シュロチクの画像

シュロチクの育て方

  • ヤシ科
  • カンノンチク属

シュロチクの基本情報

ジャンル

観葉植物

形態

低木

学名

Rhapis humilis

別名

棕櫚竹

原産地

中国南部

シュロチクの性質

栽培難易度

やや易しい

耐寒性

やや強い

耐暑性

強い

耐陰性

あり

時期

植え付け・植え替え

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12

肥料

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
シュロチクの育て方の画像

シュロチクは、中国南部から南西部原産の植物で、江戸時代に日本にやってきました。漢字では「棕櫚竹」と書きますが、竹ではなくヤシ科の植物です

シュロチクは、別名「緑の宝石」ともいわれるほど、ツヤツヤした濃い緑色の葉っぱをつけ、高さ2メートルから4メートルほどの大きさに育ちます。

ここでは、そんなシュロチクの育て方についてご紹介したいと思います。

シュロチクの育てる場所

シュロチクは日差しが苦手で、基本的には半日陰に置いて育てますので、室内向けの植物だといえます。とはいえ、日当たりの良くない暗い室内に置いたままにしておくと育ちませんので、直射日光の当たらない明るい場所を選びましょう。

夏場は特に、直射日光が当たらないように注意が必要です。ただし、冬場はガラス越しに日の当たる窓辺を選んで置いてください。ただし、エアコンの風が直接当たる場所は避けましょう。

シュロチクに直射日光が当たると、葉っぱが変色して枯れてしまいます。一度変色してしまった葉っぱは元には戻らないので、色が変わってしまった葉っぱはカットして取り除いてください。

屋外で育てる場合

シュロチクは、観葉植物の中では比較的耐寒性がありますので、霜さえ付かなければ屋外で育てることも可能とされています。屋外に置く場合は、強風の当たらない半日陰を選び、10度を下回る頃から屋内に入れるとよいでしょう。地植えなら、霜がつかないよう株元に藁を置くなどして保護してください。

シュロチクの水やり

シュロチクには、鉢土が白っぽく乾いたら、たっぷりと水やりをします。

特に夏場は高温で乾燥しますので、毎日欠かさず水やりをしましょう。ただ、土が濡れているのに水やりをし続けると根腐れを起こしてしまいますので、土の表面が乾いているかどうかチェックしてから水やりをしてください。受け皿に水が溜まったままにならないようにします。

冬場については、水やりを控えて乾燥気味に管理します。10度を下回るようならあまり水分を必要としなくなるので、土が乾燥してから3日程度は水やりをしなくて大丈夫です。

また、シュロチクには1年を通してこまめに霧吹きで葉水をし、湿度を保ちましょう。葉水をすることでハダニなどの害虫を防ぐこともできます。

シュロチクは水やりが不足して乾燥しすぎると、葉っぱが傷んで枯れてきますので注意してください。

肥料

シュロチクには春から秋にかけて肥料を施します。冬場は生育がストップするため、肥料を与えると肥料焼けを起こしてしまいますので、冬になったら肥料は与えません。置き肥は取り除いてください。

肥料の与え方はというと、5月から9月頃に、緩効性化成肥料を2か月に1回程度置き肥します。

有機肥料ですとコバエが発生しやすいので、化成肥料の利用がおすすめです。

用土

シュロチクには、水はけがよくてある程度水もちもよい土を使います。例えば、赤玉土4:鹿沼土3:腐葉土3の混合土などがおすすめです。

市販の観葉植物用の土でも大丈夫ですが、赤玉土を少し混ぜておくと水はけがよくなります。水はけが悪いと根腐れを起こしてしまいますのでご注意ください。

病害虫

シュロチクは、比較的病害虫に強い方ですが、シュロチクにつきやすい害虫というと、カイガラムシです。見つけたらすぐに殺虫剤を散布して駆除してください。成虫には殺虫剤が効きにくい場合がありますので、歯ブラシなどでこすり落としてもOKです。

カイガラムシは風通しが悪いと発生しやすいので、シュロチクの鉢は風通しの良い場所で管理しましょう。

ほかに、アブラムシやハダニが発生することもあります。

また、シュロチクにカイガラムシなどの害虫がつくと、その排泄物が原因で、葉っぱが黒く変色する「すす病」にかかることがありますのでご注意ください。

シュロチクの植え付け・植え替え

シュロチクは、根詰まりを起こしたり根腐れを起こすと、根っこから十分水分を吸収できないため、葉先が枯れてきます。

つまり、葉先が枯れてくるようなら植え替えが必要だということです。

いずれにしても、そのままにしておけばいずれは根詰まりを起こしてしまいますので、2年から3年に1度、定期的に植え替えをしましょう。

シュロチクの植え替えに最適な時期は、5月から6月頃ですが、株分けをしない場合は9月頃まで可能です。とはいえ、真夏の猛暑日などは避けましょう。

シュロチクの増やし方

シュロチクは、株分けで増やします。株分けに適しているのは5月から6月頃ですので、植え替えのタイミングで行うのが一般的です。

株分けの際には、あまり細かく分けてしまうと見栄えもよくないですし、再生に時間がかかってしまいますので、少なくともそれぞれの株に3本くらいの幹と枝を残して株分けをしてください。

まず、鉢のふちをたたいて鉢から株を抜いたら、古土を落とします。根鉢ごと水に入れて洗うようにして落とすという方法があります。傷んだ根っこは切り落としてくださいね。

根茎は、幹3本ずつ程度に切り分け、それぞれの株を新しい鉢に植え付けて、水を与えればOKです。植え付けの際は、水はけをよくするため、土を入れる前に鉢底石を入れておきましょう。

植え付け後、2週間程度は日陰で管理しながら様子を見てください。

シュロチクの手入れ

シュロチクに必要なお手入れというと、剪定や枯れた葉の除去、鉢底から伸びた根っこのカットくらいです。

葉や茎が自由に伸びっぱなしになると見栄えも悪くなり、また風通しも悪くなってしまいますので、伸びすぎた葉や茎は、適宜剪定します。不要な葉っぱや茎を剪定するときは、根元からカットするようにしてくださいね。根元からカットすると新芽が出てきます。

また、葉先だけが枯れて変色している場合は、その部分だけカットしてしまってOKです。

シュロチクの風水

シュロチクは、放射状に生えて下向きに伸びる尖った葉っぱが特徴的で、風水的には、悪い気を浄化して気の流れをスムーズにしてくれる存在です。

東または南東、南または南西の方角の、玄関や部屋の隅に置くのが吉とされています。

シュロチクの花言葉

シュロチクは観葉植物のひとつですが、ずっと温室などの暖かい場所で育てている場合には、夏を迎えるころに薄い黄色の花が咲きます。花言葉は、「思慮深い」「向上心」「成功」といったものです。

しかし、シュロチクに花が咲くということは、根詰まりして植え替えが必要だいうサインだともいわれています。シュロチクに花が咲いたら、植え替えの時期が来たということですね。

まとめ

ここでは、江戸時代に日本にやってきたヤシ科の植物、シュロチクの育て方についてご紹介しました。

アジアンや和モダンな空間によく合うシュロチクは、耐陰性があるので室内で育てることができ、インテリアに彩りを添えてくれます。また耐寒性があることから屋外で育てることも可能です。

シュロチクは比較的育てやすくて丈夫ですので、初心者にもおすすめできます。ぜひ育ててみてください。

※トップ画像はe-RANさん@GreenSnap

シュロチクの新着投稿画像

シュロチクの新着コラム

観葉植物の種類

パキラ

日当たりのよい場所で育てます。耐陰性がありますので、あまり日が入らないところでも育てることができます... パキラ の育て方へ

ガジュマル

年間を通して日当たりがよい場所に置きます。気温が5℃より下回る場合は室内に入れ、日当たりの良い場所に... ガジュマル の育て方へ

ポトス

年間を通して直射日光は避け、明るい日陰で育てます。冬場は室内に入れ、日当たりの良い場所に置いて育てま... ポトス の育て方へ

モンステラ

強い直射日光を嫌いますので、年間を通して半日陰で育てます。 モンステラ の育て方へ

アスパラガス

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。真夏は直射日光を避け明るい日陰に置きます。冬場は室内の日当... アスパラガス の育て方へ

ユッカ

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。真夏の直射日光も問題ありません。気温が5℃より下回る場合は... ユッカ の育て方へ

GreenSnap

植物の名前を調べるなら

アプリで聞いてみよう!

★★★★★
ダウンロード