トックリヤシの画像

トックリヤシの育て方

  • ヤシ科
  • トックリヤシ属
トックリヤシの育て方の画像

根元の部分がトックリのように膨らんでいることから名付けられたトックリヤシ。熱帯地方のマスカリン諸島が原産で、日本では沖縄諸島などで見かける南国の植物です。街中や植物園などで見かけるトックリヤシは大きいものが多いですが、観葉植物用の小さなものも売っているので、家庭で育てることもできます。トックリヤシの育て方をご紹介します。

トックリヤシの育てる場所

トックリヤシは南国の植物なので、耐暑性には強いですが、耐寒性はありませんので、気温が10度以下になる環境では育てないようにしましょう。

日当たりの良い場所を好みますが、真夏の強い直射日光の下では、葉焼けを起こしてしまうことがあります。少々日当たりが悪い場所でも育てることができるので、明るい室内か、屋外の半日陰で育ててください。

室内で育てる際には、冷房や暖房の風が直接当たるような場所には置かないように気をつけましょう。

トックリヤシの水やり

土の表面が乾いてきたら、水を与えてください。トックリヤシは少々乾燥させても枯れてしまうようなことはないので、水切れよりも水のやりすぎに注意しましょう。特に冬の間は成長が鈍るので、水やりは控えめにしてください。

湿度は高いほうがいいため、できれば加湿器を使い、時々葉っぱに霧吹きで水をかけてあげましょう。

肥料

生育期にあたる5月から10月頃に、緩効性の液体化成肥料を2か月に1回くらい与えてください。大きく育てたくない場合は、肥料は控えめにしましょう。

用土

室内で育てる場合は、観葉植物用の用土が匂いもあまりしないのでおすすめです。

屋外で育てる場合は、水はけがよくて、腐植質が豊富な土がいいでしょう。赤玉土が6、腐葉土が3、小粒の軽石1くらいの割合で混ぜた土を使ってください。

病害虫

カイガラムシやアブラムシが発生することがあります。害虫のせいで葉が落ちると、なかなか新しい葉は生えてこないので、早めに駆除してください。

トックリヤシの植え付け・植え替え

トックリヤシを種から植え付ける場合は、5月頃に行いましょう。腐植質が豊富な土に、種を横向きにして置き、種が半分隠れるくらい土をかけてあげてください。

鉢の底から根が出てきていたら、植え替えを行いましょう。5月から8月頃が適期です。大体3年に1度くらいの頻度で植え替えしてください。根の太い部分を傷つけないように気をつけましょう。

トックリヤシの増やし方

トックリヤシは挿し木で増やすことができますが、挿し木で増やしたトックリヤシは根元が膨らみません。根元も膨らむトックリヤシを増やしたかったら、種まきで増やしてください。

トックリヤシの手入れ

トックリヤシは、枝を切ると、その切った枝から新しい芽が出てくることはありません。切り戻しなどを行いたい場合は注意してください。葉先が枯れてきてしまったら、茶色くなった部分だけ切り取るようにしましょう。

まとめ

植物園などで見かけるトックリヤシはとても大きいですが、実は成長速度はとても遅いので、家の中で育てるのにも向いています。ハワイでは、トックリヤシは金運を良くする植物と言われているのだとか。風水でも縁起の良い植物とされているそうなので、インテリアの一つとして育ててみてはいかがでしょうか?

※トップ画像はエリザベスさん@GreenSnap

トックリヤシの基本情報

ジャンル
観葉植物
形態
高木
学名
別名
ボトルヤシ
原産地
マスカリン諸島

トックリヤシの性質

栽培難易度
やや易しい
耐寒性
弱い
耐暑性
強い
耐陰性
あり

時期

植え付け・植え替え
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
肥料
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12

トックリヤシの新着投稿画像

みんなのトックリヤシの育て方

トックリヤシの成長記録

トックリヤシの新着コラム

観葉植物の種類

パキラ

日当たりのよい場所で育てます。耐陰性がありますので、あまり日が入らないところでも育てることができます... パキラ の育て方へ

ガジュマル

年間を通して日当たりがよい場所に置きます。気温が5℃より下回る場合は室内に入れ、日当たりの良い場所に... ガジュマル の育て方へ

ポトス

年間を通して直射日光は避け、明るい日陰で育てます。冬場は室内に入れ、日当たりの良い場所に置いて育てま... ポトス の育て方へ

モンステラ

強い直射日光を嫌いますので、年間を通して半日陰で育てます。 モンステラ の育て方へ

アスパラガス

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。真夏は直射日光を避け明るい日陰に置きます。冬場は室内の日当... アスパラガス の育て方へ

ユッカ

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。真夏の直射日光も問題ありません。気温が5℃より下回る場合は... ユッカ の育て方へ

GreenSnap

[公式]写真を撮るだけで植物・お花の名前がわかる無料アプリ

レート4.6
ダウンロード