ベアグラス(ベアーグラス)の育て方|日当たりと水やりの仕方は?

  • カヤツリグサ科
  • スゲ属

ベアグラスという名前は、主に流通名または品種名として用いられています。ほとんどが「カレックス」という呼び方をされています。今回はそのベアグラスを含めたカレックスの育て方についてご紹介します。

ベアグラス(ベアーグラス)の日当たり

ベアグラスは半日陰や少し暗め日陰でも十分育つので、さほど日当たりを気にする必要はありません。日当たりが良すぎると葉焼けを起こすことがありますが、枯れるほどには至りません。

ただし、葉焼けを起こすと折角のきれいに伸びていた葉を台無しにしてしまう恐れがあるので、半日陰での管理をおすすめします。

また、ベアグラスは品種によって日当たりを変えてあげましょう。

半日陰の方が良いベアグラスには、「白の斑」が入る品種が良いでしょう。日照に当たりすぎると葉が傷みやすくなります。また、赤黒い色をした葉っぱや黄色の葉っぱに生える品種であれば、日差しが弱いと良い発色になりません。

冬の間は地上部が枯れてしまうので、日当たりは気にしなくても良いです。

ベアグラス(ベアーグラス)の置き場所

ベアグラスは、乾燥にめっぽう強い特徴を持っています。家内気温の低い寒冷地であるか寒波が押し寄せているとき以外であれば、外でも冬を越すことが可能です。

また、地植えにしやすい植物でもあります。ただし土の過湿には弱いので、じめっとする場所は避けましょう。

ベアグラス(ベアーグラス)の水やり

夏の水やり

ベアグラスは乾燥を好むため、地植えをした場合は植え付けを行ってから根付き始めて生長できたら、その後の水やりはほとんど不要です。

鉢植えで育てている場合は、鉢の中で根が張りすぎてしまうと土が乾きやすくなります。土の表面が乾いたら、たっぷり水を与えてください。乾燥させすぎてしまうと、葉先から傷んでしまいます。

冬の水やり

冬の季節でも過湿には注意して、鉢植えのときは土の表面が乾いたら水やりを行うようにしましょう。

地植えの場合は水やりは不要です。管理にはやや乾かし気味に育てていきましょう。

ベアグラス(ベアーグラス)の肥料・追肥

ベアグラスは痩せ地のほうがよく育つので、肥料は控えめにしておきましょう。また、追肥も基本的に不要です。

ベアグラスは、肥料をあまり与えすぎると逆に枯れる原因にもなります。どうしても肥料を施したのであれば、植え付けの際に施す元肥を使いましょう。元肥は、緩効性化成肥料を土に混ぜ加えておいてください。

また、生育期間中に液体肥料を1か月に一度若しくは2週間に1度のペース配分にして施肥しましょう。生育期間は春〜秋です。

ベアグラス(ベアーグラス)の土

ベアグラスを育てるときは、通気性はもちろん水はけの良い土を選びましょう。赤玉土と腐葉土を7:3で配合した用土がベストです。市販の草花用培養土でも十分育てることができます。

水はけの悪い土で育てると、土の中がじめじめして根が腐ってしまいます。腐ると枯れる原因に繋がるので、土質にはこだわって腐葉土などを混ぜるようにしてください。

ベアグラス(ベアーグラス)の植え替え・植え付け・種まき

植え替え

ベアグラスの植え替え時期は、葉をよく生長させようとする3月〜4月の始め辺りです。

鉢植えで育てている場合は、2年に1度を目安に植え替えてください。植え替えでも、市販の草花用培養土か赤玉土と腐葉土を7:3の割合で混ぜた用土を用いるようにしましょう。

ベアグラスの株が大きくなっているときは、植え替えのタイミングで株分けを行います。

植え付け

ベアグラスの植え付け時期は、春または秋頃に行うと良いでしょう。

植え付けのときでも草花用の培養土を利用しても構いませんし、配合土で育てるのであれば赤玉土と腐葉土を6:4にしてつくりましょう。

種まき

ベアグラスの種まき時期は、9月〜10月上旬か4月〜5月上旬頃です。ベアグラスは花後に白いふさふさの花穂から種子をつけます。

その種は14日〜21日程度で発芽をしますが、ベアグラスは、光発芽種子のため土を薄めに被せます。これは、日の光で発芽促進する種であるためです。以前から育てていたベアグラスから種子が落ちて自然発芽することもあります。

種まきをして育てた場合、班の色が消えてしまったり葉緑素のない白色の葉が生えてくる可能性があるため、あまりおすすめはしません。

ベアグラス(ベアーグラス)の増やし方

ベアグラスの主な増やし方には、「株分け」という方法があります。

株分け

株分けは植え替えのときに同時に行います。2〜3年または何年かに1度春に行います。春は3〜4月の上旬が良いでしょう。植え替えと同時に行う際は、「根」に傷つけないように切り分けましょう。

ベアグラス(ベアーグラス)の育て方で注意すべき病気・害虫

ベアグラスは病気・害虫ともにほとんど見かけられることはありません。

被害に遭うとすれば病気の場合はうどんこ病や灰カビ病が発生することがあります。また、アブラムシやヨトウムシ、ナメクジなどが付くことがあります。害虫対策として「油かす」「ニームパワー」を散布しておきましょう。

ベアグラス(ベアーグラス)の管理温度

ベアグラスは-10度〜-12度の気温にも耐えることができる観葉植物です。耐寒性がかなり強いので外で越冬することもできます。

暑さにも弱くはありませんが、高温多湿にならない風の通る場所で育てるようにしましょう。

ベアグラス(ベアーグラス)の花言葉

ベアグラスの花言葉は「物静か」です。

ベアグラス(ベアーグラス)の花や葉を楽しもう!

地面を這うように細長く伸びるベアグラスの育て方をご紹介してきました。

カラーリーフとしてもフラワーアレンジメントにも使われる親しみのある観葉植物です。

班模様がくっきりしているので見とれてしまいます。

ベアーグラスの新着コラム

ヘアーグラスの花言葉|花の特徴や意味、観賞用としておすすめ?の画像

ヘアーグラスの花言葉|花の特徴や意味、観賞用としておすすめ?

ベアグラスの花言葉|意味や特徴、種類はどのくらい?の画像

ベアグラスの花言葉|意味や特徴、種類はどのくらい?

おすすめ機能紹介!

【無料で利用できる】写真を撮るだけ!アプリが植物・花の名前を教えてくれる『教えて!カメラ』のご紹介!

ベアーグラスの基本情報

ジャンル
草花
形態
多年草
学名
Carex oshimensis ' Evergold'
別名
オオシマカンスゲ
原産地
日本

ベアーグラスの性質

栽培難易度
普通
耐寒性
強い
耐暑性
普通
耐陰性

時期

植え付け・植え替え
4月 、5月、9月、10月
肥料
5月 、6月、7月、8月、9月
開花
5月 、6月

ベアーグラスの新着投稿画像

花の種類

シクラメンの画像

シクラメン

冬は玄関や廊下、または室内のできるだけ日のあたる場所に置きます。冷暖房の風が直接当たる場所は避けまし...
ポインセチアの画像

ポインセチア

葉は薄く、楕円形です。その下に着く葉の形の苞葉が赤く染まるのが特徴です。その赤さはキリストの血の色に...
アサガオの画像

アサガオ

日本で馴染み深いアサガオですが、奈良時代に中国から入って来たとされています。花の色は青、赤、紫、ピン...
クリスマスローズの画像

クリスマスローズ

庭植えの場合は、水はけのよい明るい日陰で育てます。鉢植えの場合は、生育期(秋〜春)は日当たりのよい場...
カーネーションの画像

カーネーション

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。真夏の直射日光も問題ありません。
シバザクラの画像

シバザクラ

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。真夏の直射日光も問題ありません。