エンゼルランプの画像

エンゼルランプの育て方

  • ベンケイソウ科
  • カランコエ属
エンゼルランプの育て方の画像

縁がほんのり黄色く染まった赤いぷっくりとしたベル状の花が下向きにいくつも垂れ下がって咲くエンゼルランプは、多肉植物のカランコエ属に分類されます。

カランコエは上向きに花を咲かせる品種が多いのですが、エンゼルランプも含まれるカランコエ属ブリオフィルム節はベル状の花を下向きに咲かせます。

エンゼルランプも冬の寒さと水のやりすぎに弱いのですが、夏の暑さや乾燥にはとても強く、初心者でも育てやすい植物です。

エンゼルランプの育てる場所

日当たりが悪いと葉色が悪くなってしまうので、雨の当たらない日当たりのよい場所で育てましょう。

エンゼルランプは日当たりが好きでも直射日光は苦手で、夏に日陰においても花付きに影響がないので、夏は日陰に置きましょう。

エンゼルランプは5℃を下回ると枯れてしまうので、気温が10℃を下回る前に室内の明るい窓辺に置き場所を変え、春に桜が咲くころに風通しの良いあ明るい日向に置き場所を変えるようにしましょう。

秋から春にかけて花を咲かせますが、蕾ができた後に気温が10℃以下になると花が咲かなくなるので、注意しましょう。

エンゼルランプの水やり

エンゼルランプは多肉植物なので、土が常時湿っていると根腐れしてしまいます。

乾燥しすぎてもすぐには枯れないので、なるべく乾かし気味に管理しましょう。

表面の土がしっかり乾いてからたっぷりと水やりをするようにします。

真夏でも毎日水やりする必要はありません。

冬はより寒さに耐えられるように、春~夏以上に乾燥気味になるように管理します。

肥料

真夏を除く春~秋にかけて、液体肥料を水代わりに10日おきくらいに施肥するか、2か月おきに緩効性化成肥料を株元にまいておきましょう。

開花期間中は追肥しなくても花が咲きますが、リン酸分の多い肥料を施肥すると花もちがよくなります。

用土

一般的な多肉植物用の培養土を使うか、鹿沼土小粒・赤玉土小粒・ピートモス・川砂・燻炭を同量ブレンドした土を用いるのがおすすめです。

病害虫

風通しが悪いとうどん粉病や灰カビ病を発病し、カイガラムシが付くことがあります。

アブラムシが新芽や蕾につくことがあります。

オルトランなどを植え付け時に散布しておき、病害虫が付いたらベニカXスプレーなどを散布します。

カイガラムシは水で洗い流した後にこそげ落とします。

エンゼルランプの植え付け・植え替え

エンゼルランプの植え付け・植え替えは、真夏や花が咲いている時期を除いて、春から秋まで行えますが、春に花が咲き終わったころが最適です。

春先に園芸店の店頭などに出回りますが、小さい鉢に植えられていることが多いので、購入後すぐ一回り大きな鉢に植え替えましょう。

エンゼルランプの根は細く柔らかいので、鉢の中が根でいっぱいになると水はけが悪くなり、根腐れしやすくなってしまいます。

株全体を半分ほど切り戻し、土をなるべく落とさないようにしながら一回り大きな鉢に植え替えましょう。

植え替え後はたっぷり水をやり、2週間ほど半日陰で管理しましょう。

エンゼルランプの増やし方

エンゼルランプは挿し木で増やすことができます。

挿し木の適期は5~6月です。

切り戻した枝などを使って挿し木をしましょう。

5cmくらいに切った枝の切り口に発根剤をつけて3~4日切り口をしっかり乾かし、乾いた土に挿したらしっかり水やりし、その後地上部分が伸びてくるまで水やりせずに育てます。

エンゼルランプの手入れ

エンゼルランプは夏から秋にかけて日が短くなってくることで花芽をつけるようになる短日性植物です。

夜に明かりがついている場所に置いていると、秋になっても花芽が付かないことがあります。

夜も明るい場所でも花芽をつけるには、夕方5時ごろに段ボールをかぶせておき、朝7時ごろに取り除く「短日処理」を1~2か月続けましょう。

本来の開花期間は3~5月ですが、夏に短日処理を行うことで、11~2月にも開花させることができます。

春、花が終わったら花茎の切り戻しもかねて、株全体を半分ほどまで切り戻しましょう。

9月ごろにも切り戻しができるので樹形が乱れているときは切り戻しをしましょう。

エンゼルランプの花言葉

エンゼルランプの花言葉は、「あなたを守りたい」です。

エンゼルの名前を持つことから「幸福を告げる」「小さな思い出」「おおらか」の花言葉もあります。

まとめ

エンゼルランプは多肉植物なので、水のやりすぎに注意して乾燥気味に管理して育てましょう。

花が咲かないときは短日処理を行いましょう。

※トップ画像ははづきさん@GreenSnap

エンゼルランプの基本情報

ジャンル
草花
形態
多年草
学名
別名
カランコエ・ユニフローラ,カランコエ・ウニフローラ
原産地
マダガスカル

エンゼルランプの性質

栽培難易度
やや易しい
耐寒性
やや弱い
耐暑性
やや強い
耐陰性

時期

開花
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12

エンゼルランプの新着投稿画像

花の種類

シクラメン

冬は玄関や廊下、または室内のできるだけ日のあたる場所に置きます。冷暖房の風が直接当たる場所は避けまし... シクラメン の育て方へ

ポインセチア

葉は薄く、楕円形です。その下に着く葉の形の苞葉が赤く染まるのが特徴です。その赤さはキリストの血の色に... ポインセチア の育て方へ

アサガオ

日本で馴染み深いアサガオですが、奈良時代に中国から入って来たとされています。花の色は青、赤、紫、ピン... アサガオ の育て方へ

クリスマスローズ

庭植えの場合は、水はけのよい明るい日陰で育てます。鉢植えの場合は、生育期(秋〜春)は日当たりのよい場... クリスマスローズ の育て方へ

カーネーション

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。真夏の直射日光も問題ありません。 カーネーション の育て方へ

シバザクラ

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。真夏の直射日光も問題ありません。 シバザクラ の育て方へ

GreenSnap

[公式]写真を撮るだけで植物・お花の名前がわかる無料アプリ

レート4.6
ダウンロード