千代田の松の育て方|日当たりや水やりの加減は?葉挿しの方法は?

  • ベンケイソウ科
  • パキフィツム属

古風な名前がついている「千代田の松」は、一般的に想像する松とは違う植物です。ここでいう千代田の松とは多肉植物の一種で、パキフィツム属コンパクツムという名前で販売されていたり、ロンギフォリウムという名前がついていたりします。原産地はメキシコなどの中米です。今回は、そんな千代田の松の育て方についてご紹介します。

千代田の松を育てる場所

千代田の松は、日当たりが良いところを好みます。また、風通しの良い場所も大切です。そのため、千代田の松を育てるときは鉢植えがおすすめです。

鉢植えなら、日の当たる場所ににいつでも移動させることができ、ベランダや室内でも手軽に栽培することが可能です。

千代田の松の水やり

千代田の松への水のあげすぎは、根腐れの原因となるので注意が必要です。水を上げるときに目安となるのは、土の表面です。土の表面が乾いたと思ったら水やりをします。

千代田の松の肥料

千代田の松には、特に肥料は必要ありません。成長面で不安がある場合は、春か秋に緩効性化成肥料を少量与えます。

千代田の松の土

千代田の松は多湿が苦手なため、水はけがよい土を選んで育てましょう。水はけの悪い土を選ぶと、夏は蒸れやすく冬は凍ってしまう恐れがあります。

自分で土を配合するときは、牛糞2・赤玉3・軽石3・鹿沼土1・燻炭1あるいは、赤玉土3,鹿沼土1,軽石小粒2,腐葉土3がおすすめです。

千代田の松の植え付け・植え替え

まずは、千代田の松の下葉に、枯れている葉がないかを確認します。もし見つかったら、枯れた葉を取り除きます。そして、根を傷つけないように、適度の大きさの鉢植えに植えつけ・植え替えます。

千代田の松の増やし方(葉挿し)

千代田の松は、「カット葉挿し」、「挿し木」、「株分け」などの方法で増やすことができます。千代田の松を増やすときのタイミングですが、植物が大きく育ったときや、脇芽が伸びたときです。

カットした木の下葉を取り除き、3日ほど、乾燥させます。このような状態になったものを挿し穂と呼びます。挿し穂の茎にダメージを与えないように、新しい鉢に植え替えます。水はあたえず、一週間ほどはそのままにして様子を見ます。

千代田の松は多湿を好まないので、挿し穂をつくるときは十分に乾燥させます。乾燥が中途半端だと、発根をしない恐れがあります。また、挿し穂をつくるのに適した季節は、湿気が少ない春か秋です。

千代田の松の手入れ

千代田の松は成長がゆっくりとした植物なので、こまめに世話をせずとも問題ありません。

ただし、千代田の松の花の開花が終わった時期などは、花がらを摘み取って掃除をしたり、下葉が枯れていないかを適宜確認する必要があります。花がらや枯れた下葉は、軟腐病を引き起こすことがあるからです。

千代田の松の育て方で注意すべき病気・害虫

千代田の松は病害虫にはさほど神経質になる必要はないといわれています。ただし、冬場から春先にかけては、アブラムシやカイガラムシがつきやすくなるので注意しましょう。

千代田の松を鉢植えで育ててみよう!

多湿を嫌う千代田の松は病気にもかかりにくく、水やりを忘れると死んでしまうタイプの植物から比べると、栽培がしやすい植物です。

株分けや挿し木で簡単に増やすことができ肥料いらずです。コスパがよい植物なので、増やしてお友達にプレゼントしたり、他の多肉植物を購入して寄せ植えを作ったりと気軽に愉しむことができます。

※トップ画像はヒロ❤︎さん@Greensnap

おすすめ機能紹介!

【無料で利用できる】写真を撮るだけ!アプリが植物・花の名前を教えてくれる『教えて!カメラ』のご紹介!

千代田の松の基本情報

ジャンル
多肉植物
形態
多年草
学名
Pachyphytum compactum
別名
ロンギフォリウム,パキフィツム・コンパクツム
原産地
メキシコ

千代田の松の性質

栽培難易度
やや易しい
耐寒性
やや弱い
耐暑性
やや弱い
耐陰性

時期

植え付け・植え替え
3月 、4月、9月、10月
肥料
3月 、4月、9月、10月
開花
4月 、5月、6月

千代田の松の新着投稿画像

みんなの千代田の松の育て方

いいね
1

205千代田の松

パキフィツム
by.ひろひろ
いいね
1

千代田の松

成長
by.たかき
いいね
3

千代田の松(ロンギフォリウム)

ベンケイソウ科 パキフィッツム属 原産地 中米 生...
by.はるが来た

多肉植物・サボテンの種類

カランコエの画像

カランコエ

小さな花を沢山咲かせる。小鉢向きの鉢花として世界的に出回っている。
金のなる木の画像

金のなる木

非常に丈夫で世界中に分布する植物。
シャコバサボテンの画像

シャコバサボテン

生育期(春〜秋)は屋外の半日陰、冬場は室内の日当たりのよい場所で育てます。
アデニウムの画像

アデニウム

日当たりがよく風通しの良い場所に置きます。気温が5℃より下回る場合は室内に入れ、日当たりの良い場所に...
セダムの画像

セダム

ゲッカビジンの画像

ゲッカビジン

生育期(春〜秋)は屋外の半日陰、冬場は室内の日当たりのよい場所で育てます。