アリウムの画像

アリウムの育て方

  • ネギ科
  • アリウム属

アリウムの基本情報

ジャンル

草花

形態

多年草

学名

Allium giganteum

別名

原産地

中央アジア

アリウムの性質

栽培難易度

やや易しい

耐寒性

強い

耐暑性

やや弱い

耐陰性

あり

時期

植え付け・植え替え

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12

肥料

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12

開花

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
アリウムの育て方の画像

独特な見た目が魅力的なのがアリウムです。提灯みたいな花が美しいですが、花色も紫や白色などいろいろなものがあります。ネギに似ていると思う人もいるかも知れませんが、実際にネギの仲間でありネギみたいなニオイがします。

開花期は5月から6月にかけてです。種類も豊富であり、400種類近くのアリウムがあります。

ここではそんなアリウムについて紹介しますから、栽培したい人はチェックしてみてください。

アリウムの育てる場所

日当たりがよく水はけの良いところに植えましょう。日差しはしっかり当たるところが良いです。アリウムは土植えするのも良いですし、鉢植えするのもありです。丈夫な花でもあり、ある程度放っておいても大丈夫なところも魅力です。

また、アリウムは寒さには強いです。そのため、防寒対策はほとんど必要ありません。

アリウムの水やり

アリウムは感想には弱いです。土が乾いたら十分に水やりするようにしましょう。また、初夏になると休眠期になります。この時期は水やりの必要性はありません。また、ギガンチュームなどの品種は水分を大量に必要とします。このため、こうした品種を育てる際には土を乾かさないようにしましょう。

肥料

肥料は植える際に与えます。9月頃に植えたら翌年の5月頃に追肥しましょう。また、ギガンチュームなどの大球性種はモリーなどの小球性種より多く肥料を必要とします。

用土

アリウムは水はけの良い用土が適しています。赤玉土6に対して腐葉土2、川砂2を混ぜた土を用いましょう。

病害虫

アリウムは虫害などにも強いです。アブラムシが春先に発生することがありますから、発生したら殺虫剤を散布して対処してください。外で栽培しているとアブラムシなどの虫もつきやすくなります。

また、切り花にする際には特別な配慮も必要です。他の花を切ったハサミをそのまま使うと切り口から殺菌などが侵入することがあります。これを防ぐためにもハサミの刃先を消毒してから利用すると良いでしょう。

アリウムの植え付け・植え替え

アリウムは9月頃に植え付けます。11月くらいまでが植え付け適期です。とはいえ、あまりにも植え付けを遅らせると根張りが悪くなって花が小さくなります。その後、肥料を与えて5月頃に追肥します。開花は5月から6月にかけてです。開花後は花柄を摘み、分球などをしていきます。

植え方は品種によっても変わります。ギガンチュームなどのような大きな品種は10cm程度土がかかるくらいの深さに植えます。一方、モーリーなどのような小さな品種は5cm程度土がかかるくらいの深さに植えます。

植え替えはモーニーのような小さな品種であれば3年に一回程度すれば十分です。ギガンチュームのような大玉品種の場合には梅雨語に葉が枯れたら球根を掘り出して植え替えすると良いでしょう。

アリウムの増やし方

アリウムは種もしくは分球で増やします。種で増やす場合、種まきしてから花が咲くまで5年くらいかかります。このため、球根のほうが手っ取り早いです。

アリウムの手入れ

アリウムは比較的丈夫ですが、乾燥には弱いです。このため、土を乾かさないようにしてください。

ちなみにアリウムは25度以上の高温には弱いです。このため、7月になると花が枯れて休眠期になります。

花が枯れてきたら花を花茎から切り落とします。花茎をそのままにすると球根に栄養が蓄積されにくくなります。また、葉はそのままにしておきましょう。

アリウムの種類

アリウムは400種類近く品種があります。それぞれで大きさも花色も違います。しかし、花が丸いということはほとんどの品種で共通しています。

アリウムコニー

アリウムコニーは小花が20個程度集合的に咲くのが特徴です。花色は白。アリウムコニーに似た種類としてアリウム・ギガンチウムもあります。こちらは1000個もの花が集合的に咲きます。アリウム・ギガンチウムはねぎぼうずと呼ばれることも。

アンペロプラスム

ヨーロッパや北アフリカが原産です。アンペロプラスムは秋に植えて夏に咲きます。花色は紫や赤色です。アンペロプラスムは切り花にも用いられることがあります。

カラタブィエンセ

カラタブィエンセはトルキスタンが原産地です。背丈が低いのが特徴になっています。花色は白もしくは紫です。

クリストフィー

クリストフィーはイランなどが原産です。クリストフィーは秋に植えて夏頃に咲きます。紫色の花です。また、星型の花であることも特徴になっています。

モリー

モリーはかなり小さな品種です。原産地は南ヨーロッパ。他のアリウムと違って丸い花になりません。花色は黄色です。高温多湿に弱いことから地域によっては育てにくいことも。

アリウムの花言葉

アリウムの花言葉には「無限の悲しみ」「くじけない心」といったものがあります。「無限の悲しみ」はアリウムの姿が人間に似ていることに由来していると言われています。「夫婦円満」「円満な人柄」といった花言葉も。これはアリウムの丸いシルエットが関係しています。他にもいろいろと花言葉があるので気になったら調べてみると良いでしょう。

アリウムの語源・別名

アリウムは「ニオイ」という意味のラテン語からつけられました。そのワケはアリウムを実際にかいでみればわかるはずです。見た目通り少しネギ臭さがあります。また、アリウムはネギに見た目が似ていることから、ハナネギと呼ばれることも。アリュームなどとも呼ばれています。

まとめ

アリウムは特徴的な観葉植物です。アリウムななんと言ってもその見た目が独特ですから、見た目に惹かれて栽培するという人が多いことでしょう。とはいえ、かなり丈夫なので生け垣などにしても大丈夫です。

実際に育てる際にはあまり小さなことに気をつける必要性がないですが、乾燥だけには気をつけておくようにすると良いでしょう。

※トップ画像はクリ*さん@GreenSnap

GreenSnap編集部

GreenSnap編集部

植物好きが集まるスマホアプリGreenSnap(グリーンスナップ)は、お部屋や庭で育てている植物、外出先で見つけた気になるお花などの写真を撮影して、気軽に共有したり植物アルバムを作ることができるサービスです。

花の新着投稿画像

花の新着コラム

花の種類

ツワブキ

年間を通して明るい日陰、または午後は日陰になる場所で育てます。 ツワブキの育て方へ

ネコヤナギ

日当たりがよく、湿った場所を好みます。 ネコヤナギの育て方へ

キララ

開花期間が長くオステオスペルマムとは思えないほど多くの花穂があふれるように咲きます。花の中心までクリ... キララの育て方へ

シャクヤク

日当たりの良い場所が適しています。ただし半日陰でも育てる事ができます。 シャクヤクの育て方へ

グラジオラス

日当たりと水はけの良い場所を好みます。 グラジオラスの育て方へ

パンジー

大輪の花をパンジー、小輪の花で株立ちになる種をビオラ、と区別していましたが、近年園芸品種が多数開発さ... パンジーの育て方へ

GreenSnap

植物の名前を調べるなら

アプリで聞いてみよう!

★★★★★
ダウンロード