イカリソウの育て方|日当たりや水やり加減は?植え替えは必要?

  • メギ科
  • イカリソウ属

変わった花の形が特徴的なイカリソウ。中国名、淫羊藿(いんようかく)といい、滋養強壮効果のある生薬として有名な植物です。日本では、観賞用の品種が多く、花の形が船のイカリに似ていることからイカリソウの名が付いたといわれています。日本各地で自生する品種もあり、寒さ、暑さにも強く、育てやすい山野草の仲間です。今回は、そんなイカリソウの育て方をご紹介します。

イカリソウを育てる場所

イカリソウは、春と秋には日当たりがよく、夏は強い日差しを避けた明るい場所が適しています。

この条件を満たす場所は、落葉樹の下です。落葉樹は、冬~春の間は葉がないので、よく日が当たります。春から徐々に葉が増え、夏は葉が生い茂り、明るい日陰になります。秋になると葉が落ち、再び日当たりが良くなるのです。

そのため、地植えするなら落葉樹の下が最適です。鉢植えの場合は、季節ごと移動させましょう。

イカリソウの水やり

イカリソウは乾燥に強い植物です。そのため、地植えの場合は、基本的には自然の降雨のみで十分で、水やりの必要はありません。降雨がない日が続き、乾燥しているときだけ水やりしてください。

鉢植えの場合は、土の表面が乾いたら、たっぷり水やりをしましょう。

イカリソウの肥料

イカリソウへは、春(4月~5月頃)と秋(9月~10月頃)に緩効性の化成肥料を施します。それと同時に、春~秋の間は月1回のペースで、薄めた液体肥料を施しましょう。

イカリソウの土

イカリソウを育てるときは、水はけのよい土が適しています。赤玉土と軽石を同比率にし、赤玉土、軽石の半分くらいの腐葉土を混ぜた用土を用いましょう。市販されている山野草の土を使うのもおすすめです。

イカリソウの植え付け・植え替え

植え付け

イカリソウは、5月下旬~7月上旬に植え付けます。赤玉土に軽石、腐葉土を混ぜた用土を用い、元肥として緩効性の化成肥料を施して植え付けましょう。

植え替え

イカリソウを鉢植えした場合は、植え替えが必要です。根のまわり具合を確認し、根が鉢にまわっていたら、ワンサイズ大きな鉢に植え替えてください。少なくとも、年に1回は植え替えましょう。植え替え適期は、春か秋の暖かい時期です。

イカリソウの増やし方(種まき・株分け)

種まき

乾燥に弱いため、5月に採取したタネを、すぐに種まきします。

株分け

植え替えと同じタイミングで、株分けして増やすことができます。根茎が自然に分岐しているところで分けましょう。

イカリソウの手入れ

5月にイカリソウの種を採取する際に、放っておくと果実は緑色のまま熟して落ちてしまいます。そのため、果実や種が落ちないように袋をかけておくとよいでしょう。

イカリソウの品種・種類

雪国イカリソウ:上信越地方に分布する大型のイカリソウで、花色は、桃色~赤紫色、鮮やかな赤などがあり、花色が魅力的なものが多いです。
白花梅花:イカリソウ特有の花の形ではなく、梅の花のような小さな白い花を咲かせるのが特徴の品種です。
紫小町:梅花イカリソウ系の交雑種で、濃い紫色の小さな花が魅力の品種です。
夕映:花は大きめで、色は濃い赤紫色の見栄えのよい品種です。
エピメディウム・レプトリズム:中国原産の品種で、桃色の大きな花を咲かせます。

イカリソウの育て方で注意すべき病気・害虫

かかりやすい病気

イカリソウがかかりやすい病気は特にありません。

つきやすい虫

イカリソウは、害虫も少ないですが、アブラムシには注意しましょう。アブラムシは、葉裏に寄生し、汁液を吸い、植物の生育を妨げたり、病気を媒介することもあります。また、繁殖力が旺盛なので、早めに見つけ取り除きましょう。数が多い場合は、殺虫剤を散布して駆除します。

イカリソウの花

イカリソウは、開花時期の4〜5月になると、船のイカリのような変わった形の花を咲かせます。花色には、ピンクや白のほか、赤紫や黄色などがあります。

イカリソウの効果・効能

イカリソウは、昔から滋養強壮の生薬として用いられてきました。また、抗ウィルス・抗菌作用などの効果があるともいわれています。

イカリソウをお庭で栽培してみよう!

イカリソウの育て方をご紹介しました。イカリソウは滋養強壮の生薬として有名ですが、船のイカリのような変わった形の花を咲かせるため、観賞用として人気があります。寒さ、暑さにも強く丈夫で育てやすいので、初心者でも気軽にチャレンジできるでしょう。

あなたもイカリソウを育て、イカリソウの変わった花を生で見てみませんか?

※トップ画像はまるちゃんさん@GreenSnap

イカリソウの新着コラム

イカリソウの花言葉|花の特徴や種類、生薬として使える?の画像

イカリソウの花言葉|花の特徴や種類、生薬として使える?

おすすめ機能紹介!

【無料で利用できる】写真を撮るだけ!アプリが植物・花の名前を教えてくれる『教えて!カメラ』のご紹介!

イカリソウの基本情報

ジャンル
草花
形態
多年草
学名
Epimedium grandiflorum var. thunbergianum
別名
淫羊霍,三枝九葉草
原産地
日本

イカリソウの性質

栽培難易度
易しい
耐寒性
強い
耐暑性
強い
耐陰性

時期

種まき
5月
植え付け・植え替え
5月 、6月、7月
肥料
3月 、4月、5月、6月、7月、8月、9月
開花
4月 、5月

イカリソウの新着投稿画像

みんなのイカリソウの育て方

いいね
26

イカリソウ色々

いいね
13

我が家のイカリソウ達

いいね
121

イカリソウの開花

花の種類

シクラメンの画像

シクラメン

冬は玄関や廊下、または室内のできるだけ日のあたる場所に置きます。冷暖房の風が直接当たる場所は避けまし...
ポインセチアの画像

ポインセチア

葉は薄く、楕円形です。その下に着く葉の形の苞葉が赤く染まるのが特徴です。その赤さはキリストの血の色に...
アサガオの画像

アサガオ

日本で馴染み深いアサガオですが、奈良時代に中国から入って来たとされています。花の色は青、赤、紫、ピン...
クリスマスローズの画像

クリスマスローズ

庭植えの場合は、水はけのよい明るい日陰で育てます。鉢植えの場合は、生育期(秋〜春)は日当たりのよい場...
カーネーションの画像

カーネーション

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。真夏の直射日光も問題ありません。
シバザクラの画像

シバザクラ

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。真夏の直射日光も問題ありません。