コーカサスキリンソウの育て方|日当たりや水やり加減は?

  • ベンケイソウ科
  • セダム属

緑に赤と白の斑が入った葉っぱが特徴的なコーカサスキリンソウは、初夏に花を咲かせ、秋には紅葉します。季節によって異なる様子を魅せることから人気のある植物です。

今回はコーカサスキリンソウを上手に育てるための育て方を見ていきましょう。

コーカサスキリンソウの日当たり

コーカサスキリンソウは日光を好む植物ですので、1年を通じてできるだけ日の当たる場所に置いてあげましょう。直射日光に当てることで、きれいな斑模様が育ちます。

コーカサスキリンソウの置き場所

コーカサスキリンソウは乾燥には強いですが、多湿を嫌う特徴があります。また、夏の暑さ、冬の寒さには強いため、置き場所としては日当たりのよく、風通しのいい場所が理想的です。

梅雨の時期には雨が降り蒸れてしまい、コーカサスキリンソウにとっては天敵の時期となります。

コーカサスキリンソウを地植えで育てている場合は、切り戻しをして風通しをよく、鉢植えで育てている場合には雨の当たらない場所で管理してあげるとで蒸れないようにしてあげましょう。

コーカサスキリンソウの水やり

夏の水やり

乾燥に強いのがコーカサスキリンソウの特徴です。そのため、地植えの場合には、よほど乾燥しない限りは基本的に手をかけなくても、雨水だけで育っていきます。

鉢植えの場合、春と秋の生長期には土が乾いてきたところで水を与えてあげます。目安としては、葉っぱにしわができてからあげるというぐらいでも大丈夫です。

コーカサスキリンソウは春秋型の植物であるため、初夏にさしかかると根からの吸水量が減ってきます。夏はできるだけ乾かし気味に管理する心持ちで、半月に1回程度の目安で水をあげましょう。

冬の水やり

冬も夏と同様、根からの水分の吸水量が減る時期です。そのため、葉っぱの状態を見て、しわが目立ってきたら水やりをするぐらいで構いません。目安としては半月から1ヶ月に一度程度、土の表面が濡れるぐらい与えます。

あまりたくさん与えると、土が乾ききらず、ムシムシとした湿度を嫌うコーカサスキリンソウにとって悪い環境となってしまいます。

コーカサスキリンソウの肥料・追肥

コーカサスキリンソウは多肉植物であるため、さほど肥料を与えなくても十分に生長します。もし与える場合には、春もしくは秋の生長期に薄めた液体肥料を与えてあげると生長の手助けになります。

コーカサスキリンソウの用土

乾燥に強いという性質を持つコーカサスキリンソウは、市販されている多肉植物用の用土で育ててあげても大丈夫です。

もし自分で配合する場合には、排水性と通気性を高めるように粗めに混ぜるのがポイントです。配合の基本は、赤玉土、鹿沼土、日向土を混ぜることで、そこに排水性を高めてあげるように軽石、日向石をさらに加えます。

ほかの配合例としては鹿沼土小粒・赤玉土小粒・ピートモス・川砂・燻炭をそれぞれ1ずつの割合で混ぜ合わせたものがあります。

ただし、ピートモスは保湿性に優れているため、夏の高温多湿になったときに蒸れてしまう恐れがあります。挿し芽をして増やす場合には、土はバーミキュライトを選びましょう。

コーカサスキリンソウの種まき・植え付け・植え替え

コーカサスキリンソウを鉢で育てている場合、根付きやすい春または秋の生長期に植え替えをしてあげるのがおすすめです。なるべく夏と冬の時期に植え替えをするのは避けましょう。

コーカサスキリンソウの根は回りやすいため、植え替え頻度の目安は1年に1回程度です。なお、植え替えのときに、古くなった根と土を取り除いてあげることで健康的な苗に育ちますよ。

コーカサスキリンソウの手入れ

地植えで育てている場合は、コーカサスキリンソウの株が大きくなってくると蒸れやすくなります。そうすると、根元から腐ってしまいますので、切り戻しまたは株分けをすることで小さくまとめるようにしてあげましょう。

コーカサスキリンソウの増やし方

コーカサスキリンソウは「挿し芽」と「株分け」の2種類の方法で増やすことができます。

株分け

株分けをする場合には、植え替えと同じ時期にしてあげます。

挿し芽

挿し芽をする場合には、生育期になる春もしくは秋にするのがおすすめです。

挿し芽の手順は、まず土に挿す部分を1cmほど残して茎をカットし、挿し穂を準備します。その後、挿し穂の下についてある葉っぱをカットして、日陰で1週間ほどかけて切り口を乾燥させます。

切り口が乾いたら、挿し穂を土に挿して明るい日陰で育てていきます。水をあげるタイミングは、芽が出始めるようになってからで、挿してからおよそ10日程度が目安です。

コーカサスキリンソウの育て方で注意すべき病気・害虫

コーカサスキリンソウが注意すべき病害虫は、アブラムシやコナジラミです。見つけ次第に駆除するのが一番ですが、肉眼での確認だと見落としてしまうこともあります。季節の変わり目に浸透性のある殺虫剤を撒くことで、対策することもできます。

また、コーカサスキリンソウは夏の多湿、蒸れに弱い性質があります。そのまま湿った状態が続くと、根からカビが発生して腐ってきたり、枯れてしまいます。できるだけ風通しのよく、常に新鮮な空気が通るように心がけましょう。

コーカサスキリンソウの管理温度

夏の暑さや冬の寒さに強いのが、コーカサスキリンソウの特徴です。とはいえ、日本の夏のような多湿環境には弱いため、風通しを良くして多湿対策をする必要があります。

また、冬も屋外で冬越しし、霜や雪に当たったとしても枯れることはありませんが、土が凍結するほどの寒さだと根が枯死してしまいますので注意が必要です。落葉して地上部が寂しくなっても、春になるとまた芽吹き始めます。

コーカサスキリンソウの種類・品種

コーカサスキリンソウですが、色のつき方は品種によって異なります。

一般的に流通しているトリカラーと呼ばれる品種は、斑の色がピンクとクリームで、葉っぱの縁が赤紫色になっています。

より深い銅赤色をするのは、ドラゴンズ・ブラッドと呼ばれる品種です。こちらはネオンピンクの花を結びます。コッキネウムという品種は、赤く染まった葉っぱが肉厚で、縁がギザギザと尖っています。

コーカサスキリンソウの花

コーカサスキリンソウは、バラのように濃厚に重なった葉っぱから、1.5cmほどの桃色の花(トリカラーの場合)をつけます。

花の色は品種によって異なり、白・赤紫・赤のものもあります。コーカサスキリンソウの花の開花時期は7月から8月となっています。

コーカサスキリンソウの花言葉

コーカサスキリンソウは、学名が「Sedum spurium」であるため、セダムとキリンソウの花言葉をそれぞれ紹介します。

セダムの花言葉は、「記憶」・「静寂」・「落ち着き」・「枯れることのない愛」といった、落ち着いた印象があります。

キリンソウの花言葉は「警戒」、「用心」、「要注意」です。そのため、誕生花として献上する以外の目的での贈呈はおすすめではありません。関係が悪化してしまう恐れがあるのでご注意ください。

コーカサスキリンソウを庭で育ててみよう!

今回は、葉っぱが特徴的なコーカサスキリンソウの育て方を紹介しました。

斑模様の入ったトリカラーがとても華やかです。品種によって葉っぱの色が異なり、綺麗なことから人気がある植物となっています。また、丈夫で増えやすいことから、グランドカバーとして育てられていることもあります。

今回の記事を参考に、ぜひコーカサスキリンソウを育てて、ガーデンを彩り豊かにしてみてください。

おすすめ機能紹介!

【無料で利用できる】写真を撮るだけ!アプリが植物・花の名前を教えてくれる『教えて!カメラ』のご紹介!

コーカサスキリンソウの基本情報

ジャンル
多肉植物
形態
多年草
学名
Sedum spurium
別名
原産地
コーカサス、アルメニア

コーカサスキリンソウの性質

栽培難易度
やや易しい
耐寒性
やや強い
耐暑性
やや強い
耐陰性

コーカサスキリンソウの新着投稿画像

みんなのコーカサスキリンソウの育て方

いいね
4

330コーカサスキリンソウ

キリンソウ
by.ひろひろ

多肉植物・サボテンの種類

カランコエの画像

カランコエ

小さな花を沢山咲かせる。小鉢向きの鉢花として世界的に出回っている。
金のなる木の画像

金のなる木

非常に丈夫で世界中に分布する植物。
シャコバサボテンの画像

シャコバサボテン

生育期(春〜秋)は屋外の半日陰、冬場は室内の日当たりのよい場所で育てます。
アデニウムの画像

アデニウム

日当たりがよく風通しの良い場所に置きます。気温が5℃より下回る場合は室内に入れ、日当たりの良い場所に...
セダムの画像

セダム

リトープスの画像

リトープス

日当たりがよく風通しの良い場所に置きます。気温が5℃より下回る場合は室内に入れ、日当たりの良い場所に...