サボテンの育て方|初心者でも簡単に育てられる基本!置き場所はどこ?

  • サボテン科

サボテンはアメリカ大陸を原産とする、サボテン科サボテン属に分離される植物の総称です。あまり手入れしなくとも成長していく、育てやすさが魅力ですが、品種によって適した環境が異なるため、知らずに育てていると枯れる可能性もあります。

今回は、そんなおしゃれで繊細な多肉植物、サボテン全般の育て方の基本をご紹介します。

サボテンの育て方:置き場所

日当たり

サボテンには日当たりのよい環境が適しています。夏はとくに葉焼けしないよう注意しつつ、よく日に当てて育てましょう。

置き場所

冬の気温5℃以下のような寒さのときは、屋内に入れて管理するとよいです。しかし窓際は外気とほぼおなじ気温なので、窓から離れた場所に置くようにしてください。

また、サボテンはもともと湿度が低く乾燥した場所に生えている多肉植物なので、高温多湿環境である日本では育ちにくいとされています。よって室内で育てられる小さな品種を選ぶとよいでしょう。

サボテンの育て方:水やり

サボテンの水やりは、基本的には土が乾いたらたっぷりと与えてください。ただし、5〜9月に生育期、12〜2月に休眠期を迎えるため、季節によって水やりの頻度は変わります。生育期は土が乾いたら、休眠期は断水気味で育ててください。

サボテンの育て方:土づくり

サボテンは乾燥した環境を好むため、水はけと通気性のよい土を使いましょう。「赤玉土小粒6:腐葉土2:川砂2」の配合土や、「川砂8:腐葉土2+くん炭を1割混ぜたもの」などの配合土がおすすめです。

または、市販の多肉植物用培養土やサボテン用培養土を用いてもよいでしょう。

サボテンの育て方:肥料・追肥

サボテンへは、元肥として植え替えのときに緩効性肥料を施します。追肥は生育期である5〜9月の間に、月2回ずつ液肥を施すとよいでしょう。

サボテンの育て方:鉢選び

サボテンより一回り大きな鉢を用意します。植木鉢の場合は素焼き鉢、鉢の場合には磁器やプラスチック製の鉢を選ぶとよいでしょう。

くれぐれも、サボテンに対して過度に大きすぎる鉢を使わないようにしてください。土が多すぎることで、サボテンの根が吸収する以上の水をあたえることになり、根腐れの原因となりかねません。

サボテンの育て方:植え付け・植え替え

植え付け・植え替えの時期

サボテンを植え付け・植え替えする時期は、3〜4月が適期となります。ここで大切なのは、植え付け・植え替え1週間前から水やりをストップすることです。

土が乾燥していることにより、鉢から株を抜きやすくなるので、株への負担を最小限に抑えられます。植え替えに関しては、1〜2年に1回を目安に行ってください。

植え付け・植え替えの方法

  1. 植え付け1週間前から、水やりを控える
  2. 土が完全に乾いたのを確認して、鉢を軽いてから株を引き抜く
  3. 根についた古い土をもみほぐして落とす
  4. 伸びすぎた根や傷んだ根を取り除く
  5. 根が乾ききっていない場合は、日陰に置いて4〜5日間乾かす
  6. 植え替え先の鉢に鉢底ネットと軽石を敷き、1/3の高さまで土を盛る
  7. 根を広げて植え付け、上から土を詰める

植え替え直後の管理ポイント

植え替え直後のサボテンは、傷ついている状態なので、以下の2点を守るようにしてください。

植え替えから1〜2周間は水やりしない

サボテンは植え替え直後に水やりをすると、整理した根が水を吸収しきれず、根腐れを起こしてしまうことがあります。植え替えから1〜2週間たってから水やりを再開しましょう。

直射日光に当てない

サボテンは植え替え直後に直射日光が当たると、最悪の場合枯れてしまう可能性があります。植え替えから1〜2週間は半日陰で管理しましょう。どうしても日陰に移動させられない場合は、キッチンタオルや新聞紙でサボテンをおおってあげるとよいでしょう。

サボテンの手入れ:剪定

植え替えの際に、葉や茎が飲みて形が乱れているようであれば剪定します。根元に「仔吹き」という小さな芽が出ている場合は、付け根から切り取ってしまいましょう。

剪定した葉や仔吹きは、挿し木や葉挿しをすることでサボテンを増やせるので、とっておくとよいです。

サボテンが枯れる原因と対処方法

基本的にサボテンはとても丈夫な多肉植物ですが、水やりが多すぎたり、日当たりが強すぎると、根腐れや葉焼けを起こして枯れることがあります。

これらの生育不良を起こしたときは、「胴切り」という方法で復活ができますが、そうならないように、適切に管理しましょう。

サボテンの増やし方:挿し木・接ぎ木・種まき

挿し木

4〜9月が挿し木の適期です。切り取った仔吹きの切り口を、日陰で2〜3日乾燥させたのち、川砂やバーミキュライトの上に乗せます。1ヶ月ほどすれば根が生えてくるので、十分な根が生え揃ったら鉢に植え直しましょう。そのあとは1週間ほどかけて日向に移動させて、水やりします。

接ぎ木

3〜5月が接ぎ木の適期です。台木のサボテンと、増やしたい接ぎ穂のサボテンをそれぞれ水平に切り、断面を密着させます(胴切り)。そしててっぺんに綿を乗せ、糸を使い動かないよう固定したら、日陰の乾燥したところで管理しましょう。

種まき

サボテンの発芽温度は20〜25℃なので、20℃以上の気温が多い3〜10月に種まきするとよいでしょう。

  1. 浅い平鉢の底に軽石を入れ、川砂や赤玉土(小粒)など清潔な土を入れる
  2. 重ならないように種をまく
  3. 土を被せずに、水を張った容器の中に鉢を置く
  4. 鉢にラップをかぶせて密閉し、半日陰で管理する
  5. 発芽したら、3〜4日かけて徐々にラップを外す
  6. 3ヶ月ほどすれば、十分にサボテンが育つので、新たな鉢に植え替える

サボテンの育て方:注意する害虫・病気

サボテンの栽培では、カイガラムシやハダニ、ネジラミの発生に注意が必要です。発見したら薬剤散布をしたり、歯ブラシを使ってこすり落とすなど、積極的に駆除しましょう。

サボテンの花は咲く?咲かせ方は?

サボテンは花を咲かせる品種と、咲かない品種が存在します。花を咲かせる品種は、まるで株から顔を出しているかのように、きれいな花を咲かせます。色鮮やかでかわいらしい限りですが、厳しい環境下で子孫を残すためにサボテンが編み出した手段なのです。

サボテンの種類・品種

サボテンには約140属2,000種の種類が存在しています。それぞれ、太り方の違いやトゲのつき方、色など、さまざまな特徴があるので、ぜひ自分好みのサボテンを見つけてみてください。

サボテンの育て方にはコツがある!

サボテンは一般的に育てやすいといわれますが、デリケートな一面も併せ持っているので、要点を抑えて栽培することが重要です。一度慣れてしまえば簡単に育てられるので、自分にあう素敵なサボテンを見つけてみるのも面白いかもしれませんね。

サボテンの新着コラム

カランコエがひょろひょろになる原因は?どんな環境を好む?の画像

カランコエがひょろひょろになる原因は?どんな環境を好む?

サボテンの水耕栽培|土からの植え替え方法は?根腐れさせないコツは?の画像

サボテンの水耕栽培|土からの植え替え方法は?根腐れさせないコツは?

マミラリアとは|花は咲くの?おすすめの種類は?の画像

マミラリアとは|花は咲くの?おすすめの種類は?

リプサリスの種類はどれくらい?人気がある品種や特徴は?の画像

リプサリスの種類はどれくらい?人気がある品種や特徴は?

リトープスの脱皮|時期や脱皮中の水やり、終わった後の手入れは?の画像

リトープスの脱皮|時期や脱皮中の水やり、終わった後の手入れは?

おすすめ機能紹介!

【無料で利用できる】写真を撮るだけ!アプリが植物・花の名前を教えてくれる『教えて!カメラ』のご紹介!

サボテンの基本情報

ジャンル
多肉植物
形態
多年草
学名
Cactaceae
別名
仙人掌
原産地
アメリカ大陸

サボテンの性質

栽培難易度
普通
耐寒性
やや弱い
耐暑性
強い
耐陰性

時期

種まき
3月 、4月
水やり
5月 、6月、7月、8月、9月、10月、11月
植え付け・植え替え
3月 、4月
肥料
5月 、6月、7月、8月、9月

サボテンの新着投稿画像

みんなのサボテンの育て方

いいね
8

サボテン播種フライレア色々

お家時間をサボテン播種☆
by.アーリィ
いいね
4

柱サボテン成長記録 2021

柱サボテンの種から育ててます。
by.毒柳
いいね
10

サボテン

サボテンの記録
by.あず

多肉植物・サボテンの種類

カランコエの画像

カランコエ

小さな花を沢山咲かせる。小鉢向きの鉢花として世界的に出回っている。
金のなる木の画像

金のなる木

非常に丈夫で世界中に分布する植物。
シャコバサボテンの画像

シャコバサボテン

生育期(春〜秋)は屋外の半日陰、冬場は室内の日当たりのよい場所で育てます。
セダムの画像

セダム

アデニウムの画像

アデニウム

日当たりがよく風通しの良い場所に置きます。気温が5℃より下回る場合は室内に入れ、日当たりの良い場所に...
ゲッカビジンの画像

ゲッカビジン

生育期(春〜秋)は屋外の半日陰、冬場は室内の日当たりのよい場所で育てます。