パパイアの画像

パパイアの育て方

  • パパイア科
  • パパイア属

パパイアの基本情報

ジャンル

果樹

形態

高木

学名

Carica papaya

別名

原産地

熱帯アメリカ

パパイアの性質

栽培難易度

普通

耐寒性

やや弱い

耐暑性

普通

耐陰性

時期

植え付け・植え替え

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12

肥料

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12

開花

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
パパイアの育て方の画像

中央アメリカ原産のパパイアは、自生しているものであれば、7メートルから10メートルほどの高さにまで成長する大きな常緑樹です。

家庭で育てる場合は、あまり大きくならない矮性品種やソロ品種といったパパイアを選べば、小さく育てることができます。

1年から2年ほどで収穫できるパパイアの果実は、樹上で完熟させるととても甘くておいしくなります。また、サラダや炒め物などに使いたい場合は、あえて未熟なものを収穫して料理することもできますよ。

ここでは、そんなパパイアの育て方についてご紹介したいと思います。

パパイアの育てる場所

パパイアは、もともと熱帯アメリカに自生している果物ですので、暖かいところで育ちます。日本で栽培に適しているのは、沖縄から南の地域です。

生育に適した気温は、25℃から30℃くらいで、高温なほど生育は早くなります。逆に、14℃を下回ってしまうと新しい葉っぱが増えません。

春から秋にかけては、直射日光の当たる戸外に置き、冬場は室内で 育てるのが良いでしょう。

パパイアの水やり

土の表面が乾いたらたっぷりと水やりをします。乾燥に弱く、一度乾燥で弱ってしまうとなかなか回復しませんので、高温で乾燥する時期には、常に土が湿った状態になるように、毎日欠かさず水やりをしてください。

しかし、低温な冬場には休眠状態になるため、水やりは控えめにします。冬場に水やりをしすぎると逆に過湿になって、根腐れを起こしてしまいますので注意しましょう。

肥料

パパイアは比較的肥料を好み、肥料が少ないと幹が細くなってしまいます。

5月、7月、9月の成長期には、有機質配合肥料または化成肥料を定期的に与えましょう。チッソとカリ肥料が重要です。

用土

パパイヤは肥料を好み、乾燥に弱いものの過湿も嫌いますので、肥沃で水はけの良い用土が適しています。

市販の果樹用や草花用の培養土に、パーライトを2割程度混ぜた混合土や、赤玉土6:ピートモス2:川砂2の混合土などがおすすめです。

病害虫

パパイアがかかりやすい病気といえば、うどんこ病などがあります。風通しをよくして、過湿にならないよう注意しましょう。

また、害虫については、葉茎の栄養を吸い取ってしまうハダニ やカイガラムシに注意が必要です。これらの害虫をみつけたら、すぐに殺虫剤で駆除してください。

ハダニは水に弱いので、こまめに葉水をしていると予防できます。カイガラムシは、歯ブラシなどでこすり落として駆除することも可能です。

パパイアの植え付け・植え替え

パパイアの植え付けは、4月から5月頃の暖かくなった頃に行います。

鉢植えは、苗の大きさにもよりますが、はじめは6号鉢からスタートして、徐々に大きくしていってもOKです。100cm以上の苗であれば9号から10号鉢に1株を植え付けます。

気温があれば生育はとても早いので、根詰まりに注意が必要です。根詰まりをすると成長が衰えてしまいますので、1年に1回はひと回り大きい鉢に植え替えを行いましょう。

パパイアの増やし方

パパイアは種まきで増やします。ちなみに挿し木では育ちません。

果実の中に黒い種がたくさんできますが、花が咲くまで性別がわからず、もし完全な雄株だった場合には結実しないので、確実に結実させたいのであれば、市販の種を蒔いた方が無難です。

収穫した果実から採った種を使って育てるのであれば、種の周りにあるゼリー状の薄い皮をとり除いて蒔きます。灰色の種は除いて、黒い種だけを選んでください。

種まき用の土に植えて、1週間から2週間くらい経つと発芽します。発芽率は高い方です。

パパイアの手入れ

大きく育ちすぎてしまった場合には、 幹を上から3分の1くらいのところで切り詰めます。そうするとわき芽が伸びてきます。

なお、剪定には4月から7月頃が適しています。

また、甘い果実を収穫するためには、とにかく日当たりが肝心ですので、鉢植えの場合は、日当たりを気にして鉢を移動させるといいですね。。

パパイアの収穫

家庭でパパイアを栽培する場合は、樹上で完全に黄色く色づいてから収穫しましょう。収穫して2日から3日程度室温に置いておくと食べごろになり、甘くておいしいパパイアをいただくことができます。

まだ緑色の未熟な果実も、野菜としてサラダやてんぷら、炒め物などの料理にして食べることが可能です。

まとめ

ここでは、中央アメリカ原産の甘くておいしいパパイアの育て方についてご紹介しました。

パパイアは、意外に庭植えよりも鉢植えの方が甘く育つと言われています。

たくさん日に当てて暖かいところで育てて、しっかり熟してから収穫すれば、家庭で甘いパパイアを楽しむことができますよ。

※トップ画像はTetsuoさん@GreenSnap

パパイアの新着投稿画像

家庭菜園の種類

トマト

日当たりがよく風通しの良い場所に置きます。気温が5℃より下回る場合は室内に入れ、日当たりの良い場所に... トマト の育て方へ

キュウリ

鉢やプランター、地植えで育てることができます キュウリ の育て方へ

ブルーベリー

ブルーベリーは場所もとらず、育てやすい為、手軽に楽しめる小果樹です。生食や、ジャム、スイーツなどにも... ブルーベリー の育て方へ

オリーブ

一年を通して日当たりの良い場所で育てます。 オリーブ の育て方へ

オクラ

鉢植えの場合、表面が乾いたら鉢底から水が流れるくらいたっぷりと水を与えます。水きれしないように注意し... オクラ の育て方へ

イチゴ(観賞用)

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。真夏の直射日光も問題ありません。 イチゴ(観賞用) の育て方へ

GreenSnap

植物の名前を調べるなら

アプリで聞いてみよう!

★★★★★
ダウンロード