淡雪の育て方|どんな多肉植物?花言葉はあるの?

  • ベンケイソウ科
  • グラプトペタルム属

白みがかった葉っぱがかわいらしい見た目の多肉植物、グラプトペタルム・淡雪の育て方についてご紹介します。置き場所や水やり頻度を成長期、休眠期別に解説するほか、特徴や花言葉などについてもご紹介していきますので、ぜひご参照ください。

淡雪とはどんな多肉植物?

淡雪は、中南米を原産とする、ベンケイソウ科グラプトペタルム属の多肉植物です。

「淡雪(アワユキ)」という名にも表れているように、うっすら雪をかぶったような見た目をしています。グラプトペタルム属らしい肉厚な葉と、手のひらにも満たないコンパクトな姿で人気を集めています。

淡雪の育て方:栽培する場所

生育期(春・秋)

淡雪は十分な風通しと日当たりを好み、湿度の高い環境を苦手とする多肉植物です。日照条件に気を配りつつ。霜や雨の当たらない場所にて管理します。

もともと高地に自生することもあり耐寒性、耐暑性ともに比較的優れているものの、気温7℃以下や25℃以上になるような日には屋内に入れましょう。

休眠期(真夏・真冬)

淡雪は真冬の1〜2月と真夏の7〜8月に休眠期を迎えます。夏は風通しのよい明るい半日陰に置き、冬は室内の窓際に置いて管理しましょう。

とくに夏場は強い直射日光による葉焼けを防ぐため、レース越しのカーテンから日光を浴びせるのがおすすめです。

淡雪の育て方:水やり

淡雪への水やりは生育期と休眠期でそれぞれ調節する必要があります。

生育期(春・秋)

表土が乾いてから7〜10日後にたっぷりと水やりします。休眠期の近づきとともに備え、徐々に水やり頻度を減らしていきましょう。

休眠期(真夏・真冬)

2〜3週間に1回、表土を軽く湿らせる程度に留めます。やや断水気味に育てるのがポイントです。

淡雪の育て方:用土

淡雪には水はけのよい土が適しています。

「赤玉土小粒4:鹿沼土小粒3:腐葉土2:軽石1」の割合で混ぜた配合土を用意しましょう。市販の多肉植物用培養土でも構いませんが、植え付け前に水はけの状態を確認するようにしてください。

淡雪の育て方:肥料・追肥

淡雪には過度の肥料焼けに注意しつつ少量の肥料を施します。

植え付けの際に元肥として緩効性化成肥料を施すか、生育期の間に追肥として月1回、規定量の2〜3倍に薄めた液肥をあたえてください。

淡雪の育て方:植え付け・植え替え

淡雪の植え付け・植え替え適期は4〜6月、9〜10月です。株の生長とともに鉢が窮屈になってきた場合は一回り大きな鉢へ植え替えましょう。

  1. 植え付け1週間ほど前から水やりを控え、土を乾燥させる
  2. 株より一回り大きな鉢を用意する
  3. 鉢底ネットを敷いた鉢に、鉢底石を入れる
  4. 容器の1/3〜2/3の高さまで用土を入れる
  5. 根鉢から株をゆっくり取り出して、古い土を1/3程度落とす
  6. 根を広げるようにして植え付け、残りの土で隙間を埋める
  7. 鉢の縁から2〜3cm下まで土を盛る
  8. 水やりをして株をしっかり土着させる

淡雪の育て方:増やし方

淡雪は4〜6月、9〜10月に葉挿しや株分けで増やします。

葉挿し

  1. 親株の葉を付け根から優しくもぎとる
  2. 中粒の赤玉土を入れた浅底の鉢を用意する
  3. 切り口がわずかに土に触れるようにして葉を平置きする
  4. 発根するまでは水やりをせず、明るい半日陰で管理する
  5. 約1〜2ヶ月で発根する

株分け

淡雪は子株を次々と増やすため、混み合ってきた場合は株分けをします。

  1. 株を根鉢ごとゆっくり抜き取る
  2. 根元を優しく揉みほぐして、1つの株あたりに2〜3個に株分けする
  3. 分けた株を植え付けと同じ手順で植え付ける

淡雪の育て方:注意する病気

淡雪はアブラムシやカイガラムシの被害を受けやすい植物です。

アブラムシ、カイガラムシはともに高温多湿下で発生しやすく、葉から養分を吸収して株を弱らせてしまいます。発見したら牛乳スプレーや薬剤を散布するか、歯ブラシでこすり落として駆除しましょう。

株間がせまく密植状態になっている場合は、株間を広くすることで風通しを改善し、害虫の発生を予防しましょう。

淡雪の花

淡雪は4〜5月にかけてかわいらしいクリーム色の花を咲かせる多肉植物です。

株自体が小さいため花は大きくはないものの、雪化粧したかのような葉も合わせて透明感あふれる姿にまとまっています。

淡雪の花言葉

淡雪を含むグラプトペタルムの花言葉は「秘められた恋」です。

想い人と結ばれる「ホワイトクリスマス」を思わず連想してしまうような見た目をしています。

多肉植物・淡雪の育て方や花言葉を覚えよう

淡雪は比較的高い環境適応能力から、初心者でも扱いやすい多肉植物です。ただ飾るのもいいですが、インテリアのアクセントとしても、相性の良い白の淡雪は映えること間違いありませんね。

おすすめ機能紹介!

【無料で利用できる】写真を撮るだけ!アプリが植物・花の名前を教えてくれる『教えて!カメラ』のご紹介!

淡雪の基本情報

ジャンル
多肉植物
形態
多年草
学名
Graptopetalum ‘Victor Kane’
別名
原産地
中南米

淡雪の性質

栽培難易度
やや易しい
耐寒性
やや強い
耐暑性
普通
耐陰性
あり

時期

植え付け・植え替え
4月 、5月、6月、9月、10月
肥料
4月 、5月、6月、9月、10月、11月
開花
4月 、5月

淡雪の新着投稿画像

みんなの淡雪の育て方

いいね
7

成長記録 76.淡雪2

2020.11.17受取 多肉永遠にて購入
by.R
いいね
10

成長記録 40.淡雪1

2020.10.31 多肉永遠さんにて購入
by.R
いいね
5

淡雪

朧月とアメチスチヌムの交配種 ベンケイソウ科 グ...
by.はるが来た

多肉植物・サボテンの種類

カランコエの画像

カランコエ

小さな花を沢山咲かせる。小鉢向きの鉢花として世界的に出回っている。
金のなる木の画像

金のなる木

非常に丈夫で世界中に分布する植物。
シャコバサボテンの画像

シャコバサボテン

生育期(春〜秋)は屋外の半日陰、冬場は室内の日当たりのよい場所で育てます。
セダムの画像

セダム

アデニウムの画像

アデニウム

日当たりがよく風通しの良い場所に置きます。気温が5℃より下回る場合は室内に入れ、日当たりの良い場所に...
ゲッカビジンの画像

ゲッカビジン

生育期(春〜秋)は屋外の半日陰、冬場は室内の日当たりのよい場所で育てます。