ミツマタの育て方


GreenSnap編集部

GreenSnap編集部


公開日:2019.05.14

中国原産の植物です。冬になると葉を落とします。ミツマタと呼ばれるのは枝が分かれることに由来しています。ミツマタは黄色の花をつけますが、これも品種によって変わります。また、ミツマタは和紙の原料として使われることも。紙幣にもミツマタが使われていると言われています。

ここではそんなミツマタの育て方について紹介しました。特にミツマタは剪定などに気をつけておいてください。

ミツマタの育てる場所

ミツマタは日当たりの良いところで育てます。半日陰でも育ちます。寒さには弱い植物なので東北地方や北海道で育てるのはおすすめできません。こうした地方で育てる際には鉢植えで室内で栽培すると良いでしょう。

ミツマタの水やり

表土が乾いたら水を与えます。また、一年目は特に水を欲しがるのでたっぷりと与えましょう。

肥料

初春に緩効性肥料を与えればそれで十分です。

用土

水はけの良い用土を用います。川砂などを混ぜて用土としましょう。また、鉢植えにする際には大きな鉢を用意してください。ミツマタはかなり根が広く広がります。あまりにも鉢が小さいとしっかりと根も伸びません。

病害虫

テッポウムシが幹を食い荒らすことがあります。テッポウムシは一旦侵入されると見つけにくいものの、侵入跡などから判断できます。定期的にミツマタの幹を観察しましょう。

ミツマタの植え付け・植え替え

ミツマタの植え付け時期は2月から3月です。その後肥料やりをします。開花は3月から4月です。また、2月から3月以外にも11月から12月にかけても植え付けできます。基本的にミツマタはある程度大きくなった苗を購入してきて植えることになるでしょう。

植え替えはおすすめできない

植え替えするのはあまりおすすめできない植物です。植え替えすると最悪の場合枯れることも。ミツマタの根はかなり繊細で荒く扱うと傷つきやすいのです。このため、庭植えにしてその場で育てるか、大きな鉢を用いて植え替えの必要性をなくしましょう。

ミツマタの増やし方


挿し木もしくは接ぎ木で増やします。初心者ならば挿し木がおすすめです。挿し木の適期は植え付けと同じ2月から3月。また、ミツマタは種を蒔いて増やすこともできます。種から増やすと花が割くまでに時間もかかりますし挿し木などよりも難しいのでおすすめできません。種は寒い地域だとできにくいことも。

ミツマタの手入れ

剪定をするとミツマタのシルエットもかなりすっきりしてきます。不要な枝を植えた年に剪定しましょう。初年度にしっかり剪定しておけば翌年度に剪定する必要性はありません。また、枝を切る際には花芽を切り落とさないようにしてください。花が咲き終わった後に剪定すればそんな心配もないのでおすすめです。

花がつかない

ミツマタを育てたのに全く花がつかないことがあります。こうした場合には日照不足が原因な事が多いです。成長期にしっかりと日に当たるところで育てると良いでしょう。

ミツマタの花言葉

ミツマタは3つに枝が分かれることからこのように呼ばれています。ミツマタの花言葉もこのミツマタの特性にちなんだものが多いです。例えば、「肉親の絆」という花言葉があります。これはミツマタの枝を両親と子供に例えたものです。他にもミツマタは永遠の愛という花言葉もあります。

まとめ

ミツマタはぱっとしないと思われることも多い園芸植物です。しかし、庭に植えてじっくり育てるのに向いていますし、素朴な愛らしさもあります。とはいえ、秋になると落ち葉などの手間もあるので育てる際にはじっくりと検討しておきましょう。

※トップ画像はろみひーさん@GreenSnap

観葉植物に関連するカテゴリ

観葉植物の関連コラム

ドクダミの育て方の画像

ドクダミの育て方

ドクダミの育てる場所 ドクダミは、庭植えにすると地下茎が伸びて広がっていきます。生命力が強く繁殖力も高いので、庭中がドクダミだらけになってしまうこともあります。グランドカバーが目的でなければ、鉢植えで...

GreenSnap編集部

2019.05.20

サラセニアの育て方の画像

サラセニアの育て方

サラセニアといえば、虫を捕食する「食虫植物」として知られています。虫を取る葉の部分がくるんと丸まって、柄杓のような形をしているので、「ヘイシソウ」とも呼ばれます。カラフルな色合いやユニークな見た目から...

GreenSnap編集部

2019.04.19

ザミアの育て方の画像

ザミアの育て方

ザミアは、メキシコ原産の観葉植物です。一般的には「ザミア・プミラ」という名前で流通しており、約40種類ほどあります。 メキシコソテツやザミア・フロリダーナ、よつばのザミアなどもあり、お部屋のインテリア...

GreenSnap編集部

2019.03.19

ドラゴンフルーツの育て方の画像

ドラゴンフルーツの育て方

「アサイーボウル」とならんで、美容の意識が高い人に人気なのが「ピタヤボウル」です。 ピタヤとは、沖縄や温かい所で穫れる「ドラゴンフルーツ」のことをいい、アサイーと同じくパワーフードとして注目を集めてい...

GreenSnap編集部

2019.02.15

アセビの育て方の画像

アセビの育て方

アセビ(馬酔木)は寒冷地を除く日本全国でみかけることができます。アセビは葉に含まれている有毒成分によって「足がしびれる」ことにちなんで名づけられました。アセビは鉢植えや盆栽、生垣などに適しており、比較...

GreenSnap編集部

2019.02.25

観葉植物のみどりのまとめ

珈琲の木再生物語

胡蝶蘭

ステレオスペルマム レモンライム 成長日記

サンセベリア 成長日記

モウセンゴケ

成長記録 ドラセナコンシンネ

観葉植物の新着投稿画像

john

17

どなたかお教えください。 何の植物かわかりません。 かなり弱ってきていて可哀想です。 どの様に育ててあげれば良いか、お教えください。

ちい

16

庭の隅のドングリ。大きくなって来たなーと思ったら隣(右写真)にも何か出てる👀これもドングリかな? 大雨の後、庭のチェックしたらダンゴムシとナメクジいるわいるわ😱💦💦💦 数匹ならまだいいけど...

黒楽

46

一見デリケートそうに見えるから、先代は室内管理してました。徒長して、そして溶けました。。 今回は外で管理。でっぷりと丈夫に育ってます。

FF

49

コンテスト用の一枚です😊💖

megu

131

こんにちは😃 朝途中まで入力して投稿した気でいました😅 去年植え替えのタイミングを逃してしまったエバーフレッシュをやっと新しい鉢に移せました😆 今年も可愛い黄色の花を咲かせてくれるかなぁ〜😊 ...

megu

131

こんにちは😃 朝途中まで入力して投稿した気でいました😅 去年植え替えのタイミングを逃してしまったエバーフレッシュをやっと新しい鉢に移せました😆 今年も可愛い黄色の花を咲かせてくれるかなぁ〜😊 ...

人気のコラム

簡単DIY!vol.9「100円製氷ケース」で多肉ポット作り方の画像
カット苗を買ってきたら?購入後の手順と根を出させるコツの画像
小さな多肉がギュギュぎゅっと。魅惑の「多肉畑」へようこそ!の画像
360度ぐるりと可愛い! フライングリースって知ってる? の画像
簡単DIY!vol.6.「タマゴの殻で簡単ポット」作り方(多肉を植えてみよう)の画像

開催中のフォトコンテスト

GreenSnap

植物の名前を調べるなら

アプリで聞いてみよう!

★★★★★
ダウンロード