月下美人(ゲッカビジン)の育て方|季節別の水やり加減や花が咲く時期は?

  • サボテン科
  • エピフィルム属

花の命は短しといいますが、儚いという言葉がピッタリなのが「ゲッカビジン」です。夏から秋にかけて一夜だけ咲く花は、多肉植物が好きなら挑戦したいでしょう。今回は、そんなゲッカビジンの育て方をご紹介します。

季節別の月下美人(ゲッカビジン)を育てる場所

ゲッカビジンは屋外の日当たりの良い場所で育てます。花つきをよくするためにも、直射日光にしっかりあてましょう。

梅雨が明けたら半日陰の場所に移動させます。日差しが強い夏場は、葉っぱが枯れやすくなります。

涼しくなってきたら、再び日当たりの良い場所に移動させます。

ゲッカビジンは寒さに弱いので、花が終わったら室内に移動させましょう。日当たりの良い場所で管理します。

季節別の月下美人(ゲッカビジン)の水やり

初夏〜秋

ゲッカビジンは森林で育つので、生育期は水やりが必要です。初夏と秋は、土に触れてみて乾燥しているなと思ったら、たっぷりと水やりをします。

梅雨明けから8月いっぱいは、日射しも強いので毎日水をやりましょう。

秋〜春

冬は土を乾き気味にしておきます。水やりをするときは完全に乾いている状態で、湿らす程度にします。

寒い時期の水やりは数日置きでよいでしょう。

月下美人(ゲッカビジン)の肥料

ゲッカビジンへの肥料やりは、生育期のみにしましょう。冬場は特に必要ありません。

ゲッカビジンに与える肥料は2種類で、錠剤や粒状になっている「緩効性肥料」を月1回、液体になっている「即効性肥料」を2週間に1回与えます。

月下美人(ゲッカビジン)の土

ゲッカビジンは水はけがよい土を好みます。園芸店に行くとサボテンや多肉植物用の土が売っているので、こちらを使ってもよいでしょう。自分で土をブレンドをするときは、水はけがよい赤玉土に保水性がある腐葉土を混ぜて使います。

ゲッカビジンは地植えではなく、鉢植えで育てることが多いので、鉢の底に敷き石を敷いてから土を入れます。水やりをしたと、土があふれないように、ふちは2~3cmほど空けておきます。

月下美人(ゲッカビジン)の育て方で注意すべき病気・害虫

かかりやすい病気

ゲッカビジンがかかりやすい病気が「スス病」です。スス病とは、葉の表面が黒く変色する病気で、アブラムシやカイガラムシの排泄物が原因といわれています。スス病にかかると発育が遅れ、結果的には枯れてしまうこともあります。

つきやすい虫

アブラムシやカイガラムシがついていることに気づいたら、薬剤をかけて除去するようにしましょう。このほかに植物の栄養素を吸い取るハダニも付きやすい虫のひとつです。葉っぱがしおれていたり、枯れているのを見つけた場合には取り除くようにしてください。

月下美人(ゲッカビジン)の植え付け・植え替え

植え付け

ゲッカビジンの植え付け時期は、初夏か秋頃が適期です。気温が高くなる真夏は避けましょう。また、鉢植えにするときは、新しい土を入れるようにします。

植え替え

ゲッカビジンの植え替えは2年に1回でOKです。植え付けと同様に生育期である初夏か秋に行います。鉢は、小さめのものを選ぶようにすると育てやすいでしょう。

月下美人(ゲッカビジン)の増やし方

ゲッカビジンの増やし方は「挿し木」が一般的です。

挿し木は5月~9月の、生育期に行うようにします。長さは15~30cmの茎を土に入れて育てます。増やすときに使う土も水はけのよいものを選んでください。

月下美人(ゲッカビジン)の手入れ

ゲッカビジンの枯れ葉や変色しているもの、虫食いは取り除くようにします。葉っぱが伸び過ぎると鉢のなかで通気性が悪くなるので、広がってきたと感じたらカットするようにします。

月下美人(ゲッカビジン)の花

ゲッカビジンの花というと夜に開花して、朝になるとしぼんでしまう一夜限りの花として知られています。日本での開花時期は、6~11月頃とされています。

また、ゲッカビジンの花の香りは華やかで、香水にも使われたりします。

月下美人(ゲッカビジン)の花言葉

ゲッカビジンの花言葉は「はかない恋」と「艶やかな美人」です。

一夜限りしか咲かないということが、はかない恋をイメージするのかもしれません。

月下美人(ゲッカビジン)の花を見てみよう!

ゲッカビジンは温度管理や水やりのタイミングが難しい植物ですが、花がつけば、夏から秋の夕方から夜にかけて開花する様子が見られます。

大輪の白い花は、冬越しをさせれば翌年も咲かせることができるので、上手に育ててくださいね。

※トップ画像はrubyさん@GreenSnap

おすすめ機能紹介!

【無料で利用できる】写真を撮るだけ!アプリが植物・花の名前を教えてくれる『教えて!カメラ』のご紹介!

ゲッカビジンの基本情報

ジャンル
多肉植物
形態
多年草
学名
Epiphyllum oxypetalum
別名
月下美人
原産地
メキシコ

ゲッカビジンの性質

栽培難易度
やや易しい
耐寒性
弱い
耐暑性
普通
耐陰性
あり

時期

植え付け・植え替え
5月 、6月、7月、8月、9月
肥料
4月 、5月、6月、7月、8月、9月、10月
開花
7月 、8月、9月、10月、11月
剪定
9月

ゲッカビジンの新着投稿画像

多肉植物・サボテンの種類

カランコエの画像

カランコエ

小さな花を沢山咲かせる。小鉢向きの鉢花として世界的に出回っている。
金のなる木の画像

金のなる木

非常に丈夫で世界中に分布する植物。
シャコバサボテンの画像

シャコバサボテン

生育期(春〜秋)は屋外の半日陰、冬場は室内の日当たりのよい場所で育てます。
アデニウムの画像

アデニウム

日当たりがよく風通しの良い場所に置きます。気温が5℃より下回る場合は室内に入れ、日当たりの良い場所に...
セダムの画像

セダム

リトープスの画像

リトープス

日当たりがよく風通しの良い場所に置きます。気温が5℃より下回る場合は室内に入れ、日当たりの良い場所に...