単DIY!「100均製氷ケース」で多肉ポットを作ろう!の画像
いいね
369

簡単DIY!「100均製氷ケース」で多肉ポットを作ろう!

【春の花図鑑30選】3月、4月、5月の開花時期別に花の名前をみてみよう!の画像
いいね
367

【春の花図鑑30選】3月、4月、5月の開花時期別に花の名前をみてみよう!

カット苗を買ってきたら?購入後の手順と根を出させるコツの画像
いいね
306

カット苗を買ってきたら?購入後の手順と根を出させるコツ

小さな多肉がギュギュぎゅっと。魅惑の「多肉畑」へようこそ!の画像
いいね
265

小さな多肉がギュギュぎゅっと。魅惑の「多肉畑」へようこそ!

クローバー(シロツメクサ)の花言葉|葉の枚数によって幸せにも怖い意味にもなる?の画像
いいね
243

クローバー(シロツメクサ)の花言葉|葉の枚数によって幸せにも怖い意味にもなる?