子持ち蓮華の画像

子持ち蓮華の育て方

  • ベンケイソウ科
  • オロスタキス属

子持ち蓮華の基本情報

ジャンル

多肉植物

形態

多年草

学名

Orostachys iwarenge var.boehmeri

別名

コモチレンゲ,こもちれんげ,オロスキタス

原産地

日本

子持ち蓮華の性質

栽培難易度

やや易しい

耐寒性

やや弱い

耐暑性

やや強い

耐陰性

時期

植え付け・植え替え

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12

肥料

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
子持ち蓮華の育て方の画像

ロゼッタ状の葉がバラの様に見える子持ち蓮華。

匍匐性で、どんどん増やすことも可能で、多肉植物の仲間では、少し育てるのが難しいですが、それほど大変なわけではありません。

子持ち蓮華の育て方などを見ていきましょう。

基礎情報

日当たり

春と秋の時期は、日光によく浴びせるようにしてください。

繁殖も旺盛で、ランナーを拡大するときです。ランナーが伸びてくると、増殖もしやすくなりますので日光に当ててあげましょう。

日光不足にしてしまうと、成長ができずにひどいあり様になります。

夏に入ると、暑さには弱い多肉植物ですので、半日陰で管理しましょう。冬になって、外で育てていても何の問題もありません。

子持ち蓮華は、耐寒性がありますのでそのまま育てていきましょう。

地表に近い部分は枯れてしまいますが、根が枯れているわけではありませんので、春までしっかりサポートしてあげることです。

春になれば芽を出します。

 

置き場所

比較的風のよく通る環境で育ててあげるようにしてください。

夏は高温に晒すと、枯れてきたり葉焼けを起こすことにもなりますので、置き場所には注意しましょう。

子持ち蓮華の育っている場所は、寒いところが多いため霜や雪に当たっても枯れることはありません

冬は戸外でも大丈夫と言いましたが、さすがに「寒冷地」であれば土が凍って枯れてしまうことになります。

その場合は、室内に取り込んであげてください。

 

水やり

鉢の底から水が出てくるぐらいの量を与えます

そうすることで、土の中にある「害虫の排泄物」や「古くなった空気」を流してくれるので植物にとっても快適に過ごすことができます。

季節別で見ていきますと、多肉植物は乾燥した地域でも耐えられる強い子と思われがちですが、子持ち蓮華は夏の暑さには適いません。

夏の暑さで半分が「休眠」するので、水を補給する力もありません。

水を与えすぎると根腐れを起こすことにもなりますので、控えるようにしてください。

夏場の水やりのタイミングは、葉が「しわしわ」になってきたら与えましょう。

冬も休眠するので、水やりを控えめに行ってください。

しかし、水を与えなさすぎると枯れてしまいますので、ときどき水分を補充してあげましょう。

水が無くても育つ性質ですが、やはり植物ですので水分は必要です。

あくまでも控えるだけであり、断水とは違いますので間違わないようにしてください。

夏と同じように、葉がしわしわになってから与えてください。

 

肥料・追肥

育てている上では、肥料を施さなくても構いません。逆に肥料を与えすぎると徒長を起こして形が悪くなります。

生育期に葉が黄色になっていたりするなどであれば僅かな量を与えてください。

肥料については気にしなくても良いでしょう。

 

用土

市販されている「多肉植物専用の培養土」を用いると簡単です。

子持ち蓮華に限らず、多肉植物には、「水はけ」に優れている土を使うようにしてください。

 

植え替え・植え付け・種蒔

植え替えには春に行うと良いでしょう。増やし方でも子株を使いますので、新しい用土や鉢など用意しておきましょう。

植え替えも手こずること無くできます。鉢に培養土を入れて中心に窪みを作ります。

そこに苗や切り取ったランナーなどを置いておくだけで発根します。心配なときは、上に土を被せておいても良いです。

 

増やし方

子持ち蓮華は、「葉挿し」という方法で増やすことが可能です。

子持ち蓮華は、「ランナー」と呼ばれる子株をたくさん伸ばして、増えていきます

そのランナーを放っておいても、地面にたどり着いて再び根付くことになります。

放置しても、どんどん増えてくれる強い生命の持ち主です。

しかし、このランナーを自分で切って植え直すことでも増やすことができます

切るときは、先端に子株を付けるので真下のところから、ハサミなどで切り取っていきましょう。

新しい用土を用意して、その上に挿して置くだけで発根します。

切り口はすぐに植えずに、日陰で1・2日干してからにしてください。

また、株分けでも増やすことができます。株を分けてから根を1cmの長さに切除しておくと、根が広がって生長しやすくなります。

 

病気・害虫

春から秋にかけては、風通しが悪くなると「カビ類」に侵食される恐れがあります。

害虫は、カイガラムシやアブラムシを一年を通して発見することがありますので駆除するようにしましょう。

駆除には、殺虫剤を散布するか、自分で直接取り除くかのどちらかです。

また、イラガの幼虫が発生するときは「木酢液」を振りかけて退治しましょう。

イラガの幼虫を素手で触ると、刺されてしまいますので注意してください。

駆除するときは長ズボン・長袖・長靴を身に着けてください。

 

管理温度

0度を下回ってくると弱まってしまいます。

マイナス5度になるような気候でしたら、窓際へ移動させましょう。

子持ち蓮華の適正温度は15度〜20度の間です。夏の日射しには若干弱いので、明るい日陰に移します。

 

種類・品種

子持ち蓮華は、ベンケイソウ科のオロスタキス属に分類されるランナー(親株から芽や根が飛び出して子株になった部分のこと)を出す多肉植物です。

子持ち蓮華という名前は流通名なのですが、通常の子持ち蓮華は「白蔓蓮華」と呼ばれています。

日本でも、北海道に所在地を構えている「礼文島」から「知床の山々」で、自然に生えているのを見かけられます。

多肉植物であるため、一株の大きさが小さいほうが可愛らしい印象を与えます。

寄せ植えにも用いられることが多く、近年人気になっています。

草丈は3cm〜6cmとかなり低いので、配置するスペースも困ることはまず無いでしょう。

多年草の植物ですので花が咲く前に切ることが重要です。

 

花の形態(どんな花を咲かせるのか)

子持ち蓮華の花は、中心から塔のように細長い花を咲かせます。

子持ちレンゲの花が咲いてしまうと、その後枯れてしまう寂しい植物です。

花芽が上に出てきたときに、切ると枯れずに生き残る可能性が高まります。

継続して子持ち蓮華を育てたいのであれば、葉挿しすることをおすすめします。

子持ち蓮華の花色は、緑の細長い花柄に薄い黄色の花です。

 

トリビア

花言葉

子持ち蓮華には、「想い」「前向きな恋」「日ごとの美しさ」という花言葉があります。

別名・礼文岩蓮華(レブンイワレンゲ)とも呼ばれており、こちらの花言葉には「豊かな才能」「家事に勤勉」という意味があります。

 

由来伝承

子持ち蓮華は、流通名で知れ渡っており、「礼文岩蓮華」とも呼ばれています。

これは和名での呼び方で、岩場からレンゲが見えるため、その葉っぱの姿も蓮華(ハスの花)にも似ていることから付けられています。

流通名は、脇芽が伸びてたくさん新しい株を付ける姿から名付けられたとされています。

子持ち蓮華は学名では、Orostachys boehmeri(オロスタキス ボエメリ)と呼ばれています。

礼文岩蓮華では Orostachys iwarenge var. boehmeriと表記されます。

オロスタキス属はギリシャ語のorosという「山」の意とstachysという「穂」の意を合わせた言葉です。

 

まとめ

子どもがたくさん出来るように新しい株を付けるため、子持ち蓮華と呼ばれている多肉植物について育て方をご紹介しました。

葉っぱだけでもバラのような姿形をしているので、園芸家や園芸初心者にも人気が高いです。

ランナーが細長く、一般的な多肉植物の、ぷっくりした葉肉とはかなり違います。

人によったら違和感を感じるかもしれません。

花が咲くと枯れてしまう悲しい性質がありますが、ランナーで増殖可能ですので是非育ててみてはいかがでしょうか。

 

多肉植物・サボテンの新着投稿画像

多肉植物・サボテンの新着コラム

多肉植物・サボテンの種類

アロエ・フヤジョウ

日当たりがよく、乾燥している環境を好みます。 アロエ・フヤジョウの育て方へ

ガステリア

風通しがよい、日陰を好みます。 ガステリアの育て方へ

アデニウム

日当たりがよく風通しの良い場所に置きます。気温が5℃より下回る場合は室内に入れ、日当たりの良い場所に... アデニウムの育て方へ

亀甲竜

一年を通して日当たりの良い場所で育てます。 亀甲竜の育て方へ

テッサ

提灯の様な花を咲かす美しい品種。「カランコエ・ウェンディ」と同様にオランダの大学で作り出された。吊り... テッサの育て方へ

銀揃

筒状の形の葉っぱを持つ。葉にうぶ毛が生えているユニークな多肉植物。 銀揃の育て方へ

GreenSnap

植物の名前を調べるなら

アプリで聞いてみよう!

★★★★★
ダウンロード