タネツケバナの育て方|種まきの時期は?どんな花言葉?食べられるの?

GreenSnap編集部

GreenSnap編集部

公開日:2021.04.23

タネツケバナは北半球温帯を原産とする、アブラナ科タネツケバナ属の二年草です。
日本各地に分布しており、水田などの肥沃な土地でよく見かけられます。開花時期が春であることから、田植え時期の到来を告げる白い花として、古くから親しまれてきました。
今回はタネツケバナの育て方についてご紹介します。

タネツケバナの育て方:栽培する場所


タネツケバナは日当たりのよい、湿った土地で栽培します。時に雑草と定義されることもあるほどタネツケバナの生命力は優れており、ある程度の湿り気さえあれば日陰でも育つ植物です。
タネツケバナの拡大を防ぐためにも鉢植えでの栽培をおすすめします。

タネツケバナの育て方:水やり

タネツケバナには土が乾いてきたタイミングで水やりをしましょう。もともと湿地を好む性質があるため、水切れを起こさないように注意してください。

タネツケバナの育て方:用土


タネツケバナにはある程度の保水性と水はけをもつ土が最適です。市販されている草花用培養土の使用をおすすめします。水はけの不十分な場合は腐葉土やピートモスを1割配合してください。

タネツケバナの育て方:肥料・追肥

タネツケバナは肥料いらずでも元気に育つ草花です。追肥を施す必要もとくにありません。

タネツケバナの育て方:種まき


タネツケバナの種まきは1〜4月、冬から春にかけての間が適期です。
用意した土に種をばらまき、土が乾燥しないように水やりしつつ管理しましょう。
発芽してから本葉2〜3枚になったら、混み合って生育に支障がでないよう適度に間引いてください。

タネツケバナの育て方:増やし方

タネツケバナはこぼれ種で増えていく植物です。放っておいても自然と増えていくため、増えすぎた場合は間引き作業を行いましょう。

タネツケバナの育て方:収穫


タネツケバナは食用として収穫可能な植物です。種まきから2〜3ヶ月で収穫適期を迎えるので、茎部分を刈り取って収穫しましょう。

タネツケバナを食べる

タネツケバナはピリ辛な味わいが特徴です。サラダはもちろん、肉料理のアクセントとして活躍します。古くは薬用とされていたこともあり、食べるとむくみや咳などの症状に効果が期待できますよ。

タネツケバナの育て方:注意する病気

タネツケバナは病害虫の被害をほとんど受けない強健な植物です。病気を気にすることなく安心して栽培できます。

タネツケバナの育て方:どんな花を咲かせる?


タネツケバナは3〜5月にかけて、小ぶりでかわいらしい白い花を咲かせます。草丈が10〜30cmと小さいため普段は目立たないものの、開花期を迎え小さいながらも健気に咲き誇る花には癒やされること間違いないです。

タネツケバナの花言葉

タネツケバナの花言葉は、「勝利」「不屈の心」「情熱」です。
かわいげのある見た目に反して、熱い想いが込められている花言葉をもちます。

タネツケバナの育て方はとても単純


タネツケバナは強健な性質をもつため、湿潤な環境を保つだけで簡単に育て上げられます。かわいらしい花の観賞はもちろん、食用にすることも可能なので、その場にあった楽しみ方ができるのは魅力的ですね。

GreenSnap編集部
植物好きが集まるスマホアプリGreenSnap(グリーンスナップ)は、お部屋や庭で育てている植物、外出先で見つけた気になるお花などの写真を撮影して、気軽に共有したり植物アルバムを作ることができるサービスです。

花の育て方に関連するカテゴリ

花の育て方の関連コラム

人気のコラム

GreenSnap

[公式]写真を撮るだけで植物・お花の名前がわかる無料アプリ

レート4.6
ダウンロード