警告

warning

注意

error

成功

success

information

ドルフィンネックレスの育て方|水差しでの増やし方は?植え替えは必要?

  • キク科
  • セネキオ属

ドルフィンネックレス(セネシオ・ペレグリヌス)は、葉っぱがイルカを上から見たような形にみえる、人気の多肉植物です。茎が垂れ下がるため、ハンギングなどにもよく用いられます。今回は、そんなかわいいドルフィンネックレスの育て方や増やし方などをご紹介していきます。

ドルフィンネックレスとはどんな多肉植物?

ドルフィンネックレス(セネシオ・ペレグリヌス)は、サボテンなどと同じ多肉植物の一種です。ただサボテンのように存在感のあるどっしりとした姿ではなく、その名のとおり、イルカたちが集まって水面を跳ねているような軽やかな姿をしています。

ドルフィンネックレスの育て方:置き場所

ドルフィンネックレスを育てるとき、鉢の置き場所は非常に重要なポイントになります。というのもサボテンと同じ多肉植物ではあるものの、サボテンに比べて水分をこまめに補給しないといけないうえ、温度や湿度の変化にも強くないからです。

ドルフィンネックレスを育てるのに適した場所は、季節によって異なります。春と秋、冬の日差しがそれほど強くない季節は直射日光が当たり、風通しの良い場所に置いてあげましょう。日差しが強くなる夏は日中の数時間は日陰になり、雨水が当たらない場所がおすすめです。風通しが悪かったり、湿度が高すぎたりすると、根腐れを起こしてしまうので注意しましょう。

マイナス1℃からマイナス2℃くらいまでは寒さに耐えられますが、寒すぎる環境も好みません。冬に気温が下がりすぎる地域の場合は、室内で育てたほうがいいでしょう。室内で育てる場合でも、日光が当たる場所に置くのが鉄則です。温度差が出やすく、結露しやすい窓際は避けましょう。日光が当たらない部屋もおすすめできません。

ドルフィンネックレスの育て方:土づくり

ドルフィンネックレスを育てるときは、ホームセンターなどで販売されている一般的な園芸用の土と赤玉土(保水性と排水性を兼ね備えた土)を混ぜたものを使うといいでしょう。多肉植物向けに肥料などが配合された専用の土を使うと、より簡単に植えることができます。

ドルフィンネックレスの育て方:水やり

ドルフィンネックレスの水やりの方法は、一般的なサボテンと異なり少しデリケートです。高い湿度を嫌うため、季節ごとに水やりの方法が少しずつ違います。

春と秋はドルフィンネックレスが成長する季節で、その分水もたっぷり必要になります。表面の土が乾いていたら鉢の底から十分に水があふれるくらい与えます。

その一方で、夏の間は水やりは特に必要ありません。ただし葉がしおれてきたなと感じたら、土の表面を湿らせる程度に水を与えましょう。冬は1ヶ月に1回程度、土の表面を湿らせる程度に水やりをします。水を与えすぎると根腐れを起こす原因になりますので、十分注意しましょう。

ドルフィンネックレスの育て方:肥料・追肥

あまり肥料がいらないイメージがある多肉植物ではありますが、ドルフィンネックレスには肥料が必要です。ドルフィンネックレスに肥料を与えるタイミングは、大きく成長するタイミングと同じ春と秋の2回。ゆっくり浸透して肥料の効果が続く「緩効性肥料」を2ヶ月に1度くらいの頻度で少し与えるか、もしくは液体肥料を1ヶ月に1回程度与えます。

ドルフィンネックレスの育て方:夏越し・冬越し

ドルフィンネックレス

夏越し

湿度にあまり強くないドルフィンネックレスを育てるときには、多湿となる日本の夏のあいだ、ケアを十分にしてあげることがポイントです。

夏以外の春、秋、冬には直射日光に当てながら育てますが、日差しが強くなる夏には直射日光には当ててはいけません。日中、日陰になりやすい場所に置いて、夏のあいだは水を与えずに育てましょう。夏の日差しに当てすぎると葉焼けを起こす可能性があります。

冬越し

ドルフィンネックレスは、比較的寒さに強い植物です。しかしそれだけに日光に当てるときの管理が難しい面もあります。冬のあいだ室内で育てるときでも日光に当ててあげることが必要です。

日光に充てないまま冬を過ごさせた場合、春の日差しに変わったとき葉焼けを起こしてしまう可能性があるからです。冬のあいだも日光の当たる場所に置き、日差しに慣らしておきましょう。

ドルフィンネックレスの手入れ:剪定

ドルフィンネックレスは春と秋に、ぐっと成長します。茎が伸びすぎて徒長してきたら、適宜剪定してあげましょう。剪定した茎でさらにドルフィンネックレスを増やすこともできます。葉焼けなどにより枯れてしまった葉は、取り除いてあげましょう。そのほうが風通しがよくなり、株が枯れるのを防ぐことができます。

ドルフィンネックレスの増やし方(水差し)

ドルフィンネックレスを増やすとき、最も向いている方法が「水差し(挿し木)」です。増えてきた茎を剪定し、水を張った器に刺しておきます。根がしっかりと成長してきたら、土に植え替えます。土に植えた直後は、水をたっぷりと与えてあげましょう。

ドルフィンネックレスの育て方:注意する害虫・病気

春から秋にかけては、アブラムシに注意が必要です。外にドルフィンネックレスを鉢を置いている場合、よく観察してアブラムシがいないかチェックしましょう。もしアブラムシがついていたら、アブラムシがついている部分のドルフィンネックレスの茎をよく水で洗い、虫を流すか、アブラムシ用の薬剤を散布するなどします。

ドルフィンネックレスの花言葉

ドルフィンネックレスの花言葉は、グリーンネックレスと同じで「健やかな成長」「青春の思い出」です。青々とした葉を広げる姿や、イルカが跳ねるような葉のかたちが、青春の日々を楽しむ青少年の姿と重なりますね。季節によって手入れの仕方が異なり、意外と手をかける必要がある点も、子どもの健やかな成長を願う親の姿のようですね。

ドルフィンネックレスを育ててみよう

季節ごとに手入れの仕方が違っている点が初心者には難しい、というイメージがあるかもしれませんが、ドルフィンネックレスは毎日水やりが必要な植物ではありません。横から下方向に育っていくので、吊るして飾り垂れ下がる茎を愛でるなど、一般的なサボテンや多肉植物とは違った面から目を楽しませてくれます。

増やすときもカットした茎を水を張った器に入れるだけで済むなど、比較的増やしやすい植物です。

1年中、鮮やかな緑を楽しめるドルフィンネックレスを、育ててみませんか?

おすすめ機能紹介!

【無料で利用できる】写真を撮るだけ!アプリが植物・花の名前を教えてくれる『教えて!カメラ』のご紹介!

ドルフィンネックレスの基本情報

ジャンル
多肉植物
形態
多年草
学名
Senecio peregrinus
別名
ペレグリヌス
原産地
アフリカ

ドルフィンネックレスの性質

栽培難易度
やや易しい
耐寒性
強い
耐暑性
強い
耐陰性

時期

水やり
1月 、2月、3月、4月、5月、6月、10月、11月、12月
植え付け・植え替え
3月 、4月、9月、10月
肥料
3月 、4月、9月、10月

ドルフィンネックレスの新着投稿画像

みんなのドルフィンネックレスの育て方

いいね
11

ドルフィンネックレスの成長記録(5/8更新)

2021年10月初旬に近所のお花屋さんで見つけたド...
by.はるるん
いいね
2

セネシオ・ドルフィンネックレス

成長記録
by.くりと(インスタ: kuritojp)
いいね
139

ドルフィンネックレスの成長記録 2022.5.10更新

可愛いイルカ🐬が、跳ねている姿に惹かれて購入した...
by.レースフラワー38

多肉植物・サボテンの種類

カランコエの画像

カランコエ

小さな花を沢山咲かせる。小鉢向きの鉢花として世界的に出回っている。
金のなる木の画像

金のなる木

非常に丈夫で世界中に分布する植物。
シャコバサボテンの画像

シャコバサボテン

生育期(春〜秋)は屋外の半日陰、冬場は室内の日当たりのよい場所で育てます。
セダムの画像

セダム

アデニウムの画像

アデニウム

日当たりがよく風通しの良い場所に置きます。気温が5℃より下回る場合は室内に入れ、日当たりの良い場所に...
ゲッカビジンの画像

ゲッカビジン

生育期(春〜秋)は屋外の半日陰、冬場は室内の日当たりのよい場所で育てます。