ネオレゲリア ペッパーの育成記録

ちょうど一年前の昨年の9月下旬にウチに来たネオレゲリア ペッパーの一年間の動きをまとめます。
ネオレゲリアは品種も多く、大きさや形も多様です。中には名前が違うだけでほとんど品種の見分けがつかないものがありますが、このペッパーは小型と言われながらも鉢上で20㎝ほどある比較的柄が細かい交配種です。
群生への道を歩んでます(^.^!

2017.09.14

27

親・子・孫株の三株群生でウチに来たこの株は、オークションで出品開始価格で落札しました。
落札したのは単株でしたが、発送前に出品者から連絡があり、出品株に葉焼けなど痛みが出たので同種の同等の株を送付する旨連絡があり、送付されて来たのがこの株です。
落札価格では申し訳ないほどの素晴らしい株が届き、恐縮したのを覚えています。

親株は開花後ながら丁寧に育てられた綺麗な株でした。
まだ葉色も浅めの緑色で柄模様も充分とは言えませんがとにかく元気なみずみずしいネオレゲリアです。

当時まだ僕はネオレゲリアの育成経験が非常に乏しく育成方法が知りたくて色々と情報を漁り、ひとつがっかりしたことがあります。
それは、このペッパーは園芸店など見かけることがほぼない品種でしたが、海外では市場価格が非常に安かったことです。
値段で植物の価値は決まらないとは言え、がっかりしたことを覚えています(^.^

6月の初めに花芽を付け開花しました。
ネオレゲリアの花の形状は比較的品種による違いが少なく観賞価値は低いと言われています。
このペッパーも花だけ見ると地味で多品種の花と見分けがつきにくいかもしれませんが、よく見て見ると引き込まれるほど華やかです。
一度にドンと咲くのではなく複数の花が順番に咲いてくれるので長く楽しめます。同じブロメリアのビルベルギアは数日で花が終わりますが、ペッパーはこの後8月中旬まで約2ヶ月も咲いてくれました。

さて、その安価なネオレゲリア ペッパーの現在の姿はこんな感じです。

成株が6株、子株も6株の大世帯になりました(その他に2株ほど独立させています)
もしかするとこの旺盛な繁殖力が安価な理由かもしれません🤣

ではこのペッパーがどんな感じで子株から成株になるのか見てみます。
なお、ペッパーに限らずネオレゲリアのほとんどは同じように成長するので、参考になるかと思います。
成株の株元にこんな感じで突起物が出て来ます。
この突起期間は長いものは一ヶ月ほど、季節が良かったり元気のいい株だったりすると一週間もせずに、次の写真のようなランナーや子株へと成長します。
気がつかないまま子株になるケースも。

こんな感じで一株に複数の子株が出ることもありますが、両方ともきちんと育つかどうかはその親株の成熟度にもよります。

ある程度ランナーが出て親株から程よく距離を取ると子株となります。
子株の状態からこのぐらいに成長するには、約3ヶ月弱という感じです。もちろん時期にもよります。

ここまでくれば、あとは形状の変化はほぼなくなり太く逞しくなるのを待つ事になります!

さて育成方法ですが、まず植え込み材はこんな感じ。
相変わらず適当ですが、ベラポンにヤシチップとピートモス、バークチップを少々混ぜ込んだものを使っています。(もしかすると水苔で株元を巻いているかもしれません)
この株のキモはピートモスです。ピートモスは従来は改良用土として使われることが多いと思いますが、酸性土なので他と混ぜ込むことで混ぜた植え込み材を酸性に転ばすことができ、なおかつ保水性や通気性を保つことができます。さらに無菌でもあるので病気のリスクを減らすことが可能です。

水やりはかなり大雑把です。筒内を覗き込んで水がなかったらジョウロでざっくりとかけてしまいます。
外管理なので、雨が降ってくれれば水やりはお休み。今年の夏は毎日のように雨が降ったので、灌水はしなかったと思います😖
最低気温が5度前後になるようなら室内、それ以外は外管理です。
直射はそれほど苦にしないと思いますが、直射にはほとんど当てず明るい日陰に愛のある放置です。徒長を避けるために冬場は潅水を極力減らしますが、なるべく日に当てることは欠かしません。

ちなみにこの写真は室内で天窓の下で撮影しています。ウチは天窓のおかげで、冬場でもこんな感じに日に当てることができます。恵まれてます(^.^

これは開花後の花芽の様子。左は開花後一年経過しますがほぼ腐敗することなく保たれています。
右は開花後一月ほど。花びらが腐敗して見た目も悪いですが放っておきます。
理由は除去すると開花株が傷みやすくなったり、枯れが進むからです。悪臭が出る場合もありますが、それはある程度時間が経てば腐敗した部分が水で洗い流されてしまうので気にしないで良いでしょう🤣
ちなみにこの開花後の花芽は、自家受粉ができていれば果実となりシードポットを形成します。(本当はこの辺を詳しく書いたほうがいいのですが確信出来る情報がありません)(7月5日のNaobonさんのネオレゲリア ティグリナの投稿が参考になると思います)🙏

以上ざっくりですがネオレゲリアの育成記録です。
最後に簡単に一番重要なことを書き忘れたのに気がつきました😲
風です、通風です!少しでも空気が動くところで育ててあげれば、育つのに必要な水をたくさんあげることが出来ます! 少しでもいいので空気が動く環境に置きましょう! サーキュレーターや扇風機まではいりません。締め切ることのない部屋でも充分です!人の動きで生じる空気の移動ぐらいでもいいほどです!

ウチには他にも別品種で5鉢ほど群生ネオレゲリアがいますが、どれもしっかりと育ってくれていてなかなか豪華になって来ました。
ネオレゲリアは環境さえ作ってあげれば育つ剛健な植物なのかもしれませんね。何かの機会に紹介できればと思います。

『ネオレゲリア ペッパーの育成記録』のみどりのまとめをみんなに紹介してみましょう

27

観葉植物の育て方に関連するカテゴリ

観葉植物の育て方のみどりのまとめ

サンスベリア キリンドリカ

ビルベルギアを太く育てる!実験終了(^.^

ジュエルオーキッド マコデスペトラを育てる

Photo By つっきー

アボカド

Photo By きなこ

ワイヤープランツを増やしたい٩(• • )۶

【未発芽】Nepenthes-[HYB] Seeeding

観葉植物の育て方の関連コラム

テンナンショウの育て方の画像

テンナンショウの育て方

昆虫や動物が擬態するかのように、ぱっと見ると花が咲いているように見えるも、実は花ではないという植物があります。 アンスリウムやミズバショウと同じく、仏炎苞をつけた植物の中でも、テンナンショウという変わ...

takenaka

2017.07.25

ディフェンバキアの育て方の画像

ディフェンバキアの育て方

ディフェンバキアはアメリカに30種類もの仲間が存在し、葉に白い模様が入っているのが特徴のサトイモ科の植物です。 今回は、観葉植物としても親しまれているディフェンバキアの育て方について紹介します。 デ...

takenaka

2017.07.25

シンゴニウムの育て方の画像

シンゴニウムの育て方

熱帯アメリカが原産地となっているシンゴニウムは、日の当たり方で葉の色が変わってくる観葉植物です。 机や棚の上などに飾ることでインテリアの一つとして取り入れ、部屋に緑をいれることができます。 そんなシン...

takenaka

2017.07.25

クワズイモの育て方の画像

クワズイモの育て方

スタイリッシュな外観をしているクワズイモは、地上に突き出ている芋の先から育ち、大きく広がる葉っぱをつける観葉植物です。 冬の寒さにも強く、部屋にアクセントを取り入れたい方におすすめです。 クワズイモの...

takenaka

2017.07.25

マンリョウの育て方の画像

マンリョウの育て方

マンリョウは、漢字で万両と書き、お金にまつわる縁起の良い木です。 歴史のある園芸品種で、濃い緑の葉と果実を付ける花木です。 この葉と果実が鑑賞物として名高く、今でも栽培されています。 今回は、マンリョ...

takenaka

2017.07.25

観葉植物の育て方の新着投稿画像

shiorin

9

うちで一番順調に育ってる子。 窮屈そうなのでSサイズからMサイズへ植え替えてあげました(๑′ᴗ‵๑)

ははは

15

芽が大きくなりました☺️ 色白さんです。

けいみー

44

朝食はいつもキッチンで立ち食い😋🍴 座っちゃうと、ついまったりして家事が遅れちゃうから💧 ホントはこんなにちゃんと お皿にも盛らない( 笑 ) ぱぱっとつまみ食い😝 家族の分はきちんとテ...

Oishi Saiko(Gallery編み魔女)

45

明日も、またDIY(^ー^) ほっ。。。♪♪ ええ感じに仕上がるかな? (∩^o^)⊃━☆゚.*・。

月

35

これは花芽? ハオルチアさん、こんな時期に花が咲いたりするのですね。 楽しみだ〜^_^

すみれ

53

新芽が伸びてきた シンビフォルミス 我が家ではハイドロカルチャー で育ててます☆

けいみー

60

我が家の冬の暖は、コタツとオイルヒーター💛 エアコンの暖房では、 どうしても喉を痛めてしまうので😷 オイルヒーターは速暖性はないけど じわじわ体を温めてくれて 乾燥しないから、喉にも植物にもお...

人気のコラム

簡単DIY!vol.9「100円製氷ケース」で多肉ポット作り方の画像
360度ぐるりと可愛い! フライングリースって知ってる? の画像
簡単DIY!vol.6.「タマゴの殻で簡単ポット」作り方(多肉を植えてみよう)の画像
カット苗を買ってきたら?購入後の手順と根を出させるコツの画像
小さな多肉がギュギュぎゅっと。魅惑の「多肉畑」へようこそ!の画像

開催中のフォトコンテスト

GreenSnap

植物の名前を調べるなら

アプリで聞いてみよう!

★★★★★
ダウンロード
無料