パイナップルの画像

パイナップルの育て方|植え方や適した条件は?冬越しはできる?

  • パイナップル科
  • アナナス属
パイナップルの育て方|植え方や適した条件は?冬越しはできる?の画像

パイナップルは、言わずと知れた熱帯アメリカ原産のポピュラーなフルーツです。ブラジルやアルゼンチンなどで自生している常緑多年草で、花茎を伸ばした先端に実を付け、高さは1メートルほどにも育ちます。

甘くておいしいのだけれど、パイナップルの実にプロメリンというたんぱく質分解酵素が含まれている影響で、食べ過ぎると舌がピリピリとして荒れてしまうことがあるのも特徴的です。

ここでは、そんなパイナップルの育て方についてご紹介したいと思います。

パイナップルの栽培場所・気温

基本的には、パイナップルは屋外の直射日光が当たる場所で、しっかりと日の光を当てて育てます。

日本では、沖縄・南西諸島での栽培が適していますが、室内の暖かいところで育てればうまく育つことも多く、実際には北海道での栽培事例もあります。

パイナップルの生育に適した気温は、24℃から30℃くらいです。そのため、暑さに強いとはいえ、30℃を超える猛暑が続くと生育に支障がでるでしょう。

また、気温が15℃を下回ると、パイナップルは生育をストップさせてしまいます。

酸味が少なくて甘いパイナップルを収穫したいのであれば、生育期間中は22.5℃以上のところで育てなければいけません。

パイナップルの水やり

パイナップルはエアプランツの仲間で、サポテンと同じくらい乾燥には強いのですが、春から夏の成長期には土が乾いたらたっぷりと水を与えましょう。冬は、週1回程度の水やりをすれば冬越しできます。

パイナップルの肥料

肥料は、緩効性複合化成肥料を年3回に分けて与えます。冬越しの間は与えないので、5月・7月・9月頃の時期を目安に、3回与えるとよいでしょう。

パイナップルの土

パイナップルの土には、水はけのよい酸性土が適しています。鹿沼土を使うと良いでしょう。

なお、パイナップルはアルカリ性の土で育てると、微量要素欠乏症状により、枯れてしまうので、注意が必要です。

パイナップルの栽培で注意すべき病気・害虫

パイナップルは、どちらかというと病害虫の心配が少ない植物です。

ただし、風通しが悪い状態にあるとカイガラムシが付くことがありますし、乾燥によりハダニがつくこともあります。もし見つけたらすぐに駆除しましょう。ハダニは、葉水により防ぐことができますので、まめに葉水をしておくといいですね。

パイナップルの植え付け・植え替え

パイナップルの植え付けは、4月から5月頃の春の季節に行います。できるだけ花芽の出ているような、大きな苗を選んで植え付けましょう。

鉢植えは根がいっぱいになってしまうので、2年から3年に1回程度、ひと回り大きい鉢に植え替えをするのが一般的です。

パイナップルの増やし方

パイナップルは、挿し芽または株分けで増やすことが可能です。

挿し芽で増やす

まずは、パイナップルの実の上部を2センチから3センチ程度残して、葉の部分を切り落とします。下葉を何枚か剥いて、6時間程度乾燥させてから、鹿沼土6:川砂4の用土に植え付ければ完了です。

スーパーで買ったパイナップルを使って、このように挿し芽をしても育ちます。

株分けで増やす

実を収穫した後に、株元の近くから出ているわき芽を取り分け、下葉を何枚か剥きます。あとは挿し芽と同じように植え付けて増やします。

パイナップルの手入れ

パイナップルの場合、剪定などのお手入れは特に必要ありません。ただし、葉っぱが枯れているのを見つけたら、枯れている部分は取り除いてください。また、実がつ いたら茎が曲がるのを防ぐため、支柱を立てておきましょう。

パイナップルの収穫

パイナップルは、実ができるまで2年から3年ほどかかるといわれています。

5月頃に開花し、その後少しずつ実が育ち、上部にかけて黄色くなっていきます。収穫時期は8月から9月頃です。

家庭用なら完熟してから収穫すればOKですので、実の色全体が黄色くなり、熟してパイナップルのいい香りが漂ってきたころで収穫しましょう。パイナップルは熟すといい香りがするので、収穫どきを見逃さずに済みます。

果実のすぐ下のところを切り離して収穫するようにしましょう。

パイナップルの栽培にチャレンジしてみよう!

ここでは、熱帯アメリカ原産のポピュラーなフルーツ、パイナップルの育て方についてご紹介しました。

パイナップルは、根っこの発達が遅いこともあり、実が成るまで2年はかかります。また、南国のフルーツですので、寒さに弱いため温度管理も大切ですし、水やりも季節に応じてやり方を変えなくてはいけません。

甘くておいしいパイナップルを育てようと思うと、初心者が育てるにはややハードルが高めだといえますが、意外にたくさんの人が、スーパーで買ったパイナップルで、挿し芽による栽培にチャレンジしていますので、気軽に試してみてはいかがでしょうか?

※トップ画像はokiku chanさん@GreenSnap

パイナップルの新着コラム

パイナップルの基本情報

ジャンル
果樹
形態
多年草
学名
別名
原産地
ブラジル

パイナップルの性質

栽培難易度
普通
耐寒性
やや弱い
耐暑性
強い
耐陰性

時期

植え付け・植え替え
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
肥料
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12

パイナップルの新着投稿画像

みんなのパイナップルの育て方

パイナップルの栽培記録🍍

パイナップルの記録

ユーフォフビア パイナップルコーン

tmo

家庭菜園の種類

トマト

日当たりがよく風通しの良い場所に置きます。気温が5℃より下回る場合は室内に入れ、日当たりの良い場所に... トマト の育て方へ

ブルーベリー

ブルーベリーは場所もとらず、育てやすい為、手軽に楽しめる小果樹です。生食や、ジャム、スイーツなどにも... ブルーベリー の育て方へ

キュウリ

鉢やプランター、地植えで育てることができます キュウリ の育て方へ

ゴーヤ

グリーンカーテンにも人気の夏の定番植物 ゴーヤ の育て方へ

オリーブ

一年を通して日当たりの良い場所で育てます。 オリーブ の育て方へ

GreenSnap

[公式]写真を撮るだけで植物・お花の名前がわかる無料アプリ

レート4.6
ダウンロード