ミセバヤの画像

ミセバヤの育て方

  • ベンケイソウ科
  • ムラサキベンケイソウ属

ミセバヤの基本情報

ジャンル

多肉植物

形態

多年草

学名

Hylotelephium sieboldii

別名

玉緒,タマノオ

原産地

日本

ミセバヤの性質

栽培難易度

やや易しい

耐寒性

強い

耐暑性

強い

耐陰性

時期

種まき

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12

植え付け・植え替え

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12

肥料

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12

開花

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
ミセバヤの育て方の画像

ミセバヤは、日本で古くから栽培されている多肉植物です。秋になると密集して咲く美しい花姿と、ぷっくらとした可愛らしい丸い葉の紅葉が楽しめます。育てるのに適した場所や水やり、手入れのポイントなど、ミセバヤの育て方についてご紹介します。

ミセバヤの育てる場所

風通しがよく、日光がよく当たる場所がベストですが、半日陰でも十分に育ちます。多湿が苦手なため鉢植えの場合、雨の多い梅雨の時期は雨に当たらない場所に移動しましょう。暑さにも寒さにも強く丈夫で、比較的場所を選ばずに栽培できます。

ミセバヤの水やり

土が乾燥したら水やりをします。肉厚の葉は水分を蓄えられる性質を持っているため、常に土が湿っている状態にする必要はありません。

休眠期である冬は水やりの回数を少なくし、やや乾燥ぎみに保ちます。多湿になると根腐れを起こしてしまうので注意しましょう。

庭植えの場合は、夏の暑さや雨が降らない日が続いたことで土が乾燥しているときを除き、自然に降る雨だけで問題ありません。

肥料

植え付けの際に、緩効性肥料を少量施肥する程度で大丈夫です。基本的に肥料をたくさんあげなくてもよく育ちます。もし株に元気がない場合は、液体肥料を与えてください。液体肥料は成分がすぐに効くので、短期間で株を回復させることが可能です。

鉢植えの場合は時間が経つにつれ、土の栄養が少しずつ減っていくため、春と秋に2週間に1回、液体肥料を与えて栄養を補います。

用土

水はけがよい土が適しています。そのため、通気性に優れた鹿沼土小粒を6、赤玉土小粒を3、軽石小粒を1の割合で混ぜ合わせた配合土を使いましょう。また、配合土を作るのが手間な場合は、市販の山野草用培養土でも大丈夫です。

病害虫

蒸れた環境のときに軟腐病になることがあります。軟腐病は、土中に生息する細菌が原因で起こる病気です。感染すると株の根元に病斑が生じ、やがて茶色く変色して腐敗していきます。水やりのしすぎなどに注意し、多湿にならないようにして防ぎましょう。発病した株は、取り除いて処分してください。

また、アブラムシやナメクジも湿度が高いときに発生しやすいので、風通しをよくして防除しましょう。アブラムシは歯ブラシなどでこすり落とすか、薬剤を散布して駆除しましょう。ナメクジは見つけ次第、取り除いて退治してください。

ミセバヤの植え付け・植え替え

植え付け・植え替えは、3月下旬〜4月下旬に行いましょう。ミセバヤは、庭植えも鉢植えも可能です。成長すると茎が下に垂れていくため鉢植えにする場合は、少し高さのある鉢や吊り鉢、バスケットに植えるとよく映えます。

植え付け後は、活着しやすくするためにたっぷりと水を与え、1週間程度は日陰で管理し、それから日が当たる場所に移動させてください。

そして、根づまりを防ぐために2年に1回、1回り大きい鉢に植え替えましょう。

ミセバヤの増やし方

ミセバヤを増やす方法には、種まきや株分けなどがあります。種まきの場合は、花が咲いた後にできる種をまきます。

株分けは、植え替えのタイミングで行うとよいでしょう。根を傷めないように注意し、1株に3〜4芽つくように分けて植えていきます。

ミセバヤの手入れ

種まきをしない場合は、花が咲いた後に花がらを取ってしまいましょう。種の形成のために栄養が取られてしまうからです。また、枯れた下葉なども取り除き、通気性をよくするよう心がけましょう。そうすることで軟腐病を予防できます。

ミセバヤの種類

ミセバヤには、以下のような種類も存在します。

  • 白い花を咲かせる「ツガルミセバヤ」
  • 丸く平らな葉と、濃いピンクの花姿が楽しめる「ヒダカミセバヤ」
  • 美しい葉の紅葉と、ドーム型の花姿が美しい「エッチュウミセバヤ」

まとめ

手入れの手間があまりかからないミセバヤは、園芸初心者に特におすすめです。日光によく当て、多湿にならないように気をつければ、元気に育ってくれます。お気に入りの種類を見つけて、ぜひ育ててみてください。

※トップ画像は日曜大工さん@GreenSnap

多肉植物・サボテンの新着投稿画像

多肉植物・サボテンの新着コラム

多肉植物・サボテンの種類

花うらら

エケベリアの中でも観賞価値が高いといわれる美しい品種。ライトグリーンの葉先がピンク色に美しく染まりま... 花うららの育て方へ

マルギナリス

年間を通して日当たり、風通しが良い場所で育てます。高温多湿に弱いので、注意しましょう。 マルギナリスの育て方へ

子持ち蓮華

プクプクとした質感で人気の多肉植物。ランナーを伸ばして良く増える 子持ち蓮華の育て方へ

大雲閣

サボテンのような見た目で多肉性のユーフォルビア属です。成長し始めはまっすぐですが、休眠期には波打ちま... 大雲閣の育て方へ

GreenSnap

植物の名前を調べるなら

アプリで聞いてみよう!

★★★★★
ダウンロード