警告

warning

注意

error

成功

success

information

ローズマリーの種類|食用の品種や、色や香りの違いは?

ハーブのなかでも高い知名度を誇るローズマリー。アロマオイルとしてや、肉料理に合うハーブとしてなど、様々な使い方があります。ローズマリーには、地面を這うように成長する品種や、木のように上に向かって成長する品種、食用に向くものや、食べられない観賞向きの品種など様々な種類があります。

今回は、そんなローズマリーの種類と特徴を解説していきます。

ローズマリーはどんな植物?

ローズマリーは地中海沿岸地方が原産で、年間を通して緑の葉を茂らせるシソ科の常緑植物です。収穫した枝からすぐ新芽が出やすく、水挿しでも発根しやすいため簡単に増やすことができるので、ガーデニング初心者向けのハーブといえます。

ローズマリーは花色や形が多種多様です。開花時期の4月~6月頃には、濃い青色やピンク色、白色などの花色で私たちの目を楽しませてくれます。

ローズマリーの種類や品種はどれくらい?

ローズマリーの歴史は古く、紀元前の古代エジプトや古代ギリシャ時代から親しまれていたとされています。そのため、ローズマリーの品種や交雑種は世界中に数多く存在しています。

ローズマリーは、以下の3つの形で分類されます。それぞれの分類ごとに品種をご紹介します。

  • 匍匐性(ほふくせい):地面を這うように成長する
  • 立ち性(たちせい):上に向かってすっと枝をのばす
  • 半匍匐性(はんほふくせい):匍匐性と立ち性の中間のような性質

ローズマリーの種類:匍匐性(ほふくせい)

地植えにすると、地面を這うように枝を伸ばし鉢植えの場合は枝垂れるように成長する性質を匍匐性(ほふくせい)と呼びます。匍匐性のローズマリーは根腐れしやすくやや乾燥した環境を好みますが、条件次第ではグランドカバーとしても利用できます。

ダンシングウォーター

ローズマリー・ダンシングウォーターは比較的成長が早く、数多くの花をつける多花性であることが特徴です。葉や花が風に揺れて踊っているようにみえることから「ダンシング」の名前がつきました。

プロストラータス

「プロストラータス」とはラテン語で”地を這う”という意味で、まさに匍匐性のローズマリーにぴったりの名前です。栽培環境がよければ、年間を通して薄紫色の花を咲かせます。

ウィルマスゴールド

ゴールドイエローが眩しいウィルマスゴールドは、食用よりもカラーリーフとして利用されることが多いです。3月~6月の初夏までは鮮やかな黄色が楽しめますが、暑さが増すと緑色が濃くなります。

サンタバーバラ

ローズマリー・サンタバーバラは比較的コンパクトにまとまりやすく、多花性で四季咲きの品種です。半耐寒性があり開花時期は夏の暑さがおさまった9月頃~翌春にかけてです。

ローズマリーの種類:半匍匐性

半匍匐性(はんほふくせい)は匍匐性と立ち性の中間のような性質で、成長し始めは上に伸びやすく、ある程度成長するとやや枝垂れてきます。上にも横にもよく伸びるため、収穫もかねて剪定しながら育てるのがおすすめです。

ウッドローズ

ローズマリー・ウッドローズは葉が濃く花色も鮮やかな紫色なため、バランスがよい品種として人気が高いです。やや耐寒性が低いため鉢植えで栽培し、冬は屋内での管理がおすすめです。

カプリ

ローズマリー・カプリは、ローズマリーのなかでも爽やかな香りが特徴的です。葉にはやや苦みがあるため、香りを楽しめるポプリなどに利用するとよいでしょう。

モーツァルトブルー

深い青紫色の花を咲かせるローズマリー・モーツァルトブルーは、成長が緩やかですが大きく育ちやすいです。見た目の華やかさから、食用よりもハーブガーデンのアクセントとして利用されることが多いです。

ディープブルー

濃く鮮やかな紫色が目をひくローズマリー・ディープブルーは、半匍匐性とされていますが立ち性に近いともいわれています。花付きは豪勢ではありませんが、安定して濃い紫色を保ちます。

ローズマリーの種類:立ち性

樹木のように真っ直ぐと上に枝を伸ばし、自立する性質を「立ち性」といいます。成長が早く、最大2mほどにまで成長します。葉も大きく太い傾向があり、管理のしやすさからも立ち性のローズマリーは人気が高いです。

トスカナブルー

ローズマリー・トスカナブルーは非常に強健な性質なため、ガーデニング初心者でも安心して育てられる品種です。トスカナブルーは成長が早いため年中収穫しやすく、香りと味のバランスもよいため食用に向いています。

マリンブルー

ローズマリー・マリンブルーは日本で古くから食用などさまざまな用途で親しまれていたこともあり、流通量も多く栽培しやすい品種です。柑橘系を彷彿とさせる爽やかな香りが人気ですが、鮮やかなブルーの花色には個体差があることが多いです。

マジョルカピンク

ローズマリー・マジョルカピンクはかわいらしいピンク色の花が非常に人気で、ガーデニングによく使われる品種です。半匍匐性または立ち性の品種があり、葉の香りを楽しみたい場合は「半匍匐性」、花の色を楽しみたい場合は「立ち性」を選ぶとよいでしょう。

シッシングハースト

ローズマリー・シッシングハーストは多くの花色をもち、白色から濃い青色までさまざまな種類があります。軽やかな印象の細い葉は、松に似た爽やかな香りがします。

ミスジェサップ

ローズマリー

Photo by L8さん@GreenSnap

ローズマリー・ミスジェサップは遅咲きで、9月頃の秋から翌春にかけて開花し、耐寒性にも優れています。葉や枝が細いことから全体的に華奢なシルエットで、花数は多いですが芳香は弱めです。ミスジェサップは成長が遅いですが、地植えにするとゆっくりと大きく育ちやすいです。

ホワイト

真っ白な花を咲かせるローズマリーはじつは珍しく、ローズマリー・ホワイトはその代表品種です。ローズマリーのなかではやや繊細な性質があり寒さや蒸れに弱いですが、水やりは比較的しっかりと行いましょう。葉は広くツヤがあり上品な見た目ですが、香りが強く食用にはやや不向きです。

ローズマリーの品種を覚えて活用しよう

ローズマリーは香草として料理に利用するほかにも、グランドカバーや観葉植物として観賞するなど私たちの生活の中で幅広く親しまれています。匍匐性や立ち性など、それぞれのローズマリーの特性を生かし、用途や目的に合わせて選んでみてくださいね。

おすすめ機能紹介!

【無料で利用できる】写真を撮るだけ!アプリが植物・花の名前を教えてくれる『教えて!カメラ』のご紹介!

ハーブのある暮らしに関連するカテゴリに関連するカテゴリ

ハーブのある暮らしの関連コラム

ミントの増やし方|水挿しや挿し木、株分けの方法や時期は?の画像

ミントの増やし方|水挿しや挿し木、株分けの方法や時期は?

ローズマリーの使い方|料理や掃除、乾燥させて使う方法は?の画像

ローズマリーの使い方|料理や掃除、乾燥させて使う方法は?

ローズマリーの種類|食用の品種や、色や香りの違いは?の画像

ローズマリーの種類|食用の品種や、色や香りの違いは?

虫除けハーブ5選!効果的な使い方は?ガーデニングに便利なのはどれ?の画像

虫除けハーブ5選!効果的な使い方は?ガーデニングに便利なのはどれ?

春の七草は知ってる?1月7日は「七草粥」を食べて一年の健康を祈ろう!の画像

春の七草は知ってる?1月7日は「七草粥」を食べて一年の健康を祈ろう!

ハーブのある暮らしの新着投稿画像

人気のコラム

【春の花図鑑30選】3月、4月、5月の開花時期別に花の名前をみてみよう!の画像
いいね
492

【春の花図鑑30選】3月、4月、5月の開花時期別に花の名前をみてみよう!

簡単DIY!「100均製氷ケース」で多肉ポットを作ろう!の画像
いいね
397

簡単DIY!「100均製氷ケース」で多肉ポットを作ろう!

カット苗を買ってきたら?購入後の手順と根を出させるコツの画像
いいね
320

カット苗を買ってきたら?購入後の手順と根を出させるコツ

クローバー(シロツメクサ)の花言葉|葉の枚数によって幸せにも怖い意味にもなる?の画像
いいね
309

クローバー(シロツメクサ)の花言葉|葉の枚数によって幸せにも怖い意味にもなる?

小さな多肉がギュギュぎゅっと。魅惑の「多肉畑」へようこそ!の画像
いいね
278

小さな多肉がギュギュぎゅっと。魅惑の「多肉畑」へようこそ!