シャコバサボテンの育て方|植え替えの土はどれ?剪定や挿し芽での増やし方は?

  • サボテン科
  • シュルンベルゲラ属

寒い冬、お花がなくて寂しいと思っている人におすすめなのが「シャコバサボテン」です。クリスマスの頃に咲くので別名「クリスマスカクタス」ともいわれています。

今回は、花が美しいシャコバサボテンの育て方について、植え替えや剪定方法などを詳しくご紹介します。

シャコバサボテンの置き場所・日当たり

シャコバサボテンの開花時期である11月から2月までは、室内の日当たりのよい場所鉢を置くようにしてください。耐寒温度は10度ほどと寒さには弱いので、温度に気をつけましょう。

花が終わった4月〜10月までは、気温も高いので鉢を屋外に置きます。7月~9月の暑い時期は、半日陰の場所に置いて直射日光を避けるようにしましょう。

シャコバサボテンの水やり

春〜夏の水やり

屋外に鉢を置く4月~10月までは、土を乾燥をさせないようにたっぷりと水やりをします。とくに気温が高い夏の季節は、鉢の底から水が流れるくらい水やりをします。根っこからしっかりと水分補給ができるようにしてあげましょう。

ただし、30度以上にもなる真夏の時期は、シャコバサボテンにとっては暑すぎるので生長が緩慢になります。この時期に水やりしすぎると根腐れする可能性が高いので、真夏は少し控え目にしましょう。

秋〜冬の水やり

気温が低くなってきたら、水やりは少なめにします。シャコバサボテンの蕾が出てくる10月頃は、土を触ってみて乾燥していると感じたら水やりをするようにしてください。

開花中はほぼ水やりなしでも育ちます。雪が降り始めてから桜が咲くまでの期間は断水したほうがいい場合もあります。

花が枯れてきたら水やりを再開しますが、それでも水やり頻度はかなり低めにして乾燥気味に育ててください。気温が低い時期に水やりをし過ぎると、根腐れを起こして「冬越し」ができなくなるので気をつけましょう。

シャコバサボテンの肥料

シャコバサボテンは基本的にかなり強健な植物なので、肥料を必要としません。ただし、花つきをよくしたいときや早く大株にしたい場合は、株の様子を見ながら施肥するようにしましょう。

肥料は製品表示に書かれている分量よりも少なめに与えてください。

肥料を与える時期

シャコバサボテンに肥料を与える時期は、4月〜6月頃までです。土の上に置く粒状の「緩効性肥料」を月1回の頻度で与えます。夏以降は追肥の必要はありません。

おすすめの肥料

園芸店に行くと肥料がたくさん置いてありますが、鉢植え用や観賞植物用と書かれているものを選ぶとよいでしょう。

肥料は根っこにつけないようにしましょう。また、肥料の与えすぎは「肥料焼け」の原因になるので注意してください。

シャコバサボテンの土

園芸店に行くと土のほかに、石灰や肥料を加えた培養土が販売されています。シャコバサボテンを育てるときは、サボテン・多肉植物用の培養土を選ぶとよいでしょう。

自分で配合して土づくりをするときは、通気性がよい小粒軽石や川砂を混ぜるのがおすすめです。下記の配合例を参考にしてみてください。

  • 観葉植物用培養土7:川砂もしくは軽石3
  • 赤玉土小粒4:鹿沼土3:腐葉土3+緩効性粒状肥料
  • 赤玉土小粒6:腐葉土2:川砂2+緩効性粒状肥料

シャコバサボテンの植え替え

植え替え時期

シャコバサボテン植え付けと植え替え時期は4〜6月頃です。

シャコバサボテンを苗から育てるときは、地植えよりも鉢に入れたほうが育てやすいでしょう。茎が赤くなっているときは、その部分は取り除くようにします。

植え替えの頻度

シャコバサボテンの植え替えは1〜2年に1回を目安にしましょう。

シャコバサボテンは多年草なので、夏越しと冬越しができれば翌年以降も花を咲かせることができます。ただし、成長をするとそれだけ根も張りますので、土の中にある水分や栄養が吸収しにくくなります。そのため定期的に植え替えをして、いい栽培環境を保つ必要があります。

用意するもの

  • 新しい土
  • 一回り大きい鉢
  • 鉢底石と鉢底ネット
  • スコップまたはシャベル
  • 清潔なハサミ
  • 割り箸
  • 園芸シートや新聞紙

植え替えの方法

  1. 植え替え数日前から水やりを控えて土を乾燥させる。
  2. 鉢から丁寧にシャコバサボテンを取り出す。
  3. 根についた土をだいたい1/3か1/2ほど落とす。
  4. 黒く古い根や異常に伸びている根を切る。
  5. 根が乾燥していなければ数日日陰に置いて乾燥させる。
  6. 新しい鉢に鉢底ネットと鉢底石を敷いて、1/3ほどの高さまで新しい土をいれる。
  7. シャコバサボテンを植えて、割り箸などでつつきながら隙間に土を流し入れる。
  8. 1〜2週間後から水やりを再開する。

シャコバサボテンの剪定

切り戻し

気温が15度ほどになった春ごろ、株の全体が1/3〜1/2ほどのボリューム感になるように切り戻しをしましょう。小さい株の場合は地際から3〜5節ほど残して、その先の茎を切り戻すようにしてください。

切り戻しといっても、シャコバサボテンは平たい茎が連なるように伸びるので、茎節のところでひねるだけでポロッと取れます。

切り戻しをすることで茎の分岐が増えて、より大株になっていきます。切り戻しででた茎の切れ端は、挿し芽で増やすこともできますよ。

芽摘み

シャコバサボテンは冬の開花に向けて、秋頃からつぼみを形成するために準備を始めます。また、シャコバサボテンは成熟した茎にしか花を咲かせないので、秋になってから伸びてきた赤く柔らかめの新芽を摘み取っておくと、栄養がよりつぼみに回るので、花つきがよくなります。

シャコバサボテンの増やし方(挿し芽)

シャコバサボテンの増やし方は「挿し芽」が一般的です。シャコバサボテンの生育期である4月~6月頃に、切り戻しの手入れででた葉茎の切れ端を使って増やしましょう。

  1. 切り戻しの手入れをして2〜3節ある挿し穂をつくる。
  2. 風通しの良い日陰で切り口を乾燥させて発根をまつ。だいたい2〜3週間ほどで発根する。
  3. 新しい鉢に鉢底ネット、鉢底石、培養土をいれて水で濡らしておく。
  4. 植え穴のくぼみをつけて、1節の半分ほどを土に挿す。
  5. 赤い新芽がでるまでは土が乾いたら水やりし、明るい日陰で管理する。

シャコバサボテンの育て方でよくある質問

葉が赤いのはなぜ?

夏場、外に置いていたら葉っぱが赤くなりました。何かの病気にかかっていますか?
もともとシャコバサボテンの新芽は赤っぽい色をしていますが、もともとあった葉(茎)が夏場に葉っぱが赤くなるのは、水分が不足して乾燥していたり、根がうまく栄養と水分を吸い上げられていない可能性があります。

このまま放っておくと枯れてしまったり、花がつかなくなるので、早急に植え替えをして新しい土に植えてあげましょう。黒っぽい根があれば必ず切り落としてください。

ちなみに冬に葉が赤くなってしまうのは、休眠期にあたる時期に水やりをしすぎて根腐れしてしまったか、寒さで凍結している可能性があります。この場合の復活方法はかなり難しいのですが、できるだけ暖かい場所に移動させて様子を見てください。

なぜか花が咲かない。原因と咲かせるコツは?

育てているうちに花付きがだんだんと悪くなってきました。寿命なのでしょうか?
シャコバサボテンの寿命は20〜30年ほどと言われています。栽培環境によってはもっと短くなったり長くなることもありますが、育てて数年であれば、花が咲かないのは管理方法に原因がありそうです。

シャコバサボテンの花を咲かせるコツは、日当たりと温度です。シャコバサボテンは短日植物といって、1日の日照時間が12時間以内と短くなることで花を咲かせます。開花適温は10~15℃ほどなので室内で育てる場合が多いですが、そうなると室内灯の影響を受けて開花条件に満たないことがあるのです。

このようなときは、段ボールなどを被せて日照時間を短くする短日処理をする必要があります。10月ごろのつぼみをつけ始めた時期から、夕方17時〜朝7時くらいまで段ボールで遮光してあげましょう。

ぐったりとしおれている。原因と復活方法は?

葉っぱがしわしわになり、茎がたれるようにぐったりしおれてしまいました。水も控えめにに育てているのになぜでしょう?
ぐったりしおれている、元気がないという状態の原因は一概にはこれとは言えないので、下記の基本の育て方をもう一度おさらいして振り返ってみましょう。

  • 水やり:控えめにしていたのにぐったりしてしまったということであれば水切れの可能性が高いので、バケツに半分ほど水をはって、鉢ごと沈めて数時間ほど灌水して、日当たりのいい場所において様子を見てください。
  • 温度:シャコバサボテンの栽培適温は15〜20度ほどなので、それより暑い場所の場合は涼しい場所へ、寒い場合は暖かい場所へ移動させてください。とくに日本の夏の暑さには弱い傾向があるので、風通しのよい涼しい軒下などに移動させとくといいです。
  • 植え替え:シャコバサボテンは生育旺盛なので、最低でも2年に1回の植え替えが必ず必要です。植え替えをしないと鉢の中が古い根でいっぱいになり、水分や栄養を吸収できなくなるのでぐったりしおれてしまいます。土の状態を確認して、適宜植え替えしてください。

葉が落ちるのはなぜ?

夏の終わりごろ、葉がポロポロと落ちてしまいました。
葉が落ちるときも、シャコバサボテンのなんらかのSOSなので一つ前の回答を確認してみてください。なお、夏の終わりに葉が落ちるときは夏バテの可能性が高いです。

ちなみにつぼみが落ちてしまうときは、環境の変化が原因の場合が多いです。秋頃になってつぼみをつけ始めたころ、寒いからといって急に暖かい室内に取り込んだりすると、気温の変化でつぼみを落としてしまうことがあるので気をつけましょう。

シャコバサボテンの育て方で注意すべき病気・害虫

つきやすい害虫

害虫で注意したいのが、ケムシ、ナメクジ、ヨトウムシです。シャコバサボテンの生育期である4月~10月にかけて発生し、葉っぱを食い荒らします。虫を見つけたら取り除くか、薬剤をかけて駆除するようにします。

このほかにもカイガラムシがつくと、葉っぱや茎が白くなります。放っておくと枯れる原因になるので、虫の付いた部分を取り除いたり、薬剤をかけて虫がつかないようにします。

かかりやすい病気

シャコバサボテンは比較的病気に強いといわれていますが、茎の部分に黒い斑点が出る「炭素病」やカイガラムシが媒介すると「スス病」にかかることがあります。病気にかかってしまったときは、できるだけ早めに取り除くようにしてください。

手入れしてシャコバサボテンの花を咲かせよう!

花言葉の「ひとときの美」のように、花が少ない冬の季節を楽しませてくれるシャコバサボテン。温度管理と乾燥に注意をすれば、何年でも冬に花を見せてくれます。

挿し芽をすれば鉢を増やすこともできるので、クリスマスシーズンから翌年の春にかけてたくさんの花を見られますよ。

シャコバサボテンの新着コラム

シャコバサボテンの花言葉|意味や由来は?種類や品種、花の特徴は?の画像

シャコバサボテンの花言葉|意味や由来は?種類や品種、花の特徴は?

ガーデニング雑貨でシャコバサボテンをインテリアに!の画像

ガーデニング雑貨でシャコバサボテンをインテリアに!

センスを発揮しよう!シャコバサボテンの飾り方の画像

センスを発揮しよう!シャコバサボテンの飾り方

柵は使うの?シャコバサボテンの育て方についての画像

柵は使うの?シャコバサボテンの育て方について

日陰を好む場所で、花も咲かせる多肉植物をご紹介!の画像

日陰を好む場所で、花も咲かせる多肉植物をご紹介!

おすすめ機能紹介!

【無料で利用できる】写真を撮るだけ!アプリが植物・花の名前を教えてくれる『教えて!カメラ』のご紹介!

シャコバサボテンの基本情報

ジャンル
多肉植物
形態
多年草
学名
Schlumbergera truncata
別名
クリスマスカクタス,デンマークカクタス
原産地
ブラジル

シャコバサボテンの性質

栽培難易度
やや易しい
耐寒性
弱い
耐暑性
普通
耐陰性

時期

植え付け・植え替え
4月
肥料
5月 、6月、7月
開花
1月 、2月、3月、11月、12月
剪定
4月 、9月

シャコバサボテンの新着投稿画像

みんなのシャコバサボテンの育て方

いいね
0

シャコバサボテン開花

うちにはこの2色ですが知り合いの家で白、オレンジを...
by.まき
いいね
37

シャコバサボテンの実生接ぎ

誰にでも手にはいるシャコバサボテンで 始める実生接...
by.Boon
いいね
128

シャコバサボテン

タイトル画像の花とは違う、シャコバサボテンの日記で...
by.me-tan

多肉植物・サボテンの種類

カランコエの画像

カランコエ

小さな花を沢山咲かせる。小鉢向きの鉢花として世界的に出回っている。
金のなる木の画像

金のなる木

非常に丈夫で世界中に分布する植物。
アデニウムの画像

アデニウム

日当たりがよく風通しの良い場所に置きます。気温が5℃より下回る場合は室内に入れ、日当たりの良い場所に...
セダムの画像

セダム

ゲッカビジンの画像

ゲッカビジン

生育期(春〜秋)は屋外の半日陰、冬場は室内の日当たりのよい場所で育てます。
リトープスの画像

リトープス

日当たりがよく風通しの良い場所に置きます。気温が5℃より下回る場合は室内に入れ、日当たりの良い場所に...