マキギヌ(巻絹)の育て方|置き場所や水やり加減は?

  • ベンケイソウ科
  • センペルビウム属

マキギヌはベンケイソウ科センペルビブム属の常緑多年草です。ヨーロッパの山岳地帯などが原産地で、和名はクモノスバンダイソウといいます。まるで小さな緑の松ぼっくりのような形のロゼットタイプの植物です。生長すると葉の先から白い絹のような糸がでて葉を覆うため、この名前がついています。

小さくてふわふわした感じが可愛らしい多肉で、寄せ植えにも適しています。そんなマキギヌの育て方を説明していきます。

マキギヌ(巻絹)を育てる場所

マキギヌは、日当たりがよく、風通しのいい場所で育ててあげましょう。日をたっぷり浴びると絹毛が出やすくなります。

また、マキギヌは耐暑性がありますが、夏場に暑くなる場所では真夏の直射日光を避け、明るい場所で育てるようにします。そして耐寒性もあるため、雨が当たらないように気をつければ、通年で屋外で育てることも可能です。

さらに、寒い空気に当てるとマキギヌの葉は紅葉するため、秋と冬にはまた違った雰囲気を楽しめます。

マキギヌ(巻絹)の水やり

マキギヌは湿度の高い状態を嫌うので、乾燥気味に育てましょう。

春と秋は週に1~2回程度土の表面が乾いたら水やりをし、夏は2週間に1回程度、冬も夏と同じく2週間に1回程度、土の表面が乾いてから2~3日後くらいに水を与えます。

マキギヌ(巻絹)の肥料

マキギヌは肥料をそれほど必要としない多肉植物です。必要に応じて、春と秋の生育期に置き肥などで遅効性の有機肥料を少しだけ与えましょう。

肥料を与えすぎると根腐れの原因になるので、多くなりすぎないように気をつけます。

マキギヌ(巻絹)の土

マキギヌを育てるときは、水はけの良い土を用いましょう。赤玉土、鹿沼土、軽石砂などに腐葉土を混ぜた水はけがいい土や、市販の多肉植物用の用土を使うのもおすすめです。

マキギヌ(巻絹)の植え付け・植え替え

マキギヌの植え付け・植え替え時期は、3~5月または9~11月が適しています。

2〜3年に1回程、鉢が小さくなってきたときや土が痩せてきたら、植え替えをします。大きさの合う鉢に水はけのいい用土を入れて植え付け・植え替えしましょう。

マキギヌ(巻絹)の増やし方

マキギヌの増やし方は「株分け」が一般的です。

株分け

株からランナーが伸びて子株がついてきたら、根が出た子株を中心に、切り取って新しい鉢に植えて増やします。子株を植えたあとにはすぐに水をあげず、数日後に水を十分与えましょう。株分けしたあとの子株は明るい日陰で風通しのいい場所で育ててあげます。

マキギヌ(巻絹)の手入れ

マキギヌの枯れた葉は風通しを悪くする原因になるので、そのままにしておかずに取り除きます。

マキギヌ(巻絹)の育て方で注意すべき病気・害虫

マキギヌを育てるときは、カイガラムシ、アブラムシ、ハダニ等に注意しましょう。
葉についているのを見つけたら、古い歯ブラシ等で落としたり、薬剤で駆除するようにします。葉が過密状態では害虫がつきやすいので、混み合っているところがないように風通しをよくするといいでしょう。予防のためにあらかじめ薬剤を使用しておくと安心です。

かわいい多肉植物、マキギヌ(巻絹)を育ててみよう!

今回はマキギヌの育て方や植え付け・植え替え、増やし方などをご紹介しました。
耐寒性や耐暑性があり育てやすい植物なので、比較的簡単に育てることができます。

風通しや日当たりのいい場所に置いて、主に水やりをするだけでコロコロした可愛らしい姿が見られます。ランナーで子株が増えるタイプなので、育てているうちに子株が増えていくところも楽しめるでしょう。

※トップ画像は可笑流☆彡さん@GreenSnap

おすすめ機能紹介!

【無料で利用できる】写真を撮るだけ!アプリが植物・花の名前を教えてくれる『教えて!カメラ』のご紹介!

マキギヌの基本情報

ジャンル
多肉植物
形態
多年草
学名
Sempervivum arachnoideum
別名
巻絹,クモノスバンダイソウ,蜘蛛巣万代草
原産地
ヨーロッパ~中東、ロシア、コーカサス、モロッコ

マキギヌの性質

栽培難易度
普通
耐寒性
強い
耐暑性
やや弱い
耐陰性

時期

水やり
3月 、4月、5月、9月、10月、11月
植え付け・植え替え
3月 、4月、5月、9月、10月、11月
肥料
3月 、4月、5月、9月、10月、11月
開花
2月 、3月、4月、5月、6月、7月

マキギヌの新着投稿画像

多肉植物・サボテンの種類

カランコエの画像

カランコエ

小さな花を沢山咲かせる。小鉢向きの鉢花として世界的に出回っている。
金のなる木の画像

金のなる木

非常に丈夫で世界中に分布する植物。
シャコバサボテンの画像

シャコバサボテン

生育期(春〜秋)は屋外の半日陰、冬場は室内の日当たりのよい場所で育てます。
アデニウムの画像

アデニウム

日当たりがよく風通しの良い場所に置きます。気温が5℃より下回る場合は室内に入れ、日当たりの良い場所に...
セダムの画像

セダム

リトープスの画像

リトープス

日当たりがよく風通しの良い場所に置きます。気温が5℃より下回る場合は室内に入れ、日当たりの良い場所に...