ジューンベリーの画像

ジューンベリーの育て方

  • バラ科
  • ザイフリボク属

ジューンベリーの基本情報

ジャンル

庭木・花木

形態

高木

学名

Amelanchier spp.

別名

原産地

北米

ジューンベリーの性質

栽培難易度

やや易しい

耐寒性

強い

耐暑性

強い

耐陰性

時期

植え付け・植え替え

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12

肥料

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12

開花

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12

収穫

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
ジューンベリーの育て方の画像

ジューンベリーは北アメリカ原産で、樹高は2メートルから3メートルほど。比較的育てやすいので、庭木としてピッタリな落葉小高木です。

春には白やピンクのかわいらしい花を咲かせ、その名のとおり、6月に甘い深紅の実をつけます。そして、秋には美しく紅葉もしますので、とても観賞価値が高いといえます。

ここでは、そんなジューンベリーの育て方についてご紹介したいと思います。

ジューンベリーの育てる場所

ジューンベリーは、比較的寒さに強くて耐陰性があり、日本では東北から九州まで広い範囲で育てることが可能です。ただし、夏の暑さや乾燥には弱いため、西日が当たらなくて風通しの良い半日蔭で育てるのに適しています。

ジューンベリーの水やり

ジューンベリーは乾燥が苦手なので、常に適度な湿り気が必要です。

鉢植えの場合は、表面が乾いたら鉢底から水が流れ出るくらい、たっぷりと水やりをします。

春と秋には1 日1 回、冬は3日から5日に1回、夏場は朝夕2回を、水やりの目安にするとよいでしょう。

庭植えの場合は特に乾燥がなければ水やりは必要ありませんが、植え付けてから根付くまでの2週間程度は、土の表面が乾いたらたっぷりと水を与えましょう。

肥料

ジューンベリーには、12月頃に有機質肥料を施し、開花前の3月頃と収穫後の8月頃に即効性の化成肥料を与えます。

用土

ジューンベリーは、土への適応性が高いので、特に土質は選びませんが、鉢植えの場合は保水力のある土を選んでください。赤玉土5:腐葉土5の混合土にピートモスを少し加えても良いでしょう。

地植えの場合は、堀りおこした土に腐葉土や完熟堆肥を混ぜてから植え付けます。

病害虫

ジューンベリーは、病害虫の心配はあまりないのですが、風通しが悪かったり日当たりが悪かったりすると、うどんこ病にかかることがあります。

害虫については、アブラムシが付くことがあります。また、実が熟すと鳥が食べに来ますので、鳥に食べられる前に収穫しましょう。収穫を重視するのであれば、ネットで防いでください。

ジューンベリーの植え付け・植え替え

花芽がたくさん付いていて枝が太くしっかりした苗木を選び、庭植えの場合は、風通しがよく水はけのよい場所に、直径&深さが50センチ程度の穴を掘って植え付けます。掘り上げた土の半分に腐葉土や堆肥を混ぜて埋め込んでください。

鉢植えの場合は、樹高が低い品種を選んで植え付けましょう。

ジューンベリーの増やし方

ジューンベリーは、挿し木または種まきで増やします。

挿し木で増やす

前年伸びた枝を挿すなら3月に行い、その年伸びた枝を挿すなら6月下旬から7月頃に行います。

枝を10センチほどの長さに切り、市販の挿し木用土に挿せばOKです。

種まきで増やす

ジューンベリーの実の中にある小さなタネを取り出し、果肉を洗い流します。

赤玉土小粒を入れて種をまき、土が乾かないよう水やりをして管理すると、 翌年の春に発芽します。

ジューンベリーの手入れ

自然樹形で育てるのであれば、特に剪定は必要ありませんが、高木になって混み合うのを避けるのであれば、樹形を整えるため、12月から3月頃に剪定を行います。

1本の主幹を作る1本立ち、もしくはこんもりとした株立ちに仕立てます。

混み合った枝を間引く場合には、その年に結実した枝から間引くようにするのがポイントです。

ジューンベリーの種類

ジューンベリーにはさまざまな品種のものがありますが、ここでは2種類ご紹介します。

ジューンベリー リージェント

リージェントはとても小さく育つ品種で、樹高は高くても180センチ以内で、もっと小さく育てることもできますので、鉢植えに向いています。花つきも実つき良く、育てやすいので人気の品種です。

ジューンベリー ロビンヒル

ロビンヒルは、ジューンベリーでは珍しい、淡いピンクの花を咲かせる品種です。樹高は2メートルほどまで育ちます。果実が青紫色になったら収穫どきです。

ジューンベリーの花言葉

ジューンベリーの花言葉には、「穏やかな笑顔」とか「穏やかな表情」といったものがあります。

美しい花が咲き誇り、また可愛らしい赤い実がたわわに実ったジューンベリーの木が、風に揺れる様子はまさに花言葉のとおりとても穏やかです。

まとめ

ここでは、庭木として人気の高い北アメリカ原産の落葉小高木、ジューンベリーの育て方についてご紹介しました。

花も実も、紅葉も楽しむことができるジューンベリーは観賞価値も高いので、お庭のシンボル的存在になり得ますね。

比較的育てやすいので、初心者にもおすすめです。

※トップ画像はcloverさん@GreenSnap

花の新着投稿画像

花の新着コラム

花の種類

ヒマワリ

日なたを好みますので、できるだけ日光の当たる場所へ置いてください。真夏の直射日光も問題ありません。寒... ヒマワリの育て方へ

ギンバイカ

白い花を咲かせ、ユーカリのような香りの葉を持つ常緑低木の花木です。ハーブとして、マートルという名も有... ギンバイカの育て方へ

レモンマートル

黄白色の花を咲かせ、強いレモンの香りがする葉を持ちます。このレモンの香りは「シトラール」と呼ばれ、本... レモンマートルの育て方へ

チョコレートコスモス

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。真夏の直射日光も問題ありません。冬場は霜や凍結の恐れがある... チョコレートコスモスの育て方へ

ヤマアジサイ

真夏の直射日光は避けますが、日当たりのよい場所で育てます。半日陰がよいでしょう。 ヤマアジサイの育て方へ

GreenSnap

植物の名前を調べるなら

アプリで聞いてみよう!

★★★★★
ダウンロード