ファングの画像

ファングの育て方

  • ベンケイソウ科
  • カランコエ属
ファングの育て方の画像

ファングは、フェルトの生地のように微毛に覆われた葉の質感が特徴の多肉植物です。

葉は肉厚で、クレヨンでなぞったような縁取りが癒やされます。ファングの魅力と育て方を紹介します。

基礎情報

日当たり

真夏を除いて、直射日光を浴びさせます。日光が不足すると葉の色が悪くなります。

葉焼けの原因になるのは、冬の日光不足と言われています。冬場も時々日光浴をさせてあげましょう。

真夏の直射日光は良くないので避けます。

 

置き場所

年間を通して日当たりの良く、風通しの良い場所で育てます。

ただし、真夏だけはレースカーテン越しのような明るい日陰で風通しの良いところに置くようにして下さい。

高温多湿に弱いので気をつけましょう。梅雨の時期は雨除けをします。

寒さにもやや強い品種ですが、念のために室内に取り込んだほうが良いでしょう。

休眠中も日の当たるところに置いて管理します。

 

水やり

ファングは多肉植物なので、水を蓄えるのは得意ですが水を切るのは苦手です。

乾かし気味に水を与えるのが基本です。春と秋は土が乾いたら、鉢底から水が流れるほどにたっぷりと水を与えます。

春は与えた分だけ生長します。

慣れないうちは割り箸を刺しておき、土の中が乾いていることを確認してその中に水を流し込むようにして与えます。

多湿は天敵なので、水のやりすぎには注意して、葉の上に水が溜まらないようにします。

夏場は、昼間の水やりで鉢の中の水の温度があがり根が痛むことがあるので、涼しい夕方に行うようにします。

雨の日は当然水やりの必要はありません。土が半日で乾くのを目安に水の量を調節します。

1週間以上土が湿っていたら水の量が多すぎです。過度の水やりに注意しましょう。

冬の水やり頻度としては、半月から1ヶ月に一回程度です。真冬は休眠期です。

0度を切る場合は水やりを止めて断水します。水を切ることで寒さに耐えることができます。

 

肥料・追肥

植え付けのときに、緩効性肥料を通常より少なめに施します。

休眠期の冬には与えません。

 

用土

市販の「多肉植物用土」で十分に育ちますが、自分で配合するならば、鹿沼土小粒2割、赤玉土小粒2割、ピートモス2割、川砂2割、燻炭2割の割合で配合した土を使うと良いでしょう。

観葉植物用の土は、保水性が高く向いていません。

 

植え替え・植え付け・種蒔

春から夏にかけては、生育期のため苗が丈夫です。苗を購入するならこの時期にします。

用意した鉢に必ず軽石を敷き、水はけを良くします。

根回りに用土を詰め込むときは、根を傷つけないようにして、力を込めすぎてはいけません。

植え付けの一週間は水やりをしません。ファングは1年から2年に一度の割合で、植え替えをするのが好ましいです。

真冬と真夏は株が弱って枯れる可能性があるので、これ以外の季節に行います。

根を一センチ以下に揃えて、2日程度切り口を乾かした後に植え替えをします。

根をカットするとより生長しようとするので元気な株になります。

 

増やし方

ファングは増やすというよりも、大事に大きく育ててその生長後の立ち姿を楽しむのをおすすめします。

もし増やすのであれば、一番元気な春の時期に挿し木します。

カットした挿し木の下の葉がない状態「挿し穂」を、1週間ほど明るい日陰で乾燥させると二週間ほどで発根します。

多肉植物用土に挿します。挿してから10日間は明るい日陰で水を与えず管理します。

 

病気・害虫

ファングを育てる際に一番気をつけたいのは、根腐れです。

風通しが悪かったり過湿状態になると、根腐れの原因となるカビに侵食されます。

春から秋にかけて、ワタムシ、カイガラムシ、夜盗虫、アブラムシなどの害虫が出てきます。

浸透移行性の殺虫剤を撒いておくと予防と駆除ができます。季節の変わり目に撒くと効果が現れます。

 

管理温度

生長適温は20〜25度です。ファングは耐暑性に優れているので真冬までは、温度を気にせずに育てることができます。

耐寒性はややあるものの、5度以下になったら室内に入れるようにします。

真冬でも日中は日光を浴びせたり、明るい窓辺で日光浴をさせておきます。

 

種類・品種

ファングは、カランコエ属の「仙女の舞」と「月兎耳」の種間交雑種と言われています。

カランコエ属は夏生育型の丈夫な多肉植物です。原種は140種にものぼると言われています。

カランコエ属の葉は二枚一対で茎についています。「仙女の舞」は3メートル前後の低木になります。

「月兎耳」は葉の表面に毛が生えています。

 

花の形態(どんな花を咲かせるのか)

12月から6月に開花します。花の色はピンクでちいさなゴマのような形をしています。

 

トリビア

由来伝承

原産地はマダガスカルです。ファングはカランコエ属の「仙女の舞」と「月兎耳」の種間交雑種と言われています。

カランコエ属のカランコエは、リュウキュウベンケイというこちらもカランコエ属草花が中国語で伽籃菜Kalan Chauhuyと発音することから呼ばれたと言われています。

言葉の意味は「落ちて育つもの」という意味です。

 

まとめ

ファングは、カランコエ属の夏型の多肉植物です。春から秋が生長期です。花は冬に咲くことがあります。

ファングの特徴は何と言ってもその葉の肉厚感と葉に無数に生えた微毛です。

ファルト地を思わせる温かみのある葉です。経年した幹は木のようになり、多肉植物とは思えない姿になります。

生長すると、葉が銀色のかかった緑色に変化します。その哀愁漂わせるかっこよさが好まれています。

また、ファングはカランコエ属の中でも強健な性質で知られています。

年間通して日当たりがよく雨が当たらない風通しの良い場所に置きます。

夏は直射日光を避けて、春から秋にかけての生長期には水をたっぷり与えます。

冬は休眠さえるために水を与えません。室内の日当たりの良い場所に取り込みましょう。

 

ファングの基本情報

ジャンル
多肉植物
形態
多年草
学名
別名
原産地
マダガスカル

ファングの性質

栽培難易度
やや易しい
耐寒性
やや弱い
耐暑性
やや強い
耐陰性

ファングの新着投稿画像

みんなのファングの育て方

カランコエ・ファング

多肉植物・サボテンの種類

カランコエ

小さな花を沢山咲かせる。小鉢向きの鉢花として世界的に出回っている。 カランコエ の育て方へ

金のなる木

非常に丈夫で世界中に分布する植物。 金のなる木 の育て方へ

シャコバサボテン

生育期(春〜秋)は屋外の半日陰、冬場は室内の日当たりのよい場所で育てます。 シャコバサボテン の育て方へ

アデニウム

日当たりがよく風通しの良い場所に置きます。気温が5℃より下回る場合は室内に入れ、日当たりの良い場所に... アデニウム の育て方へ

ゲッカビジン

生育期(春〜秋)は屋外の半日陰、冬場は室内の日当たりのよい場所で育てます。 ゲッカビジン の育て方へ

GreenSnap

[公式]写真を撮るだけで植物・お花の名前がわかる無料アプリ

レート4.6
ダウンロード