元肥・追肥とは?どんな目的や効果があるの?施し方にも種類がある?

GreenSnap編集部

GreenSnap編集部

公開日:2020.07.29

本来、自然界では虫の死骸や、動物の排泄物、落ち葉によって土に栄養が供給されています。しかし、街や都市ではそのような栄養のサイクルが回らないので、庭や畑で植物を育てるときには、必ずと言っていいほど肥料、ひいては元肥と追肥が必要です。

今回は元肥と追肥の役割や、施し方についてご紹介いたします。

元肥とは?追肥とは?おさえておくべき基本

肥料は大きく、施肥のタイミングによって元肥と追肥に分けることができます。元肥と追肥によって、適切な肥料の種類も変わるので、その役割を理解しておくことが重要です。

元肥の基本的な知識


元肥の読み方は、「もとごえ」です。他にも「基肥(きひ)」、「原肥(げんぴ)」と呼ばれることもあります。

元肥は、本来自然界の土が持っている養分を、再現する・補うという役割があるので、植物を植え付ける前に、あらかじめ土壌に混ぜ込んで養分を充実させておきます。

元肥に向いている肥料の種類

元肥は、緩効性のゆっくり長く効くタイプの肥料が向いています。基本的に有機質肥料が使われることが多いです。
油かす、米ぬか、草木灰、腐葉土、魚粉、骨粉、堆肥、緩効性化成肥料など。

追肥の基本的な知識


追肥の読み方は、「ついひ」です。

追肥は、植物の成長過程にしたがって施すことで、生育中にたになくなる養分を追加で供給する役割があります。

追肥に向いている肥料の種類

追肥には、一般的には速効性があり、すぐに養分が土に供給される化成肥料や、液体肥料などが向いています。ただし、施すタイミングによって、もしくは樹木などの長期間生育する植物については、緩効性の肥料がいいとされる場合もあります。

追肥の種類とは?

追肥は施すタイミングによって、さらにその呼称の種類が分かれています。
寒肥:寒肥とは、12〜2月の寒期に、休眠中の植物に施す肥料のことを言い、来春の生育期の成長をよくする役割があります。休眠中は植物の生育は緩慢になるので、緩効性の肥料がいいとされます。

礼肥:礼肥は、開花終わりの多年草や果樹に施す肥料のことで、開花によって消耗した体力を回復する役割があります。すぐに養分を供給させたいので、速効性の化成肥料が向いています。

芽出し肥:芽出し肥は、新芽が生える2月下旬〜3月に、樹木や多年草、球根などに施す肥料のことです。春によく芽が生えるよう、ブースター的な役割があるので、速効性の化成肥料が向いています。

元肥と肥料の栄養供給の考え方


施肥と肥料供給の考え方として、基本的には、元肥でリン酸の必要全量を、窒素とカリの必要量半分を施し、追肥によって窒素とカリの残りの必要量を、数回にわけて施すのが良いとされています。
例えばトマトの場合、1㎡に対して窒素25g、リン酸30g、カリ25gほどが必要とされるので、元肥で窒素12g、リン酸30g、カリ12gを施し、追肥によって窒素とカリ4〜5gを3回にわけて数週間おきに与える、といった方法です。

元肥の施し方とは?

元肥の施し方は、畑の場合と、プランターの場合で方法が異なります。ただし、いずれの場合にも、植物の根に肥料が直接つくと、そこから肥料焼けを起こして生育不良につながるので気をつけましょう。

家庭菜園・畑での元肥の施し方

全面施肥

全面施肥は畑全体に肥料をまいて、よく耕してて均一になるように土となじませる方法です。土と肥料が馴染みやすいので、比較的早く効果が阿田和れ、広い畝の畑に向いています。また、根が浅く広く伸びる葉菜類や根菜類が向いています。

溝施肥(作条施肥)

溝施肥とは、畝を立てる前に、畝の中央部分に溝を掘って、そこへ肥料を施してから埋め戻し、畝を立てる方法です。全面施肥よりも肥料の量が少なくて済むのが特徴です。

鉢・プランターでの元肥の施し方

層状にする元肥の施し方

容器に対して、土1:元肥2:土2の比率・順番でいれ、植物の成長にしたがって、元肥の栄養が供給されるように施します。

両側に流し込む元肥の施し方

容器をまず用土でみたし、両側から規定量の元肥を流し込んでおく方法です。ゆっくりと土に養分がしみでて、植物の根の全体に栄養を送ることができます。

追肥の施し方とは?


追肥の施し方には、穴肥、溝施肥、バラまきなどの方法があります。いずれも、追肥の施し方のポイントとして、株元ではなく、樹冠の端の真下や、これから根が伸びる株の間、畝の両側の肩・通路に施すといいでしょう。植物の根の先端に行き渡らせることが大事です。

穴肥での追肥の施し方

穴肥とは、株から20〜30cm離れたところに穴を掘って、そこに肥料を施して埋め戻す方法で、「待ち肥」とも言われています。果菜類や生育期間の長い野菜に向いています。

溝施肥での追肥の施し方

溝施肥での追肥は、条状に植えた時に、株の20〜30cm離れたところに溝を掘って、肥料を施して埋め戻す方法です。

一株のときは、株の根元の周囲20〜30cm部分に溝を掘って、そこへ粒状の肥料をまいて埋め戻します。

バラまきでの追肥の施し方

バラまきは、まだ作物が生育初期段階のときにおすすめの方法で、肥料をそのまま適量土の上にばらまくように施します。なお、肥料が直接植物に当たらないように注意しましょう。肥料をまいたところには、まんべんなく土をかけておくといいです。

置肥での追肥の施し方

置肥は植物の根元に、固形、もしくは粒状の肥料を置く方法です。基本的には、固形の緩効性化成肥料や有機肥料を使います。水やりとともに肥料成分が少しずつ溶け出していくので、効果がより長期間あらわれます。主に鉢植えの観葉植物や、プランター栽培の草花に有効です。

液肥での追肥の施し方

液肥は、規定量水で希釈した肥料を、そのまま水やりと同じやり方で植物に施す方法です。主に草花などに有効です。

元肥と追肥の目的や施し方を理解して、うまく植物を育てよう!


育てる植物によって、栄養の必要量や、施すべきタイミングは異なります。またもちろん個体差もあるので、育て方図鑑などを参考に、植物の状態をみてあげながら、施肥しましょう。元肥と追肥のコツがつかめれば、より園芸を楽しめると思います。

GreenSnap編集部
植物好きが集まるスマホアプリGreenSnap(グリーンスナップ)は、お部屋や庭で育てている植物、外出先で見つけた気になるお花などの写真を撮影して、気軽に共有したり植物アルバムを作ることができるサービスです。

肥料に関連するカテゴリ

肥料の関連コラム

肥料の新着投稿画像

そらみん

9

せっかくきゅうりの実が付いても最近はこの様な物ばなり、どうしてなんでしょうか?

そらみん

7

前にも載せましたが、ピーマンだと思っていたらカラフルな唐辛子の実なのかな? ちょっと楽しみになって来ました。

そらみん

13

このユリの花はなんですか? 良く道端とか草むら?の中で咲いてるユリのような? 毎年家では咲いてくれます。

Anya F

41

洗濯マグちゃん®️の300回の使用が終わりました。終わった後の使い道を調べていたら、植物の肥料として良いとのこと。 マグネシウムは、植物の光合成の手助けをしてくれるそうなので、どの子に使うのが良いか調...

えーさくさん

77

私が使っている肥料のご紹介。🤗 芝生用に使っている肥料です。☘️ 左側:ハイポネックス 芝生 液肥 右側:SUNBELLEX 家庭園芸専用     芝の肥料 粒状 ハイポネックスは結構長い間、使って...

えーさくさん

63

私が使っている肥料のご紹介。🤗 (お花じゃなくてごめんなさい。💦🌀) GSフォロワーさんの参考になれば。。。 私はハイポネックスが好きなので、好んで使っています。⭐️🎵☘️ 左側:ハイポネック...

タケシ(・∀・)

50

昨年、徒長させちゃった グラキリスさん。 その傷痕は癒えぬものの いい感じに太ってきました! 昨年の反省を踏まえ、 辛く厳しく育てています。 しかし、実生苗を太くするには やはり肥料は必要と小耳...

ふさ

27

"アサガオ" 今日は~ 白い花が加わり ツルが更に 伸びて来ました🤗

人気のコラム

GreenSnap

[公式]写真を撮るだけで植物・お花の名前がわかる無料アプリ

レート4.6
ダウンロード