警告

warning

注意

error

成功

success

information

ガジュマルの植え替え|時期はいつ?鉢の選び方は?根っこはどれを切る?

ガジュマルを育てていくと、いずれ植え替えが必要となります。ただし、ガジュマルの植え替えはコツさえ覚えれば難しいことはありません。このページでは、そんなガジュマルの植え替え方法や時期、植え替え後の管理の仕方について詳しくご紹介します。

ガジュマルはどんな観葉植物?

ガジュマルはゴムの木の仲間で、熱帯地域に自生する植物です。沖縄などの温暖な地域では地植えにしても育てることができ、最大で20mほどにも伸びる高木に分類される樹木でもあります。

とはいえ、観葉植物としてのガジュマルは幹が伸びるスピードが遅く、コンパクトなサイズで楽しまれることが多いです。日陰にも強く育てやすいことから、初心者でも簡単に育てられる観葉植物として人気ですよね。

ただし、成長スピードが遅いからといって、植え替えをしないで育てるのはよくありません。

ガジュマルを植え替えしないとどうなる?

ガジュマル

この写真は4年植え替えをしていないガジュマルです。植え替えをしないと、この写真のように土が減ってしまったり、土自体の栄養分や水はけも悪くなります。

また、ガジュマルの幹もしわしわになっているのがわかると思います。これは根腐れになりつつある状態で、長年植え替えをしないで育てると、根詰まりを起こしたり古い根ばかり残って根腐れが起きてしまいます。

こうならないためにも、ガジュマルは1〜2年に1回は植え替えをしてあげましょう。

ガジュマルの植え替え時期はいつ?

ガジュマルの植え替え時期は、5月から7月です。買ったばかりのガジュマルでも、鉢から根っこが飛び出ていたら、植え替えするべきです。

ガジュマルに限らず、植物の植え替えはいつ行ってもいいわけではありません。ガジュマルを植え替える場合は、遅くとも夏が来る前に済ませておいてください。

なぜこの時期に植え替えするのかというと、ガジュマルが苦手とする冬の前までに、根を安定させておく必要があるためです。秋に植え替えをしてしまうと弱った状態で冬を迎えることになり、冬越しができなくなって枯れる可能性もあります。

5月から7月に植え替えをしたのであれば夏の生育期に根が安定をして、それから冬を迎えますので、負担が少なく回復も早いですよ。

ガジュマルの植え替えで用意するものは?

ガジュマル 植え替え 準備するもの

ガジュマルの植え替えに必要な道具は次のものです。

  • 新しい鉢(前の鉢植えよりひとまわり大きなもの)
  • 新しい観葉植物用の土
  • 鉢底石・鉢底ネット
  • 清潔なハサミ
  • スコップ

ガジュマルに適した土は、通気性と排水性がよい土です。初心者は市販の観葉植物用の培養土を用意すれば問題ありません。中にはコバエがわきにくい培養土もあるので、そちらもおすすめです。

普通の庭土などでは育ちにくいので注意してください。

もし自分で配合したいという場合は、【赤玉土小粒6:ピートモス3:黒曜石パーライト1】の割合でまぜて、元肥を施してから使いましょう。

また、ガジュマルを植え替える新しい鉢の選び方については、記事の後半でご紹介します。

ガジュマルの植え替え方法

  1. 鉢植えからガジュマルを取り出す
    ガジュマル 植え替え 手順1
    植え替え数日前から水やりを控えて、まずは土を乾燥させておきましょう。

    土が乾ききったら鉢植えを横に倒して、ガジュマルをやさしく取り出してください。

  2. 古い土を取り除く
    ガジュマル 植え替え 手順2
    手でほぐしながら古い土を取り除きます。

    定期的に植え替えをしていて、健康なガジュマルを大きくしたいのであれば、完全に土が取れなくても問題ありません。だいたい根鉢を3分の1程度ほぐしておくだけで大丈夫です。

    ガジュマル 植え替え 手順4
    今回は長年植え替えをしなかったため土の状態も悪く、根腐れ気味なので、土をできるだけ落としました。

  3. 不要な根を取り除く
    ガジュマル 植え替え 手順5
    ガジュマルの植え替えをするとき、根っこは必ずしも切る必要はありません。ただし、黒い根や異常に長い根、細くてこまかな根があれば取り除いておくと安心です。

    上の写真では、髪の毛が絡まったように細い根が伸びていたので、太い根の生え際から切り落としています。

    ガジュマル 植え替え 手順6
    こちらの写真はガジュマルの黒くて長い根を切り落とした様子です。黒い根は役目を終えた死んだ根なので、見つけたら切っておきましょう。色の違いがよくわからない場合は、水で根の土を洗い流してみるとわかりますよ。

    また、今回はガジュマルの大きさを変えずに、今までと同じ鉢に植える予定だったので長い根も切っておきました。

  4. 新しい鉢のセッティングをする
    ガジュマル 植え替え 手順7
    新しい鉢に鉢底ネットを敷いて、鉢底石を底が見えなくなるまでいれてください。底石は軽石や赤玉土大粒で代用できます。

    今回は排水溝ネットに底石をいれて敷きつめました。こうすると次回の植え替えのときに楽に土の分別作業ができます。

    ガジュマル 植え替え 手順8
    あらかじめ底石が隠れる程度に、新しい土を入れておきましょう。

  5. ガジュマルを新しい鉢に植える
    ガジュマル 植え替え 手順9
    ガジュマルを仮置きして、どのような向きで植えるか決めましょう。とくに鉢に柄がある場合は、飾りたい向きを想像しながら考えるといいです。

    ガジュマル 植え替え 手順10
    位置がきまったら、隙間に土をいれていきます。片手で株を支えて、片手で移植ゴテなどを使いながら土を入れていきます。

    ガジュマル 植え替え 手順11
    ガジュマルは根が入り組んでいるので、細い棒などで土をつつきながらつめていきましょう。

  6. 植え替え完了!たっぷり水やりをする
    ガジュマル 植え替え 手順12
    土の量は水やりをするときに水がこぼれない程度に余裕をのこし、軽く手で押し固めたら、ガジュマルの植え替えが完了です。

    この後の水やりで土が沈むので、この写真くらいの量を参考にしましょう。

    ガジュマル 植え替え 手順13
    最後に底穴から水が漏れ出るまでたっぷりと水やりしたら、終了です。

    底穴から出る水が透明になるまで水やりしておくと、土の微塵が流れ出て、ガジュマルにとってより良い環境になりますよ。

ガジュマルの植え替え後の手入れ

ガジュマル 植え替え後 置き場所 明るい日陰

ガジュマルの植え替え後の手入れで重要なことは日当たりのよい場所に置かないことです。さっそくエネルギーを与えたいので日差しが当たる場所に起きたくなるかと思います。しかし、植え替えでガジュマルはダメージを受けていますので、日当たりのいい場所に置くと弱る可能性があるのです。

植え替えて10日ほどは、直射日光の当たらない室内で様子を見てください。その後、徐々に根が安定するので、レースのカーテン越しなどで様子を見て、1ヶ月ほどかけて元々飾っていた場所に戻しましょう。

枯れたガジュマルの復活には根っこはすべて切るといい!

ガジュマルは観葉植物の中でも生命力がずば抜けて高いので、一本も根っこがない状態、幹だけの状態にしてもすぐに伸びていきます。

根腐れ、根詰まりで枯れかけているガジュマルを復活させたいなら、植え替えをして根っこをすべて切るのもひとつの手です。

とはいえ、心配なかたはメネデールなどの発根促進剤を希釈した水に、切り口を数日つけておいて発根させてから土に植え替えるといいです。揷し木や水耕栽培のやり方を参考にしてみてください。

ガジュマルの鉢の選び方

ガジュマルの植え替えで重要なのことの一つに、鉢選びがあります。鉢を選ぶときは、ついついデザインを重視してしまいますが、「大きさ」と「素材」に注意してください。

正しい鉢の大きさ

植え替えをする場合は、それまで育てていた鉢よりひとまわりだけ大きなものを選びましょう。

大きすぎる鉢だと、根が無駄に分散してしまい不安定な株になってしまいます。また、土に含まれる水分量が多くなりすぎるので、根腐れする危険性もあります。

鉢の大きさは、ガジュマルに対して適切なサイズのものを意識しましょう。

ガジュマルの地上部と土の中の根の部分のバランスは、だいたい3:1がよいとされているので、育てているガジュマルの樹高から割り出してみるといいでしょう。

おすすめの鉢の素材

ガジュマルの鉢の素材は下記のような、通気性がよいものがおすすめです。

  • テラコッタ
  • 素焼き鉢
  • 陶器
  • コンクリート

ただしこのような素材の鉢は、重くて移動しにくいのが難点です。そんなときはセラアートという、陶器の風合いがある樹脂製の鉢もおすすめです。陶器のような高級感や重厚感がありながらも軽さも十分で扱いも簡単です。

ガジュマルの植え替えに挑戦してみよう!

ガジュマルは成長すると根が飛び出す場合があります。これは植え替えのサイン。ぜひひとまわり大きな鉢に植え替えてあげて、イキイキ育つお手伝いをしてあげてくださいね。そうすることでまた一段とガジュマルが成長してくれるはず。

毎日目にするガジュマル。鉢をお気に入りのものにしませんか。おしゃれなデザインのものを選ぶと、ガジュマルの印象もかわるかもしれません。気に入ったものが見つからない方はペイントしたり、シールを貼ったりして自分好みに変えるのもよいでしょう。マスキングテープを使用するのもおすすめです。

おすすめ機能紹介!

【無料で利用できる】写真を撮るだけ!アプリが植物・花の名前を教えてくれる『教えて!カメラ』のご紹介!

植え替えに関連するカテゴリに関連するカテゴリ

植え替えの関連コラム

アンスリウムの植え替え|時期はいつ?土や鉢の選び方は?株分けもできる?の画像

アンスリウムの植え替え|時期はいつ?土や鉢の選び方は?株分けもできる?

ハイビスカスの植え替え|時期や失敗しないコツは?土や鉢の選び方は?の画像

ハイビスカスの植え替え|時期や失敗しないコツは?土や鉢の選び方は?

胡蝶蘭の植え替え|バークや水苔を使う方法や時期、その後の手入れは?の画像

胡蝶蘭の植え替え|バークや水苔を使う方法や時期、その後の手入れは?

クリスマスローズの植え替え|時期や株分けのやり方は?土の選び方は?の画像

クリスマスローズの植え替え|時期や株分けのやり方は?土の選び方は?

ガジュマルの植え替え|時期はいつ?鉢の選び方は?根っこはどれを切る?の画像

ガジュマルの植え替え|時期はいつ?鉢の選び方は?根っこはどれを切る?

植え替えの新着投稿画像

人気のコラム

【春の花図鑑30選】3月、4月、5月の開花時期別に花の名前をみてみよう!の画像
いいね
485

【春の花図鑑30選】3月、4月、5月の開花時期別に花の名前をみてみよう!

簡単DIY!「100均製氷ケース」で多肉ポットを作ろう!の画像
いいね
390

簡単DIY!「100均製氷ケース」で多肉ポットを作ろう!

カット苗を買ってきたら?購入後の手順と根を出させるコツの画像
いいね
318

カット苗を買ってきたら?購入後の手順と根を出させるコツ

クローバー(シロツメクサ)の花言葉|葉の枚数によって幸せにも怖い意味にもなる?の画像
いいね
287

クローバー(シロツメクサ)の花言葉|葉の枚数によって幸せにも怖い意味にもなる?

小さな多肉がギュギュぎゅっと。魅惑の「多肉畑」へようこそ!の画像
いいね
276

小さな多肉がギュギュぎゅっと。魅惑の「多肉畑」へようこそ!