多肉植物・サボテンの画像

多肉植物・サボテンの種類一覧

112種類の多肉植物・サボテンが掲載されています。多肉植物・サボテンの育て方はGreenSnapで調べてみましょう。

多肉植物・サボテンの種類

ブロンズ姫

ブロンズ色の葉色が特徴的な多肉植物。 ブロンズ姫の育て方へ

アロエ・チヨダニシキ

日当たりがよく、乾燥している環境を好みます。 アロエ・チヨダニシキの育て方へ

ユーフォルビア・ミルシニテス

地中海沿岸からトルコ、イランにかけて分布しています。茎は高さは35センチほどになります。葉は卵形で、先端が鋭く尖っています。4月から7月ごろ、小さな花を咲かせます。黄緑色に色づく苞葉が目立ちます。 ユーフォルビア・ミルシニテスの育て方へ

シャコバサボテン

生育期(春〜秋)は屋外の半日陰、冬場は室内の日当たりのよい場所で育てます。 シャコバサボテンの育て方へ

紅司

赤い筋の模様が美しい品種。 紅司の育て方へ

オノマンネングサ

日本に自生する植物。丈夫なのでグランドカバーにも最適。 オノマンネングサの育て方へ

小夜衣

年間を通して日当たり、風通しが良い場所で育てます。高温多湿に弱いので、注意しましょう。 小夜衣の育て方へ

紅笹

年間を通して日当たり、風通しが良い場所で育てます。高温多湿に弱いので、注意しましょう。 紅笹の育て方へ

トップスプレンダー

切り取られたような特徴的な葉姿を持つ多肉植物。 トップスプレンダーの育て方へ

ファング

仙女の舞と月兎耳の種間交雑種と言われている。 ファングの育て方へ

アデニウム

日当たりがよく風通しの良い場所に置きます。気温が5℃より下回る場合は室内に入れ、日当たりの良い場所に置きましょう。 アデニウムの育て方へ

ユーホルビア・ホリダ

ユーフォルビア・ホリダはトウダイグサ科の多肉植物です。白粉を帯びた帯青白色の円柱形の茎をし、大きくなれば高さ1m以上になります。 ユーホルビア・ホリダの育て方へ

マサイの矢尻

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。真夏の直射日光も問題ありません。冬場は室内に入れ、日当たりの良い場所に置きましょう。 マサイの矢尻の育て方へ

銀揃

筒状の形の葉っぱを持つ。葉にうぶ毛が生えているユニークな多肉植物。 銀揃の育て方へ

リプサリス

真夏の直射日光は避けますが、日当たりのよい場所で育てます。耐陰性がありますので、あまり日が入らないところでも育てることができます。冬場は10℃より下回る場合は室内に入れ、日当たりの良い場所に置いた方が... リプサリスの育て方へ

七宝樹

真夏の直射日光は避けますが、日当たりのよい場所で育てます。冬場は5℃より下回る場合は室内に入れ、日当たりの良い場所に置いた方が無難です。 七宝樹の育て方へ

錦蝶

葉先から子株を落とし繁殖する多肉植物。 錦蝶の育て方へ

コーカサスキリンソウ

年間を通して日当たり、風通しが良い場所で育てます。高温多湿に弱いので、注意しましょう。 コーカサスキリンソウの育て方へ

唐印

扇状の葉が特徴的で全体が白い粉で覆われる。カランコエとしてはめずらしく葉挿しが出来ない品種。 唐印の育て方へ

南十字星

星形の葉っぱが特徴的な多肉植物。 南十字星の育て方へ

GreenSnap

植物の名前を調べるなら

アプリで聞いてみよう!

★★★★★
ダウンロード
無料