ツキヌキニンドウの画像

ツキヌキニンドウの育て方

  • スイカズラ科
  • ロニケラ属

ツキヌキニンドウの基本情報

ジャンル

庭木・花木

形態

つる植物

学名

Lonicera japonica

別名

ロニケラ,ロニセラ,ハニーサックル,スイカズラ

原産地

日本~中国

ツキヌキニンドウの性質

栽培難易度

普通

耐寒性

強い

耐暑性

強い

耐陰性

時期

植え付け・植え替え

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12

肥料

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12

開花

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
ツキヌキニンドウの育て方の画像

スイカズラやハニーサックルなどの種類があるツキヌキニンドウ。半常緑性から常緑性のつる植物で、初夏から秋までの長い期間、可憐な花を咲かせてくれます。香りも甘く、庭を素敵に彩ってくれるツキヌキニンドウは、とても育てやすいので初心者にもおすすめです。ツキヌキニンドウの育て方をご紹介します。

ツキヌキニンドウの育てる場所

ツキヌキニンドウは耐暑性にも耐寒性にも強く、どの地域でも育てることができます。暖かい地域だと落葉しませんが、寒い地域だと冬に落葉することもあります。落葉しても、春になると芽吹くので、問題ありません。

日当たりが悪いと、花の付きが悪くなるので、日なたか半日陰の場所を選びましょう。

ツキヌキニンドウの水やり

地植えのツキヌキニンドウには、特に水やりは必要ありません。ただし、真夏に日照りが続くようだったら水を与えてあげてください。ツキヌキニンドウは乾燥を嫌うので、鉢植えの場合は、表面の土が乾いたらたっぷりと水を与えて、乾燥させないように気を付けましょう。特に枝が伸びる春から秋にかけては、しっかりと水やりしてください。

肥料

春先の新芽が伸びる前と、花が咲き終わる頃に、骨粉入りの固形油粕などを与えてください。生育期の5月から9月頃までは、月に1回くらい緩効性の化成肥料を与えてあげるといいでしょう。

用土

土質にこだわる植物ではありませんが、水はけがよくて、水もちもよい土を好みます。赤玉土や、鹿沼土、腐葉土を混ぜた土にしてあげるといいでしょう。

病害虫

病害虫の被害はほとんど受けない強い植物です。

ツキヌキニンドウの植え付け・植え替え


ツキヌキニンドウの植え付けや植え替えに一番適しているのは、3月から4月頃です。霜が降りる心配のない暖地では、10月から11月頃でも行えます。

植え付け

地植えの場合は、根鉢の2倍の大きさの穴を掘り、腐葉土を混ぜた土に植えてください。鉢植えの場合は、市販の草花用の培養土に赤玉を混ぜたものか、赤玉土や、鹿沼土、腐葉土を混ぜた土を使うといいでしょう。

植え替え

鉢植えの植え替えは、2年ごとに行ってあげてください。元の鉢からはずした後、3分の1くらいの土を落とし、一回り大きめの鉢に植え替えてあげましょう。

ツキヌキニンドウの増やし方

 

ツキヌキニンドウは挿し木で増やすことができます。7月か8月頃に、その年に伸びた枝の中で充実して少し硬くなったものを選び、切りましょう。下の方についている葉っぱを取り除き、水揚げをしたのちに赤玉土の小粒や鹿沼土の小粒などの挿し木用土に挿します。明るい日陰に置き、乾燥させないように気をつけながら管理してください。

ツキヌキニンドウの手入れ

ツキヌキニンドウはよくツルが伸びるので、形よく整えたい場合は剪定や誘引が必要です。ツルの伸びは良いですが、絡みつく力は弱いので、フェンスや支柱などに絡ませたい場合は、ひもなどで縛って誘引してあげてください。

形を整えたい場合には、新しい芽が出てくる前に剪定を行いましょう。2月頃から3月初めがおすすめです。花芽は、切り戻したところから新しく出てくる枝の先につきます。株元近くまで切り戻す強剪定を行うと、太く強い枝が数本出てきて、多くの花をつけますし、先の方を整える程度の弱剪定を行うと、細い枝が多く出てきますが、枝につく花の数は少なくなります。花をたくさん咲かせたい場合は強剪定、葉っぱを生い茂らせて、目隠しのフェンスの役割をさせたい場合は弱剪定にするといいでしょう。

ツキヌキニンドウの種類

スイカズラ

スイカズラは日本原産の品種です。春から夏に、白い花を咲かせ、黒い果実が実ります。

ハニーサックル

ハニーサックルは地中海沿岸地域原産の品種です。花は白や黄色、それに赤が混じったものなどがあります。

ゴールド・フレーム

ゴールド・フレームは、コーラル・ハニーサックルとアメリカ・ハニーサックルの交配種だと言われています。花の色は、内側が黄色、外側は紫色っぽい赤です。

まとめ

6月初め頃から9月末くらいまでと、開花期間がかなり長いツキヌキニンドウは、他の花が元気がなくなる真夏でも、綺麗に庭を彩ってくれます。耐寒性・耐暑性ともに強く、病害虫で弱ることもほとんどないので、ぜひ育ててみてください。

※トップ画像はkikuhana1362さん@GreenSnap

GreenSnap編集部

GreenSnap編集部

植物好きが集まるスマホアプリGreenSnap(グリーンスナップ)は、お部屋や庭で育てている植物、外出先で見つけた気になるお花などの写真を撮影して、気軽に共有したり植物アルバムを作ることができるサービスです。

花の新着投稿画像

花の新着コラム

花の種類

デルフィニウム

日当たりのよい場所で育てますが、耐暑性が弱いので夏場は半日陰などで育てます。耐寒性は強いので冬越しは... デルフィニウムの育て方へ

バラ

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。真夏の直射日光も問題ありません。 バラの育て方へ

アサガオ

日本で馴染み深いアサガオですが、奈良時代に中国から入って来たとされています。花の色は青、赤、紫、ピン... アサガオの育て方へ

ユーフォルビア・マーチニー

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。真夏の直射日光も問題ありません。 ユーフォルビア・マーチニーの育て方へ

アーティチョーク

2m近くまで大きくなり、鮮やかな紫色の花は10〜20cmと大型のアザミのような植物です。しかし、アザ... アーティチョークの育て方へ

オダマキ

午前中は日が当たる場所、午後は日が当たらない半日陰で育てます。 オダマキの育て方へ

GreenSnap

植物の名前を調べるなら

アプリで聞いてみよう!

★★★★★
ダウンロード