アロエラモシッシマの画像

アロエラモシッシマの育て方

  • ツルボラン科
  • アロエ属
アロエラモシッシマの育て方の画像

別名は「羅紋錦」と言われているアロエの種類で、日本の温暖な気候でも育てやすいのが特徴です。比較的光が少ない日陰の場所でも育つ耐陰性植物なので、お部屋のインテリアとして飾る観葉植物としても向いています。

アロエラモシッシマの育てる場所


南アフリカに生息している多肉植物なので、日当りが良い窓の近くかベランダなど、風通しが良い乾燥している環境で育てて下さい。明るい場所を好みます。ですが夏の季節の直射日光は当てない方がいいので、育てる場所に気を付けて管理しましょう。

アロエラモシッシマの水やり

乾燥している状況でも枯れにくいですが、用土が乾いた状態になりましたら、鉢底の穴の部分より水が出てくるぐらい、たっぷり水を与えて下さい。特に春から秋の季節は、1度に与える水はたっぷりで丁度いいです。冬は1ヶ月に1回程、水を与えます。

肥料

春~秋の季節は生育期になりますので、約2週間に1回の回数を目安に、液体肥料を与えるといいでしょう。液体肥料が無い場合は、ゆっくり効いてくる置き肥料を、アロエラモシッシマの株元に、1ヶ月に1回ぐらいの回数であげて下さい。

用土

用土を配合するのが難しい人は、園芸店などで販売されている、多肉植物用の培養土を使用するといいでしょう。用土を配合したい場合は、水はけがいい状態にする必要がありますので、赤玉土の小粒タイプ7割~8割ほどに、腐葉土3割ぐらいを混ぜます。茎が腐ってしまう様子が見られましたら、赤玉土を多めに配合して下さい。

病害虫

害虫の種類としては、カイガラムシやアブラムシなどつくことがあり、数が少ないのであれば歯ブラシや柔らかい布などで、やさしく拭いて落としてあげて下さい。いっぱいついている場合は、カイガラムシやアブラムシ専用の殺虫剤を使用します。

アロエラモシッシマの植え付け・植え替え


1年間でもけっこう根が成長しますので、鉢が根でいっぱいになってしまうかもしれません。根詰まりになっているのを確認しましたら、春~秋の季節の生育期に、植え付け・植え替えを行って下さい。丈夫な株に育ちます。

アロエラモシッシマの増やし方

春~秋の季節に、さし木と株分けで増やすことができます。

アロエラモシッシマの手入れ

温かい環境で育てるのが最適ですが、アロエラモシッシマは冬の季節でも、室内の温度を5度に保つことができれば、しっかり成長してくれます。日本の気候でも育てやすいので育てる温度を考えて、大きくなってきましたら根が腐るのを防ぐため、植え替えをしてあげましょう。

まとめ

アロエらしさがある姿なので、意外にも人気がある種類になっています。上に伸びている葉は形が格好いいため、インテリアとしてモダンな雰囲気があります。栽培難易度が易しいので、お祝いやお友達へのプレゼントにもおススメです。

※トップ画像はkenbotさん@GreenSnap

アロエラモシッシマの基本情報

ジャンル
多肉植物
形態
多年草
学名
別名
羅紋錦
原産地
南アフリカ

アロエラモシッシマの性質

栽培難易度
易しい
耐寒性
弱い
耐暑性
やや強い
耐陰性

アロエラモシッシマの新着投稿画像

多肉植物・サボテンの種類

カランコエ

小さな花を沢山咲かせる。小鉢向きの鉢花として世界的に出回っている。 カランコエ の育て方へ

金のなる木

非常に丈夫で世界中に分布する植物。 金のなる木 の育て方へ

シャコバサボテン

生育期(春〜秋)は屋外の半日陰、冬場は室内の日当たりのよい場所で育てます。 シャコバサボテン の育て方へ

アデニウム

日当たりがよく風通しの良い場所に置きます。気温が5℃より下回る場合は室内に入れ、日当たりの良い場所に... アデニウム の育て方へ

リトープス

日当たりがよく風通しの良い場所に置きます。気温が5℃より下回る場合は室内に入れ、日当たりの良い場所に... リトープス の育て方へ

GreenSnap

植物の名前を調べるなら

アプリで聞いてみよう!

★★★★★
ダウンロード