ペチュニアの画像

ペチュニアの育て方|植え替え時期や剪定方法は?雨のときの注意点は?

  • ナス科
  • ペチュニア属
ペチュニアの育て方|植え替え時期や剪定方法は?雨のときの注意点は?の画像

ペチュニアは花壇の女王と呼ばれるほどに、花束やガーデニングを彩る花として人気の高い草花です。

咲かせる花の色も豊富で、一つの季節に様々な姿を見せてくれるため、観賞にはぴったりです。

そんなペチュニアの育て方を紹介していきます。

ペチュニアの日当たり

日光を好むペチュニアは、日当たりの悪い場所で育ててしまうと、日照不足になって花がつきにくくなってしまいます。

ペチュニアの置き場所

室内や屋外、どちらで育てるときも、日当たりのいい場所に置いて育ててください。屋外で育てるときには、雨に当たらない場所に置くのがポイントです。

強い雨に当たっていると、せっかく咲いた花びらが裂けてしまったり、花色がはげ落ちてしまうことがあるので気をつけてください。

鉢植えで育てる場合は、湿度の多い場所には置かずに、涼しい場所で管理してください。

夏場になると高温多湿の時期が続くことがあるので、ペチュニアが弱ってしまうことがあります。ペチュニアの元気がなくならないように、刈り込んで風通しをよくして、できるだけ涼しくなるようにしておきましょう。

ペチュニアの水やり

夏の水やり

土の表面が乾いたときに、たっぷりと水を与えてください。

少しの乾燥には耐えてくれるので、春と秋の時期は、毎日水をたっぷりあげる必要はありません。水を与えすぎてしまうと、根腐れを起こす原因となってしまうので気をつけましょう。

鉢植えで育てている場合は、よく土を乾燥させてから、鉢底から流れるくらいの水を与えてください。こうすることで過湿を防いで、空気の入れ替えをすることができます。

夏場は水分がすぐ蒸発してしまうので、朝と夕方の涼しい時に土の状態を確認して、乾燥している時には1日に2回水をあげてください。

梅雨の時期にはペチュニアを雨にあたらせることがないように、軒下へと移動させたりして、雨をしのげるようにしてください。

冬の水やり

ペチュニアは寒さに弱いため、冬を越えることはほとんどできません。霜が降る頃には枯れていきますので、水やりは必要ありません。

ペチュニアの肥料・追肥

ペチュニアは繰り返し繰り返し花をつけて、見る人を楽しませてくれます。茎を伸ばしながらたくさんの花をつけてくれるため、ペチュニアに与える肥料は欠かさないようにしましょう。

特に、開花時期の肥料を切らしてしまうと、花を咲かせなくなることがあるので注意が必要です。

肥料は10日に1回の目安で、液体肥料か薄めたリン酸を与えてください。

液体肥料のほうが、花つきも生育もよくなってくれます。夏場の多湿でペチュニアに元気がないときは、肥料を控えるようにしましょう。

ただし、弱っているときに肥料をあげても、ペチュニアはその肥料を十分に吸収することができないうえに、肥料をあげることが逆効果になってしまうこともあります。

秋になって涼しくなってきた頃に、元気に芽を伸ばしているなら再び肥料をあげるようにしてください。

ペチュニアの土

水はけのいい土を好むので、赤玉土の小粒が7、腐葉土が3の割合で混ぜ合わせた土か、草花用として市販で販売されている培養土を使います。

ほかにも、ペチュニアは弱アルカリ性から中性の土も好んでいるので、赤玉土の小粒が6、腐葉土が3、川砂が1の割合で配合された土に、苦土石灰を混ぜあわせた土を使用するのもいいでしょう。

ペチュニアは強酸性を苦手にしているので、ピートモスや鹿沼土を使わないように気をつけてください。

ペチュニアの植え替え・植え付け・種まき

種まき

ペチュニアの種まきをする時期は、4月から5月が一番適しています。ですが、4月の気温が低いときは屋外で種まきをするのは避けて、室内で種まきをするようにしましょう。

土は、ピートモスや赤玉土、パーミキュライトのような水はけのいい土か、種蒔用土を使います。

セルトレイなどの底が浅くなっている箱に土をいれて湿らせ、種が重なることがないように、5センチほどの間隔でまいていきます。その上からラップやビニールをかぶせて、用土が乾燥しないようにしましょう。

植え替え

それを日陰の涼しい場所で管理して、1週間ほど経った頃に芽が出れば、半日陰に置いてビニールをはずしてください。本葉が2枚から4枚ほどでてきた時期に、鉢やプランター、庭に植え替えましょう。

植え付け

植え付けをするのは、梅雨に入る前の4月の下旬から5月の時期にしましょう。

ペチュニアは高温多湿の環境に弱い草花なため、蒸れてしまうと下葉が枯れてしまったり、全体が枯れてしまうこともあるので、梅雨に植え付けるのはやめておきましょう。

ペチュニアの増やし方

ペチュニアの増やし方には、「種まき」で新しく増やす方法と、「挿し木」で増やす方法があります。

挿し木

挿し木をする場合は、種がついていない枝を選んで、10センチくらいのところで切りとっておきます。枝には葉っぱを2、3枚残しておくのがポイントです。

枝に花やつぼみがついている場合はそれを取り除いて、1時間ほど水につけます。

種まきのときと同じ土を入れたポットか鉢の中に、水からあげた枝を植えます。このときに、切り口の部分に発根剤をつけてから、割り箸や指で土に穴を掘ってから植えましょう。

2週間ほど経てば根が出てくるので、植え替えをしてあげてください。挿し木にして使う枝は、切り戻しのときに切り落とした茎をつかうのもかまいません。

ペチュニアの剪定(切り戻し)

ペチュニアの剪定は、根元から10cm程度離れたところを切り落としていきます。咲いている花は切り落としてもいいのですが、小さな芽を切り落とさないように注意しましょう。

ペチュニアの育て方で注意すべき病気・害虫

ペチュニアを育てる時に注意する病気には、葉を枯らしてしまう灰色カビ病というものがあります。

灰色カビ病は、株が清潔に管理できていなかったり、風通しの悪いところで育てていたり、アブラムシや病原菌が増殖してしまうことでなってしまいます。

予防策では、先終わってしまった花びらや、弱っている葉っぱなどの感染元となってしまう可能性のあるものをすぐに取り除くことです。

放置していると、病原菌が広がって病気にかかってしまいます。アブラムシを見つけたときには、オルトラン薬剤を散布してアブラムシを駆除しましょう。

ペチュニアの管理温度

ペチュニアは高温多湿の環境に置いておくとたちまち弱ってしまい、葉っぱを枯らしてしまう原因ともなってしまいます。

梅雨の時期には置き場所を気をつけ、風通しのいい場所へうつしてあげましょう。雨にあたることがないようにするため、梅雨の時期にペチュニアを育てるときは十分注意してください。

ペチュニアはどんな花を咲かせる?

ペチュニアの花は、種類によって花色や形も違います。咲き方にも八重咲きと一重咲きなどの種類があります。豊富な種類があるペチュニアは、自分のお気に入りのものを探して観賞用に育てて楽しむことができます。

ペチュニアの風水

さまざまな色をもつペチュニアは、その色によって運気や運勢が変わってきます。

置き場所によってもどんな効果がでるかが違い、南南西に置けば金運、北東に置けば健康に良くなるとされています。

ペチュニアの花言葉

ペチュニアの花言葉には、「あなたと一緒なら心が和らぐ」や「心のやすらぎ」などの意味があります。

色別での花言葉もあり、桃色は「自然な心」、白色は「淡い恋」、青色は「ためらう気持ち」、濃い紫色は「追憶」、明るい紫は「人気者」、ピンク色は「繁栄を極める」、桃色の八重咲きは「変化に富む」、絞り咲きは「邪魔者」という花言葉がつけられています。

ペチュニアの名前の由来

安らぎを感じさせてくれるペチュニアは、その花がタバコの花に似ていることから、グラニー語でタバコを意味していペチュニンが由来しています。

ペチュニアの育て方は、雨のときの行動が肝心!

ペチュニアは多種多様の花色を持っていることから、飾りとして彩りを豊かにするための役目を持っています。品種も豊富で、日本の気候に合うために品種改良したものもあるため、ぜひ自宅の庭などで育ててみてください。

雨の時期に注意すれば、きれいな花を楽しむことができますよ。切り戻しをすれば、3回ほど満開になった花を楽しむことができる種類もあるので、お気に入りを見つけて見てくださいね。

ペチュニアの新着コラム

ペチュニアの基本情報

ジャンル
草花
形態
多年草
学名
別名
原産地
南米

ペチュニアの性質

栽培難易度
易しい
耐寒性
やや弱い
耐暑性
普通
耐陰性

時期

肥料
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
開花
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
収穫
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12

ペチュニアの新着投稿画像

みんなのペチュニアの育て方

ペチュニアに初挑戦

ペチュニア 八重咲き

ペチュニアの切り戻し

花の種類

シクラメン

冬は玄関や廊下、または室内のできるだけ日のあたる場所に置きます。冷暖房の風が直接当たる場所は避けまし... シクラメン の育て方へ

ポインセチア

葉は薄く、楕円形です。その下に着く葉の形の苞葉が赤く染まるのが特徴です。その赤さはキリストの血の色に... ポインセチア の育て方へ

アサガオ

日本で馴染み深いアサガオですが、奈良時代に中国から入って来たとされています。花の色は青、赤、紫、ピン... アサガオ の育て方へ

クリスマスローズ

庭植えの場合は、水はけのよい明るい日陰で育てます。鉢植えの場合は、生育期(秋〜春)は日当たりのよい場... クリスマスローズ の育て方へ

カーネーション

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。真夏の直射日光も問題ありません。 カーネーション の育て方へ

シバザクラ

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。真夏の直射日光も問題ありません。 シバザクラ の育て方へ

GreenSnap

[公式]写真を撮るだけで植物・お花の名前がわかる無料アプリ

レート4.6
ダウンロード