セダムの画像

セダムの育て方|水やりや肥料の与え方、増やし方は?

  • ベンケイソウ科
  • セダム属
セダムの育て方|水やりや肥料の与え方、増やし方は?の画像

セダムは、ベンケイソウ科万年草属(セダム属)の多肉植物です。非常に種類が多く、色や形状も違うので、いくつも組み合わせて育てたくなります。

ほかの多肉植物と同様にセダムも、手間いらずで、育てやすいので、初心者にもおすすめです。

見た目も可愛く、おしゃれなセダムの育て方をご紹介します。

セダムを育てる場所

セダムは直射日光を好むので、冬以外は屋外の日当たりがよい場所というのが基本になります。ただ、夏場の日照りが強いときは、葉焼けを防ぐため、半日陰の場所に移動して管理します。冬は、霜にあたると枯れてしまうので、室内で育てます。

また、セダムは加湿に弱いので、風通しがよい場所を選ぶことも大事になります。土壌は、常に水はけが良い状態にしておきましょう。梅雨時は雨よけがある場所に移動させます。

多肉植物はもちろん室内でも育てられますが、外で太陽にたっぷり当てた方が生育はよく、花付きもよくなります。

セダムの水やり

セダムをはじめとした多肉植物は、あまり水やりをしなくても育てられます。多肉植物といえば、葉がプニプニとしていますが、この部分に水を貯め込むことができるのです。真夏の日照りの強い時期を除けば、水やりの回数は少なくても問題ありません。

水やりは、土が真っ白に乾いてからでいいので、春と秋は数日おきに行います。冬は休眠期となるので、葉も枯れた状態になりますが、水やりはしないで、土が乾燥した状態を保つようにしてください。

セダムの肥料

セダムは多肉植物のなかでも成長が早く、どんどん大きくなります。種類によっては、大きくなる性質を活かして、庭のグランドカバーにすることもできます。しかし、肥料を与えることで、茎がひょろひょろと伸びてしまったり、葉と葉の間に隙間ができることもあるのです。

むしろ、肥料なしのほうが育てやすいかもしれません。肥料の与え過ぎは、多肉植物を枯れさせてしまう原因となりうるのです。

どうしても、成長を速めたいというのであれば、植え付けや植え替えのときに、緩効性の錠剤タイプの肥料を置くようにしましょう。追肥は不要です。

セダムの土

セダムなどの多肉植物に限らず、どんな植物でも鉢植えをするときは、新しい清潔な土に植え付けをするのが基本です。きれいな土に植えることで、病気や害虫からの被害を予防することもできますよ。

セダムは水はけがよく、排水性が高い土を選んで育てましょう。鉢植えにするなら、市販の多肉植物用の培養土か赤玉土3、鹿沼土3、腐葉土4を混ぜた土が適しています。観賞植物用の培養土は、多肉植物用に比べると保水性が高いので、セダムを育てる土には向いていません。

セダムの育て方で注意すべき病気・害虫

セダムを育てるときは湿気に注意して乾燥気味にする分、害虫つきやすくなります。次に、セダムにつきやすい害虫について説明していきます。

カイガラムシ

カイガラムシは、貝殻のようなものが、葉の部分につくだけではなく、排泄物がウィルスを媒介したり、スス病という病気にかかることもあります。葉に白い粉のようなものが付着しているときは、カイガラムシが付いている可能性も。除去をする時は、消毒用のアルコールをピンセットや楊枝につけてかきだします。

アブラムシ

アブラムシは、新芽ややわらかい葉につきます。カイガラムシと同様に、スス病の原因にもなります。セダムにカイガラムシがついていたら、水をかけて洗い流すのが効果的です。

ネジラミ

ネジラミは土の中にいるので、ほかの害虫に比べると被害がわかりにくいのが難点です。根の部分の栄養を吸い取ってしまうので、葉が枯れていたり、成長していないように感じたら、一度鉢から取りだして、清潔な土に植え替えをしましょう。ネジラミは、鉢植えで育てていても、ほかの鉢に媒介する可能性があるので、近くに置いてある鉢は、すべて植え替えをします。

ハダニ

ハダニは葉の裏から養分を吸い取ります。被害にあった部分は白や黄色に変色します。ハダニもネジラミと同様に、症状が出るまで被害にあっていることに気が付かないこともあります。

ナメクジ

梅雨時に出てくるナメクジもセダムの天敵です。葉が食べられたり、這った跡がつくことも。ナメクジが付いていたら、即取り除くようにしましょう。

セダムの植え付け・植え替え

多肉植物には春型、秋型、春秋型の3つの生育型があり、セダムは「春秋型」といわれています。

セダムの植え付けと植え替えに適している時期は、3月~5月か、9月~10月頃になります。

地植えの場合は、水はけが良い土壌にしてから植え付けを行います。鉢植えの時は、一回り大きな鉢に植え付けます。鉢の底には、ネットと鉢底石を敷いてから、清潔な土を入れます。

セダムは成長が早く、大きくなりやすいので、鉢植えで育てるときは、1年に一回を目安に植え替えをしましょう。

セダムの増やし方

セダムは形状にあわせて「挿し芽」、「葉挿し」、「株分け」といった方法で増やすことができます。ハサミや土は、ウィルスや害虫による被害を防ぐためにも、清潔なものを使用してください。セダムを増やすのは植え替えの時期が適しています。

挿し芽

セダムを一番増やしやすい方法が挿し木です。カットした茎は、切り口の部分を乾燥させて、根が出てきたら新しい土に植え付けます。根が付くまで、1週間位室内の暗い場所で管理します。このとき水やりは不要です。

葉挿し

セダムの種類のなかには、葉がポロポロと落ちやすい品種があります。落ちたり、取れたりした葉は、色がきれいなものであれば葉挿しに使えます。葉挿しにするときは、清潔な土の上に葉を置いて、軽く土をかけます。根が出るまでは半日陰の場所で管理してください。

セダムは元々葉に水を貯める性質があるので、水やりはしなくても育ちます。乾燥が気になる場合は、霧吹きで少しだけ水をかけてもよいでしょう。

株分け

セダムは大きく成長したものであれば、株分けをして増やすこともできます。親株の根から土を取り除いて、小分けにします。根の部分を乾燥してから、植え付けをしてください。挿し木や葉挿しと同じく、根付くまでは水やりは不要です。

セダムの手入れ

セダムは、一年草、二年草、多年草と種類によって形状が異なります。できるだけ、長い期間栽培を楽しみたいのであれば、こまめに手入れをしましょう。

生育期は茎が伸びてくるので、風通しをよくするためにも、こまめに切り戻しをしましょう。夏と冬の休眠期には、枯れた茎を整理します。開花の時期は、種類によって違いますが、花が終わったタイミングで、整理すると翌年以降も新芽が出やすくなります。

セダムの種類

セダムは、500種類以上の品種があり、世界中で栽培されています。ここでは、セダムのなかでも代表的な品種をご紹介します。

虹の玉

中米原産の品種で、気温が低くなると葉の色が赤くなります。暑さ、寒さにも比較的強いので、育てやすい品種といえます。開花の時期は、春で、黄色の花が咲きます。葉挿しで増やすのも向いている品種です。

春萌

セダムのなかでも人気の品種で、葉が大きくなると斜めに倒れてきます。色の変化はありませんが、春に花が咲き、香りがあることでも知られています。増やすときは、挿し芽にします。原産地は中米です。

乙女心

中米原産の品種で、秋になると色が赤くなります。枝分かれしながら、上に伸びていくタイプで、春に黄色の花が咲きます。挿し芽で増やすことができます。夏の暑さが苦手なので、長く育てるには「夏越し」ができるかが大事です。

ゴールデンカーペット

横に広がって増えていくタイプなので、グランドカバー用にも適しています。秋になると葉の色が赤くなります。成長のスピードが早く、暑さ、寒さにも強いため、多肉植物初心者でも育てやすい品種です。

ミセバヤ

日本原産の品種で、茎が伸びて大きくなります。開花の時期は秋で白とピンクの花が咲きます。葉の色が変わるのは2年目の秋からになります。冬は地上部が枯れます。挿し芽で増やすことができますが、セダムのなかでは上級者向けの品種です。

セダムの育て方を覚えよう!

セダムは、名前は知らなくても、これ、見たことがあるという品種が少なくないはずです。初心者向けの品種も多いので、多肉植物を育ててみたいという人に向いています。

※トップ画像はTenさん@GreenSnap

セダムの新着コラム

セダムの基本情報

ジャンル
多肉植物
形態
多年草
学名
別名
マンネングサ(万年草)
原産地
全世界

セダムの性質

栽培難易度
普通
耐寒性
普通
耐暑性
普通
耐陰性

時期

植え付け・植え替え
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
肥料
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
開花
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12

セダムの新着投稿画像

みんなのセダムの育て方

名前のわからないブルーのセダム

庭のセダム

セダム アポレイポン

多肉植物・サボテンの種類

カランコエ

小さな花を沢山咲かせる。小鉢向きの鉢花として世界的に出回っている。 カランコエ の育て方へ

金のなる木

非常に丈夫で世界中に分布する植物。 金のなる木 の育て方へ

シャコバサボテン

生育期(春〜秋)は屋外の半日陰、冬場は室内の日当たりのよい場所で育てます。 シャコバサボテン の育て方へ

アデニウム

日当たりがよく風通しの良い場所に置きます。気温が5℃より下回る場合は室内に入れ、日当たりの良い場所に... アデニウム の育て方へ

ゲッカビジン

生育期(春〜秋)は屋外の半日陰、冬場は室内の日当たりのよい場所で育てます。 ゲッカビジン の育て方へ

リトープス

日当たりがよく風通しの良い場所に置きます。気温が5℃より下回る場合は室内に入れ、日当たりの良い場所に... リトープス の育て方へ

GreenSnap

[公式]写真を撮るだけで植物・お花の名前がわかる無料アプリ

レート4.6
ダウンロード