ドドナエアの育て方|植え付けや植え替えの時期は?剪定方法は?

  • ムクロジ科
  • ドドナエア属

ドドナエアは育てやすい初心者向けの植物です。ポップブッシュなどと呼ばれることもあります。ムクロジ科の植物であり、葉が年を通して落ちることもありません。花が枯れると実がつきますが、このドドナエアの実も見どころが多いです。

そんなドドナエアの育て方についてここではまとめてあります。育てる際に悩んだらチェックしてください。

ドドナエアを育てる場所

ドドナエアは日当たりの良いところで育てます。とはいえ、ドドナエアば耐陰性が強いので、日陰でもしっかりと育ちます。ただし、日にあまり当てないと花付きが悪くなるので気をつけましょう。

また、ドドナエアは寒さにはそこまで強くないので、冬場の気温が-5度を下回るようならば室内で育てましょう。

ドドナエアの水やり

ドドナエアを地植えで育てるならば、降雨だけで大丈夫です。鉢植えで育てる場合には、土が乾燥してから水を与えます。ドドナエアは乾燥した環境を好むので、水の与えすぎに気をつけておきましょう。

ドドナエアの肥料

ドドナエアは、特に肥料を必要とはしません。もしも与えるならば、2月頃に緩効性肥料を一回与えるだけで十分でしょう。

ドドナエアの用土

ドドナエアを育てるときは、水はけの良い用土を用います。赤玉土に腐葉土及び川砂を混ぜて用土とします。

ドドナエアの種まき・植え付け・植え替え

種まき・植え付け

ドドナエアを種から育てる場合は、9月頃に植え付けます。

植え替え

ドドナエアの植え替え時期は、9月から11月にかけてが適期です。植え替えを適切に行うことで根詰まりも防げます。植え替えする際には古土をなるべく根につけて植え替えしましょう。

また、根を切り詰めてしまう場合には葉も一緒に落として置くこともポイントです。

ドドナエアの増やし方(種まき・挿し木)

ドドナエアの増やし方は、実を収穫して「種まき」する方法や「挿し木」が一般的です。どちらかといえば、挿し木で増やしたほうが簡単ですし、より早く大きくなります。

ドドナエアの育て方で注意すべき病気・害虫

ドドナエアは、虫が発生しにくいといえます。ただし、病気にはかかることがあるので気をつけましょう。

特に黒点病は、対処が難しい病気なので注意が必要です。これは、高温多湿な環境で発生しやすくなります。梅雨場などは特に気をつけてください。

ドドナエアの手入れ・剪定

ドドナエアは枝がけっこう伸びるため、定期的に余計な枝は剪定しましょう。剪定は冬場に行うのがおすすめです。ドドナエアは丈夫なこともあり、多少剪定しすぎたくらいでは枯れることもないので安心してください。

ドドナエアの花

ドドナエアは春頃になると、赤色の花を咲かせます。

ドドナエアを育ててみよう!

ドドナエアは紅葉する葉が美しく、時期による葉の変化を楽しむのもドドナエアを育てる醍醐味です。また、ドドナエアは室内でも育てやすいです。

※トップ画像はsoraさん@GreenSnap

ドドナエアの新着コラム

ドドナエアの花言葉|意味や種類、サヤは花のようで美しいの画像

ドドナエアの花言葉|意味や種類、サヤは花のようで美しい

おすすめ機能紹介!

【無料で利用できる】写真を撮るだけ!アプリが植物・花の名前を教えてくれる『教えて!カメラ』のご紹介!

ドドナエアの基本情報

ジャンル
庭木・花木
形態
低木
学名
Dodonaea viscosa
別名
ポップブッシュ,ハウチワノキ
原産地
豪州

ドドナエアの性質

栽培難易度
普通
耐寒性
やや強い
耐暑性
強い
耐陰性

時期

植え付け・植え替え
3月 、4月、5月、9月、10月、11月
剪定
3月 、4月、5月、9月、10月、11月

ドドナエアの新着投稿画像

みんなのドドナエアの育て方

いいね
2

ドドナエアの葉が落ちる

お水が足りてないのかな?? どなたかご教授願います...
by.ひな
いいね
9

ドドナエア

長年、謎植物として育てていましたが、先ほど2020...
by.もとみん

花の種類

シクラメンの画像

シクラメン

冬は玄関や廊下、または室内のできるだけ日のあたる場所に置きます。冷暖房の風が直接当たる場所は避けまし...
ポインセチアの画像

ポインセチア

葉は薄く、楕円形です。その下に着く葉の形の苞葉が赤く染まるのが特徴です。その赤さはキリストの血の色に...
アサガオの画像

アサガオ

日本で馴染み深いアサガオですが、奈良時代に中国から入って来たとされています。花の色は青、赤、紫、ピン...
クリスマスローズの画像

クリスマスローズ

庭植えの場合は、水はけのよい明るい日陰で育てます。鉢植えの場合は、生育期(秋〜春)は日当たりのよい場...
カーネーションの画像

カーネーション

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。真夏の直射日光も問題ありません。
シバザクラの画像

シバザクラ

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。真夏の直射日光も問題ありません。