ニューサイランの育て方|地植えで寄せ植えもできる?耐寒性のある品種は?

  • ワスレグサ科
  • フォルミウム属

ニューサイランはいろんな色と大きさが多彩な多年草で、ニュージーランドが原産地です。名前がよく分からない人でも、意外に見たことが多い植物で、庭などの地植えなどにもよく使用されています。また、ニューサイランの葉は、生け花の花材としてもよく使用されています。そんなスッキリした形の葉が人気の、ニューサイランの育て方を説明します。

ニューサイランを育てる場所

ニューサイランは日当たりの良い場所を好むので、ベランダかお庭で育ててあげるのがいいでしょう。また、草丈が高くなる植物のため、室内では広いスペースがあるお部屋であればなお良いでしょう。

ただし、夏の乾燥した状態は苦手です。また、直射日光がきついと、葉が焼けてしまうことがあるので、ちょっとした木陰を設置して、枯れるのを防ぐようにして下さい。

冬の季節は寒さや風にさらすのは好ましくないです。そのため、ニューサイランを庭で育てている場合は、冬の季節はワラなどを敷いて、暖かくしてあげて下さい。

ニューサイランは、日当たりが良く風通しがいい環境であれば、綺麗でまっすぐな形状のいい葉に成長します。

ニューサイランの水やり

春~秋の季節は、ニューサイランの成長期にあたるので、たっぷりと水を与えるのがポイントです。水分を好む植物なので、水はこまめにあげて下さい。特に、地植えよりは鉢植えの方が乾きやすいので、水やりは忘れないように気を付けます。ニューサイランの株が大きく成長していると、水をあげる量も多くなります。

一方の冬の季節は、ニューサイランの休眠期に当たりますので、水を与えすぎますと根腐れする原因になります。生長期と比べますと根より水分を、吸い上げにくい状態になります。そのため、ニューサイランへ水を与えるタイミングとしては、用土が乾いてから2~3日あとぐらいがちょうどいいです。

ニューサイランの肥料

ニューサイランはよく成長するタイプの植物なので、肥料はしっかり与える必要があります。植え付けする用土には、緩効性化成肥料を混ぜておくといいでしょう。

ただし、これだけでは成長が旺盛のニューサイランには足りないため、1ヶ月に1回ほどのタイミングで、発酵油粕や緩行性化成肥料を足元に与えると、良い状態に育っていきます。お庭などの地植えよりは、鉢植えやプランターの方が、追肥が必要になってきます。

ニューサイランの土

ニューサイランを育てるときは、水はけの良い通気性がある用土を用いましょう。

自分で配合するのが難しいのであれば、草花用培養土を使用して育てても大丈夫です。自分で配合したい場合は、赤玉土6・腐葉土3・軽石1の割合で、配合して使用するといいでしょう。
植木鉢やプランターで育てたい場合は、鉢底ネットを敷いて、その上に軽石か鉢底石を入れた後、草花用培養土を入れ植えて下さい。

ニューサイランの植え付け・植え替え

ニューサイランの植え付けや植え替え時期は、成長期でもある3~4月の春の季節が適期です。

このとき、根を傷つけてしまうと、枯れる原因になりますので、根に付いている土はつけたままにして崩さず、植え付け・植え替えを行うといいでしょう。植える際には、株元を少し高めに植え付けると、水はけがいい状態になり、成長を促す良い生育環境がつくれます。

鉢植えやプランターなどは、成長のスピードがあるニューサイランは、すぐ根でいっぱいになります。根詰まりしてきますので、1~2年の頻度で植え替えを行うといいでしょう。

ニューサイランの増やし方(株分け)

ニューサイランの増やし方は「株分け」が一般的です。

株分けの季節としては、成長期が始まる3~4月の春の季節です。根が張っていると固くて、分ける作業が大変なので、スコップや園芸ハサミなどを使用して、半分ぐらいの大きさを目安にして、株を割るといいでしょう。

株分けしたら、すぐ土に植えて、日を当て水をたっぷり与えてあげましょう。

ニューサイランの手入れ・剪定

ニューサイランはよく成長する植物なので、育っていく過程で下の方の葉が、古くなったことにより枯れてきたり、色が褪せるなど変色してきます。いつも葉がまっすぐで、健康的な姿を保つためにも、状態が悪くなってきた葉は適宜剪定を行うといいでしょう。

剪定方法は難しくなく、傷んだ葉を株元から切り取って下さい。高温になったり多湿な場所はさけたいので、鉢植えやプランターなどは季節により、最適な環境のお部屋などに移動させましょう。

庭に植えてあるニューサイランはより成長に勢いがあるため、手入れは必須です。枯れたり避けたりしている葉をカットしながら、ボリュームを整えるように剪定して下さい。

ニューサイランの育て方で注意すべき病気・害虫

ニューサイランには、基本的に害虫は付きませんし、病気にもなりづらいです。ただし、庭やプランターなどで寄せ植えにしている場合は、ほかの植物の根元にいるコガネムシなどが根っこを食べてしまう可能性があります。

ニューサイランの葉が枯れすぎて様子が変だった場合、根っこにコガネムシがいないか確認してみて下さい。コガネムシがいたら、手で取り除いてあげましょう。

ニューサイランの種類・品種

フォルミウム・テナックスは、別名マオランやニュージーランドアサといわれています。大きくダイナミックに成長するのが特徴で、草丈は3mほどにもなります。-10℃まで大丈夫な、耐寒性が強い品種です。葉の色は綺麗な緑色です。

フォルミウム・クッキアナムは、成長しますと草丈が60cm~2mぐらいの、小型ですらっとした姿が特徴です。バリエガータは、葉に美しい特徴があり生け花にもよく使用されていますが、葉が緑色にフチにクリーム色の斑がストライプで入っています。

フォルミウムレインボーチーフは、草丈が大きいもので90cmぐらいになる品種です。プルプレアは、葉の色に深みがある赤紫色で、庭などに植える人が多い人気がある品種です。

もう少し明るい赤色がいい場合は、イブニンググローがいいでしょう。草丈は30cm~1mぐらいなので、お庭などのアクセントとしても楽しませてくれます。

フォルミウムレインボーメイデンは、枝が弓のように垂れているのが特徴の品種です。

フォルミウムレインボーサンライズは、草丈が小型で直立した形状の品種です。ニューサイランは、見た目の姿は基本的に共通しており、それぞれ草丈が低い品種と高い品種、色も赤色や緑色などいろいろあります。

ニューサイランの花と葉

本来、ニューサイランの花は、初夏の頃になると開花します。その姿は、長い花茎の先に、赤や黄色の花がつきます。ただし、あまり開花しているところを見られないため、ニューサイランの花は珍しい存在としても知られています。

ニューサイランの葉の繊維は織物や漁網をつくることができ、根を焼きシップ剤にするなど、人の生活を支える植物として役立つ場面も多く、観賞用というだけではなく実用性があります。

ニューサイランの花言葉

ニューサイランの花言葉は「素直」です。垂れている姿の品種もありますが、真っ直ぐな姿のニューサイランが、花言葉の由来となっています。

ニューサイランの寄せ植えを楽しもう!

ニューサイランは育てるのが難しくない植物なので、園芸好きな人や生け花が趣味の人など、手軽に育てることにチャレンジできます。種類によりいろんな色がありますので、何種類か混ぜてお庭に植えるなど、アレンジも楽しくなります。

また、ニューサイランは成長にスピードがありますので、生い茂りすぎますと手入れが大変になります。早めに剪定して傷がある葉などを整理し、格好いい姿を保てるといいでしょう。お花も咲きますので、葉の美しさだけでなくお花鑑賞もできます。室内は広いリビングなどに、インテリアとして飾れます。

※トップ画像はAudreyさん@GreenSnap

ニューサイランの新着コラム

ニューサイランの花言葉|意味や種類、40年に一度咲く花って本当?の画像

ニューサイランの花言葉|意味や種類、40年に一度咲く花って本当?

めきめきフラワーアレンジが上手くなる!葉ものアレンジメントのアイディアの画像

めきめきフラワーアレンジが上手くなる!葉ものアレンジメントのアイディア

おすすめ機能紹介!

【無料で利用できる】写真を撮るだけ!アプリが植物・花の名前を教えてくれる『教えて!カメラ』のご紹介!

ニューサイランの基本情報

ジャンル
観葉植物
形態
多年草
学名
Phormium tenax
別名
原産地
ニュージーランド

ニューサイランの性質

栽培難易度
やや易しい
耐寒性
やや弱い
耐暑性
普通
耐陰性
あり

時期

植え付け・植え替え
3月 、4月
肥料
3月 、4月、5月、6月、7月、8月、9月
開花
6月 、7月、8月

ニューサイランの新着投稿画像

観葉植物の種類

パキラの画像

パキラ

日当たりのよい場所で育てます。耐陰性がありますので、あまり日が入らないところでも育てることができます...
ガジュマルの画像

ガジュマル

年間を通して日当たりがよい場所に置きます。気温が5℃より下回る場合は室内に入れ、日当たりの良い場所に...
ポトスの画像

ポトス

年間を通して直射日光は避け、明るい日陰で育てます。冬場は室内に入れ、日当たりの良い場所に置いて育てま...
モンステラの画像

モンステラ

強い直射日光を嫌いますので、年間を通して半日陰で育てます。
アスパラガスの画像

アスパラガス

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。真夏は直射日光を避け明るい日陰に置きます。冬場は室内の日当...
ユッカの画像

ユッカ

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。真夏の直射日光も問題ありません。気温が5℃より下回る場合は...