多肉植物・サボテンの画像

人気の多肉植物・サボテンの種類一覧

151種類の多肉植物・サボテンが掲載されています。多肉植物・サボテンの育て方はGreenSnapで調べてみましょう。

人気の多肉植物・サボテンの種類

カランコエ

小さな花を沢山咲かせる。小鉢向きの鉢花として世界的に出回っている。 カランコエの育て方へ

金のなる木

非常に丈夫で世界中に分布する植物。 金のなる木の育て方へ

シャコバサボテン

生育期(春〜秋)は屋外の半日陰、冬場は室内の日当たりのよい場所で育てます。 シャコバサボテンの育て方へ

アデニウム

日当たりがよく風通しの良い場所に置きます。気温が5℃より下回る場合は室内に入れ、日当たりの良い場所に置きましょう。 アデニウムの育て方へ

リトープス

日当たりがよく風通しの良い場所に置きます。気温が5℃より下回る場合は室内に入れ、日当たりの良い場所に置きましょう。 リトープスの育て方へ

ゲッカビジン

生育期(春〜秋)は屋外の半日陰、冬場は室内の日当たりのよい場所で育てます。 ゲッカビジンの育て方へ

亀甲竜

一年を通して日当たりの良い場所で育てます。 亀甲竜の育て方へ

エケベリア

年間を通して日当たり、風通しが良い場所で育てます。高温多湿に弱いので、注意しましょう。 エケベリアの育て方へ

クロホウシ

アエオニウムの代表格で、エオニウム・アルボレウムの園芸種です。黒紫色の多肉質な葉を持ち、花色は黄色で、大変人気があります。冬に生育し、夏には休眠するので、夏場の水やりは少し控えましょう。春〜夏に日に当... クロホウシの育て方へ

クジャクサボテン

生育期(春〜秋)は屋外の半日陰、冬場は室内の日当たりのよい場所で育てます。 クジャクサボテンの育て方へ

リプサリス

真夏の直射日光は避けますが、日当たりのよい場所で育てます。耐陰性がありますので、あまり日が入らないところでも育てることができます。冬場は10℃より下回る場合は室内に入れ、日当たりの良い場所に置いた方が... リプサリスの育て方へ

パキポディウム

日当たりがよく風通しの良い場所に置きます。気温が5℃より下回る場合は室内に入れ、日当たりの良い場所に置きましょう。 パキポディウムの育て方へ

ミセバヤ

一年を通して日当たりがよく風通しの良い場所で育てます。 ミセバヤの育て方へ

キダチアロエ

日当たりがよく、乾燥している環境を好みます。 キダチアロエの育て方へ

熊童子

小熊の手のような形をした葉を持つユニークな多肉植物。 熊童子の育て方へ

ベンケイソウ

基本的には日当たりの良い場所で育て、夏場は半日陰育てます。 ベンケイソウの育て方へ

アエオニウム

冬生育型の多肉植物で、耐陰性のある種が多いです。ドドランタリス、オーレアなど春秋生育型のものもありますので、しっかり品種を確認して育ててください。 アエオニウムの育て方へ

ガステリア

風通しがよい、日陰を好みます。 ガステリアの育て方へ

多肉植物・サボテンの新着コラム

多肉植物・サボテンの新着投稿画像

多肉植物・サボテンに関連するカテゴリ

GreenSnap

[公式]写真を撮るだけで植物・お花の名前がわかる無料アプリ

レート4.6
ダウンロード