カランコエの画像

カランコエの育て方|植え替え時期は?挿し木や剪定などの方法は?

  • ベンケイソウ科
  • カランコエ属
カランコエの育て方|植え替え時期は?挿し木や剪定などの方法は?の画像

カランコエは、ベンケイソウ科の一種で多年草の多肉植物です。カランコエは光周性のある短日植物です。ひとつひとつのつぼみから咲く花が可愛らしい、カランコエの育て方についてご紹介します。

カランコエの日当たり・置き場所

日当たり

カランコエは、日当たりの良い場所で管理します。ただし、強い直射日光に浴びせてしまうと葉焼けを起こすことがあるため、真夏は直射日光を避け、明るい日陰の場所に移して育てましょう。

置き場所

春から秋の季節は戸外の雨の掛からない場所に移しましょう。カランコエは高温多湿に弱いので、風通しのよい環境に配置してあげます。風通しが悪いと蒸れて腐る原因になります。

また、カランコエは冬の寒さには弱いため、この時期においては室内で管理するようにしましょう。

カランコエの水やり

夏の時期

カランコエは葉にたくさんの水を蓄える、乾燥に強い多肉植物の一種です。夏の季節を含む5〜9月には、土の表面が乾いてきたら水やりをします。

カランコエの葉は、根が細いので根腐れを引き起こしやすいです。水をやりすぎないよう注意しましょう。

葉肉のカランコエは水やりをするときに葉に水がかからないようにします。葉に水がかかってしまうとぐったりと傷んでしまいますので、水やりを行うときは気をつけてください。

冬の時期

冬はやや乾燥気味に育てていきます。土の表面が乾いてから2〜3日後に水やりを行うようにしましょう。水はけの良い土であれば、鉢底から水が流出してくるまで与えても構いません。

カランコエを室内で育てる場合、極力暖房の風があたる場所は避けましょう。暖房の風には負けて、しわしわになってしまいます。どうしても当たってしまう場合は、葉水をしてあげてください。

カランコエの肥料・追肥

カランコエの肥料には、春と秋に液体肥料を与えます。2週間に1度のペースで、薄めてあげましょう。

夏は気温が上昇で根腐れを引き起こしやすいので控えましょう。冬も生長する時期ではないので与えないようにしてください。

カランコエの花を長期間楽しみたい場合は、リン酸の成分を多く含んでいる肥料を与えましょう。

カランコエの土

カランコエを育てるには、水はけの良い土を選びます。初心者であれば、多肉植物専用の土やサボテン専用の土を購入しましょう。

配合土をつくる場合は、小粒か中粒の赤玉土と川砂とピートモスを5:3:2の割合でつくりましょう。赤玉土を4割にして、腐葉土と川砂を4:2の割合で混ぜてもOKです。

カランコエの挿し木を行うのであれば、挿し木用の用土を使うかパーライトとピートモスを7:3で配合した土をつくります。

カランコエの種まき・植え付け・植え替え

カランコエは、種まきから育てることはあまりありません。

カランコエの植え付け・植え替え時期は、5〜6月または9月頃が適期です。植え替えのタイミングの目安は、鉢の根がいっぱいになったときです。

そのままにして育てていくと水はけが悪くなり生長しません。花が咲き終わったのち、枝全体から半分に切り戻しを行います。以前の鉢より一回り大きい鉢に植え替えし、1週間は明るい日陰で管理します。

また、植え替えの後すぐにたっぷりと水やりをしたあとは、やや乾燥気味になるようにしてその状態を保ちましょう。

カランコエの手入れ:剪定・切り戻し

カランコエは、株が成長するとともに葉が混み合い徒長してくるため、それを防ぐためにも、2年に1度くらいの頻度で剪定を行ってあげると良いでしょう。花が終わった植え替えと同じ時期に、株元から10cm程度の場所をバッサリと剪定します。

カランコエの増やし方:挿し木

カランコエは「挿し木」を行うことで、簡単に増やすことができます。

4枚の葉になっている部分の茎を切り取り、挿し木用の用土またはバーミキュライトに挿します。1か月ほどすると根が生えてきます。挿し穂には芽先が付いていても、無くても、行うことができます。

挿し木を行うと徒長しやすくなる可能性がありますが、地上部と比較して根が少ないことが解消されると、徒長しなくなります。

カランコエの生育温度

カランコエは、10度以下になると花の付き具合が大いに悪くなってしまいます。

5度近くになると生長が停止しますので5度をきる戸外であれば室内に移動させましょう。花芽には11度以上15度以下の低温に当ててあげることが大切です。

カランコエの育て方で注意すべき病気・害虫

葉や花が枯れていて放置していると、灰色かび病になる恐れがあります。枯れた葉や花がらを見つけたら、摘み取って被害を抑えましょう。

カランコエは、オンシツコナジラミやアブラムシなどの害虫にも食べられやすい多肉植物です。

アブラムシが発生したときは、早急に薬剤を撒いて退治します。コナジラミは葉の裏にくっついて液汁を吸い取る、生育に悪影響を及ぼす害虫です。見つけ次第薬剤を散布して駆除しましょう。

カランコエの風水

カランコエは多肉植物でありながら子宝草の一つでもあります。一枚の葉から小さい芽を多数生やすことから、子孫繁栄の象徴である植物とされています。生命力に富んでいる植物であるため子宝運を上昇させてくれる効果が期待できます。

妊活中の人によく贈られています。子宝草を育てて出産した人から子宝草を受け取ると開運効果がさらにアップするそうです。

カランコエの花言葉

カランコエの花言葉は日本では「幸福を告げる」、「たくさんの小さな思い出」、「あなたを守る」、西洋では「人気」、「人望」などがあります。

カランコエを育てて花を咲かせてみよう

子宝に恵まれるようにという花言葉があるカランコエの育て方についてご紹介しました。母親の様な、強く美しい多肉植物は古くから親しまれています。今回を機にカランコエを育ててみてはいかがでしょうか。

※トップ画像はナルママさん@GreenSnap

カランコエの新着コラム

カランコエの基本情報

ジャンル
多肉植物
形態
多年草
学名
別名
紅弁慶,ベニベンケイ,ブロスフェルディアナ
原産地
マダガスカル

カランコエの性質

栽培難易度
やや易しい
耐寒性
やや弱い
耐暑性
やや強い
耐陰性

時期

植え付け・植え替え
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
肥料
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
開花
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12

カランコエの新着投稿画像

みんなのカランコエの育て方

カランコエ挿し木の植え替え

ベビーサンローズ カランコエ・ミリオンスター

カランコエ

多肉植物・サボテンの種類

金のなる木

非常に丈夫で世界中に分布する植物。 金のなる木の育て方へ 金のなる木の花言葉へ

シャコバサボテン

生育期(春〜秋)は屋外の半日陰、冬場は室内の日当たりのよい場所で育てます。 シャコバサボテンの育て方へ シャコバサボテンの花言葉へ

アデニウム

日当たりがよく風通しの良い場所に置きます。気温が5℃より下回る場合は室内に入れ、日当たりの良い場所に... アデニウムの育て方へ アデニウムの花言葉へ

ゲッカビジン

生育期(春〜秋)は屋外の半日陰、冬場は室内の日当たりのよい場所で育てます。 ゲッカビジンの育て方へ ゲッカビジンの花言葉へ

リトープス

日当たりがよく風通しの良い場所に置きます。気温が5℃より下回る場合は室内に入れ、日当たりの良い場所に... リトープスの育て方へ リトープスの花言葉へ

GreenSnap

[公式]写真を撮るだけで植物・お花の名前がわかる無料アプリ

レート4.6
ダウンロード