ミドリノスズの画像

ミドリノスズの育て方

  • キク科
  • セネキオ属

ミドリノスズの基本情報

ジャンル

多肉植物

形態

多年草

学名

Senecio rowleyanus

別名

グリーネックレス

原産地

南西アフリカ

ミドリノスズの性質

栽培難易度

やや難しい

耐寒性

普通

耐暑性

弱い

耐陰性

時期

植え付け・植え替え

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12

肥料

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12

開花

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
ミドリノスズの育て方の画像

茎は細いですが、葉は丸っこくて、ほぼ球形をなしています。

原産地は南アフリカのあたりの言われていて、「多肉植物」に分類されます。

多肉植物は葉っぱに水をたくわえる種で、乾燥地帯を生き抜くために進化した植物です。水やりはあまりせずとも育ちます。

基礎情報

日当たり

ミドリノスズは、日当たりを好みます。しかし、背の低い植物は大方そうなのですが、強すぎる日差しは苦手です。

真夏の直射日光は避けて下さい。鉢植えでしたらカーテン越しに光を浴びせて育ててください。

なお、水を多量に浴びると根腐れしてしまうので、日本の気候で地植えは難しいです。

 

置き場所

屋内でしたら、日当たりのいい場所に置いて、真夏の間だけは、カーテンで日光量を調整して下さい。

屋外で育てるのでしたら、堀の上や屋上など、高い位置をキープできる場所において下さい。

地べたに置いてしまうと風の流れが滞ってしまい、蒸れて枯れてしまう危険性が高まります。

なので、水はけも同時に必要なので、底穴も必要になってきます。

 

水やり

多肉植物は葉っぱに水を蓄えるのですが、その葉っぱ(珠)の部分にシワが見え始めて、張りが無くなったタイミングで水をあげても十分に間に合います。

水を与えるときはたっぷり与えて下さい。

もともと乾燥地帯の植物なので、過湿は根腐れの原因です。

目安は葉っぱの張りなので、毎日ミドリノスズの状態を見てあげて下さい。

冬は、月に1回程度で大丈夫です。

なお、ミドリノスズは耐寒性に関しては、多肉植物としては高い方なのですが、摂氏3℃を下回ると枯れ始めてしまいますし、

マイナスに至ると、多肉植物の特徴である、水をたっぷり蓄えた葉っぱが凍結をはじめます。その点はご注意下さい。

 

肥料・追肥

ミドリノスズは多肉植物としてはかなり育てやすく、神経質にならずとも大丈夫です。

ミドリノスズは春秋型の生育サイクルをもっていて、真夏と真冬には休眠します。

ひと月に一回ほど、2000倍に希釈した液体肥料を与えるか、緩効性肥料を与えて下さい。

与える時期は生育期の春と秋です。肥料を与えることによって、葉の色付きが随分とよくなります。

 

用土

水はけのよい土を好みます。原産地は砂地です。

多肉植物用の培養土を用意するか、サボテン用の培養土でも構いません

土を自作するのでしたら、赤玉土5、パーライト3、腐葉土を2の割合で混ぜて、川砂を加えるとミドリノスズがよく育ちます。

鉢植えを地べたや塀の上で育てるのではなく、吊るして育てるのでしたら、パーライトの割合を少し増やすと、鉢の重さを軽く出来て、落下の際の危険性を抑えられます。

 

植え替え・植え付け・種蒔

植え付けの時期は4月から、7月上旬の頃が適しています。

また、挿し木でミドリノスズを増やす時期も、およそこの頃です。

1年か2年に一回は、同じく4月から7月上旬頃に植え替える必要もあります。

鉢底から根が出てきたり、以前に比べ土が減った、鉢いっぱいに生育してるなど、そういう場合は年数に関わらず植え替える必要があります。

長く同じ鉢で育てると、水はけが悪化し根腐れしてしまいます。

 

増やし方

多くの多肉植物と同じように、挿し木がもっとも簡単な増やし方です。

熱湯処理して雑菌を殺したハサミで、伸びすぎたツルを切ります。そして、用意した鉢植えに切ったミドリノスズを上に乗せます。

そして、固定するように、三箇所ほど土を上からかぶせて、水を全体に与えます。

そして、強い日差しの刺さない、しかし明るい場所、風通しのいい場所に置いて芽吹きを待ちます。

用土が乾いた段階で、霧吹きで水を与えていきます。

脇芽が出てきて、半年ほどすれば鉢いっぱいにミドリノスズが広がります。

もう一つは水差しという方法です。切り取ったミドリノスズを、水を貼った容器に半分つけます。

そして、容器の水は新鮮なものでないといけないので、毎日入れ替えます。この際、直射日光は当ててはなりません。

1週間か2週間ほど経過すると発根します。そして、その根を鉢植えに根を傷つけないように植え付けてあげて下さい。

 

病気・害虫

主にはアブラムシです。春から夏にかけて、アブラムシは風通しの悪い場所に大量に発生します。

また、ミドリノスズは茎が多くねじまがっていて、アブラムシを手で取っていくのは難しいので、スプレーをかけてあげて下さい。

剪定をすることによって、ミドリノスズの生長を促して下さい。

また、ミドリノスズは砂漠地帯の植物ではありますが、直射日光は苦手で、葉焼けを起こしてしまいます。

西日は避けて、広葉樹の下などの、木漏れ日がさす環境や、カーテン越しに日を浴びることのできる場所に置くことで対策できます。

ミドリノスズは病害虫には強い種です。

枯れる原因で多いものは根腐れが挙げられます。水気はできるだけ避けましょう。

 

管理温度

ミドリノスズは、耐暑性は高いのですが、およそ摂氏10℃を下回ると成長を止めます。

3℃以下だと枯れます。なので、とても暖かい地域に住まわれている方以外は、冬の間は屋内に置いて下さい。

 

種類・品種

ミドリノスズの品種は、総じて「ネックレス系」と呼ばれています。アオキと同じように、ミドリノスズにも班入り品種があります。

葉が黄色かったり緑色だったりしてキレイです。他には、ピーチネックレスも人気の品種です。

葉の先が少し尖っていて、モモに似ています。三日月ネックレスというものもあります。

葉が、ピーチネックレス以上に尖っています。

アーモンドネックレスは、ピーチネックレスよりは尖っていて、三日月ネックレスよりは丸いです。

品種ではなく属で言うと、ミドリノスズはキオン属に分類され、キオンや、エゾオグルマなどがあります。

科としてはキクです。キクやタンポポなどがキク科になります。

 

花の形態(どんな花を咲かせるのか)

白い刷毛のような花を咲かせます。1.5センチメートルの、キク科に多く見られる、頭状花序の舌状の花です。

 

トリビア

風水

風水に置いては、東南の方角、あるいは寝室に飾ると、恋愛運が上がると言われています。縁起がいい植物です。

 

花言葉

ミドリノスズの花言葉は「健やかな成長」「青春の思い出」「豊富」などがあります。

日差しを浴びてどんどん伸びる姿から、これらの花言葉がつけられました。

 

由来伝承

和名の「ミドリノスズ」は、その葉の形状から由来しています。

学名は”Senecio rowleyanus “というのですが、セネキオ・ロウレイアナと読み、セネキオは老人を意味し、冠毛が白いことから由来しています。

ロウレイアナは、20世紀に多肉植物を収集していた大家の名前から由来しています。

流通名はグリーンネックレスですが、こちらも植物の形状由来の名前です。

 

まとめ

ミドリノスズは、多肉植物としてはかなり育てやすい分類になります。

ツル状の茎をしているので、よく室内で吊り置きされ、床にまで垂れるようにして生長していきます。

原産地は砂漠地帯で、降雨量が極端に少ないです。

そんな環境で、ミドリノスズは葉を珠のようにふくらませて、体積あたりの表面積を最小にさせて、葉に水を蓄えることによって砂漠地帯で生き残ろうとしました。

葉をさわるとぷっくりしていて、とてもかわいらしいです。

同じ多肉植物の仲間としては、カネノナルキやゴーラム、アロエなどが有りますが、ミドリノスズはそれらの植物とは違って、おもに高所に置いて、垂れてきたツルで外装なり内装をオシャレに演出するために使われています。是非、一度育ててみて下さい。

 

takenaka

takenaka

お花と植物を愛するライター。 お花と植物と共に暮らすグリーンライフに憧れて、去年お庭付きの一軒家に引っ越しました。まだまだ理想のお庭にはほど遠いけど、週末の楽しみは少しづつお庭の手入れをすることです♪

多肉植物・サボテンの新着コラム

多肉植物・サボテンの新着投稿画像

多肉植物・サボテンの種類

仙女の舞

葉がフェルトやベルベットの様な軟毛で覆われている多肉植物 仙女の舞の育て方へ

神刀

刀の様な葉っぱを交互に展開するユニークな植物。夏に赤く鮮やかな色の花を咲かせる。 神刀の育て方へ

ベンケイソウ

基本的には日当たりの良い場所で育て、夏場は半日陰育てます。 ベンケイソウの育て方へ

ソテツキリン

幹は円柱状で、先端付近にのみ細長いへらのような形状の葉が着きます。根や茎、葉を傷つけると白い乳液を出... ソテツキリンの育て方へ

火祭り

水と肥料を控えめにして、日に当てつつ低温にあてると真っ赤に紅葉する品種。 火祭りの育て方へ

赤鬼城

美しい紅葉が特徴的な多肉植物。 赤鬼城の育て方へ

GreenSnap

植物の名前を調べるなら

アプリで聞いてみよう!

★★★★★
ダウンロード