グロキシニアの育て方|植え付け時期や栽培場所とは?

  • イワタバコ科
  • ジニンギア属

グロキシニアはブラジルが原産のイワタバコ科の宿根多年草です。見た目も美しく、寄せ植えやガーデニングなどでとても人気が高い花を咲かせます。

こちらの記事ではそんなグロキシニアの育て方についてを紹介していきます。

グロキシニアの日当たり

グロキシニアは暖かい国が原産の植物ですので、冬の寒さにはとても弱いです。そのため、一年を通して気温が安定する室内で育てるのが基本です。

ただし、グロキシニアは直射日光も苦手で、日に当たりすぎると葉焼けを起こしてしまうこともあるので、適度に日が当たる場所に置いてあげましょう。葉や花が枯れてきたら、こまめに摘み取りをします。

グロキシニアはカラッとした暑さには強いですが、日本のような蒸し暑い夏は苦手なので、注意して育てましょう。

グロキシニアの置き場所

グロキシニアを室内で育てるのであれば、朝日が射し込むレースのカーテン越しの場所が育てるのにはおすすめです。また、日が当たらない暗い場所だと、花が咲かないので注意が必要です。

グロキシニアは寒さに弱いですが、高温多湿にも弱いので、真夏は風通しの良い場所でなるべく涼しくしてあげましょう。

ベランダに置いて育てることも可能ですが、グロキシニアは気温が15度以下になると成長が止まり、さらに5度を下回ると休眠状態になってしまうので、ずっとベランダなどの屋外で育てるというのは難しいといえます。

特に気温が低くなる秋から冬にかけては、室内で育てるようにしましょう。

グロキシニアの水やり

夏の水やり

グロキシニアは春から秋にかけてが生育期になるので、その期間は土の表面が乾いたら水をたっぷり与えるようにしましょう。特に夏場は水切れに注意して、こまめに様子をみてあげましょう。

水やりの際に葉や花に水がかかってしまうと、傷んだり腐ったりしてしまう場合もあります。なるべく水がはねないように、そっと根本だけに水をあげるようにしてあげて下さい。

冬の水やり

秋に入って気温が下がってきたら、水やりの頻度を減らして少し乾燥気味に育てます。夏の水やりと同じく、水が花や葉っぱにかからないようにして下さい。

冬場は休眠に入るので、地上部分が枯れてきたら芽出し時期の春まで、一切水やりは必要ありません。

グロキシニアの肥料・追肥

グロキシニアは特に肥料がなくても育つことができます。

とはいえ、5〜9月の生育期に肥料を与えると花付きが良くなるのでおすすめです。目安としては、1000倍程度に薄めた液体肥料を、月に2回ほど与えると花付きが良くなります。

また、植え替えをする際にも緩効性の化成肥料を元肥として、用土に混ぜておいても良いでしょう。

グロキシニアの用土

グロキシニアを育てるときは、赤玉土をベースに腐葉土を少し混ぜ込んだ用土を用いると良いでしょう。また、グロキシニアを育てるには水はけの良い用土が適しています。

そこに土に川砂を混ぜると水はけが良くなるので試してみてください。

川砂を使用する場合は赤玉土5、腐葉土3、川砂2の割合で混ぜ合わせると良いでしょう。

鉢の底に軽石を敷いて、上に少量のケイ酸塩白土を入れると、水通しが良くなり根腐れ防止にもなります。

さらに、用土には水はけだけではなく通気性と保水性も必要になるので、ピートモスやパーライト、バーミキュライトなども等量で混ぜ合わせても良いでしょう。

グロキシニアの種まき・植え付け・植え替え

植え付け

グロキシニアを育てるときは、鉢植えで室内栽培を行うのが好ましいです。鉢植えの底まで根っこが回ると、12〜15cmほど定植するので鉢の深さにも注意して植え付けてください。

植え替え

グロキシニアの植え替え時期は、4月になってからとなります。

植え替えるときには、根っこを傷めないよう、やさしく掘り上げていきます。古い土を落としたら、新しい鉢植えと土に球根が軽く隠れるくらいに、浅く植えればOKです。

ちなみにこの際使用する植え替えの土は、育てる時と同じく、水はけが良く保水性の高い培養土がおすすめです。

グロキシニアの増やし方

グロキシニアの増やし方は、「葉挿し」・「分球」・「種まき」の3つの方法があります。

葉挿し

葉挿しは一番簡単な方法で、6〜7月頃に行うのが適しています。株の中から全体で平均的な大きさの葉っぱを選んで、葉柄を付けたまま切り取ります。その切り取った葉を土を入れた鉢に寝かせるように挿します。

そのまま乾かないように1ヶ月ほど管理すると、切り口の近くから初根して、小さな球根が育ちます。

葉が枯れてくる秋頃から徐々に水やりの回数を減らしていき、完全に葉が枯れたら水やりを止め、球根が乾燥しないように掘り下げて保管します。

春になってから新しい土に植え付けをすれば、そのまま通常通りに育てることができます。

分球

分球のやり方は、大きくなった球根の芽の位置を確認して、何個かに切り分けて植え付ける方法です。

切り分けた際に切り口から雑菌が入らないように、殺菌剤や草木灰をまぶしておくと、元気に育つ可能性を上げられます。

種まき

種まきは、事前にグロキシニアの種を採取しておく必要があります。グロキシニアの種は、とても細かく扱いづらいので少し難易度は高めです。

発芽温度は25度程度なので、8~9月頃に行うのが適しています。

グロキシニアは好光性種子といい、発芽するのに陽の光が必要なので、種には土をかぶせずに、そのままの状態で置いておきます。

グロキシニアの球根

グロキシニアを休眠させる前に、花がらを全て摘み取って、元から切り取っておきましょう。

休眠に入った球根は、掘り上げて乾燥させないように、おがくずなどの中で保管しても良いですし、特に何もせずそのままでも大丈夫です。休眠期でもしっかりと球根を管理しておけば、春からもまた育てることができるので大切にしましょう。

グロキシニアの育て方で注意すべき病気・害虫

グロキシニアは害虫の対策や心配はほとんどありませんが、多湿に弱いため、特に梅雨の時期に灰色カビ病を発生させてしまうことがあります。

特に花びらと新芽に被害がでやすく、発生すると花や葉っぱに斑点が現れ、それが徐々に広がっていきます。そのまま放置すると株全体が腐敗してしまいます。

カビを発生させないために、なるべく風通しを良くして多湿にならない環境をつくりましょう。もし発生した場合は、枯れた葉をこまめに取り除き、ベンレートを散布して処置を行います。

もし花が完全に枯れていなくても、カビの原因になることもあるので、花がしおれてきたら早めに付け根から花がらを摘み取ったほうが良いです。

グロキシニアの管理温度

グロキシニアの生育適温は20〜25度とされています。15度以下の気温になると成長が止まり、さらに気温が5度を下回ると休眠状態に入ります。

冬越しをさせる場合は、最低5度から10度ほど必要です。そのため、冬場でもなるべく5度以上の気温をキープするようにしましょう。

グロキシニアは温度の管理が難しいと言われている植物ですが、冬場でも室温を15度以上に保っていれば生育可能で、花も楽しむことが可能なので挑戦してみてはいかがでしょうか。

グロキシニアの花言葉

グロキシニアの花言葉は「華やかな日々」、「艶麗」などです。

グロキシニアの花を育ててみよう!

グロキシニアは7月10日と7月25日の誕生花としても知られます。

気品あふれるベルベットのような、光沢のある花を咲かせるグロキシニアは、「夏の鉢花の女王」「室内園芸植物の女王」とも呼ばれています。

色鮮やかなラッパ型の花びらは存在感があり、観葉植物として部屋に飾ると、空間がより華やかになります。

グロキシニアはブラジルが原産の植物で、カラッとした暑い環境で育つ植物です。

日本のような、寒暖差があり多湿になりやすい場所では、少し育てるのは難しいかもしれませんが、温度と湿度の管理をきちんとしていれば、長い期間、美しい花を楽しむこともできます。

様々な園芸品種が存在しており、花の色も形も豊富にあるので、色んな種類のグロキシニアを寄せ植えにしてみてもきれいですよ。

葉挿しや分球で増やすことも可能なので、是非挑戦してみてはいかがでしょうか。

グロキシニアの新着コラム

グロキシニアの花言葉|種類や由来、花の特徴は?の画像

グロキシニアの花言葉|種類や由来、花の特徴は?

おすすめ機能紹介!

【無料で利用できる】写真を撮るだけ!アプリが植物・花の名前を教えてくれる『教えて!カメラ』のご紹介!

グロキシニアの基本情報

ジャンル
草花
形態
多年草
学名
Sinningia speciosa
別名
オオイワギリソウ
原産地
ブラジル

グロキシニアの性質

栽培難易度
普通
耐寒性
弱い
耐暑性
弱い
耐陰性
あり

時期

植え付け・植え替え
4月 、5月、6月
肥料
4月 、5月、6月
開花
4月 、5月、6月、9月、10月

グロキシニアの新着投稿画像

みんなのグロキシニアの育て方

いいね
16

グロキシニア②

2鉢目のグロキシニアを育て始めました。
by.もぐjuh
いいね
16

グロキシニア①

室内の明るい場所に置いています。
by.もぐjuh
いいね
17

グロキシニアの花です。

花が開くと豪華な感じに咲きますよ。
by.もぐjuh

花の種類

シクラメンの画像

シクラメン

冬は玄関や廊下、または室内のできるだけ日のあたる場所に置きます。冷暖房の風が直接当たる場所は避けまし...
アサガオの画像

アサガオ

日本で馴染み深いアサガオですが、奈良時代に中国から入って来たとされています。花の色は青、赤、紫、ピン...
ポインセチアの画像

ポインセチア

葉は薄く、楕円形です。その下に着く葉の形の苞葉が赤く染まるのが特徴です。その赤さはキリストの血の色に...
クリスマスローズの画像

クリスマスローズ

庭植えの場合は、水はけのよい明るい日陰で育てます。鉢植えの場合は、生育期(秋〜春)は日当たりのよい場...
カーネーションの画像

カーネーション

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。真夏の直射日光も問題ありません。
シバザクラの画像

シバザクラ

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。真夏の直射日光も問題ありません。