ネコヤナギの画像

ネコヤナギの育て方

  • ヤナギ科
  • ヤナギ属

ネコヤナギの基本情報

ジャンル

庭木・花木

形態

低木

学名

Salix gracilistyla

別名

カワヤナギ,エノコロヤナギ

原産地

日本、北東アジア

ネコヤナギの性質

栽培難易度

やや易しい

耐寒性

強い

耐暑性

普通

耐陰性

時期

植え付け・植え替え

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12

肥料

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12

開花

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12

剪定

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
ネコヤナギの育て方の画像

春の訪れを告げる花と言われているネコヤナギ。その名の通り、猫のしっぽのようなモフッとした花穂がとても可愛らしい樹木です。ヨーロッパなどでは、イースターの飾りつけにも使われているのだとか。日本でも、生け花などでよく使われています。そんな可愛らしくて人気のあるネコヤナギの育て方をご紹介します。

ネコヤナギの育てる場所

ネコヤナギは、川辺などによく自生している樹木です。そのことからもわかるように、湿り気があって、日当たりの良い場所を好みます。乾燥を嫌うので、真夏の日差しが強い時期は、遮光してあげるといいでしょう。耐寒性にも耐暑性にも優れているので、北海道から九州まで、どこでも育てることができます。

ネコヤナギの水やり

乾燥を嫌うので、水やりはしっかりと行ってください。鉢植えの場合は特に、土の表面が乾く前に水やりするようにしましょう。地植えの場合は、真夏の乾燥している時期以外は、特に水やりは必要ありません。

肥料

強い樹木なので、肥料を与えなくても育てることはできます。発育状態が悪いようであれば、2月頃に有機質肥料や化成肥料などを株元に与えてあげるといいでしょう。

用土

ネコヤナギは砂質の土よりも、粘質の土を好みます。鉢植えの際は、赤玉土が6、腐葉土が3、ピートモスが1の割合に配合した土を使うといいでしょう。地植えの場合も、腐葉土や赤玉土を混ぜてあげてください。

病害虫

春先に、アブラムシの被害を受けることがあります。アブラムシを見つけたら、薬剤などを使って駆除してください。

風通しの悪い場所にあるネコヤナギは、主に梅雨の時期にうどんこ病やさび病にかかることがあるので、注意しましょう。

ネコヤナギの植え付け・植え替え

ネコヤナギの植え付けや植え替えに適している時期は、落葉している11月から3月ごろです。

植え付け

地植えにする場合は、根鉢の2倍の大きさの穴を掘り、腐葉土や赤玉土を混ぜ込んだ土で植えてあげてください。植え付けした後は、水をしっかりと与えて、根と土を馴染ませるようにしてあげましょう。

鉢植えは、苗よりも一回り以上大き目の鉢を選び、赤玉土が6割、腐葉土が3割、ピートモスが1割くらいで配合した土を使って植え付けてください。

植え替え

ネコヤナギは根が良く伸びるので、鉢植えにしたものは、毎年一回り大きな鉢に植え替えをしてあげてください。そうすることで、花付きがよくなります。

ネコヤナギの増やし方

ネコヤナギは挿し木で増やすことができます。15cmから20cmくらいの長さに枝を切り、赤玉土などの挿し木用の土が入った鉢に挿しておいてください。挿し木をした後は、土が乾かないように、頻繁に水やりを行いましょう。

水につけておいても発根しますが、水よりも、土に挿しておいた方が発根しやすいです。挿し木をするのに最適な時期は3月頃ですが、暖かい時期であれば、それ以外の時でも発根します。

ネコヤナギは、花束やアレンジメントに使われていたものでも発根することがあるくらい、強い樹木です。比較的簡単に増やすことができるので、気軽に挑戦してみてください。

ネコヤナギの手入れ

ネコヤナギを剪定したい場合は、花が咲き終わった後の4月下旬ごろが最適です。切り戻す際には、2、3節くらい残すのを目安にしてください。

ネコヤナギは、毎年剪定を行う必要はありません。毎年強い剪定を行ってしまうと、かえって樹勢が衰えてしまうので、気を付けましょう。

冬になると、ネコヤナギは休眠します。鉢植えの場合は、霜が降りるような気温になったら、強い風などの影響を受けないように、軒下などに移してあげてください。

ネコヤナギの種類

ネコヤナギといえば、一般的に白いものを思い浮かべるかと思いますが、ネコヤナギにも様々な種類があります。

銀猫

よく見かける、白いネコヤナギが、「銀猫」と呼ばれる種類のものです。

ピンクネコヤナギ

フワフワの下のところがピンクや赤色になっているのが、「ピンクネコヤナギ」です。見た目もより一層華やかで、可愛らしいのでアレンジメントなどでよく使われています。

ゴールデンネコヤナギ

「ゴールデンネコヤナギ」は、樹皮の色がゴールドっぽい珍しい品種のネコヤナギです。花穂は黄緑色をしています。普通のネコヤナギよりもコンパクトで、開花時期が半月くらい遅いのも特徴です。

黒ネコヤナギ

その名の通り、真っ黒な花穂をつけるのが、「黒ネコヤナギ」。モダンでシックな印象があるネコヤナギです。

四万十ネコヤナギ

四国の四万十川の川辺に自生している品種に、「四万十ネコヤナギ」というものがあります。高さが30cmくらいにしかならない小さな品種で、盆栽にして楽しむことができます。

ネコヤナギの花言葉

ネコヤナギの花言葉は、「自由」「開放的」「気まま」「思いのまま」「率直」「親切」「努力が報われる」などがあります。

やはり猫を連想させるような花言葉が多いですね。

まとめ

見た目もフワフワモコモコとしていて、とても可愛らしく、花束やアレンジメントにも重宝されているネコヤナギ。暑さや寒さにも強く、育てやすい樹木ですし、増やすのも比較的簡単です。ぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか?

※トップ画像は92Aさん@GreenSnap

ネコヤナギの新着投稿画像

みんなのネコヤナギの育て方

ネコヤナギのリース作り

花の種類

シクラメン

冬は玄関や廊下、または室内のできるだけ日のあたる場所に置きます。冷暖房の風が直接当たる場所は避けまし... シクラメン の育て方へ

ポインセチア

葉は薄く、楕円形です。その下に着く葉の形の苞葉が赤く染まるのが特徴です。その赤さはキリストの血の色に... ポインセチア の育て方へ

アサガオ

日本で馴染み深いアサガオですが、奈良時代に中国から入って来たとされています。花の色は青、赤、紫、ピン... アサガオ の育て方へ

クリスマスローズ

庭植えの場合は、水はけのよい明るい日陰で育てます。鉢植えの場合は、生育期(秋〜春)は日当たりのよい場... クリスマスローズ の育て方へ

カーネーション

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。真夏の直射日光も問題ありません。 カーネーション の育て方へ

シバザクラ

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。真夏の直射日光も問題ありません。 シバザクラ の育て方へ

GreenSnap

植物の名前を調べるなら

アプリで聞いてみよう!

★★★★★
ダウンロード