ウエストリンギアの画像

ウエストリンギアの育て方

  • シソ科
  • ウエストリンギア属
ウエストリンギアの育て方の画像

「ウエストリンギア」はオーストラリア原産の木立性の植物です。春を中心として年間を通じてかわいらしい小花を咲かせ、ローズマリーによく似た針状の葉にも観賞価値があることから人気のある低木品種です。

「バリエガータ」「イエローフォーム」「シーミスト」「フルティコサ」など様々な品種があります。好みにあわせて白や青紫、ピンク・赤などの花色や、班入りの葉の品種を選ぶことができます。

ローズマリーとは品種が異なるものの、外見がよく似ていることから「オーストラリアン・ローズマリー」と呼ばれることもあります。

この記事では人気の花木ウエストリンギアの育て方全般についてご紹介します。

ウエストリンギアを育てる場所

■戸外・室内

温暖な気候のオーストラリア北部でよくみられるウエストリンギアは、日当たりのよい場所に植え付けましょう。湿度を嫌い、生育が旺盛なので腐葉土や堆肥を施しておきます。

またウエストリンギアは放置すれば樹高が1メートルを超す大きさにまで成長します。花壇に植える場合はまわりの植栽への影響を考慮する必要があります。

耐寒性は高いとは言えないため、冬場マイナス以下の気温になる地域では、掘り起こして室内で越冬するほうが確実です。

室内であれば風通しの良い暖かい場所で育てましょう。

■日光

なるべく日当たりのよい、風通しの良い湿度の少ない場所で育てます。

ウエストリンギアの水やり

生育期の春から夏にかけては、土の表面が乾いたら葉にかからないようにして水やりを実行しましょう。週に一度程度が目安です。

多湿を嫌うため過度の水やりは禁物です。

ウエストリンギアの肥料

植え付け時に腐葉土をすき込み、緩効性肥料を加えた後はそれほど肥料は必要ありません。花後にはお礼肥を施す程度でよいでしょう。

鉢植えの場合はウエストリンギアの生育期や花期には薄めた液肥を月1回をめどに与えましょう。

ウエストリンギアの用土

鉢植えでウエストリンギアを育てる用土の条件は排水性がよいことです。

根腐れ防止のために鉢底石を多めに入れて水はけのよい土で育てましょう。

ウエストリンギアの病害虫

■病気

ウエストリンギアは病気に強く、注意すべき病気は特にありません。

■害虫

特に注意すべき害虫はありません。

ウエストリンギアの植え付け・植え替え

■ウエストリンギアの植え付け

地植えの場合は日当たりのよい、排水性のよい場所に植え付けます。腐葉土や堆肥などを最初に多めに施しておきます。

鉢植えの場合は乾燥した気候のオーストラリアにあわせて、排水性のよい用土に植え付けます。植え付けた後は日当たりと風通しの良い場所に置きます。

■ウエストリンギアの植え替え

季節を問わず植え替えが可能です。

ウエストリンギアの増やし方

挿し木での増やし方が可能です。

桜が咲く4月以降、初夏までが挿し木に適した季節です。

ウエストリンギアの手入れ

ウエストリンギアは成長が早く丈夫な性質なため、定期的に樹形を整えるようにするとよいでしょう。定期的な剪定は、すなわち摘心につながるため枝数が増えて外観もよくなります。

オーストラリアでは生垣に使われることからわかるように剪定によく耐えるので、花後には全体の3割ほどを刈り込むようにすると、風通しがよく生育によい環境となります。

まとめ

別名をオーストラリアン・ローズマリーと呼ばれるウエストリンギアは、ローズマリーよりもさらに柔らかで小さな葉を持ち、繊細な姿が魅力の花木です。

本国のオーストラリアでは生垣に使われるほど丈夫な性質であることも魅力です。

好みの品種のウエストリンギアを見つけることができたら、ぜひ育ててみてくださいね。

※トップ画像はむっちぃさん@GreenSnap

ウエストリンギアの基本情報

ジャンル
庭木・花木
形態
低木
学名
別名
オーストラリアンローズマリー
原産地
オーストラリア

ウエストリンギアの性質

栽培難易度
普通
耐寒性
やや弱い
耐暑性
普通
耐陰性

時期

植え付け・植え替え
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
肥料
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
開花
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12

ウエストリンギアの新着投稿画像

花の種類

シクラメン

冬は玄関や廊下、または室内のできるだけ日のあたる場所に置きます。冷暖房の風が直接当たる場所は避けまし... シクラメン の育て方へ

ポインセチア

葉は薄く、楕円形です。その下に着く葉の形の苞葉が赤く染まるのが特徴です。その赤さはキリストの血の色に... ポインセチア の育て方へ

アサガオ

日本で馴染み深いアサガオですが、奈良時代に中国から入って来たとされています。花の色は青、赤、紫、ピン... アサガオ の育て方へ

クリスマスローズ

庭植えの場合は、水はけのよい明るい日陰で育てます。鉢植えの場合は、生育期(秋〜春)は日当たりのよい場... クリスマスローズ の育て方へ

カーネーション

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。真夏の直射日光も問題ありません。 カーネーション の育て方へ

シバザクラ

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。真夏の直射日光も問題ありません。 シバザクラ の育て方へ

GreenSnap

[公式]写真を撮るだけで植物・お花の名前がわかる無料アプリ

レート4.6
ダウンロード