コウヤマキの画像

コウヤマキの育て方

  • コウヤマキ科
  • コウヤマキ属
コウヤマキの育て方の画像

コウヤマキは和歌山県の高野山に多く分布している針葉樹です。

コウヤマキ科コウヤマキ属に分類され、この科と属はコウヤマキ1種類しかない樹木です。

今回は、そんな友達を作ってあげたくなるようなコウヤマキの育て方をご紹介します。

コウヤマキの基礎情報

コウヤマキの日当たり

小さい樹木のときは日陰でも強いですが、日差しが弱い場所で管理するようにしてください。

日当たりは良いと枝葉がぎっしり詰まって生えるので形も良くなります。

葉が多く茂ってくると日向に出しても問題ありませんが、移植を嫌いますので鉢ごと移動できるようにしておくか、地植えして日除け対策をするようにしておいてください。

長時間直射日光が株元にかかってしまうと乾燥する恐れがあります。

乾燥してしまわないように敷きワラなどを使って土を覆っておきましょう。

真夏の西からの日光が当たるなど強めの日差しは葉っぱを黒くさせてしまう可能性がありますので注意しましょう。

 

コウヤマキの置き場所

他の木と密接して育てると当たった部分が枝枯れしてしまいます

理由は判明していませんが、植え付けの際は周りのスペース、場所をよく考えた上で植えてください。

コウヤマキは移植を嫌うので植えるときはしっかりと計画を立ててから行ってください。

 

コウヤマキの水やり

基本的には水を必要としません

乾燥が激しいようでしたら土の表面が乾いたらたっぷりと与えてください。

冬でも水やりを施す必要はありません。

自然に任せて生長させましょう。

 

コウヤマキの肥料・追肥

やせ地であれば生長が良くなくなってしまいますので、2月に堆肥か化成肥料を施します。

化成肥料には、微量の元素を含んでいるものを利用しましょう。

肥料を与えすぎると根を痛めてしまう原因になりますので適量にしておきましょう。

剪定を行った後に肥料を与えますが、芽吹きの後も施肥しておくと良いでしょう。

鉢植えで育てている場合は、緩効性化成肥料を3・6・11月に少量与えましょう。

 

コウヤマキの用土

コウヤマキの用土は特に土質に条件はありません。

ただし、やせ地であれば腐葉土や堆肥などの有機質を豊富に混ぜた土にしておきましょう。

肥料がよく入っており、作物がよく育つ湿気の多い土を好みます。

乾燥が甚だしかったり水が留まってしまっている土地であれば育てることはできません。

やせ地では、土壌改良しておきましょう。腐葉土とは、堆肥の一つで通気性と保肥性と保水性を良くする性質にしてくれる土です。

腐葉土の元となっているのは、秋から冬にかけて落ちた葉っぱを長期間土の状態にして作ったものです。

腐葉土は自分で作ることも可能です。家庭で出た生ゴミやガーデニングで枯れてしまった葉っぱを戸外で発酵させます。

すると腐葉土が完成します。

 

コウヤマキの植え替え・植え付け・種蒔

植え付けは12月〜2月を避けた10月〜3月までの間に行います。

10月は生長が停止する時期に入り、3月からは新芽が伸びてくる時期に当たります。

コウヤマキは移植を嫌うので植え付けるときは計画性を持って行いましょう。

移植を嫌うと言っても全く出来ないということではありませんが、生長させるのが困難です。

根回しなどの作業を半年以上前から行う必要があります。成木に生長したものから移植するとなると根付きがより困難になります。

植え付けるときは、植える場所を山のように高くして乾燥防止のための藁などを敷いておきましょう。

根付くまでの間は時間が結構ありますので、支柱を立てておくと良いでしょう。

日本において植え付けの適地としては東北の南部から沖縄県までとなります。コウヤマキは種蒔からでも育てることが出来ます。

コウヤマキの実は松ぼっくりのような形をしており、松ぼっくりの傘と傘の間に種子があり、取り除いて種を蒔いていきます。

コウヤマキの種蒔は3月頃に行います。低温処理をした後に、小粒の赤玉土を用意します。

発芽したら置き肥として油かすを少し入れておきます。肥料は8月まで与えるようにして、以降は施さなくて構いません

9月中旬から10月の初めまでには定植を行ってください。

低温処理は、密閉できる容器に種子を入れて乾燥を防ぎ、冷蔵庫へ保存します。

冷蔵庫では4週間〜8週間貯蔵すると考えておいてください。

 

コウヤマキの増やし方

挿し木を使って増やすことが出来ます。挿し穂は4月下旬頃に行うと良いでしょう。若い元気な木をを切り取ります。

採った木にに発根促進剤を1日きっちり浸けておきます。

挿し床に鹿沼土とバーミキュライトを7:3で混ぜ合わせたものを使用してください。そこに挿し穂を挿しておきます。

コウヤマキの挿し木は非常に難しいため、根が出てきたとしても地植えしてから生長させるのが厳しいです。

肥料を与えながら調整しつつ育てていきましょう。

 

コウヤマキの病気・害虫

コウヤマキは虫が付くことがそれほどない樹木です。しかし、根にカナブンの幼虫やが潜んでいる可能性があります

また稀に葉に斑点がつくことがありますが、元気であればさほど心配する必要はありません。

湿度が高くなってくるとウイルス病などが発生する可能性があります。

病気になってしまったらその部分をすぐに取り除いてしまいましょう。

病害虫というわけではありませんが、雨にかからないようにしておいてください。

幹の内部の枯れ込みには注意しましょう。日当たりが悪い場所で育てていると、光合成ができなくなり枯れていってしまいます。

美しい樹形が無くなって、蒸れて病気になってしまう恐れもありますので枯れた葉っぱは手で取ってください。

 

コウヤマキの管理温度

挿し木を行う前の低温処理で、5度前後の環境で管理することが必要です。

 

コウヤマキの種類・品種

コウヤマキはコウヤマキ科コウヤマキ属に分類される日本に自生する樹木です。

コウヤマキ科コウヤマキ属は1種類しかなく、ひとりぼっちの寂しい品種です。

日本では、九州、四国、本州に自生し、特に和歌山県にある高野山で多く見ることが出来ます。

高野山では霊木として大事に育てられています。樹高は最大で40mにも生長する大木で、マツ目の一種です。

常緑で針葉樹のコウヤマキは短い枝と長い枝が生えてきます。

短い枝には、細長い形をしており中心に線が入ります。

長い枝では鱗のような片がいくつも連なって葉が付きます。コウヤマキは世界三大庭園木のひとつに選ばれています。

類似した品種には、ラカンマキやイヌマキがあります。

コウヤマキは自然に育てていても樹形が整う美しい木になります。

横に伸びることもないので手入れもあまりすることがありません。

コウヤマキの実はマツと同じく松ぼっくりのような形をしています。

 

コウヤマキの花の形態(どんな花を咲かせるのか)

コウヤマキは春の4月・5月に開花する樹木です。雄花には松ぼっくりのような実を付けます。

翌年の秋になると塾すものです。雄花があるということは雌花もあります。

花の色は、黄色がメインです。花を見れるのは10日間しかありませんのでしっかり目に焼き付けておきましょう。

因みに果実は10月〜11月に収穫することが出来ます。

 

コウヤマキのトリビア

コウヤマキの風水

建物に欠けがある場合、その部分を補うために庭木を植えると良いということに風水では伝えられています。

コウヤマキは北の方角に植えることで、運気を補ってくれるでしょう。

西北の方角は、財産に影響を及ぼす方角とされ、事業家などは西北に欠けを作っては絶対にならないとされています。

会社員の場合、上司や部下などの人の財産に恵まれないとされています。

コウヤマキは吉とされる樹木ですので、西北に植えたり、飾ったりしてみてください。

 

コウヤマキの花言葉

コウヤマキはイヌマキとも言われ、その花言葉には、「慈愛」「色褪せぬ恋」という意味があります。

コウヤマキは防風木や生け垣の代わりとなって植えられる樹木です。

その姿が家族を守るように育っていくことから、慈愛の花言葉がつけられました。

また、季節関係なく緑の葉っぱを付けている姿から、色褪せぬ恋という意味になっています。

 

コウヤマキの由来伝承

コウヤマキは別名イヌマキやホンマキ(本槇)とも言われています。

コウヤマキは高野槇と漢字で書かれ、和歌山県にある高野山に多く茂っていることから付けられました。

学名ではSciadopitys verticillata Sieb.となります。

属名にはギリシャ語の針という意味のsidosと、マツという意味のpitysを合成させた言葉を使用しています。

種小名のverticillataは輪生のという意味から付けられており、葉の形から因んでいます。

コウヤマキ属は6430万年前〜260万年前までは世界でも分布していた種類でした。

今では日本と韓国にしか残っていないというのが現状です。

英名ではJapanese umbrella pineと綴られています。

pineという意味もマツという意味になります。昔には、柱や木棺さらには船に起用されていた木です。

江戸時代では伐採を禁止していたそうです。江戸時代に伐採してしまったときには死罪となっていたようです。

コウヤマキは真木(まき)とも呼ばれ、真木という言葉を用いた和歌がありますのでご紹介したいと思います。

「五月雨の 霞もまだひぬ 奥山の 真木の葉隠れ 鳴くほととぎす」

 

まとめ

高野山で有名な樹木のコウヤマキの育て方についてご紹介しました。

生長すれば5m以上にもなり、移植が嫌いな樹木ということがわかりました。

日本でも公園や街中でも植えられており、庭木としても活躍しています。

育てるのであれば植える環境とスペースを十分に配慮した上で抵触させましょう。

コウヤマキを剪定するのであれば、強い枝を切り戻すか芯を間引くのどちらかです。

強い枝を切り戻す場合、樹形を見てところどころに勢いのある枝が飛び出ていることがあります。

放置していると樹形のラインがぼやけてしまい美しい形にはなりません。

そんなときは、飛び出ている枝は樹形のラインよりも少し深めにして切り戻しをするときれいになります。

そして、芯を間引く際は、芯が枝分かれしていることがあり2本以上立つことがあります。

若い木によく見られることで、そのときは1本だけを残して切り取ってしまってください。

 

コウヤマキの基本情報

ジャンル
庭木・花木
形態
高木
学名
別名
ホンマキ
原産地
日本

コウヤマキの性質

栽培難易度
普通
耐寒性
やや強い
耐暑性
普通
耐陰性

時期

植え付け・植え替え
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
肥料
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
剪定
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12

コウヤマキの新着投稿画像

花の種類

シクラメン

冬は玄関や廊下、または室内のできるだけ日のあたる場所に置きます。冷暖房の風が直接当たる場所は避けまし... シクラメン の育て方へ

ポインセチア

葉は薄く、楕円形です。その下に着く葉の形の苞葉が赤く染まるのが特徴です。その赤さはキリストの血の色に... ポインセチア の育て方へ

アサガオ

日本で馴染み深いアサガオですが、奈良時代に中国から入って来たとされています。花の色は青、赤、紫、ピン... アサガオ の育て方へ

クリスマスローズ

庭植えの場合は、水はけのよい明るい日陰で育てます。鉢植えの場合は、生育期(秋〜春)は日当たりのよい場... クリスマスローズ の育て方へ

カーネーション

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。真夏の直射日光も問題ありません。 カーネーション の育て方へ

シバザクラ

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。真夏の直射日光も問題ありません。 シバザクラ の育て方へ

GreenSnap

[公式]写真を撮るだけで植物・お花の名前がわかる無料アプリ

レート4.6
ダウンロード