警告

warning

注意

error

成功

success

information

不死鳥

GreenSnapには、みんなのお家の不死鳥の画像が2,225枚投稿されています。不死鳥のコラムも 0記事あるので、育て方や増やし方、飾り方やアレンジテクニックまで様々な情報を調べることができます。
コラム
0件
投稿画像
2,225枚

不死鳥の新着コラム

記事がありません。

不死鳥の新着投稿画像

いいね済み
30
いいね済み
さくら母(はは)
変わり映えなく   カランコエ属4種  不定芽からの成長記録 🏷️不定芽観察    もどうぞ〜 ◆1枚目6/25 ➡️胡蝶の舞 ⬅️不死鳥錦 ◆2、3枚目 経過観察 ◆4枚目 紅提灯 セルトイレ、、、もといセルトレイに蒔いた紅提灯も順調! ◆5枚目 不死鳥錦 セルトレイに蒔いた不死鳥錦鯉 、、もとい鯉はいらんかった😓 変換すると いつも鯉がついて来るんよƪ(˘⌣˘)ʃ も順調!順調!! ーーーーーーーーーー 日曜日 歯が痛くて痛くて😭 今日やっと予約が取れ歯医者へ〜〜 昨日何も食べられなくて 先ほどやっと昼ごはんに 卵たっぷりの雑炊を食べた いやしくがっついたせいか 喉あたりをやけどしちまった 氷をなめて冷やしている 反省 よく噛んで落ち着いて食べなくちゃあ、、、ね(´༎ຶོρ༎ຶོ`)
いいね済み
55
いいね済み
さくら母(はは)
編集途中で続行忘れ 投稿してしまった、、、、 最近 とみに物忘れが酷くなってきたような、、、 あら 今日のランチは頂いたかしら 午後は〇〇サークル日だったかしら 友人にアナベルの挿し穂 頼まれていたけど 白だっけ ピンクだっけ? 本題忘れるとこじゃった 今日の投稿は ☘️カランコエ4種    の不定芽☘️ ↗️胡蝶の舞 ↖️不死鳥 ↘️不死鳥錦 ↙️紅提灯 観察記録用にUPしました 忘れず 覚えていたら 続編を投稿予定です😅 📝メモ 覚書 不定芽とは  「普通には芽を生じない場所から出る芽」カランコエ属の不死鳥や胡蝶の舞 マザーリーフなどにできやすい 🌸桜の枝じゃなくて 大きな幹から直接芽が出て花が咲いているのをよく見ますが あれも不定芽だそうです 🏷️不定芽 🏷️不定芽!  良かったらどうぞ〜
いいね済み
87
いいね済み
ひまわり大好き
こんにちは😃♡♡☆♡☆♡ 今日の私のお花さんは小さな可愛い多肉ちゃんのお花さんたちです♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪🌼🌸 🏷️ 小さなお花大好き協会 ① 真珠星万年草(シンジュボシマンネングサ) ② 真珠星万年草(シンジュボシマンネングサ) 【科・属名:ベンケイソウ科マンネングサ属 学名:Sedum pallidum var. bithynicum 原産地:ヨーロッパ 高さなど:5-20cm 花の色:白 植物のタイプ:常緑多年草 開花期:4-6月 特徴など:普通に見るマンネングサは、メキシコマンネングサやコモチマンネングサ或いはオカタイトゴメのように黄色い花をつけるものが多いですが、シンジュボシマンネングサは花径1cm程度の白い花をつけます。】 ③ カランコエ♡八重咲き ④ カランコエ:不死鳥錦(フシチョウニシキ) ⑤ 不死鳥 多肉のお花さん星☆形で可愛いです٩(๑❛ᴗ❛๑)۶☆☆☆

不死鳥の基本情報

ジャンル
多肉植物
形態
多年草
学名
Kalanchoe hybrid
別名
フシチョウ
原産地
園芸種

不死鳥の性質

栽培難易度
やや易しい
耐寒性
やや弱い
耐暑性
やや強い
耐陰性

多肉植物・サボテンの種類

小米星

星形の葉っぱが特徴的な多肉植物。品種によっては変異が大きく、それに応じて別名が沢山ある。

カランコエ

小さな花を沢山咲かせる。小鉢向きの鉢花として世界的に出回っている。

クラッスラ・ソシアリス

ユーフォルビア・マミラリス

紅司

赤い筋の模様が美しい品種。

モンローシャネル

年間を通して日当たり、風通しが良い場所で育てます。高温多湿に弱いので、注意しましょう。

七宝樹

真夏の直射日光は避けますが、日当たりのよい場所で育てます。冬場は5℃より下回る場合は室内に入れ、日当

銀揃

筒状の形の葉っぱを持つ。葉にうぶ毛が生えているユニークな多肉植物。

サルメントーサ

年間を通して日当たり、風通しが良い場所で育てます。高温多湿に弱いので、注意しましょう。

アメストロー

年間を通して日当たり、風通しが良い場所で育てます。高温多湿に弱いので、注意しましょう。

小夜衣

年間を通して日当たり、風通しが良い場所で育てます。高温多湿に弱いので、注意しましょう。

アエオニウム・ウルビクム

オノマンネングサ

日本に自生する植物。丈夫なのでグランドカバーにも最適。

バイオエンシス

根元からたくさん茎を出し、新芽も芽吹きます。白い棘が印象的ですが、先端は赤っぽくなっていますが次第に

アルブカ