警告

warning

注意

error

成功

success

information

チンゲンサイ(青梗菜)の育て方|栽培のコツは?どんな栄養がある?

  • アブラナ科
  • アブラナ属

チンゲンサイは中国を原産とする、アブラナ科アブラナ属の野菜です。日本では1970年の中国野菜ブームで広く普及し、シャキシャキとした食感や栄養バランスのよさから、さまざまな料理のレシピに用いられている人気の野菜です。

今回はそんな万能食材であるチンゲンサイについて、栽培方法や保存の仕方などをご紹介します。

チンゲンサイ(青梗菜)の育て方:栽培する場所

チンゲンサイは日当たりがよく、比較的冷涼な環境を好みます。生育適温が18〜20℃と言われているものの、ある程度の耐暑性は兼ね備えているので、春〜秋まで栽培できる野菜です。

チンゲンサイ(青梗菜)の育て方:用土

チンゲンサイには水はけのよい、中性〜弱アルカリ性(pH5.5〜6.5)の土壌が適しています。

プランターで栽培するチンゲンサイ

プランターでチンゲンサイを栽培する場合の用土は、「赤玉土小粒6:腐葉土3:バーミキュライト1」配合土に、苦土石灰10gを混ぜ込んで酸度調整したものがおすすめです。種まき2週間前に準備しておきましょう。

また市販の野菜用培養土を使用しても構いません。

地植えで栽培するチンゲンサイ

地植えでチンゲンサイを栽培する場合の用土は、植え付ける2週間前に、苦土石灰を1㎡あたり150gほどまき、酸度調整します。1週間前になったら元肥として、完熟堆肥を1㎡あたり2kg、化成肥料を1㎡につき100gを施しましょう。

そのあとは空気を含ませるように土を深く耕して、幅80cm、高さ10cmの畝をつくれば完了です。

チンゲンサイ(青梗菜)の育て方:種まき

チンゲンサイの種まきの時期<.h3>
チンゲンサイは発芽適温15〜35℃、生育適温が18〜20℃なので’、冷涼な気候条件が整った時期に種まきをします。地域によって差はあるものの、4〜5月の春まきか、8〜10月の秋まきをするとよいです。

チンゲンサイの種まきの方法

セルトレイに種まきして育苗する場合

セルトレーや育苗ポッドで苗をしっかり育ててから、プランターや畑に定植する栽培方法です。数は少なくても品質にこだわる方におすすめの栽培方法となります。

  1. セルトレーに種まき用培養土を入れる
  2. 指を使い、土に深さ1cmほどの種まき穴を空ける
  3. ひとつの穴につき2〜3粒の種をまき、軽く土を被せる
  4. 直射日光のあたらない場所で、水やりしながら管理する
  5. 本葉が開いたら生育のよいものを除き、間引いていく
  6. 本葉が2〜3枚生えたら、プランターや畑に定植する

チンゲンサイをプランターで栽培する場合

  1. 長さ60cmのプランターに、あらかじめ用意した土を8分目まで入れる
  2. 条間10cm以上空けたうえで、土に深さ1cmほどの溝を掘っていく
  3. 種を2cm間隔で溝にまく
  4. 土に薄く土を被せてから、水やりをする
  5. 土が乾かないように、水やりしつつ管理する
  6. 植え付けから2〜3日すると発芽するので、株同士が触れない程度に間引いていく
  7. 本葉が4〜5枚になったら、株間10cmになるように間引く

チンゲンサイを地植えで栽培する場合

  1. あらかじめつくっておいた畝に、条間15cmで深さ1cmほどの溝を掘る
  2. 種を2cm間隔で溝にまく
  3. 土に薄く土を被せてから、水やりをする
  4. トンネル支柱に寒冷紗を張って、種を守る
  5. 植え付けから2〜3日すると発芽するので、株同士が触れない程度に間引いていく
  6. 本葉が4〜5枚になったら、株間10cmになるように間引く

チンゲンサイ(青梗菜)の育て方:水やり

チンゲンサイには、表土が乾いたら水やりしましょう。とくにプランター栽培は乾燥しやすいため、土の湿り気をこまめに確認してください。地植えの場合であれば水やりは不要です。

チンゲンサイ(青梗菜)の育て方:肥料

植え付けの際に、土に化成肥料を混ぜ込んでおきます。さらに、間引くときに化成肥料を混ぜ込んで土寄せすると、より元気な生育につながります。また水やり代わりの液肥を、週一度のペースで与えてもよいです。

チンゲンサイ(青梗菜)の育て方:チンゲンサイの収穫時期と方法

チンゲンサイの草丈が15〜20cmほどになったら、収穫の目安です。株元をはさみで切ったり、株ごと引き抜いたりして収穫しましょう。
また外側にある葉だけを切って収穫すれば、残った内側の葉が生長して再収穫につなげられますよ。

チンゲンサイ(青梗菜)はどんな食べ方ができる?

チンゲンサイは、シャキシャキとしたみずみずしい食感が特徴です。この特徴を活かしてサラダやスープ、ベーコンと合わせてパスタにするなど、バラエティに富んだレシピが生み出されています。作り置きもできるので、お弁当の副菜にもぴったりな野菜ですね。

チンゲンサイ(青梗菜)にはどんな栄養や効能がある?

チンゲンサイは塩分排泄を促して高血圧に効果のあるカリウムや、骨の生成に欠かせないカルシウムを豊富に含んでいます。さらに抗発がん作用があり、体内でビタミンAに変化するβ-カロテンもたくさん含まれており、健康維持にも貢献してくれる野菜です。

チンゲンサイ(青梗菜)の保存方法は?

チンゲンサイはなるべく新鮮なうちに食べたい野菜です。すこしでも鮮度を保つため、湿らせた新聞紙につつんで保存しましょう。またチンゲンサイは冷凍保存もできます。水に対して2%の塩を加えて沸騰させた熱湯に、チンゲンサイを10〜15秒ほどつけてから、冷水で冷やしましょう。冷えたのを確認したら、小分けしてラップでつつんだチンゲンサイを保存袋にいれ、冷凍します。

チンゲンサイ(青梗菜)の育て方:注意する害虫・病気

チンゲンサイはアブラムシやコナガムシの幼虫、ヨトウムシといった害虫の被害を受けやすい野菜です。寒冷紗や防虫ネットを張って、害虫の飛来を防ぎましょう。もし被害にあった場合は、野菜用の殺虫剤を散布して駆除していきます。

チンゲンサイ(青梗菜)の育て方をマスターしてみよう

チンゲンサイは植え付けから収穫まで2ヶ月かからないほど、生育が早いです。初心者でも簡単に栽培できるうえに、栄養も豊富のため、とてもコストパフォーマンスの高い野菜となっています。

チンゲンサイの新着コラム

4月に植える野菜12選|プランターでも栽培できるおすすめの種類は?の画像

4月に植える野菜12選|プランターでも栽培できるおすすめの種類は?

秋野菜の栽培|種まきや植え付けはいつ?旬に食べたい10種類の画像

秋野菜の栽培|種まきや植え付けはいつ?旬に食べたい10種類

おすすめ機能紹介!

【無料で利用できる】写真を撮るだけ!アプリが植物・花の名前を教えてくれる『教えて!カメラ』のご紹介!

チンゲンサイの基本情報

ジャンル
野菜
形態
一年草
学名
Brassica rapa var. chinensis
別名
青梗菜
原産地
中国

チンゲンサイの性質

栽培難易度
易しい
耐寒性
やや強い
耐暑性
やや強い
耐陰性

時期

種まき
4月 、5月、8月、9月、10月
植え付け・植え替え
4月 、5月、8月、9月、10月
開花
3月 、4月
収穫
6月 、7月、8月、9月、10月、11月

チンゲンサイの新着投稿画像

みんなのチンゲンサイの育て方

いいね
78

チンゲンサイ🥬のリボベジチャレンジ

チンゲン菜🥬のリボベジ~収穫の様子です
by.natsumenobaba
いいね
9

はやどりチンゲンサイ 2021秋蒔

室内水耕栽培で育てました。
by.ののころ
いいね
5

タアサイとチンゲンサイ

コンパニオンプランツです♪
by.おにぎり

家庭菜園の種類

トマトの画像

トマト

日当たりがよく風通しの良い場所に置きます。気温が5℃より下回る場合は室内に入れ、日当たりの良い場所に...
ミニトマトの画像

ミニトマト

ブルーベリーの画像

ブルーベリー

ブルーベリーは場所もとらず、育てやすい為、手軽に楽しめる小果樹です。生食や、ジャム、スイーツなどにも...
キュウリの画像

キュウリ

鉢やプランター、地植えで育てることができます
オリーブの画像

オリーブ

一年を通して日当たりの良い場所で育てます。
オクラの画像

オクラ

鉢植えの場合、表面が乾いたら鉢底から水が流れるくらいたっぷりと水を与えます。水きれしないように注意し...