セイヨウニンジンボクの画像

セイヨウニンジンボクの育て方

  • シソ科
  • ハマゴウ属
セイヨウニンジンボクの育て方の画像

セイヨウニンジンは、様々な名前で販売されています。西洋ニンジンボクと表記している場合もありますし、「チェストツリー」あるいは、「チェストベリー」という名前で販売されていることもあります。

特に女性用のホルモンサプリを利用している人に馴染みがある名前が、「チェストベリー」です。シソ科のこの植物は、ヨーロッパで古くからハーブとして愛されている植物で、日本では観賞用として長いこと親しまれてきています。

今回は、そんなセイヨウニンジンボクについて育て方や手入れの仕方などをご紹介します。

セイヨウニンジンボクの育てる場所

先程も述べたようにヨーロッパに原生します。そのほか西アジアでも広く自生している植物です。明治時代に日本に入ってきたといわれるこの「セイヨウニンジンボク」は、栽培がしやすく日なた、日陰どちらでもよく育ちます。夏の暑さにも強く、耐寒性もあるので、地植えで冬越しも可能です。庭植え、鉢植えどちらでも育てることができます。

セイヨウニンジンボクの水やり

6月~9月頃の夏にかけて花を咲かせる植物で、地植えは根付いたら降雨で問題ありません。

鉢植えの場合は、乾燥にきをつけてあげましょう。土が乾いたら適度に水をあげます。加湿が苦手苦手ですので、乾燥気味で十分です。

肥料

冬に油かすなどの肥料をあたえます。2月頃がおすすめの時期です。この頃は、冬越の休眠期で地中下で養分を必要とします。このように冬の時期に与える肥料を寒肥と呼びます。

用土

乾燥気味の土壌を好む植物です。そのため排水性がよい土壌であれば問題ありません。庭植え、鉢植えともに、排水が良ければ、土はなんであってもかまわないです。

病害虫

病気や害虫を気にかける必要はありません。

セイヨウニンジンボクの植え付け・植え替え

寒肥の肥料を与えたあと、3月から4月にかけて植え付けをします。この頃は、落葉期でちょうど新芽が出る前あたりの時期がおすすめです。

植え替えは、地植えの場合にはする必要はありません。移植を好まない植物ですので、植えた場所で育てていくほうがおすすめです。ただし、樹高は大きくなると3mほどまでに達します。庭に直に植える時は成長した時の事を考えて、植えたほうがよいでしょう。

鉢植えで育てている場合に、植替えが必要となります。しかしながら成長がゆっくり目の植物ですので、生育に合わせて鉢を交換していきます。深鉢の10号あたりを目処に交換していくと良いでしょう。

セイヨウニンジンボクの増やし方

夏に花を咲かせたあと、果実から種をとりふやすことができます。また、挿し木でも増やすことができます。一般的な増やし方は、挿し木で、花が咲き終えた9月頃に行います。

枝を切る時は、楔の形にきり水揚げをします。その後、挿し木を2cmほどの深さで土に挿し、日陰で管理します。

セイヨウニンジンボクの手入れ

生い茂って見た目が悪い、スペースがないなどの理由がない限り世話は基本的に必要ないと思って大丈夫です。ただし、樹高が1~3mと大きく成長しますので、鉢植の場合は好みの高さに切ってあげましょう。庭植えの場合は、樹形は自然に整うタイプの植物ですので、大きく育ちすぎて他人の家に迷惑をかけるなどの理由がない限り、剪定など特に必要はありません。放っておいて大丈夫でしょう。

枝は切りすぎても、次々と新芽が出てきて、花を咲かせますので、切りすぎを心配する必要はありません。好みの高さに剪定して、コンパクトにまとめて鉢植え栽培を愉しむのもおすすめです。

まとめ

セイヨウニンジンボクは、耐寒性、耐暑性どちらもあり栽培がとても楽な植物です。果実はヨーロッパではハーブとして利用されていますが、実際に使う場合は、医者と相談して使うようにしましょう。夏には、青あるいは紫色の花を咲かせます。切り取りブーケにしたり、生花にして楽しまれてはいかがでしょう。

※トップ画像はスターサーフさん@GreenSnap

セイヨウニンジンボクの基本情報

ジャンル
庭木・花木
形態
低木
学名
別名
西洋人参木
原産地
ヨーロッパ南部

セイヨウニンジンボクの性質

栽培難易度
やや易しい
耐寒性
強い
耐暑性
強い
耐陰性

時期

植え付け・植え替え
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
肥料
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
開花
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
剪定
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12

セイヨウニンジンボクの新着投稿画像

花の種類

シクラメン

冬は玄関や廊下、または室内のできるだけ日のあたる場所に置きます。冷暖房の風が直接当たる場所は避けまし... シクラメン の育て方へ

ポインセチア

葉は薄く、楕円形です。その下に着く葉の形の苞葉が赤く染まるのが特徴です。その赤さはキリストの血の色に... ポインセチア の育て方へ

アサガオ

日本で馴染み深いアサガオですが、奈良時代に中国から入って来たとされています。花の色は青、赤、紫、ピン... アサガオ の育て方へ

クリスマスローズ

庭植えの場合は、水はけのよい明るい日陰で育てます。鉢植えの場合は、生育期(秋〜春)は日当たりのよい場... クリスマスローズ の育て方へ

カーネーション

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。真夏の直射日光も問題ありません。 カーネーション の育て方へ

シバザクラ

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。真夏の直射日光も問題ありません。 シバザクラ の育て方へ

GreenSnap

[公式]写真を撮るだけで植物・お花の名前がわかる無料アプリ

レート4.6
ダウンロード