コデマリの画像

コデマリの育て方

  • バラ科
  • シモツケ属

コデマリの基本情報

ジャンル

庭木・花木

形態

低木

学名

Spiraea cantoniensis

別名

原産地

中国

コデマリの性質

栽培難易度

易しい

耐寒性

強い

耐暑性

強い

耐陰性

時期

植え付け・植え替え

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12

肥料

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12

開花

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
コデマリの育て方の画像

コデマリの育てる場所

約1cmほどの細かい花が集まって小さなまりのような形をしているので、コデマリと名付けられました。別名は「スズカケ」とか「テマリバナ」とも言われています。1~2mほどの低木で、枝先に集まって咲くかわいい花が好まれて、江戸時代から庭木としてよく植えられてきました。
花が咲いた後は花びらが舞うように散り、秋には紅葉が見られます。暑さや寒さに強いので、地植えにしてそのままにしていても春には一面に花が咲きます。ヒコバエという枝の株が次々と伸びてくるので、他の庭木の根締めの役目を果たします。
庭以外に公園の境界や川沿いなどにもよく見られます。鉢植えでも育ちますが、すぐに株が大きくなるので、地植えの方が適しています。風通しが良く、日当たりが良い環境でよく育ちますが、半日陰の場所でも育つ初心者でも育てやすい樹木です。
乾燥しすぎないように、きつい夏日や西日が当たりにくい場所がいいでしょう。鉢植えの場合は、窓からの適度な日差しが入るところが適しています。

コデマリの水やり

コデマリは、植えつけをして根が張るまでは水やりをします。根がついてからは、地植えの場合は基本的に水やりは必要ありません。ただ、夏の日差しが強い日で、かなり土壌が乾燥するなら、朝か夕方に水やりをして、乾燥しないように注意することが必要です。

鉢植えの場合は、土を触って乾燥しているときは水やりをしましょう。水やりを忘れたり、株が大きくなり根詰まりで水がいきわたらなくなったりして葉や新梢が枯れたときでも、一回りほど大きい鉢に植え替えると次の年に新しい葉ができて生きかえります。

肥料

肥料は、寒肥(かんごえ)として1~2月には油かす10割に対して骨粉を3割程混ぜた有機質肥料を与えます。寒肥は、休眠期のあとに根がよく伸びるように置肥として与えます。そのため、時間をかけて分解される緩効性の有機質肥料が適しています。与える際は、根に触れないように、根の先端のあたりに施肥をしましょう。

花を咲かせた後の5~6月にはお礼肥(おれいごえ)として、花を咲かせて疲れたコデマリの木を早く回復させるために与えます。お礼肥の肥料は、すぐに効果がある化学肥料が適しています。コデマリの根の先端あたりに、深さ10cmくらい掘って施肥をします。

肥料は、寒肥とお礼肥の2回だけです。夏を過ぎてから肥料を与えると、枝が伸びて次の年に花ができないので、夏から寒肥をするまでは追肥の必要はありません。

用土

コデマリはどの土壌でもほぼ育ちますが、弱酸性で適度に湿り気がある土壌を好みます。用土には、中粒から小粒の赤玉土を6~7割ほど、腐葉土を3~4割ほど混ぜた土を使います。庭に植える場合は、根鉢より大きめに穴を堀り、腐葉土に少しの堆肥を混ぜます。

コデマリは土壌をそれほど選ばないので、赤玉土や堆肥などの配合がすでになされている市販の花木用の土を利用してもいいでしょう。

病害虫

病気・・・うどんこ病

コデマリの株が増えすぎた場合や風通しが悪い場所だと、株や葉にカビが生えて粉をまぶしたような斑点がつきます。うどんこ病は、次第に葉全体に広がり、黄色くなってついには枯れてしまうことがある病気です。初夏や秋の雨と晴れの日が交互に繰り返されるとなりやすいので、予防をしておくことが必要です。

株が白くなったら、株を剪定して空気がよく通るようにします。うどんこ用の殺菌剤で、株に近い部分を重点的に散布し、葉の表裏両方にも散布をします。うどんこ病を見つけたら、その葉はすぐに摘み取ります。

害虫・・・アブラムシやカイガラムシ

コデマリにアブラムシがびっしりと付くことがあります。原因として、株が多くなり枝が茂って通気性が悪い状態だとつくことがあります。また、肥料の窒素が多いと葉にアミノ酸が生成され、そこへアブラムシが寄ってくることがあります。

葉や幹の栄養を吸って弱ってくる以外に、糞尿からすす病になることもあります。近くに野菜がなければ殺虫剤をまくか、柔らかい歯ブラシや手で取り除きます。

カイガラムシは、風通しが悪い場所を好み、葉や枝、幹に白っぽいカメムシのような形をした虫です。そのままにしておくと、株の栄養をとって株が弱ります。排泄物からすす病になることもあるので、幼虫のうちに殺虫剤を散布します。成虫になると、殺虫剤が効かなくなるため、ヘラで1匹ずつとります。

コデマリの植え付け・植え替え

コデマリは、葉が落ちる10月~11月か2~3月が適しています。株が大きくなるので、株をいくつか植える場合は間を広くとって植えます。根鉢より倍ほど大きめの穴に腐葉土や堆肥などを混ぜて植え付けをします。あまり深く植えると根腐れすることもあります。植え付け時は十分に水をやります。

地植えの場合は、一般的に植え替えをする必要はありません。鉢植えの場合は、株が次々と増えていくので、2~3年に1度、一回り大きな鉢に植え替えます。新しい鉢に植え替えたら、日当たりのいい風通しのいい場所に置きましょう

コデマリの増やし方

コデマリは株が増えるので、植え付けの時期に株分けして増やすことができます。株分けは、4~5本ほどの枝がついた株に切り分けて、植え付けと同様の方法で植えます。また、挿し木でも簡単に増やせます。挿し木の方法は、まず3月に前の年に新たに出てきた枝を、10~15cmほどカットして挿し穂にします。

挿し穂の先端の葉を残してそれ以外の葉はカットします。挿し穂を数時間水につけてから、新しい小粒の赤玉土に挿します。半日陰で風が当たらない場所に置いて、水をたっぷりやると1か月くらいで芽や根がでてきます。

コデマリの剪定

コデマリは、花が終わった5~6月に剪定します。コデマリの花芽は、その年の秋に伸びた枝につきます。花芽は9月頃につき、次の年に花を咲かせるので、秋や冬の花芽がある時期には剪定しません。剪定は、3年以上たった古い枝は花をつけないので地際から切り落とします。

しっかりと剪定をすることで、秋に新しい柔らかい枝が伸びて、春にはたくさんの花をつけるため、枝がしだれのように垂れてきれいな形です。花が終わった後にすぐに剪定をすれば、花芽が次第にふくらんできて、春までそのままにしていても自然に枝垂れたコデマリが見られます

コデマリの花言葉

コデマリの花言葉は、「優雅」、「友情」、「努力」、「上品」
白い小さい花が集まって丸い形をして、優雅で気品に満ちているところが、「優雅」や「上品」という花言葉の由来だと言われています。

まとめ

昔から日本人に親しまれてきたコデマリ。枝に小さい花がたくさんついて手鞠のような形をしている木として、庭や川沿いなどに植えられてきましたね。地植えでは、最初の植え付けに水をしっかりとやり、後は極端に乾燥しないように気を付ければ、ほとんど水やりも必要ない初心者にも育てやすい低木です。

花が終わった後の剪定が、次の年の花をきれいに咲かせるかどうかの決め手なので大切です。花を切って飾ると、部屋が明るくなり優雅ですね。初心者でも挿し木や株分けでつきやすい木なので、庭に白い手毬をたくさん咲かせてみませんか。

※トップ画像はなさん@GreenSnap

GreenSnap編集部

GreenSnap編集部

植物好きが集まるスマホアプリGreenSnap(グリーンスナップ)は、お部屋や庭で育てている植物、外出先で見つけた気になるお花などの写真を撮影して、気軽に共有したり植物アルバムを作ることができるサービスです。

花の新着投稿画像

花の新着コラム

花の種類

ダイアモンドフロスト

日当たりがよく風通しの良い場所に置きます。気温が5℃より下回る場合は室内に入れ、日当たりの良い場所に... ダイアモンドフロストの育て方へ

ツワブキ

年間を通して明るい日陰、または午後は日陰になる場所で育てます。 ツワブキの育て方へ

ソテツ

風通しがよく、日当たりのよい場所を好みます。 ソテツの育て方へ

ヒメウツギ

日当たりのよい場所で育てます。真夏の直射日光も問題ありません。 ヒメウツギの育て方へ

クロチク

黒竹は、イネ科・マダケ属に分類される淡竹の変種です。幹の直径は2~3cmと細く、樹高は3~5mへと生... クロチクの育て方へ

トキワシノブ

切れ込みの多い葉と、フサフサな根が特徴。常緑性で、やや寒さに弱いです。シノブよりも丈夫で冬でも葉が枯... トキワシノブの育て方へ

GreenSnap

植物の名前を調べるなら

アプリで聞いてみよう!

★★★★★
ダウンロード