ハオルチア・オブツーサの画像

ハオルチア・オブツーサの育て方|水やりの頻度は?どこに置くといい?

  • ツルボラン科
  • ハオルチア属
ハオルチア・オブツーサの育て方|水やりの頻度は?どこに置くといい?の画像

オブツーサはぷっくりとした肉厚な葉と、透明感のある“窓”といわれる葉柄が美しい、ハオルチア属の多肉植物です。近年多肉植物ファンの間でも人気が高まっており、オブツーサの宝石のような魅力に取り憑かれている愛好家も多いです。

今回は最も注目を集める多肉植物のひとつ、オブツーサの育て方をご紹介します。

ハオルチア・オブツーサを育てる場所

オブツーサはもともと南アフリカの乾燥した荒野に自生していたので、直射日光を避けた適度な日当たり、風通しの良い環境が好みです。オブツーサはハオルチア属の中でも、比較的デリケートなので、季節による急激な温度変化を嫌います。そのため、鉢植えにして、一年を通して室内で育てるのがおすすめです。

レースカーテンなどを一枚へだてた、窓際に置くといいでしょう。栽培適温は15〜20℃です。耐寒は5℃なので、冬は室内でも気にかけてあげてください。

ハオルチア・オブツーサの水やり

オブツーサは基本的に乾燥を好むので、水のやりすぎには注意してください。そもそも肉厚の葉の中に水分をたくわえており、寒さと暑さを乗り切っている春秋型の多肉植物です。ですので季節によって水やりの頻度を変えるようにしましょう。

水は土に注ぐこと!葉にはかけないで!

オブツーサのようなロゼット型に成長する多肉植物は、葉の間に水が溜まりやすいです。時期によっては隙間に残った水分が蒸発しきれずに、腐って病気になるので注意してください。水をあげるときは、底面給水か水差しなどを使いましょう。

育成期の春・秋

育成きの春と秋には、表面の土が乾燥したら、底穴から漏れ出すほどたっぷりとあげてください。鉢のサイズにもよりますが、週に1回程度が目安です。また、春・秋といっても15〜20℃の気温に満たない場合は、水やりは控えてください。

休眠期の夏・冬

休眠期の夏と冬には、給水する力が弱まるので、さらに頻度を落として月1〜2回が目安です。水をあげるときは夏であれば涼しい午前中、冬であれば暖かい昼時にあげましょう。暖冷房で15〜20℃に保たれているようであれば、育成期の水やり頻度で育てましょう。

ハオルチア・オブツーサの土

オブツーサは水はけのよい土が好みです。配合は赤玉土(小粒)3:鹿沼土(小粒)3:ピートモス2:川砂1:くん炭1などの比率で用意するといいでしょう。初心者は市販の多肉植物培養土がおすすめです。

ハオルチア・オブツーサの肥料

オブツーサの肥料は春と秋の育成期に施します。2週間に1回ほどのペースを目安に、オブツーサのハリの状態を確認しながら、薄めた液体肥料を水やりのかわりにあげてください。緩効性肥料でも問題ありません。肥料のあげすぎは根腐れを起こすので注意してください。

ハオルチア・オブツーサの植え替え

オブツーサの植え替えは、育成期の春・秋に入ってすぐのタイミングが好ましいです。土を入れ替えて環境を保つためにも、年に1回ほど植え替えするといいでしょう。

オブツーサの植え替えは、根を乾かしてから植え替えする必要があるので、水やりを控えて完全に乾かすか、引き抜いて古い根を整理したら、1日ほど風通しのいいところで乾燥させてください。そのあと乾いた土に植え付けて、葉がシワシワであれば翌日以降に水をたっぷりあげてください。そうでなければ1週間後にたっぷり水をあげるといいでしょう。

ハオルチア・オブツーサの増やし方

株分け

株分けとは、オブツーサの根元に増殖した子株を分けて、新たに育てることです。元からある株の葉より一回り小さい葉が密集してあれば、それが子株です。植え替えのときに分けて植え付けましょう。分けた子株は、植えて4〜5日たってから水をあげるようにしてください。

葉挿し

オブツーサは葉挿しでも増やすことができます。一番望ましいのは、土に近い根元の葉を使うことですが、日照不足の株を仕立て直すときに引き抜いた、徒長した葉を使うこともできます。指でつまんで引き抜き、風通しの良い場所で1週間乾燥させます。土を入れた容器に、葉の切り口を少し埋めるように斜め横に挿し、水をやらずに管理します。しばらくすると根や葉が生えてくるので、鉢へ
植え替えします。

ハオルチア・オブツーサの手入れ

育成期には葉の隙間からにょきにょきと花芽をあげていきます。白い花が咲きますが、姿としては地味なので、葉の健康のためにも花芽の段階で切るのもいいでしょう。

ハオルチア・オブツーサの育て方で注意する害虫

オブツーサには、乾燥すると根にわくネジラミや、葉の隙間にわく白いつぶつぶしたカイガラムシが発生しやすいです。ネジラミは年1回の植え替えをすることで予防に効果的です。カイガラムシはこそげ落として殺虫剤などつかって駆除してください。

ハオルチア・オブツーサってどんな植物?どんな品種がある?

オブツーサはユリ科ハオルチア属の多肉植物です。葉に透明な窓をもっていて、ぷっくりとした葉をロゼット型に咲かせていきます。なお「オブツーサ」としてのみ出回っているものは別名「雫石」です。他にも紫オブツーサ、黒オブツーサ、白肌オブツーサなどの色の違いや、オブツーサ錦、トゥルンカータなど班の入りや髭の有無で細かい品種に分かれています。

ハオルチア・オブツーサの花言葉

オブツーサ単体での花言葉はありませんが、ハオルチア全般の花言葉は「小さな愛」とされています。とくにオブツーサの見た目には、小さな葉が密集して愛らしい姿をつくりだしているので、ぴったりの花言葉です。

ハオルチア・オブツーサの育て方のコツを抑えよう!

オブツーサを含むハオルチアの育て方の難易度は、中級程度とされていますが、水やりの頻度と温度さえ押さえれば、上手に育てることができます。透明な葉先の宝石のような輝きは、大事に育てるとより輝くので育てがいがありますよ。皆さんもぜひ、挑戦してみてください。

ハオルチア・オブツーサの新着コラム

ハオルチア・オブツーサの基本情報

ジャンル
多肉植物
形態
多年草
学名
別名
原産地
南アフリカ

ハオルチア・オブツーサの性質

栽培難易度
やや易しい
耐寒性
やや弱い
耐暑性
やや弱い
耐陰性

時期

植え付け・植え替え
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
肥料
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
開花
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12

ハオルチア・オブツーサの新着投稿画像

みんなのハオルチア・オブツーサの育て方

#38 ハオルチア属光オブツーサの成長記録

ハオルチア オブツーサ

ハオルチア オブツーサ

多肉植物・サボテンの種類

カランコエ

小さな花を沢山咲かせる。小鉢向きの鉢花として世界的に出回っている。 カランコエの育て方へ カランコエの花言葉へ

金のなる木

非常に丈夫で世界中に分布する植物。 金のなる木の育て方へ 金のなる木の花言葉へ

シャコバサボテン

生育期(春〜秋)は屋外の半日陰、冬場は室内の日当たりのよい場所で育てます。 シャコバサボテンの育て方へ

アデニウム

日当たりがよく風通しの良い場所に置きます。気温が5℃より下回る場合は室内に入れ、日当たりの良い場所に... アデニウムの育て方へ アデニウムの花言葉へ

リトープス

日当たりがよく風通しの良い場所に置きます。気温が5℃より下回る場合は室内に入れ、日当たりの良い場所に... リトープスの育て方へ リトープスの花言葉へ

GreenSnap

[公式]写真を撮るだけで植物・お花の名前がわかる無料アプリ

レート4.6
ダウンロード